成田山新勝寺

2020年6月24日 (水)

成田山新勝寺・光明堂にて

20200622

 

成田山新勝寺の境内に、「光明堂」というお堂があります。
10年以上前に一度訪れたことがあり、それ以来、久しぶりに入ってみました。

中は撮影禁止なので写真はありませんが、中央に大日如来の像が祀られ、その左右に不動明王、愛染明王の像が祀られています。

土足禁止のため、靴を脱いで上がります。天候のせいか、誰もいません。
しかし奥には受付のようなところがあり、スマホを出してメモをすることは難しそうです。


まずは、左端に鎮座する不動明王様の前に座ります。火種用か、まだ1本しかロウソクが灯っていません。1本100円で購入して、火を灯して差します。

自己紹介をして、ブログ用にお言葉をいただきたいと伝えます。

すると、「仲間と仲良く過ごしてください」というようなお言葉が入りました。

このときに、私の守護神かもしれませんが、「顔を出して」と入ってきたため、マスクの片方を外します。
すると、「可愛い顔をしていますね」とお世辞を仰り、その後も「協調性を大切に」というお言葉をいただきました。

次に、中央の大日如来様の前に立ちます。こちらのロウソクは500円で、やはり1本しか灯っていません。
迷っていると、守護神が「買いましょう」と言うので、買って火を灯して差します。

女性のような、温かみのあるお声で、お言葉が入ってきました。
メモができなかったため短めになりますが、後で思い出して書いたものをまとめて掲載します。


「あなたに苦しみを与えている者を、取り祓います。(この後しばらく、浄化している雰囲気が続く)

……人間は素直で可愛いところがあるが、痩せ細っていく存在に対して、手厳しいところがある。
純粋な気持ちをお忘れになりませんように」

向こう三軒両隣の人達と、仲良くしてください」

「また来れば、話をして差し上げます。早朝にいらしてください」

メモができずに短いのが残念です。いただいたお言葉を忘れないよう、いちいち心の中で復唱するため、どうしても切れ切れのメッセージになってしまいます。
しかし、こちらでもこうして温かく出迎えてくださいました。

成田山新勝寺に来たら、こちらの光明堂にも参りたいと思います。

 

ランキングに参加しています。
少しでも多くの方に読んでいただきたく、1日1回の応援クリックをお願いします。


スピリチュアル ブログランキングへ


にほんブログ村

|

2020年6月23日 (火)

千葉県・成田山新勝寺の本堂にて

Mc06

申し訳なくも、まずは宣伝です。
昨日発売の占い雑誌「My Calender(マイカレンダー)」夏号(説話社)の中で、取材記事を掲載していただいています。

記事のタイトルは、「人気占い師6人が教える占い的・結婚の法則」。星で結婚運をどのように見るかを中心に、記載させていただきました。

他にも本格的な占いに関する情報が満載!こちらのページでチラ見できるようです。
本格的な占い雑誌は、これだけ!ぜひお読みになってくださいね。


20200622_1_20200623165201

さて、前回の続きです。

成田山新勝寺に参拝し、本堂の中で座って、(多分)いつもの仁王様からお言葉をいただきました。
最近は参拝者が減っているため、本堂のパワーが一時的に落ちているとのこと。

11時になり、いつものようにお護摩が始まりました。現在は回数を減らして、催されているようです。

いつも本堂が数百人で埋まるお護摩ですが、今回はまばらで、参拝客が20人程度しかいません。
しかし、10人以上のお坊様が並び、大きな太鼓や真言が響き渡るお護摩は、相変わらず迫力があり素晴らしいものでした。

お護摩の最中に、お不動様がいらっしゃるのか確認しようとしますが……よく分かりません。
ただ、以前と同様に、本堂いっぱいに広がっているような巨大さを感じます。

自分の守護神に、お不動様がいるかと尋ねると……
「いますよ」と言いました。
かなり大きな存在で、中央にある祭壇を中心にして、上下左右に大きく広がっているらしいです。

そうなのか……と意識を向けてみても、簡単に把握することはできず。

以前、いつもお話してくださる仁王様が、「(ここの)お不動様の姿を見た人は、誰もいません」と仰っていました。
それだけ強力なエネルギーを持つ、特別な存在なのでしょう。
そのため、お不動様からのお言葉も、簡単にいただくことはできないのだろうと思います。

 

ランキングに参加しています。
少しでも多くの方に読んでいただきたく、1日1回の応援クリックをお願いします。


スピリチュアル ブログランキングへ


にほんブログ村

 

|

2020年6月22日 (月)

千葉県・成田山新勝寺の本堂でのメッセージ

20200622_1


雨の中、千葉県の成田山新勝寺に行ってきました。
天候の悪い平日ということもあり、参拝者はとても少なかったです。

ガラガラの本堂の中に入って挨拶をした後、座ってお言葉が入ってくるのを待ちます。
いつもの仁王様だと思うのですが、お言葉が入ってきたので、メモを開始しました。

「…ようやくコロナによる規制が解禁になったと思ったら、このような雨ですな。
にぎわいを見せていたこの本堂も、このように閑散としております。

しかしながら、立派にいらっしゃる人達がおりますから、あまり心配はしておりませんことを、あえて伝えさせていただきます」

─有難うございます。参拝者が減って、本堂のエネルギーは以前より落ちているのですか?

何となく、以前よりも本堂内の空気が重苦しい感じがします。

「いい感じに、毎朝色々な人間が参られているため、このような状態であっても問題ないと申せる。
しかしながら、いくばくかの人間の霊が舞い込んできて、重苦しさを感じるはずです。

エネルギー的には大丈夫だが、せっかくの参拝者に力を分けてあげられないのは、台無しになっております。
要するに、たくさんの方々から、毎朝パワーをいただいているためになります。

おいでいただいたのはいいが、せっかくの参拝でありながらも、あまり癒やされないはずです。
またお越しくださる頃には、明るいパワーが満ちたお堂となっているでしょう」


─わかりました。有難うございます。

今日は、こちらで長くお話をしない方がいいな……と思い、

─お話するのに、他にお勧めの場所はございますか?

「たくさんの場所がございますが、向こう三軒先にございます、熱狂的なお方がいる場所があります。
本堂を出て右に曲がり、そのまままっすぐ進んで左に上がります」

─それは、出世稲荷では?お稲荷さんには行かないと決めています。

以前、少し手を合わせたらお狐様がついていらしたことがあったので、もう参拝は控えようと思っていました。

「もっと先に進むと、ほんの小さな祠がございますので、そこで手を合わせてご覧なさい」


もっと詳しく道順を聞こうとしますが、だんだんお言葉が聞き取りにくくなってきます。道順を尋ねるのはあきらめます。

─パワーは感じないのですが、今もこちらにお不動様はいらっしゃいますか?

お言葉が何も入ってこなくなりました。

ふと時計を見ると11時前で、お坊様が出てきました。そして、今日はお休みだろうと思っていたお護摩が始まりました。

少し先に飛びますが、帰りに言われた道順であろう、出世稲荷に向かう階段をのぼってみました。が…
小さな祠というのは、稲荷神社の手前にある、下の写真のものしか見当たりませんでした。

20200622_2
しかし……すぐ隣には水子供養のお地蔵様が並び、祠が小さすぎて、手を合わせる気になれずでした。
この祠のことではないだろうと思いますが、念のため……。

次回はほんの少しだけ、お護摩中のお不動様について記載します。

 

ランキングに参加しています。
少しでも多くの方に読んでいただきたく、1日1回の応援クリックをお願いします。


スピリチュアル ブログランキングへ


にほんブログ村

 

|

2020年1月11日 (土)

成田山新勝寺の仁王様からのメッセージ・2

20200110
成田山新勝寺の本堂の中の仁王様からの、前回からのメッセージの続きです。

前回は、こちらには何かで頑張っている人に来ていただかないと、意味がない…というようなお話を伺いました。


「ネガティブな気分には、様々なタイプがございます。
まずは、エネルギーが枯渇している者になります。

何故かと申しますと、積極的に何かをなされていないために、頑張るどころか庭木の手入れさえ怠っているのです。
何故かと申しますと、いつもくだらないことに大切な力を費やしているためになります。

毎朝のように頑張っているのでしたら、こちらにいらしてくださいませんか。立派なパワーを分けて差し上げたいと存じます。

ネガティブなエネルギーは、様々な方式によって解消させることができます。
あからさまなことをなさっても、なかなか解消しないでしょう。
大切なのは、律儀に物事を行うのではなく、立派に取り行うことです。

我々からのこうした言葉をお伝えになり、頑張っていらっしゃると感じられますが、熱心さ以上に我々からの話を大切にされていただきたいと申せます。

たくさんのメッセージを届けてくださっていますね。こうして話をなさる人間は、まったくといっていいほどおりません。
ですから今までは、考えを伝える場がなく困ることが多かったのです」


─質問です。ここではパワーを与えるだけであり、願い事を具体的に叶えるのは、その人の守護者でしょうか?

考えていたことを、尋ねてみました。

「そうではありません。我々も願い事を叶えることがあります」

─どのような願い事を叶えますか?

この質問に対するご回答はなく、

「大切なのは、ひんぱんに参拝なされて、このように護摩を受けられても、それによって頑張れるかどうかです。
あなたには色々と頑張ることがございますが、意外と他の者はあまり頑張っていないと申せます。
そのような人間には申し訳なくも…」

ここで、次の回のお護摩が始まり、スマホの電源を切って下さいというアナウンスが流れました。
まだお言葉は続いていましたが、隣のおっさんが睨みつけるので、仕方なくメモを止めてお礼を言って出ました。

来るときはふらふらな状態だったのですが、パワーをいただいたのか、帰る時はすっかり元気になっていました。
ひんぱんにお話をしていただくのは、ご迷惑なのでは…と思っていましたが、歓迎していただいて良かったです。

ランキングに参加しています。
少しでも多くの方に読んでいただきたく、1日1回の応援クリックをお願いします。


スピリチュアル ブログランキングへ


にほんブログ村

|

2020年1月10日 (金)

成田山新勝寺の仁王様からのメッセージ・1

20200110_1

前回から約3ヶ月ぶりに、千葉県の成田山新勝寺に行ってきました。
10日とはいえ、まだ初詣客が大変多く…いつもは外国人率が高いのですが、日本人の年配者率が非常に高かったです。

11時前からの護摩祈祷を受けることができました。本堂内が人で埋め尽くされ、たくさんの立ち見が出るほどのにぎわいです。
その前後に、いつもの仁王様から、今回もお言葉をいただくことができました。

ここ最近仕事に集中しており、頑張りすぎて体調を崩す寸前だったこともあり、

「毎朝エネルギーを使い果たしておりますから、そのような疲れがたまっている状態のようですね。
確かに、朝の時間を有効に使うことが大事と申し上げています。
しかしながら、もう少しだけ頑張りを止めてみましよう。

あなたからのパワーには、たくさんの存在が絡んでいるため、我々にとって有り難いと申せます」

そして、私にパワーをくださる…ということも仰いました。

─読者にメッセージがありましたら、ひと言お願いします。

「働き続けて疲れているのであれば、こうした場にいらしてください。
エネルギーを分けて差し上げます」

「退屈な毎日を送られている人が多いと、お見受けします。
確かに毎朝色々な用事をこなしていますから、ネガティブな…嫌な気分になるはずです。
 
だからといって、このような場にいらしていただいても、我々からはこれといって何かを差し上げる訳ではありません。
こうした場にいらしていただくのは、何かを懸命に頑張っていらっしゃる人でなくてはなりません」


まだお話は続きます。
それは、次回に記載します。

ランキングに参加しています。
少しでも多くの方に読んでいただきたく、1日1回の応援クリックをお願いします。


スピリチュアル ブログランキングへ


にほんブログ村

|

2019年10月10日 (木)

成田山新勝寺の仁王様からのメッセージ・4

20191007_20191010103801

成田山新勝寺の仁王様のお話の、4回目にして最終回です。

「このような話ができるのは、あなたのようなタイプといえます。苦手なタイプには話しかけません」

─何故私には話をしてくださるのですか?他にも神様仏様と話したい人が多いと思うので、ヒントになれば…

「一生懸命に日頃からネガティブな感情を持つことなく、非常に多くの存在との会話を書きとめているためです。

願い事についてをメインに書かれていますが、我々はそのような会話ではなく、より多くの人達を守ってエネルギーを蓄えるような、役立つ話を書きとめていただきたいと願っております。
感謝を申し上げます」

─ここまで有難うございました。また質問ですが、地元の人を優先しているのでしょうか?

「出来る限り、多くの人に力を与えたいと考えています」

私がこのお寺の入口に立った瞬間に、曇り空から陽光が差したことについて尋ねようと思っていると…

「入る時に陽が差したのは、私が行ったのではなく別の者です。
何故かというと、あなたにはひんぱんにいらしていただいている訳ではないが、熱心な心からの参拝であるためです。

相応しくない者でしたら、そのようなことはしないでしょう。
毎朝のように参られる人もいますが、熱心さに欠けていることも多い。ですから陽が差したのですよ。

エネルギーの代謝を良くすることが、悪い状態から抜け出すヒントになります。

長らく、たくさんの話をして差し上げましたね。
願い事を叶えるためには、自らが頑張らないことには何も始まりませんから、あなた方から動くようにされていってみましよう。

願い事にはマイナスのエネルギーがあります。
自ら動くことによって叶えられるのですから、相応しい活動をなされてご覧なさい。

活動といっても、あれこれなされるのではありませんよ。目的を絞って動くことが大切です。
要するに、願い事にはたくさんのエネルギーをかけることで叶うのです。

必死になる以上に楽しく取り組んでみてください。
以上になります」


これで大変長い仁王様からのメッセージが終了しました。
前回もそうでしたが、大変熱心に、そして流れるようにお話をしてくださる方でした。

結局願い事については、神社もお寺も、捉え方にそれほど違いはないということです。
熱のこもった仁王様のお話を、参考にされてくださいね。

ランキングに参加しています。
少しでも多くの方に読んでいただきたく、1日1回の応援クリックをお願いします。


スピリチュアル ブログランキングへ


にほんブログ村

|

2019年10月 9日 (水)

成田山新勝寺の仁王様からのメッセージ・3

20191007_2

成田山新勝寺の仁王様からのメッセージの3回目です。

前回は、私が神社とお寺の違いについてお尋ねしたいと考えていたところ、それを仁王様に咎められた…というところで終わりました。
その続きになります。

─申し訳ございません。神社が参拝者のネガティブな感情に対して厳しいため、お寺の方が寛大なのでは、と思う読者が多いと思いまして…

「あちら(神社)にはシステム的に色々な環境がございますから、複雑なタイプの人間が参られると嫌がられるのでしょう。

こちらとしては、ネガティブな波動を放って参られても、あまり気になりません。
何故かというと、システムとして勧請されているものが違っているためです。

要するに、たくさんの人間がお越しくださいますが、エネルギッシュな人間でなければ歓迎しないことはありません。
しかしながら、熱狂的なタイプの人間の方がたくさんの力を宿していますから、我々に取って有り難くもあるのです。

タイプとしては、非常に頑張っている人間でなければいけない訳ではありません。
しかしながら、複雑な環境に置かれている人間の方が多いですから、このように参られているのです。

熱中できるものがない人が、多いようですね。
頑張ってみても楽しくないのは、好きではないことをイヤイヤ行っているためになります。

あなた方にはたくさんの素晴らしい存在が守っているのですから、もう少し自分の力を使って頑張ってみてくださいませんか。

久しからず、たくさんの話をさせていただきましたね。
願い事については、今まで以上に叶える必要があると考えています。
ですから前向きに進んでいく次第になります」


─有難うございます。以前、お不動様はこの大本堂内に大きく広がっていると伺いましたが…

「お不動様に関しては、何かをされている訳ではありません。
たくさんの人達にエネルギーを与えていますので、お姿を見たくても見ることはできませんよ。
もし見たり話したりされた人がいるとすれば、それは何か他の者と話されていたのでしょう。でなければ相応しくない存在です」


以前も、お不動様のことを誰も見たことがない…とおっしゃっていました。それだけ特殊な存在なのでしょう。
まだ仁王様のお話は続き、次回が最終回になります。

 

ランキングに参加しています。
少しでも多くの方に読んでいただきたく、1日1回の応援クリックをお願いします。


スピリチュアル ブログランキングへ


にほんブログ村

|

2019年10月 8日 (火)

成田山新勝寺の仁王様からのメッセージ・2

20191007_1

成田山新勝寺の仁王様からのメッセージの、前回からの続きです。

前回は、こちらでも人間の願い事をあまり快く思っていない…というお話でした。

─有難うございます。参拝者の願い事を叶えるより、悪いエネルギーを取って軽くする…という感じでしょうか?

「そうではありません。致し方なく話を差し上げていますが、私達には数多くの参拝者がいますので、そのようにしていては何もすることができないでしょう。
かといって、いちいち人様の願い事を聞いて叶えるようでは、何事も先に進みませんね。
有り難い心を育て上げることによって、あなた方に幸福を分けているのですよ。

感謝が大事であることは、あらかじめお伝えしております。
そして、エネルギーにはプラスとマイナスがあることも、お伝えしていると思います。

たくさんの参拝者を一斉に浄化しなければなりませんから、いちいち複雑な話を聞いていられないのです。
朝早くからでなければ叶えられないことも、以前に伝えさせていただきました。

格好良く振る舞うのではなく、あなた方のパワーを周りの人達に与えてみなさい。
よりたくさんのエネルギーが、あなたに返ってくるでしょう。

要するに相応しい人間として、朝から晩まで一生懸命働きながら、退屈を捨て去るのですよ。
めっぽう強いタイプの人間はどのような人かというと、熱心に積極性を持って何かに打ち込んでいる人になります」

ここでメモをしながら、そのお話はここでもう何度も出ています…と思っていると、

「取りあえず、このような話は他でもなされているとのことですね。では話を変えて…」

ここから仁王様のお話に熱が入って早くなり、止まらなくなります。

「久しからずおいでになっていませんでしたから、こう言ってはなんですが、あなたからの質問にはあまり意味がございません。

要するに、神社と仏閣を比べてどう違うのかが知りたい訳ですよね。
しかしながら、他(神社)と我々とは大差ありません。

せっかくお越しくださったは良いのですが、向こう見ずに進まれていても、このような話が目的でいらっしゃっても何もしてあげられません。

致し方なく話をしておりますが、タイプ分けのような話には関心がございませんので、あらかじめもう少し立派な話をご用意されてください」

─分かりました。申し訳ございません。

この後に少しだけ神社との違いも含めて、まだまだお話は続きます。それは次回に記載します。

ランキングに参加しています。
少しでも多くの方に読んでいただきたく、1日1回の応援クリックをお願いします。


スピリチュアル ブログランキングへ


にほんブログ村

|

2019年10月 7日 (月)

成田山新勝寺の仁王様からのメッセージ・1

20191007

久しぶりに、千葉県の成田山新勝寺に参拝しました。気がつけば約1年ぶりです。

空はどんよりと曇っていたのですが、お寺の入り口に着いた瞬間に、雲の隙間から陽光が射し、パァッと明るくなりました!

ここでは以前にも、そのようなことがあったのです。歓迎していただいたんだ…と嬉しくなりました。

大本堂の前で挨拶をして、メッセージをいただこうと大本殿の中に靴を脱いで上がると…はからずも御護摩が始まりました。
9時ちょうどからの開始と知らず…とても分かりやすく歓迎していただいているなと思い、また嬉しくなりました。

御護摩が終わり、ほとんど人がいなくなった大本堂の中で、メッセージをいただきます。

前回前々回と同じ、仁王様がお話をしてくださいました。
お姿を描くのが難しいのですが、 赤い肌をしていて、目をかっと見開いて左上を向き、右手を上に上げている、一般的な仁王像と似たお姿をされています。お話をされるときは、ユーモラスな笑顔になります。

大変長くメッセージを頂きましたので、3回程度に分けて掲載します。

「あなたからはたくさんのエネルギッシュな力が出ていますので、力の限り突き進んでみなさい。

パワーの使い方が間違っています。人様に差し上げるはずが、いつしかエネルギーを溜め込んでいますので、そのように色々なものがついてきてしまうのです。
困ったことがあれば、いつでもお越しください。

朝早くからの参拝を、有り難く思います。毎朝のようにお越しくだされば、もっとたくさんのエネルギーを差し上げられます」


─質問があります。神社の神様は、人間の欲深いお願い事を嫌がっているようです。こちらでは、いかがでしょうか?

「雑多な対応にはなりますが、人様の願い事に関しては、あまり良い気分ではいないでいます。
何故なら、人々は勝手気ままな話が多いため、我々のことなどそっちのけ。
大体話を聞いて差し上げてはいますが、大して叶えようとはしていません。

しばらくの間にたくさんの神社を回られたようですが、結局のところこのような気持ちを抱えていらっしゃるのですから、大して影響はありませんでしたでしょう。
我々のところにいらした方が、もう少し立派に活動できるはずです。

マイナスのエネルギーについてですが、我々はそのような力を力強く取っ払います。
大層な話を差し上げていますので、これくらいにしておきます」


まだまだお話は続きます。それはまた次回に掲載します。

 

ランキングに参加しています。
少しでも多くの方に読んでいただきたく、1日1回の応援クリックをお願いします。


スピリチュアル ブログランキングへ


にほんブログ村

|

2018年10月30日 (火)

成田山新勝寺・聖徳太子堂からのメッセージ

 

 

20181029



前回
の続きです。

成田山新勝寺 の本堂で、仁王様からメッセージをいただき、本堂以外でお話をするのに良い場所として、仁王様に「聖徳太子堂」をご紹介いただきました。
「本堂の右側にある三角形の屋根の建物」とおっしゃり、行ってみると、この「聖徳太子堂」があったのです。

 

聖徳太子堂は、時折参拝者が訪れる程度で、静かです。
手を合わせて挨拶をしたあと、階段を下りるときに、「右へ行って」と頭の中に入ります。
見ると、斜め右に木陰があったので、その木陰に入ってスマホでメモの用意をします。

 


「感謝を述べる。私たちには複数の者が守りを固めており、熱心な信者のみを応援している次第です。
みすぼらしい者も存在するが、相応しくも立派な者も、数多く存在しています。

 

決してこのような会話は行わないのですが、貴重な場として使わせていただきたく思います。
数々の人間から、様々な言葉をいただき続けたが、皆様の様子を拝見している次第では、まだまだ相応しくない存在がたくさんいるようです。

 

相応しい者とは、自らの力を使って頑張る人間になります。
結局のところ、私達ができることとしては、願い事を叶えるよりも、人間として元気に明るく活動できるようにする他にございませんことを、この場を借りて伝えたいと存じます。

 

相応しい者の方が、立派に頑張っていますので、願い事が次々と叶うのですよ。
遥かなる日々には、多くの相応しくない重苦しい存在が企みを持って存在していますが、大して我々には影響を与えません。

 

日頃から、いくつもの会話をされているようですね。あなたには数々の守りがありますので、これといって話すことはございませんことを、お伝えしたいと存じます」

 

─どのような方でしょうか?お名前は…

 

お言葉をくださる方のお姿は分かりませんが、女性というイメージがあります。

 

「遥かなる遠い星から参り、現在こうして、この地を見守り続けています。
願わくは、名乗りをあげるのは勘弁していただきたい。
世界にはたくさんの者たちが存在し、限りない人々の人生を見守っております。

 

せっかくの機会ではございますが、愛と感謝をお忘れになりませんことで、数多くの願い事が叶うと申せます。
願い事というのは、せっかちに叶えるのではなく、大切なエネルギーを上手に回すことによって、手に入れられるものなのです。

 

久しからず、れっきとした人間との会話を、大変貴重な場として使わせていただきました。またとない時間を有り難く申し上げます。

もう少し話させていただくと、相応しい人物とは、ただにぎやかに日々を送っているのではなく、大切な物事を少なくても大事にする人になります。
まだ相応しい存在が少ないようですので、朝早く起きてエネルギーをためて、頑張っていただきたい。皆様にはこれにて話を終了させていただきます…

 

まだあります。すべてを投げ打って頑張るのではなく、貴重な自分の人生を振り返りながら生きてみましょう。
相応しくない者は、時間を面白おかしいことに費やしてばかりで、決して大切な物事に力をかけないのです。
まっとうなエネルギーをお持ちでいらっしゃるのですから、元気よく進んでください。

 

エネルギーとは、たくさんのホコリをかぶっていては、使いものになりません。少しずつでも払いのけてくださるようにお願いしたいと存じます。
複雑な物事に囚われるのではなく、愛と感謝があれば宜しいのですよ」

 

─人の役に立つために動く、ということについてはいかがですか。

 

ここで、ふと思いついたことを質問してみます。

 

「明るく笑顔で取り組む分には、問題ありません。
たくさんの人たちを助けたからといって、自分自身が楽しくないのであれば、それはまったく無意味なのですよ。
感激することが人生の醍醐味なのですから、意味のない毎日になりませんよう、積極性を持ってお過ごしいただけますように。

 

困ったときにお越しくだされば、願いを叶えて差し上げます。しかしながら、ただ話したいという理由では、お越しくださっても何もしてあげられません。

 

大層な願いを持たれていても、自分から何もしないのであれば、結局のところ何も起こりません。
いつも熱心にサイトばかりご覧になっていても、まったく影響はないのですよ。
自分の足を使い、色々なところへ出かけてみなさい。そうしなければ、願い事は叶わないでしょう。

 

常日頃から、マイナスなことばかり目にされることも同様ですよ。熱心に頑張ってくださることが、我々の願いです。

 

正直なところ、複雑な可能性を秘めた人間にとって、最も優れていることといえば、愛されているということになります。
たくさんの人間にではなく、たった1人の人から愛されるのであれば、それが素晴らしいことであるといえます。

 

愛情に飢えているのでしたら、自分から色々な人や物事に、温かい心を注いでみなさい。たったそれだけで、状況がはるかに良くなり、変わっていくはずです。
そろそろ終わりにします」

 

─有難うございます。最後に、こちらは熱心な信者のみを応援しているとのことですが、他の人はいかがですか?

 

「はるか離れた場所から訪れる分には、問題なく話を聞いて差し上げる。

またとない機会だから申し上げておくが、ただ可愛いからといって人気が出るのではなく、人情にあふれているから好かれるのです。
それをお間違えにならないように。感謝を申し上げる」

 

切れ目なく次々とお言葉を投げかけてくる、お話好きで頭の回転の速い方でした。
非常に豊かな内容の、たくさんのメッセージをいただくことができました。

成田山新勝寺にお越しの際には、ぜひ聖徳太子堂にも手を合わせてくださいね。

 

ランキングに参加しています。
少しでも多くの方に読んでいただきたく、1日1回の応援クリックをお願いします。

 

 

 


スピリチュアル ブログランキングへ

 

 


にほんブログ村

 

|

より以前の記事一覧