ご先祖様について

2021年12月29日 (水)

ご先祖様に、線香と供え物について教えていただく

 

父方のお墓参りに行ってきました。
その時に古いご先祖様からいただいたお話の、前回の続きになります。
 
 
今まではあまりお線香にこだわっていなかったのですが、最近のお墓参りでは「薬師寺」で購入した、とても良い香りのお線香を使っています。

 
20211228
 
─ いつもよりも良いお線香ですが、こちらはいかがでしょうか?
 
「…良い香りではございますね。しかし、我々には鼻がないため、このような香りが漂っていたとしても、あまり有り難みはございません。何となく、鼻しらむ程度になります。
 
(お線香は)安い物であっても問題ありませんよ。何故なら、香り以上に大切なのは、気持ちであるためです」

 
掲載していませんでしたが、以前も同じように、「お線香の良し悪しは、あまり関係ない」ということを、伝えられていたのです。
極端な話、ダイソーのお線香でも特に問題ない……ということのようです。

 
─ 今日のお供えはいかがでしょうか?
 
この日のお供え物は、炊き立てのご飯、リンゴ、バナナ、みかん、ふと浮かんだメロンパン、プリン、そして缶コーヒーです。
 
「このくらいで大丈夫です。たくさんあるに越したことはないが、ストレスになるといけませんので、少なくしてください。
 
プリンは頼んでいません。甘い物よりも、塩辛い物の方が有り難い。何故なら我々には舌がありませんが、塩気が必要だからです。お塩をいただけるといいですね。クリーンなお塩でしたら何でも構いません。
 
果物にはたくさんの良いエネルギーが詰まっているため、有り難みを感じますよ。メロンパンにはあまりエネルギーがございませんね。

ですから次回からは甘い物ではなく、しょっぱい物をお願いします」

 
確かに以前、焼き魚が欲しいということを伝えられたのですが、今回忘れてしまったのです。
塩がいい……というのはちょっと納得です。次回から、粗塩を小さなお皿に乗せてお供えしようと思いました。

 
「いつも以上に話をさせていただきましたね。このような会話を行ったという話は、あまり(他から)聞いたことはありませんが、あなたには特殊なパワーがございますから、このような会話が成立するのです。

有り難みを失わないように、日々の出来事を大切になさいませ。
 
最後になりますが、愛嬌のある笑顔を見せてくださいね。日頃からの愛嬌があるかないかで、今後の状態が変わってくるのですから、たくさんの笑顔を作ってみてください。
 
ネガティブな感情には、怖い者が接近してくる要素があります。よって、あまりにも苦しい場合は、そこから逃げた方がいい場合もございます。
このくらいにしておきます」

 
確かに今回は、かなり長くお話をいただくことができました。
お話が得意なご先祖様が、出てきてくださった感じです。
 
お線香やお供え物については、ご先祖様によって感覚が違うかもしれません。
ですからあくまでも、お墓参りの際の、参考程度にしていただけると幸いです。

ランキングに参加しています。
少しでも多くの方に読んでいただきたく、1日1回の応援クリックをお願いします。


スピリチュアル ブログランキングへ


にほんブログ村

 

 

|

2021年12月28日 (火)

ご先祖様から、毎朝の祈りについて教えていただく

 

父方のお墓参りに行ってきました。
 
以前も記載しましたが、最近は毎朝、父方のご先祖様のことを思い、数分間手を合わせています。そしてご先祖の皆様に、高次元の光が降り注ぐ様子をイメージしています。

不思議なことに、本当に皆様に清浄な白い光が降り注いでることが分かるのです。
きっと高次元のどなたかが、毎回サポートしてくださっているのだと思っています。
 
今回のお墓参りでも、古いご先祖様がお話をしてくださいました。
 
その中で、その光を送っていることについてお話してくださいましたので、今回はそれを記載します。

 
「いつも我々の話を載せていただき、有り難く申せます。また色々な話をしたいと考えています。
多くの者が、この墓にいます。メッセージはある程度、(亡くなってから)年がいった者だけが与えられる。数々の者が話をしたがりますが、そうなると悪い者がたくさん来ます。
 
あなたの周りにいるたくさんの明るい者達から、いつも良いエネルギーを分けてもらっています(手を合わせて、光を送っていること)。ですから(我々は)、もうすぐ素晴らしいところへ進むことができるはずです」
 
─ あの光は、どの神様が送っているのでしょうか?
 
「(あなたの周りには)多くの者がいますから、誰からかは見当がつきかねる。我々から見ると、頼りない者ではなく、しっかりした感じの者です。

あの光には素晴らしい力がありますから、長い時間行ってくださることで、(我々は)素晴らしい方向へと進むことができる。

朝早くではなくても構いませんよ。日中であれば問題ありません。明るい時間に行ってくださいね。
夜に行うと、ネガティブな存在がわんさかよってきますから……いつも早い時間に行っているため、我々は開放感のある相応しい方へと進めるのです」
 
─ 私の妹にも、良い影響がありますか?
 
妹はもっと良い場所へ進もうとしているものの、早世したこともあり、足が重くてなかなか進めていない……ということを聞いていました。
 
「妹さんはまだエネルギーが足りていないため、元気ではありますけれど、まだ先に進めていないようにお見受けします。
(祈りが)またたく間に終わりますから、まだ先に進めていないようですよ。

短い時間ですと呆気なく、効果が薄いため、時間を引き延ばしてみてください。我々には届くが、まだ若い妹さんには届きにくいのですよ」

 
毎朝行っていたご先祖様に光を送る祈りは、かなり喜んでもらえていたようで良かったです。
 
 
次に、お線香とお供え物についてもお話をいただきました。
それは、次回に記載します。

 

ランキングに参加しています。
少しでも多くの方に読んでいただきたく、1日1回の応援クリックをお願いします。


スピリチュアル ブログランキングへ


にほんブログ村

 

 

|

2021年11月29日 (月)

お盆に本当に亡くなった身内が来た話

 

今年の8月15日のお盆という、ちょっと前の話です。
 
夜22時頃に部屋で本を読んでいたら、ふと、早く寝た方がいいような気がしました。そこで電気を消して、ベッドに横になりました。
 
すると……しばらくすると、ベッドの横に何かがいる気配がしたのです。2人の人間が横に並び、立って私を見下ろしているようでした。
それは、亡くなった父と妹あると、すぐに分かりました。
私の頭の方には父が立ち、足元の方には妹が立っていました。
 
高次元の存在なら、暗闇の中でも明るい雰囲気があります。しかし、このときの2人はほとんど光はなく、暗く沈んだ色です。
私を見下ろしているのですが、何故か2人とも目を閉じているように感じました。まるで、お棺の中にいるような表情です。
2人とも成仏はしているものの、雰囲気はまさに幽霊。身内でなければ、恐怖を感じるだろうと思います。
 
まず、父が私にひと言、「緑、お母さんから聞いたよ!」と明るく言いました。
次に、妹が自分の左の方を指差して、「あっちの方に行きたいんだけど、行けないんだよね~」と、これもまた明るい声で、ひと言言いました。
 
それだけ言うと、しばらくして2人とも消えました。トータルして、1分間程度だったのではないかと思います。
 
お盆に、本当に亡くなった身内が来るんだ!と私は驚いていました。初めての経験です。 

 
ちなみに、父が母から聞いたのは何かというのは、その後のお墓参りで聞くことができました。(母が仏壇に向かって、父に話していた私についての内容です)
そして妹の発言について、守護神やご先祖様に聞いたところ……妹はさらに良い方向へ進もうとしているものの、足が重くてなかなか先に進めない状態でいる……ということです。

妹は40代で亡くなっていますから、そうした人生経験が浅いことも、先に進みにくい原因になっているようです。
今後は少しずつ進んでいくものの、まだ時間はかかるということでした。
 
この件で、死後もまだ、良い方向へ進むために努力をしていく必要があるのだな……と思ったのです。

 
お盆の夜に経験した、貴重な出来事でした。
 

 

ランキングに参加しています。
少しでも多くの方に読んでいただきたく、1日1回の応援クリックをお願いします。


スピリチュアル ブログランキングへ


にほんブログ村

 

 

|

2021年11月23日 (火)

毎朝ご先祖様に手を合わせる

 

数か月前から、毎朝数珠を持って、父方のご先祖様に手を合わせています。
(母方の方は他の親戚が守っているため、それほど必要ないということです)
 
その時には挨拶をするだけではなく、ご先祖様達に高次元からの明るく軽やかな光が降り注ぎ、包まれる様子をイメージしています。
そして、皆様がより高く軽やかで、より神様に近い明るい方へと進んでいけますように……と念じています。
 
仏壇は実家にあるためか、自宅ではご先祖様とあまり会話はできません。
しかしお墓の前では主に古めのご先祖様と、色々なお話をすることができます。
 
それで先日お墓参りに行った時に、「あの手の合わせ方で、大丈夫でしょうか」と尋ねてみました。
それに関しての回答はなかったのですが、「瞬間的だとあまり効果がないので、もっと長時間続けて欲しい」と言われたのです。「毎日4~5分」と具体的に伝えられました。
すなわち、あの祈り方で良いということのようです。
 
しかし……朝は忙しいし、4~5分というのは集中力も続かず、正直無理。
いつも1~2分程度なのです。
ですから「できるだけ長くするようにします」とは返事をしましたが、やっぱり今も2分程度となっています。
 
それ以外には、「手を合わせる時だけではなく、普段から我々に愛情を持っていて欲しい」ということも伝えられました。
仏壇がなくても、そしてお経を唱えるようなことをしなくても、日頃から気持ちを伝えることが大切なのですね。

 

ランキングに参加しています。
少しでも多くの方に読んでいただきたく、1日1回の応援クリックをお願いします。


スピリチュアル ブログランキングへ


にほんブログ村

 

 

|

2021年4月12日 (月)

お墓参りのお供え物について、ご先祖様に尋ねる

20210412

 

父方のお墓参りに行ってきました。
そして今回は今まで以上に、お墓のご先祖様から、色々なことを教えていただきました。

はじめはお言葉がなかなか入ってこなかったものの……ずっと手を合わせて集中していると、次第にお言葉がよく入ってくるようになりました。

お話をしてくださったのは、江戸の幕末に生きていらしたご先祖様……ということです。
(ちなみに、このお墓に入っているのは父と妹だけですが、戦争で父方のお墓がなくなっているため、自然とここに父方のご先祖様方が集まってきたようです)

個人的なお話の他に、お供え物について、積極的にお話してくださいました。

ちなみに今回のお供え物は、いつものように炊き立てのご飯と、それで作ったおにぎり、果物3種(リンゴ、バナナ、ブドウ)。そして夜に「甘い乳製品が欲しい」と浮かんだので、市販のプリン1個でした。


今回ご先祖様からいただいた、欲しいお供え物についてのお話をまとめると……

「湯気が立っているような、香ばしい物が良い。肉よりは魚料理。アジフライやかば焼きなど…」

さっぱりしたお供え物ばかりだったので、こってりした物があると良い……という感じでした。

以前も、「焼き魚が食べたい」というお言葉をいただいています。(その後に、母が持っていったようです)

今回のお供え物の白いご飯は問題なく、喜んでいただいたようです。

少し気になったのは、果物です。皮をむいていないので、これで味わうことができるのかな?と思い、尋ねてみると……

「果物は味は分からないが、見る分には、あった方が良い。皮をむくと、エネルギーが逃げてしまう。なので、そのままで良い」

……ということでした。
写真のようなリンゴを丸ごとお供えしても、喜んでもらえるのですね。


それから……母が毎日、自宅にある仏壇に色々な料理をお供えしています。
私はこの仏壇に手を合わせる度に、ここにはあまり、来ていなさそうだなあ……と感じていたのです。

亡き父や妹も含め、仏壇の料理をご先祖様方は召し上がっているのか、それともムダなので、やめた方がいいのか……ということも尋ねてみました。

すると、

「仏壇に行って食べようと思えば食べられるので、続けてください」

……というご回答をいただきました。

それ以外にもいくつかのお話をしていただき……ふと「愛情を注ぎます」と言われました。すると、手を合わせている私の心臓あたりに、正面から愛のエネルギーが、ストレートに入ってくるのが分かったのです。
じわーっと温かい気持ちになりました。

ご先祖様って有難いなあ……と思いました。


ご先祖様が求めるお供え物は、故人が好きな物や普段お供えしている物でも、変わってくると思います。
それでも多分一般的にも、炊き立てのご飯など湯気が立つような香ばしい物、そして丸ごとの果物が好まれる……ということが分かったのでした。

 

ランキングに参加しています。
少しでも多くの方に読んでいただきたく、1日1回の応援クリックをお願いします。


スピリチュアル ブログランキングへ


にほんブログ村

 

|

2021年3月25日 (木)

義父母のお墓参りにて

20210325_2


半年ぶりくらいに、義父母のお墓参りに行ってきました。

過去のご先祖様のお話から、お供えには炊き立てのご飯が外せません。炊き立てのご飯とそれで作ったおにぎり、果物、お茶と、シンプルなお供え物。

ほとんど会話はしなかったものの、義父母がどのような状態でいるのか、漠然とですが把握することができました。
もちろん成仏されていて、とても良い状態でいると感じました。
やはり生前の徳の高さが、亡くなった後に影響するのだと思いました。

それを示すかのように、一度モンシロチョウが、さっとお墓に寄ってきたのです。

そして……お墓の敷地内に、可愛いアマガエルが住み着いていました!
掃除をしているときは慌てて逃げまどっていたものの、結局最後までずっと、この敷地から出ることはありませんでした。

20210325_1

 

20210325


ランキングに参加しています。
少しでも多くの方に読んでいただきたく、1日1回の応援クリックをお願いします。


スピリチュアル ブログランキングへ


にほんブログ村

|

2020年8月30日 (日)

お墓でご先祖様に食べたい物を尋ねる

 

父と妹が眠るお墓へ、お墓参りに行ってきました。色々と理由があり、今は父方のご先祖様のお墓になっています。

しかし、今回はあまりお墓からのお言葉は聞き取れず……死後ある程度時間が経った父と妹とは、最近は既に話しにくくなっています。
2人とも気配はあるけれど、言葉では話しにくい……という感じでした。こちらの言葉は伝わっていると思います。

ご先祖様(どなたかは不明)からは、母と夫に関するお言葉をいただきました。
しかし以前も感じたのが、既に嫁に行った私は、もう夫の方の家系に入っている……というような、ほんの少し距離を置かれるような感覚。

過去の経験から、お墓参りには「炊き立てのご飯」が必須とわかっています。
今回は、果物とタッパーに入れた炊き立てのご飯、それで作ったおにぎり2個、お水をお供えしました。

「次回のお墓参りで、何か食べたい(供えた方がいい)物はありますか?」と尋ねると……

「ジュース」「野菜」「果物」など次々と言葉が続き……困惑して「何か1つを」とお願いすると、「焼き魚」と入ってきました。

「焼き魚」は2回聞こえたので、間違いないと思います。全員の総意で焼き魚ということみたいです。
その後に「シウマイ」とも入ってきました。どうも、こってりした感じのものがいいようで……

確かに、果物とご飯というさっぱりしたものだけなので、おかずになるものも欲しかったのでしょう。
今度は、ちょっとおかずになるものもプラスしよう…と思います。

 

ランキングに参加しています。
少しでも多くの方に読んでいただきたく、1日1回の応援クリックをお願いします。


スピリチュアル ブログランキングへ


にほんブログ村

|

2020年8月10日 (月)

お盆のお供えにはきちんとした物を

 

もう何年も前のこと、お盆の頃にネットを回っているうちに、知らない一般の方のブログにたどり着きました。

そこには、「自己流で、ご先祖様のための祭壇(みたいなもの)を作りました!」ということが書いてあり……

そこに載っていた写真には、適当に箱などを重ねて作った台の上に、多くの果物やらお菓子やらジュースやらを、雑多に並べた様子が写っていました。

その台に、手を合わせている、ということで……

ふっと少しだけ霊視をしてみると……周囲に浮いている未浄化霊が、喜んでわらわら集まってきているぞ……と感じて、すぐにページを閉じました。

こうしたことに全く詳しくありませんが、部屋が雑多な状態のときに、食べ物などを適当な場所にお供え物として置くのは、良くないと感じます。

Sozai_image_145764

イラストボックスより


しかし昔から伝わる、ナスやきゅうりで作る精霊馬(しょうりょううま)。
これは野菜ですからお菓子のような毒々しさがなく、精錬されたイメージがあり、ご先祖様が本当に喜んでくださるのでしょう。

 

ランキングに参加しています。
少しでも多くの方に読んでいただきたく、1日1回の応援クリックをお願いします。


スピリチュアル ブログランキングへ


にほんブログ村

|

2019年10月 4日 (金)

拙著の裏話について

9784906828142


2015年に出版させていただいた「占い師が語る本当にあった20のスピリチュアル体験」(説話社)にて、守護者達から私の寿命があと3年だと言われ続けている…という内容を記載させていただきました。

本なので事後報告が難しいですが、結果としては3年以上経った今も、有難くも元気に生きております。

ただ、ちょっと裏話があり…

死期は49歳の秋だと言われて続けていたのですが……
その私の49歳の秋に、1つ下の妹が突然病気になり、秋のうちにあっという間に亡くなってしまいました。

もしかしたら、私の身代わりになったのでは……と、内心で思ってしまうこともあります。


亡くなったあとも、妹の魂と色々な会話をしました。
一年も経つと自宅で話すようなことはなくなり、お墓では会話ができていたのですが…

死後3年目である前回にお墓参りをしたときに出ていらしたのは、もっと古いご先祖様でした。「〇〇さん(妹の名)とお父さんは、お元気ですよ」と仰り、妹と会話をすることができませんでした。

父とは既に、もう会話をすることはなくなっていました。
父も亡くなって1~2年くらいはたまに短い会話をし、その存在は感じられていたのですが。


先日のお墓参りをした直後の夜に、妹がまるで天使のように優しいオーラを醸し出しながら、微笑んで天に昇っていくような映像が浮かびました。

ああ…もうコンタクトできない位置に昇っていったのかもしれないな……と感じ、もう会話ができないかもしれないことに、悲しさを感じました。

父も妹も、私よりもずっとずっと先に進んでいってしまいました。
こうして、魂の不思議さを感じ続けています。

ランキングに参加しています。
少しでも多くの方に読んでいただきたく、1日1回の応援クリックをお願いします。


スピリチュアル ブログランキングへ


にほんブログ村

|

2019年8月14日 (水)

お墓参りでは炊きたてのご飯が喜ばれる

お墓参りに行ってきました。

何回かのお墓参りを通して、仏様は白いご飯を喜ぶ…ということが分かったため、おにぎりを2個作って持って行きました。

できるだけ炊きたてのご飯が良い…ということは分かっていましたが、ご飯が多く余ったので、前日のご飯を電子レンジで温めて、おにぎりにしたのです。
それ以外には、いくつかの果物とお菓子を持って行きました。

そして、お墓にお供えをして、ご先祖様の反応を伺うと…
まず、おにぎりの形が歪んでいたため…それを「う~ん…」と、咎められている感じでした💧

そして、おにぎりはどうですかと尋ねると、ご先祖様のどなたかが、

「…香ばしさが足りない」

…ということをおっしゃいました💦

やっぱり…断然、炊きたてのご飯の方が良かったのです。

暑さもあり、つい手抜きをしてしまい、反省しました。

どうぞお墓参りには、炊きたてのご飯を持って行ってくださいね。
とても喜んでいただけますよ😃

Sozai_image 

ランキングに参加しています。
少しでも多くの方に読んでいただきたく、1日1回の応援クリックをお願いします。


スピリチュアル ブログランキングへ


にほんブログ村

|

より以前の記事一覧