スピ的思考

2021年7月22日 (木)

神社の神様の構造は、どうなっている?

30


癒し・健康情報のトリニティWEBにて、スピリチュアルのコラムが掲載されました。

タイトルは、

1つの神社には、1柱の神様もしくは書かれた御祭神の数だけいらっしゃる……というイメージを持つ人が多いかもしれません。

しかし、例え小さな神社であっても、基本的には多くの神様方が守られている……ということが分かっています。
大きく有名な神社であるほど、その数は膨大になります。

そうした構造的なことをメインに、ざっくりと記載させていただきました。

トリニティの記事はすべて無料ですので、お気軽にお読みになってくださいね。
そして記事の左上(スマホでは下)にある「いいね!」ボタンを、押していただけると幸いです。
私の記事一覧は、こちらになります。


どうぞ宜しくお願い致します。

ランキングに参加しています。
少しでも多くの方に読んでいただきたく、1日1回の応援クリックをお願いします。


スピリチュアル ブログランキングへ


にほんブログ村

 

|

2021年6月29日 (火)

低次元の存在と高次元の存在の働きかけの違い

20210622_20210629094801


自分の経験や色々な状況を見てきた中、低次元の存在と高次元の存在の人間への働きかけ方の、ある1つの法則が分かってきました。
 
それは、「低次元の存在は、アゲてから突き落とす」ということ。
それとは逆に、「高次元の存在は、落としてからアゲる」ということです。
 
途中経過よりも最終結果の方が、長く強烈に意識に残りますよね。そのため、こうした順番になっています。

 
低次元の存在は、人間のネガティブな感情がエネルギー源になっています。
だから、不幸になっている人間を見るのが楽しくてしょうがない。
 
そのため、まずは散々持ち上げて、しばらくいい気分を味あわせたあとに……どっかーん!!と突き落とします。
そうすると、ショックで不幸な気分が倍増しますから……低い存在はホクホクです。
 
持ち上げられている時に、「有頂天」「得意な気分」になるのが、この時の特徴です。自分は凄い!と感じて人を見下したりします。
この時に、慎重さや謙虚さがあれば……それほど派手に落とされることにはならないでしょう。
 
 
高次元の存在は逆に、まずは試練的な出来事を与えます。

それに屈することなく、忍耐心や反省、前向きな気持ちを忘れずに進んでいくと……
まるでそのご褒美のように、感動する嬉しい出来事を与えてくれることが多いのです。

はじめに大変な思いをした分、喜びは倍増します。そしてその喜びは、長く強く心に残り続けるのです。
 
苦労しなければそうした出来事がない、という訳ではありませんが、こうしたパターンが大変多いということです。
 
 
順番が逆だと、こんなにも違うものです。
それを知っておくと、今の自分にどんな存在が関わっているかが見えるかもしれませんね。

 

ランキングに参加しています。
少しでも多くの方に読んでいただきたく、1日1回の応援クリックをお願いします。


スピリチュアル ブログランキングへ


にほんブログ村

|

2021年6月13日 (日)

高次元の存在から、突き放される場合とは……

 

高次元の存在に安定して守られ続けるか、そうではないかは、やはり「感謝があるかどうか」になります。
単純に感謝と言っても、分かりにくいと思うので、例を挙げると……

 
ある幸運の女神様に気に入られて、AとBという2つの願い事を叶えてもらった!としましょう。
そこで、どのような意識を持つかで変わってきます。
 
ある人は、「2つも叶えていただいて有難いなあ、できればCとDも叶えて欲しいけれど、2つもいただいたのだから、頼りすぎずに、できるだけ自分で頑張ろう」と考えます。

CとDに関して、「できれば、こちらもお願いします」とは女神様に伝えるけれど、「もし叶えられなくても、それは自分の責任なのだ」と、一線を引いて考えることができるのです。
 
こうした場合は、結局長く、女神様に守ってもらえることになります。
 
 
また別の人は、「AもBも叶えてくれた!でもまだ足りない!CとDも叶えてください!」と、「もっと、もっと欲しい」という精神状態に陥ってしまいます。

高次元の存在に頼れば、全て上手くいくと考えてしまい、すっかり精神的に寄りかかってしまうのです。
 
こうした場合は、高次元の存在から見放されます。
もしくは見放されなくても、一時的に突き放されます。
 
高次元の存在は、楽をさせて甘えさせてくれる存在ではないからです。
 
 
結局自分の人生は、自分の足で歩いていかなければならない。
高次元の存在に頼れば頼るほど運が悪くなっていくのは、本人にそのことを気づかせるためでもあるのです。

 

ランキングに参加しています。
少しでも多くの方に読んでいただきたく、1日1回の応援クリックをお願いします。


スピリチュアル ブログランキングへ


にほんブログ村

 

|

2021年5月 6日 (木)

先日行った、東京湾観音が…

 

何となくパソコンで、「千葉 パワースポット」で検索しました。
「千葉神社」が1位とか、上位に来ていることが多かったです。
そして千葉県は、すべての都道府県の中で6番目(関東では1番目)に、神社が多い県であると知りました。

見続けていると、先日行ってメッセージをnoteに掲載した「東京湾観音」が、「心霊スポット」として出てきました……

Kannon

よく読むと、デマが勝手に独り歩きをしている模様。飛び降り自殺が多かったとの噂ですが、実際はそんなことはないようです。実際に降りられないように、金網が張ってありますしね。

 

しかし、noteでも記載しましたが、この観音様の中に入った瞬間に「うわっ、やばっ」と思うほど、像の下の方のエネルギー状態は悪かったです。

階段をのぼる途中に、仏教やキリスト教などさまざまな像が、所々に置かれています。
特に下の方の階にあるものは、とてもとても、手を合わせる気になれませんでした。

しかし10階くらいから、エネルギーが軽くなってきます。
13階の御本尊様からは良いお話をいただけたので、こちらとそれより上にあるところでは、手を合わせても大丈夫だと思います。

このように、像や社があるからといって、何でもかんでも手を合わせない方がいいと思います。
神社の境内にある小さな摂社や末社は、あまり良くないな……と感じるものも、結構たくさんあります。

手を合わせるなら、クレクレ精神を出してお願い事をしない方がいいと思います。
ここに来られた感謝や像、社の発展を願うことなどを伝えること……すなわち、ただ温かい感情を置いてくるのであれば、何かの被害を被ることは、あまりないといえます。

 

ランキングに参加しています。
少しでも多くの方に読んでいただきたく、1日1回の応援クリックをお願いします。


スピリチュアル ブログランキングへ


にほんブログ村

|

2021年3月27日 (土)

霊感が強い人のメールやラインの感じ取り方

 

きっと霊感が強い人の多くがそうでしょうが、例えばメールやラインを送ったとき、まだ返事が来なくても、相手がそれを読んでどう思ったか……ということは、比較的簡単に感じ取れることだと思います。特に相手の感情の動きが大きいほど、分かりやすいでしょう。
読んだか、まだ読んでないか……ということも、分かる人は分かるのではないでしょうか。

例えばこうしたブログでも、ある知っている人が、記事のどのあたりの行に、どのような感想を持ったのか……ということも、同じように分かることが時々あります。

相手の感情の動きが強いときだけですから、いつも分かる訳ではありませんよ。

これは霊感を使える中で、珍しく「便利」といえる部分でもあります。(霊感が強いとマイナスになることが圧倒的に多いので)

例えば、相手が何かの意図があって、わざと返信を遅くしている場合……それも、大抵はバレている訳です。
それも、何故遅くしているのか……という理由なんかも漠然と分かる。

お天道様は見ているなんて言葉もありますが、嘘ってつけないですよね~、相手によってはバレバレになっていることも多いですよ。怖い怖い!

私のように、そうしたメールなどでの心の動きが漠然とでも分かる人とは、友人知人になりたくないですね~笑

 

ランキングに参加しています。
少しでも多くの方に読んでいただきたく、1日1回の応援クリックをお願いします。


スピリチュアル ブログランキングへ


にほんブログ村

 

 

|

2021年3月14日 (日)

寂れた神社に手を合わせるときの、注意点とは?

35

癒し・健康情報のトリニティWEBにて、スピリチュアルのコラムが掲載されました。

タイトルは、

国内の神社の数は大変多く、全国で8万8千社以上あるといわれています。
これは、コンビニの数よりも多いそうです。
これだけの数がありますから、中にはあまり手入れがなされていない神社も、たくさん存在していることでしょう。
そうした寂れた神社に手を合わせるとしたら、何に気をつければいいのか……ということを、今までの経験を通して、まとめてみたコラムです。

トリニティの記事はすべて無料ですので、お気軽にお読みになってくださいね。
そして記事の左上(スマホでは下)にある「いいね!」ボタンを、押していただけると幸いです。

私の記事一覧は、こちらになります。
今後ともトリニティの方も、何卒宜しくお願い致します。

ランキングに参加しています。
少しでも多くの方に読んでいただきたく、1日1回の応援クリックをお願いします。


スピリチュアル ブログランキングへ


にほんブログ村

 

|

2021年2月13日 (土)

やっぱり自分が行ったことは返ってくる

 

私自身、細かい部分の運に関してはそれほど良くはないのですが(例えばの話、赤信号が多いとか)、ここ数年、やけに運がいいなあと感じることが1つだけあります。
それは、「電車の席に、
スムーズに座れる」……ということです。

かなり混んでいる電車でも、たまたま入った車両の1席が空いていたりします。
そして不思議なのは、吊革につかまり立っているときに、「隣に立っている人の、前の席」が空いた場合。その場合は普通、隣に立っている人が喜んで座りますよね。なのに、その人が座らない場合が多いのです。
「んじゃ、私が……」と、喜んで座らせていただきます。
そんなことが、何度もありました。

そして最近になって、ふと思いついたのが……

私は若い頃からプチボラが趣味のようなもので、電車の中で積極的に、色々な人に席を譲ってきました。
人が入れ替わったら、いつも席を譲れる人がいないかどうか、チェックします。

年配者やケガをしている方、妊婦さん、お子さんを抱えている方はもちろん、途中からは子供にも譲るようになっていました。
(小学生以上の子供には譲っていなかったのですが、その親から文句を言われるようなことがあり、それから子供にも譲るようになりました)
年配者といっても妙齢の方、しっかりした感じの方だと失礼にあたることがあるので、声をかける際の見極めも大切です。

その長く小さな積み重ねが、「電車の席に座れる」という形で返ってきているのかもしれないな……と思い当たったのです。


まだ若い方ですから、これからも譲ることは続けますが、やっぱり昔に比べると、長く立っているのはしんどいですね。
最近は電車自体にあまり乗らないし、乗ってもガラガラですけどね。


自分の行いは、すぐではなくても、やがて返ってくるのだな……と、実感する出来事なのです。

 

ランキングに参加しています。
少しでも多くの方に読んでいただきたく、1日1回の応援クリックをお願いします。


スピリチュアル ブログランキングへ


にほんブログ村

 

|

2021年2月10日 (水)

高い場所で自然に触れると、高次元とつながりやすい

20210210

 

用事があり、20階以上の建物の部屋の大きな窓から、しばらく陽光で輝く空と海を眺めていました。
(撮影はできなかったので、写真は別のもの)

高い位置にある静かな場所で、輝く海と空を眺めていると、よくインスピレーションが降りてきます。
宇宙に近く、地上の人々の雑念も届かないので、高い次元とつながりやすいのですね。

最近、ずっとモヤモヤ考え込んでいたことの、原理的なことが分かったのです。

視野が狭くなると、「自分から見て、どうか」という側面しか見えなくなります。
しかし、こうして高い次元に近づき、無の境地に入ると……問題がもっと高い視点から見えてきます。そのため、問題の根源がフッと分かり、

「あっ!!そういうことだったのか!」

……と、腑に落ちるのです。

今日はそういう体験をして、かなりスッキリしました。

 

輝く空を見つめていると、それ以外にも、あることが浮かびました。
メモしたのは、以下の通りです。


誰もが、この自然あふれる地球を選んで、降り立ってきた。
それは、肉体を持つ人生を経験するためだ。

この地でどのような辛い経験をしても、それほど長くいることはなく、また宇宙へと戻っていく。
この地にいつまでもとどまらないように、そして良い世界へと戻れるように、
死ぬ時にどのような心構えができているのかが、最も大切なのだろう。

抱えている物やお金が少ないか、たくさんあるかは、そのことにほとんど影響しない。
精神的な成長がどれだけできたか、それだけが問われるのである。

 

高く静かな場所では、良いチャネリングもできそうです。
そうした場所で、時々静かな時間を過ごしたいと思います。

 

ランキングに参加しています。
少しでも多くの方に読んでいただきたく、1日1回の応援クリックをお願いします。


スピリチュアル ブログランキングへ


にほんブログ村

 

|

2021年1月22日 (金)

ダライ・ラマ14世が説く、厳しい修行の意味とは?

28

癒し・健康情報のトリニティWEBにて、占いのコラムが掲載されました。

タイトルは、

お坊様は何のために苦行をするのだろう、と疑問に思っていたところ……たまたま、うちにあるダライラマの仏教本を手にしたら、その解答が書かれていました。
そうしたお話を、まとめてみたコラムです。

トリニティの記事はすべて無料ですので、お気軽にお読みになってくださいね。


このダライ・ラマ14世の本は、チベット仏教の基礎について書かれており、人間の精神を高める方向性や方法が書かれている、素晴らしい内容です。

この本の終わりの方に、「日本では神道を始めとして、神仏を崇拝することによって、その神様から現世的な利益を得るかたちの宗教が多いと聞きました。」……と、日本人としてちょっと恥ずかしくなるような言葉が書かれていました。

 
私も神社仏閣で色々な存在からお話を伺う前は、「神社仏閣は、ただお願い事を叶えてくれる場所」だと思っていました。
しかし、実際にいただいた色々なお話を統合すると、そのニュアンスはかなり違っていた。

寺院も神社も、参拝で高いエネルギーを受けることによって、自分のエネルギー状態……精神を整える働きがある。
すなわち高い存在を通して「自分の心を変えていく」ということが最も大きな働きであり、自分の心が変わることによって、自分の力で状況を変えていくことができるようになる、ということです。
 
日本では、自分を高めるという考えが薄く、「お願い事が叶っちゃう!」という俗っぽい面ばかりが強調されていて、まるでテーマパーク化されてしまっている。
けれど、お願い事を叶えて「もらえる」というのは、あくまでも副次的な効果に過ぎないのです。
 

 

ランキングに参加しています。
少しでも多くの方に読んでいただきたく、1日1回の応援クリックをお願いします。


スピリチュアル ブログランキングへ


にほんブログ村

 

 

|

2021年1月 4日 (月)

今年も「1年後の自分に話しかける」を実行

 

ここ数年間は年末に、1年後の自分に話しかけることを実行しています。
2020年の年末であれば、2021年の自分に意識をつなぎ、「どんな年だったのか」と尋ねるのです。
 
その具体的なやり方は、こちらのページをご参照ください。

 
約1年前の2019年の年末も実行し、2020年年末の自分に話しかけていました。
その時受け取ったメッセージが、こちらのページに記載されています。
 
この時に、「(2020年は)悪くはない年だった。でも、楽しくなかった」と言われました。確かに振り返ると、大体当たっていると思います。
そして「何かいいことはあった?」と尋ねると、一年後の自分は、両手に3つのキラキラと光り輝く星を持ち、それを私に見せたのです。
今にして、それは何かと考えれば……2020年は1冊のタロット占いの本、2冊の監修した児童書を出版していただいたので、この3冊の本のことだろう、と思い当たったのでした。
 
 
2021年のことを尋ねるのは、2020年12月29日に実行しました。
今回はかなり具体的に、たくさんのことを教えてもらいました。
 
コロナやオリンピックがどうなったか……ということも簡単に教えてもらいましたが、必ずしも当たる訳ではないため、ここでの言及は避けておきます。(後出しじゃんけんもしません)
また、プライベートに関する具体的な内容も省きます。

 
最初に言われたのは、「大したことはない年だった」でした。つまり私にとっては、平凡・平和な年だったということ……。
その後に、「不思議な出来事が増えた」と言いました。この具体的なことは分かりません。

 
まあ、不穏になりそうな世の中で、取りあえず平凡なのは何よりかと。
ちなみに、毎年浮かぶ1年後の自分は、何故かいつもおかっぱくらい短い髪で、白いセーターを着ているのですよね……理由は分かりません。
 
 
今からでもできるので、皆様も2021年大晦日の自分に、話しかけてみてはいかがでしょうか。

 

ランキングに参加しています。
少しでも多くの方に読んでいただきたく、1日1回の応援クリックをお願いします。


スピリチュアル ブログランキングへ


にほんブログ村

 

 

|

より以前の記事一覧