スピ的思考

2020年1月28日 (火)

肉体があることで多くの欲が生じる

現実面が慌ただしくてネタがなく…放置気味でスミマセンm(_ _)m
毎日の短時間の瞑想は、辛うじて行っています。
以前も書きましたが、瞑想のときは宇宙の中を漂うイメージを持つことが多いです。

神様と呼ばれる高次の存在の大半(それほど高くなくても)は、宇宙のどこかから地球に飛来してきているようです。
そうした存在が地球を見ると…まるで人間がアリの大群を見ているかのように、小さな世界で懸命になって生きている様子が見える。

物質の波動というのは大変低くて、人間の魂はその低い肉体という物質に詰め込まれているので、生きることが本当に大変です。
食欲、性欲、睡眠欲、金銭欲、自己顕示欲、承認欲求、疲労なんかは、すべて肉体があるから生じるもの。
肉体がなくなると、本当に軽くなるのだろうな…と思います。
肉体を脱ぎ捨てるときには、物質的世界への執着心を捨てることが前提ではありますが。

何度か書いていますが、「この世界は夢である」という言葉に救われることが多いです。
今この瞬間もどんどん過去に流れて、遠い先には自分の魂すらも完全に消え去ってしまう。
結局はすべてが消えてしまうのだから、必死に生きた証のようなものを残そうとすることは、あまり意味がなく…
今、自分がどう生きているか、どう感じているかということが大事である。
そしてどうせ夢であるのならなおのこと、できるだけ周りの人達も良い気持ちになれるように生きていきたいと…。

ちょっとモヤモヤした気分になったときに、「すべては夢である」と心で唱えると、「ああそうだった、ネガティブになる必要がないんだった」と、心から思えてホッとしますよ。

最近記憶力が落ちてきて、数日前の出来事もきれいに忘れるくらいですから、ますますこの言葉が腑に落ちるようになっています。

ランキングに参加しています。
少しでも多くの方に読んでいただきたく、1日1回の応援クリックをお願いします。


スピリチュアル ブログランキングへ


にほんブログ村

|

2019年12月 1日 (日)

幸福な方向へ進む流れを作るには


毎日の5分間の瞑想では、何事もなく終わることが多いものの、時々自分の守護者からさまざまな映像を見せられることもあります。
その体験は、いずれまた書くとして…


最近思うのは、人生って予想していたよりもずっと短いな…ということです。
特に仕事などで最もエネルギーを発揮できるのは、大体40代がピークでしょう。
人にもよるでしょうが、50代に入ると体力気力的にも下り坂に入るな…ということを実感しています。

今日も、宇宙を漂うイメージを持ち続けて瞑想していました。
そして、改めて感じ取ったことは…

あっという間に過ぎていく人生の中で、より良く幸せを感じて生きていくためには、
「誰かに何とかしてもらおうとする」という意識を外すことが、第一段階です。

もっとも大切なのは、自分の意識の持ち方を、変えていくことです。
物事の良い面を見ていくように心がけ、少しずつでも生活の中で幸福感を味わうようにする。
すると、自然と意欲が出てきて「何かに挑戦したい」と感じるようになり、結果的に自分から幸せをつかむ方向へと動けるようになります。

そうすると気持ちが明るくなり、笑顔が増えて、周りの人達までもが明るい気持ちになる。
このように、周りの全体的なエネルギーが、明るく活発な方向へと引っ張られていく。

…という流れに乗ることが、理想的な方法なのでしょう。


「誰かに何とかしてもらいたい」という意識が強いほど、自分を変えようなんて微塵も思いませんから、この流れに乗ることができなくなるのですね。
ただただ、不満が募る一方になってしまいます。

 

ランキングに参加しています。
少しでも多くの方に読んでいただきたく、1日1回の応援クリックをお願いします。


スピリチュアル ブログランキングへ


にほんブログ村

|

2019年10月31日 (木)

内面の幸福感がパワーを生み出す


台風15号による千葉県の被災者に対してボランティア活動を行われたことを知り、最近タレントの紗栄子さんのブログをたまに拝見しています。

先日の記事では、非営利のボランティアの社団を設立されたと書かれていました。
二人のお子さんを持つシングルマザーでお仕事も大変忙しいのに、本当に偉いなぁ…と感心して見ています。

ブログを見ながら、ふと自分の守護者に「素晴らしいですよね…」と声をかけてみると、こう返事をしてきました。

「幸せだからできる」

そうでなければ疲れてしまう、ということです。

確かにお写真を見ると、ボランティア活動も良い意味でイキイキ楽しみながら行なっているように感じられました。
「何かしなければいけない」という義務感からではなく、本当にやりたいから、楽しみながらやっている…という感じがしたのです。

外側の条件を見ると、経済的に恵まれていたり、若くて美しい外見だったり…ということがあると思いますが、それでもなかなかできることではありません。

仕事も子育ても、充実感と感謝の気持ちを持ちながら行われていて、心の中にエネルギーが常に満たされている状態です。
ですから喜んで、人のためにこうした活動を行うことができるのでしょう。

もし「子育ても仕事も両立しないといけないし、ボランティア活動もしなきゃだし、本当に大変!」などと少しでもネガティブに思っていると、すぐに疲れてしまうはずです。

幸福であるかどうかは、外側の条件以上に、自分の内面が決めます。
内面にエネルギーを満たすことは、少し視点を変えるだけでできることではなく、日常生活をどのような気持ちで送っているのか…という積み重ねが重要になります。

スピリチュアルの世界に集う方は、「何かにすがりたい」と思っている人が多いと見受けられます。
そして「すがられて、嬉しい(もしくは儲かる)」と思っている人に頼るという、共依存が成り立っている世界であると感じます。

しかし真の幸せは、自分の軸をしっかりさせて、「自分の人生は自分で責任を持ち、自分の足で生きていく」という姿勢と覚悟がなければ、味わえないと思います。
誰かに、何かに何とかして欲しい…という意識が強くある限りは、真の幸福感を味わえませんし、自分自身をそして人を本当の意味で信頼することもできません。
そして、「本当の意味の感謝」もできません。

自分軸がしっかりしているということは、何でも自分でやらなければいけないということではありません。
自分を信頼できる分、他人も信頼することができるということです。

ランキングに参加しています。
少しでも多くの方に読んでいただきたく、1日1回の応援クリックをお願いします。


スピリチュアル ブログランキングへ


にほんブログ村

|

2019年10月28日 (月)

ほんの少し先の未来はかなりの確率で決まっている

ちょっと前の話になりますが、17日にプロ野球のドラフト会議が行われました。

ドラフト会議の華といえば、競合球団によるくじ引きです。

今回、第一指名のくじ引きは3回行われました。

誰が当たりくじを引くのか…ドキドキしながら推測しました。
いつもはこうしたことを当てるのは得意ではありませんが、御岩神社に行った直後のせいか、今回は冴えていました。

1回目のくじ引きと2回目のくじ引きは、それぞれ3人の中の誰が当たりくじを引くのかが、くじを引いている段階で浮かんだのです。
そして2回ともその通りになって当たり、冴えているなあ…と思いました。

3回目は、4球団によるくじ引きです。

まだくじを引く4人が出てきていない段階で、私の頭の上の方に、4人の男性が並んでいる姿が浮かんだのです。
そして、左から2番目に立つ男性が当たりくじを引き、ガッツポーズしているという…イメージが、ハッキリと浮かびました。

この時は、誰がどの位置に並ぶのか…ということすら、わかっていませんでした。

そして4人が抽選箱の前に並び…
4
      (写真・西日本スポーツより)

上の写真のように、左から2番目のロッテが当たりくじを引き、ズバリ当たったのでした。

しかしこんなことは全く役立たないし、凄いと言いたい訳でもありません。
しかしここで言えるのは、明確に予想できたということは、ほんの少し先の未来は確定されている可能性が高いということです。

くじなんて、ちょっとした手の動きでどれを引くかが変わってしまうと思います。
それでも鮮明に未来のイメージが浮かんだということで、かなり決まっているんだなあ…と実感したのでした。

そう感じたことは、日常生活の中でも何回かあります。
いつか書けるタイミングがあれば、それも書きたいと思います。

ランキングに参加しています。
少しでも多くの方に読んでいただきたく、1日1回の応援クリックをお願いします。


スピリチュアル ブログランキングへ


にほんブログ村

|

2019年10月16日 (水)

悟ったら、すべてが無になる?

2


癒しと健康情報のポータルサイト「TRINITY WEB」 にて、コラムが掲載されました。

今回のコラムのタイトルは、

「悟ったら、すべてが無になる?~悟るということは、自我がなくなるということ~

無料ですので、ぜひお気軽にお読みになってくださいね。そして記事の左上(スマホでは記事の下)にある、「いいね!」ボタンを押していただけると嬉しいです。


私の記事の一覧は、こちらのページになります。
月2回程度更新していく予定ですので、宜しければブックマークをしていただけると幸いです。

今後ともTRINITYの記事を、宜しくお願い致します。

ランキングに参加しています。
少しでも多くの方に読んでいただきたく、1日1回の応援クリックをお願いします。


スピリチュアル ブログランキングへ


にほんブログ村

|

2019年9月27日 (金)

占いによる予言が当たりにくい理由とは?

60

癒しと健康情報のポータルサイト「TRINITY WEB」 にて、コラムが掲載されました。

今回のコラムのタイトルは、

「占いによる予言が当たりにくい理由とは?~スポーツの順位予想を通して考える~

無料ですので、ぜひお気軽にお読みになってくださいね。そして記事の左上(スマホでは記事の下)にある、「いいね!」ボタンを押していただけると嬉しいです。


私の記事の一覧は、こちらのページになります。
月2回程度更新していく予定ですので、宜しければブックマークをしていただけると幸いです。

今後ともTRINITYの記事を、宜しくお願い致します。

ランキングに参加しています。
少しでも多くの方に読んでいただきたく、1日1回の応援クリックをお願いします。


スピリチュアル ブログランキングへ


にほんブログ村

|

2019年8月22日 (木)

自然と人間の欲は相反するもの

漫画での超久しぶりの寺尾玲子さんとの再会に感動した私は、早速ネットで一冊コミックを注文しました。
タイトルは、上にある「魔百合の恐怖報告・神様の引っ越し」(朝日新聞出版・2014年)

「神様」がつくタイトルというだけで選んだのですが、これが私にとって大正解でした!
深い気づきを得ることができたのです。

まずは…古く放置されていた庚申(こうしん)塚を、村人が発見したというお話。この庚申塚を欲深い女性が祀ったことにより、村中に祟りが出てしまうのです。
それを霊視しての玲子さんのセリフが、こちらのシーン。

20190821


「そういう欲は、よくないものを集めるからね」

…私が今まで伺ってきた、神様のお話と共通しています。
「自分が良い思いをしたい」という我欲(願い事)からは、ネガティブな波動が出るのです。

昨今はテレビなどでも、神社仏閣でどんどんお願い事をしよう!こんなに叶っちゃった!…と欲を煽っている風潮ですが、その我欲が、神社仏閣の境内の気を穢しているのですね。

玲子さんは、そのことを当たり前のようにご存知だった…さすがです。

そして…最も目が覚めたのが、以下のセリフでした。

20190821_1
「人間の欲と、自然の理(ことわり)は相反するもの」

このひと言で、すべてがわかった気がしました。
神社は本来、自然エネルギーが祀られている場所です。その自然エネルギーと人間の我欲は、反発し合うのです。

例えば……人間の「もっと便利に過ごしたい」という欲によって、ここまで経済は発展しました。
しかしその反面、自然界は、そして地球はどうなりましたか?
地球温暖化ももう止めることができず、確実に気温は上昇の一途をたどるでしょう。

神社は人間のエネルギーも必要としているため、多くの参拝者が訪れることは喜ばしいことなのです。
しかし、神様側からの希望として、我欲の強いお願い事やネガティブな感情で、できるだけ場を穢さないで欲しい…ということをおっしゃりたいのだと思います。

神様に近づきたいのであれば、できるだけ「もっと何かが欲しい」「すごいと思われたい」というような我欲は、薄めていかなければなりません。(自戒を込めて…)

人間の欲により、いつの間にか「人間の欲を叶えてくれる場所」と、置き換えられてしまった神社。
このままでは境内は、穢れ続ける一方でしょう。

本来の「自然を愛して慈しみ、感謝する場所である」という意識を、取り戻すことが必要なのだと感じました。

 

ランキングに参加しています。
少しでも多くの方に読んでいただきたく、1日1回の応援クリックをお願いします。


スピリチュアル ブログランキングへ


にほんブログ村

|

2019年8月12日 (月)

短時間の瞑想でも、こんなに効果あり!

53

スピリチュアル情報のポータルサイト「TRINITY WEB」 にて、コラムが掲載されました。

今回のコラムのタイトルは、

「短時間の瞑想でも、こんなに効果あり!~続かない人への、プチ瞑想のすすめ~

無料ですので、ぜひお気軽にお読みになってくださいね。そして記事の左上(スマホでは記事の下)にある、「いいね!」ボタンを押していただけると嬉しいです。


私の記事の一覧は、こちらのページになります。
月2回程度更新していく予定ですので、宜しければブックマークをしていただけると幸いです。

🌑 🌔 🌓 🌙 🌕

さて、
瞑想に関する余談です…

この前の記事で、瞑想中に恵比寿神社に呼んでいただいたお話を書きましたが、普段の瞑想では、ほとんどそのようなことはありません。
しかし、瞑想中は意識を高い方に持っていくため、高い存在とつながりやすくなるようです。

先日も、いつものように5分間の瞑想を行っていました。
すると、目の前の上の方の明るい領域に、スラッと背の高くて全身が白い神様のお姿が現れ…こちらにスーッと近づいてきました。

その神様は剣を持っていて、それを私に渡そうとしているようです。
うん…?けん??と思っていると、「つるぎ」と浮かびました。
そして胡坐をかいて膝のところに置いている私の右腕に、その剣を立てかけたのです。

のこぎりのような平べったい素材のシルバーの剣で、中央にターコイズのような?青い石がついているようです。
かなり適当で下手な絵ですが、イメージにするとこんな感じです。

20190810
剣…「何に使うんですか?」と尋ねると、「戦いで使う」と頭に入りました。

戦い…??戦う場面なんてないけどなあ…
戦争中でもないし、例え戦争中であっても、人と戦いたくありません。

見えない世界のものなので、低波動の何かなど、見えない何かと戦うときに使うのかもしれません。

そして、「16」という数字が強く浮かび…「16年後にお待ちしています」ということを仰いました。
多分、私の寿命(目安)ではないかと……結構長い。

そして、その背丈の高い神様の後ろの方に、他の神様方が一列に7~8柱ほど、ずらっと並んでいるのが視えました。
すると、皆様が一斉に私に向かって深く頭を下げて……すっと消えていきました。

夜、横になっているときに、右手に剣を持っている感覚があり…普段は分からないけど、多分今もあるんでしょう。
瞑想中の、ちょっと不思議な出来事でした。

ランキングに参加しています。
少しでも多くの方に読んでいただきたく、1日1回の応援クリックをお願いします。


スピリチュアル ブログランキングへ


にほんブログ村

|

2019年8月 7日 (水)

神様が願い事を好ましく思わない理由

ここ最近、どこの神社へ行っても、神様から人間の願い事に対する嫌悪感を伝えられてきました。
ここまでお話を伺った神社の中で、「喜んで願い事をバンバン叶えますよ!」とおっしゃるような神様は、いらっしゃいませんでした。
多くの神様が、願い事に対して否定的だったのです。

しかし神社側のPRが願い事を叶える…というものであることからも、願い事を叶えようと前向きに活動する神様仏様も、いらっしゃるにはいらっしゃいました。しかし、その割合はごくわずかです。

三峰神社の神様のお話では、昔はもっと頑張っている人が多く、本来は神社は願い事をする場ではなかったということです。
それが最近になって、願い事をする場所に変わってしまったそうです。

願い事を叶えるためには、神様もそれなりにエネルギーを使わなければいけません。基本的に無駄なことはされませんので、叶える願い事も、かなり選ばれると思います。


しかし、願い事を叶えることが面倒だからというより、「その人にとってプラスにならないから」というのが、願い事を嫌がる大きな理由のようです。

もし、神社仏閣で何かをお願いして叶えば、「願い事が叶っちゃった!」とウキウキと吹聴し、また何か欲しいことが出てくれば、いそいそと神社仏閣へ出かけるでしょう。
そして、もし次回は叶わなかったら、不満を感じるのではないでしょうか。

他力本願に拍車がかかり、自分ではますます何もしなくなるのです。こうして「自力」が落ちていくと、生きることが大変になってしまいます。
それを防ぐためにも、神様は基本的に願い事を叶えないのでしょう。

叶えるとしても、本人が自力で頑張っていることの後押しをすることがメインのようです。頑張っている人を好まれるし、神様自身も良いエネルギーをもらえるからです。


にぎわう箱根神社で、耳にしたツアー参拝客の話…
「お賽銭は10円じゃダメみたいよ」「えっ、そうなの?じゃあ5円?」「たくさんお願いしちゃったわ」。

おそらく多くの参拝客が、こんなノリなのです。こういう人達ばかりでは、嫌になるだろうな…と思いました。

色々とお話をして思うことは、神社の神様との関係は、「一般的な人間関係と、あまり変わらない」ということです。
一方的に与えられるのではなく 「与えた者が与えられる」という相互関係です。

そのため神様は、与えられることばかり望む人を嫌がり、与えようとしてくれる人を好むのです。
それは、人間も同じですよね。


特に女性は受け身の性質で、自分は動かず「誰かに何とかしてもらいたい」と思う傾向が強いです。そのため、スピリチュアル好きな人には女性が多いのです。

宗教が廃れないのは、「何かにすがりたい」と思う人が非常に多いためです。思うに宗教は、すがられる方も満たされるという、共依存の世界だと思います。

「何かにお願いするだけで、何もしなくても全部叶っちゃう!」という人間の自力を腐らせるメソッドは、決して消えることなく、これから先も現れては依存したい人をかき集め、消える…を繰り返すと思います。
それだけ何かにすがりたい、楽をしたい人という人が多いということです。

神様方のお話を総合すると、神社は願い事を叶える場所というより、「高波動のエネルギーをいただき、自分自身の活力を高める場所」という表現の仕方が最も合っているように、今のところは思っています。

 

ランキングに参加しています。
少しでも多くの方に読んでいただきたく、1日1回の応援クリックをお願いします。


スピリチュアル ブログランキングへ


にほんブログ村

|

2019年6月11日 (火)

与える姿勢が真の幸福に導く

45

スピリチュアル情報のポータルサイト「TRINITY WEB」 にて、コラムが掲載されました。

今回のコラムのタイトルは、

「与える姿勢が真の幸福に導く~本気で克服しよう!運気をすり減らすクレクレ病~

無料ですので、ぜひお気軽にお読みになってくださいね。そして記事の左上(スマホでは記事の下)にある、「いいね!」ボタンを押していただけると嬉しいです。


私の記事の一覧は、こちらのページになります。
月2回程度更新していく予定ですので、宜しければブックマークをしていただけると幸いです。
宜しくお願い致します。

ランキングに参加しています。
少しでも多くの方に読んでいただきたく、1日1回の応援クリックをお願いします。


スピリチュアル ブログランキングへ


にほんブログ村

|

より以前の記事一覧