« 2024年6月 | トップページ

2024年7月

2024年7月 9日 (火)

広島東照宮の神様からのメッセージ・2

202407063


初めて広島駅近くの広島東照宮に参拝した時のことで、前回からの続きです。
 
こちらの神様が歓迎してくださり、読者様に対するお話が、長く続きました。
 
 
「数々の話を聞いていただきましたから、最後にひとつだけ申し上げておきましょう。
 
あなた方皆様には、多くのエネルギー体が存在していますので、我々以上にそのような方々に挨拶なされてみましょう。
 
皆様には相応しい役目を担っていただき、ネガティブな者からの話に耳を貸さないようにされてください。
 
我々からは、ここまでにしておきます」
 
 
─ 有難うございました。こちらは、徳川家康とは無関係なのですか?
 
「そうではありません。先ほど申し上げましたね。少しばかり似たエネルギーを持っています」
 
確かに、「東照宮というのは、徳川家康のところから参ったという以外にも、複雑なものが多く入り、このような名前となりました」と、前回の記事で仰っていました。


─ こちらでは、参拝者にプラスのエネルギーを与えてくださるということですか?
 
「そうしたこと以上に、確かなものを差し上げていますよ。
はじめから頑張る姿勢の人間には、より活動できる力を渡しております」


─ 願い事はそれを使って、「自分で叶える」という認識で宜しいですか?
 
「それもございますよ。誰かを思う気持ちから(の願い事)であれば、時には我々が動いて叶えることもございます」
 

─ 困った参拝客はいますか?
 
「欲張りな人間には、より複雑な悩みを与えることもございます。要するに、誰かを思う心があるかないかになります」
 

─ 地元の方を優先されていますか?
 
「そうではありません。皆様平等に接しています。
輝かしい人ほど楽しい話をしてくださいますから、我々は嬉しいのです。話の中身も重視しています」
 

─ 神様に寄りかかる姿勢の人間は良くないと聞きますが、いかがですか?
 
「あれは、皆様が頑張っていないためですよ。何とかしてくださいと伝えられても、出来ることは大してありません。
皆様がやらないことには、我々も動くことができないのです」
 
 
ここで、広島として思い浮かぶ原爆の犠牲者について、質問してみました。
 
 
─ 原爆で亡くなった方々の魂は、既に上がっていますか?
 
「そこらここらにまだいますが、皆様頑張って、上がることを意識されています。

ここには(犠牲者の魂は)あまりおりません。何故なら、土地が高い位置にあるためです。
海の方には、まだ多くの魂が浮かばれずに漂っていますね。我々にはどうにもなりません。
 
数多くのエネルギー体がいますので、少しずつ軽くなるはずです。皆様からは哀悼の意を表してあげてくださいね。
平和記念公園には、たくさんの存在がまだ浮かばれずにおりますので、『話かけるよりも、供養なさっていただきたい』と申し上げておきます」
 

─ たくさんのお話を、有難うございました。
 
「ますますのご活動を願っています。有り難くも多くの話を聞いてくださいましたから、(あなたの)エネルギーを軽くしておきましたよ。
またお越しください、待っていますね」
 
 
こうしてお話は終わりました。温かいエネルギーで積極的にお話してくださり、幸福な気持ちになれました。
素晴らしく鮮やかな、空の青さでした。

20240706

ランキングに参加しています。
少しでも多くの方に読んでいただきたく、1日1回の応援クリックをお願いします。


スピリチュアル ブログランキングへ


にほんブログ村

 

|

2024年7月 8日 (月)

広島東照宮の神様からのメッセージ・1

202407061


広島に所用があり、翌朝に初めて、広島駅近くの広島東照宮に参拝しました。
 
朝8時台なのに、既に猛暑です。汗を流しつつ階段をあがり、拝殿で挨拶と自己紹介をします。
そして、もし掲載したいメッセージがあれば承ります……と伝えました。すると、

「我々から伝えたいことがございますので、右側の椅子におかけください」
 
……とお言葉が入り、歓迎してくださることが分かりました。
 
拝殿の右側に、このような椅子が置かれています。
 
202407062

お話が続き、メモを開始しました。その内容を2回に分けて掲載します。
雰囲気としては、女神様のように感じられました。
 
 
「(朝)早くもの参拝でございますので、こうして言葉を差し上げる次第になります。
新鮮な内容のメッセージではありませんが、大事を取って、伝えさせていただきます。
あなたは神社仏閣の様々な言葉を掲載なさっていると、各方面から耳にしています。
 
かろうじて申し上げておきたいのは、『はじめから、神様の力を頼るのではありませんよ』ということです。
 
自らの力を生かして、全てのことを成し遂げてみてください。そうしないことには、悪い者が近くに来ますよ。そして輝かしいエネルギーを、マイナスに転じさせてしまうのです。
 
めっぽう強い(高次元の)存在にとって素晴らしいことは、あなた方皆様が、自らのエネルギーを使って色々なことにチャレンジしていくことにございます。
必ずしも大層なことを成し遂げるのではなく、退屈さをなくしていくということにございます。

 
我々の(神社の)仕組みについて申し上げますと、エネルギー的に斬新なものを携えているのですよ。
人様からいただいた愛情を活かして、様々なことに活用しています。
 
要するに、我々から皆様に何かをさせていただくのではなく、皆様から我々に何かをくださって、それをマイナスから良い方へと転じさせるのでございます。
 
皆様がたくさんの感謝をくださっていますから、我々は輝いて見えるはずです。
皆様が有難くも多くのものをくださり、それを我々の力によってプラスに変えるのであります。

 
我々の(神社の)名称についてご説明しましょうね。
 
東照宮というのは、徳川家康のところから参ったという以外にも、複雑なものが多く入り、このような名前となりました。
日光東照宮とはあまり関係ありません。
体質が違っていて、我々よりもあちらの方が、より相応しい行いをなさっています」
 
 
まだお話は続きます。それは次回に掲載します。
 

ランキングに参加しています。
少しでも多くの方に読んでいただきたく、1日1回の応援クリックをお願いします。


スピリチュアル ブログランキングへ


にほんブログ村

 

|

2024年7月 1日 (月)

強い霊感を得ようとしても碌なことにならない

 

こうしたブログを長年書いていると、「強い霊感が欲しい」という読者様やお客様をたまに見ます。
 
過去に何度か書いていますが、私は霊感を磨くことは全くお勧めしていません。
私自身もともと求めておらず、生まれつき持つ人が多いことからも資質が影響し、練習するからできるという簡単なものではないと思っています。
 
特に「現実(や自分自身)が冴えないから、霊感を使って輝きたい」というお考えのある方には、マイナスにしかなりません。
 
現実が冴えないということは、決して精神性も高い状態ではありません。
霊感を開発して簡単につながるのは、間違いなく低い存在です。低い存在に振り回され、呆気なく生きることも厳しい状態に陥ります。
 
現実を、日々をしっかり生きて、「自分にはこれがある」というものを持ち、自信を培うことの方が先決ではないでしょうか。

 
また、言っておきたいのは……こうしたブログばかり梯子していると分かりにくいと思いますが、
龍などが見える、神様と話せるなどと言うと、世の中の9割5分以上の人から、「頭のおかしいヤツ」と思われます
 
だから実際に霊感を身につけようが、凄いと思われるどころか「気味の悪い人」と思われるのが関の山。
そして大変な思いばかりするため、想像以上に理不尽でしんどいだけなのですね。
 

ランキングに参加しています。
少しでも多くの方に読んでいただきたく、1日1回の応援クリックをお願いします。


スピリチュアル ブログランキングへ


にほんブログ村

 

 

|

« 2024年6月 | トップページ