« ダライ・ラマ14世が説く、厳しい修行の意味とは? | トップページ | 氏神様からのメッセージ・2 »

2021年1月26日 (火)

氏神様からのメッセージ・1

20210101_1

 

晴れた日の早朝であれば、色々とお話をしていただける……ということで、氏神様に参拝しました。
予想より長いメッセージをいただきましたので、2回ほどに分けて掲載します。
 
 
「朝早くからのお参りには、素晴らしいエネルギーが込められておりますので、このようにお話ができるのです。
 
あなたからは、多くの頂き物がございますよ。何故なら、格段にも優しく有り難い心からのお参りであるためです。

今までのことを振り返ってみますと、熱心に参られる人は、さほど多くはありませんでした。
これからは今までとは違い、熱心な参拝客のみに、多くのご褒美を差し上げたいと考えております。
 
エネルギーにはいくつかの種類がございまして、悪いものを携えて参られる人間の方が、多くなっています。

最後には、熱中した分だけのものを与えていきますから……要するに、か弱い人にはあまり良い力を与えられません。
ネガティブな考えを持っていらっしゃるうちは、エネルギーがあげられないのですから、まだ未熟ということになるのですよ。
 
参られる人皆様には、限りなく明るさを与えていますが、時には我々をののしるような者もいます。
せっかくのお参りですから、明るい心からの参拝を意識してくださいね。
 
エネルギーは循環しています。要するに退屈なものをくださると、ますます有り難みのない状況に追い込まれてしまいます。
熱心なお参りであることが大切です。

致し方なく参られるタイプには、あまり活力をあげておりません。
快活な働きをしたいのでしたら、エネルギーを回すようにされてくださいませ。温かい心でお過ごしください。
 
人間としての役割には、2種類ございます。まずは引きつける人、そして引き寄せられる人です。
 
感謝が大事と申し上げていますね。我々には温かい態度を取っても、周りに冷たく当たっているようでは、マイナスになります。

感動の心には、マイナスの者が離れる仕組みがございますので、毎朝早く起きてから、熱中して頑張ってご覧なさいね。
 
タイプとしては明るい人の方が、我々と馴染みますよ。相応しい人間でしたら、このように会話を差し上げています。
熱中していることがお有りでしたら、より良い方向へ進むように、道しるべを差し上げましょう」

 
ここまで、参拝者の心得を中心にお話いただきました。
次回に続きます。

ランキングに参加しています。
少しでも多くの方に読んでいただきたく、1日1回の応援クリックをお願いします。


スピリチュアル ブログランキングへ


にほんブログ村

 

|

« ダライ・ラマ14世が説く、厳しい修行の意味とは? | トップページ | 氏神様からのメッセージ・2 »

氏神様」カテゴリの記事