« 今の私が、鹿島神宮へ行くのをためらう理由 | トップページ | 新・氏神様に挨拶をする »

2020年10月11日 (日)

元・氏神様にて

20201011_0


引っ越し前に通っていた元・氏神様は、新しい住まいの寝室の窓を開けると、目の前に見えます。

しかし、道路を挟んで町が変わるため、神社庁が定める氏子からは外れてしまいます。

それでも物理的に近くなったのだから、今後もご贔屓にしてくれるのでは……と期待し、雨が止んだので引っ越し後に初めて、参拝してきました。

挨拶後に大祓詞を唱え、いつものようにメッセージをいただきました。


「…早朝からの参拝に、有り難く思います。

申し上げておきますが、あちらにはあちらの管轄がございますから、その方にお願いしてください。
もうすぐこの地には愛嬌のある人物が参られます。よって、あなたには退いてもらわければなりません。

申し訳なくも、この先はあの建物には何も送ることができないのですよ。
窓を開けてうちが見えたとしても、我々にはどうすることもできないのです。

参られる分には問題ありませんが…。

誠しやかに、あなたからは様々な良い影響ばかりではありませんが、我々からの話を掲載してくださり、有り難く思っている次第になります。

昔からここに住まう人間を優先的に守っておりますから、感謝しつつも、申し訳なくも(今後は)あまり参られることはお勧めではありません」


─質問です。ここに来ても管轄外であると、あまりパワーはいただけないということですか?

「そういうことになります。何故なら、いちいち多くの参られる人を守っていては、我々はエネルギーが枯渇します。

あなたには大変多くのパワーを授けましたから、大変残念に感じています。
いくつかの力を与えていましたので、それらを元に戻した次第になります」

─○○神社(今の住まいの氏神様)とは、つながりはあるのですか?

「別の管轄になりますので、申し訳なくも手を組んではいません」


長く通ってきた割に、管轄が変わった途端に突き放された感じになり、悲しく思いました。

しかし、こうした方々は、きっちりと自分の区分を守っているのですね。
同業他社のお客様に手を出すのは、マナー違反であるのと一緒なのでしょう。
きちんと働く姿勢があり、温情に流されるようなことはないのだな……と思いました。

そういえば、ここに初めて参拝したときに、「氏子が来た」という言葉が入ってきたことを、思い出しました。
それだけ、氏子を重視しているということでしょう。

もう、ここにはあまり来られないのか……と、残念な気持ちを抱え、今までの感謝を伝えました。
そして、歩いて5分程度のところにある、新しく氏神様になった、さらに小さな神社へと向かいます。

そのときのことは、次回に記載します。

 

ランキングに参加しています。
少しでも多くの方に読んでいただきたく、1日1回の応援クリックをお願いします。


スピリチュアル ブログランキングへ


にほんブログ村

 

 

|

« 今の私が、鹿島神宮へ行くのをためらう理由 | トップページ | 新・氏神様に挨拶をする »

氏神様」カテゴリの記事