« 茨城県・鹿島神宮・本殿の神様からのメッセージ・1 | トップページ | 鹿島神宮・本殿の神様からのメッセージ・3 »

2019年12月 4日 (水)

鹿島神宮・本殿の神様からのメッセージ・2

20191203_7

前回からの続きです。

約一年ぶりに鹿島神宮へ行きました。そちらの本殿の主神である、タケミカヅチノミコト様からいただいたメッセージの続きの2回目になります。
20191203_20191204130401
タケミカヅチノミコト様のお姿は、このイラストのように黒い髪と髭が大変目立ち、人間臭さを感じられます。しかしそのお言葉は快活で、パワフルで豪快な性格が伝わってきます。


この日は、緑色のワンピースに白いコートを着ていました。すると…

「あからさまな服装ですが、エネルギー的にグリーンよりも水色やピンクがお勧めです。何故なら華やかであるためです」

─有難うございます。コートは明るい色の方がいいのですよね?

「上に羽織るもの以上に、中に着るものを優先して下さい。確かに黒っぽい服(コート)は有難味に欠けてしまう」

─コートも、水色かピンクがいいですか?

「その方が喜ばしい出来事が増えますよ」

─コートより、中に着る服の方が重要なのですか?

「そういうことになります」

それは、初耳でした。外から見える色が重要であると思っていたからです。
あまり突っ込んで尋ねると、長くなって疲れるので…

─こちらの本殿の役割は、奥宮と違うのでしょうか?

「こちらは入口に(あるのに)相応しく、皆様の肩についているようなマイナスの存在を切り離しています。
それによって、参られる回数も増えるのです。
しかしながら、願い事をされてもこちらでは叶えておりません。奥宮の方が叶えてあげられるはずです」


─最後に、何か…と質問を考えていても、なかなか浮かびません。すると、この神様は派手に笑って、

「相応しい存在でありながらも、まだあどけない様子ですね。
あなたには、たくさんの人間が幸せを感じていますよ。
例えるなら、毎朝のようにタイプされていますよね。そこから発する文章であれば、皆様を明るい気持ちにするはずです」
 
─有難うございます。

「願い事以外にも、大切なことがございます。
それは何かと申しますと、明るさと楽しさをかけあわせた、微塵も暗さのない感情になります。

人間とはいえ素晴らしい感性をお持ちなのですから、自分以外にも活力を与えてあげてくださいませんか。
相応しいタイプとは、分け隔てなく皆様に明るさを配る人になります。

色々な人間がおりますが、一から全部差し上げるのではなく、クルクルと巡るような情を回してあげてください。
さもなくば、複雑なエネルギーを少しでも暗くしないように、頑張ってみていただけませんか」


かなり長くなりますので、ひとまずここで区切ります。
続く最後のお言葉は、次回に記載します。

 

ランキングに参加しています。
少しでも多くの方に読んでいただきたく、1日1回の応援クリックをお願いします。


スピリチュアル ブログランキングへ


にほんブログ村

|

« 茨城県・鹿島神宮・本殿の神様からのメッセージ・1 | トップページ | 鹿島神宮・本殿の神様からのメッセージ・3 »

鹿島神宮」カテゴリの記事