« 成田山新勝寺の仁王様からのメッセージ・2 | トップページ | 成田山新勝寺の仁王様からのメッセージ・4 »

2019年10月 9日 (水)

成田山新勝寺の仁王様からのメッセージ・3

20191007_2

成田山新勝寺の仁王様からのメッセージの3回目です。

前回は、私が神社とお寺の違いについてお尋ねしたいと考えていたところ、それを仁王様に咎められた…というところで終わりました。
その続きになります。

─申し訳ございません。神社が参拝者のネガティブな感情に対して厳しいため、お寺の方が寛大なのでは、と思う読者が多いと思いまして…

「あちら(神社)にはシステム的に色々な環境がございますから、複雑なタイプの人間が参られると嫌がられるのでしょう。

こちらとしては、ネガティブな波動を放って参られても、あまり気になりません。
何故かというと、システムとして勧請されているものが違っているためです。

要するに、たくさんの人間がお越しくださいますが、エネルギッシュな人間でなければ歓迎しないことはありません。
しかしながら、熱狂的なタイプの人間の方がたくさんの力を宿していますから、我々に取って有り難くもあるのです。

タイプとしては、非常に頑張っている人間でなければいけない訳ではありません。
しかしながら、複雑な環境に置かれている人間の方が多いですから、このように参られているのです。

熱中できるものがない人が、多いようですね。
頑張ってみても楽しくないのは、好きではないことをイヤイヤ行っているためになります。

あなた方にはたくさんの素晴らしい存在が守っているのですから、もう少し自分の力を使って頑張ってみてくださいませんか。

久しからず、たくさんの話をさせていただきましたね。
願い事については、今まで以上に叶える必要があると考えています。
ですから前向きに進んでいく次第になります」


─有難うございます。以前、お不動様はこの大本堂内に大きく広がっていると伺いましたが…

「お不動様に関しては、何かをされている訳ではありません。
たくさんの人達にエネルギーを与えていますので、お姿を見たくても見ることはできませんよ。
もし見たり話したりされた人がいるとすれば、それは何か他の者と話されていたのでしょう。でなければ相応しくない存在です」


以前も、お不動様のことを誰も見たことがない…とおっしゃっていました。それだけ特殊な存在なのでしょう。
まだ仁王様のお話は続き、次回が最終回になります。

 

ランキングに参加しています。
少しでも多くの方に読んでいただきたく、1日1回の応援クリックをお願いします。


スピリチュアル ブログランキングへ


にほんブログ村

|

« 成田山新勝寺の仁王様からのメッセージ・2 | トップページ | 成田山新勝寺の仁王様からのメッセージ・4 »

寺院」カテゴリの記事