« 【募集終了】セージの葉のおすそ分け | トップページ | 高次元の存在は、自分の姿を自由に変えられる »

2019年8月18日 (日)

これもひとつの大事な見えない世界

本屋でふと見かけ、思い切って「HONKOWA(ほんとにあった怖い話)」(朝日新聞出版社)を購入しました。
とても好きな雑誌で、25年以上前に毎月がっつり読んでました!ものすごく久しぶり!

今の私の場合は、怖い話に関わると一気に波動が下がるので、本当なら避けた方が良いのですが…
自宅で読むのは避け、カフェで読みました。

20190817
一番面白くて大人気なのは、「寺尾玲子シリーズ」です。玲子さん、25年以上前と全く変わらないご活躍ぶり……
ページを開いた瞬間、「ヤバい、ワクワクする……✨」

寺尾玲子さん、やっぱりカックイイ───!!💓💓

玲子さんは、相談者の不調などの原因が霊的なものである場合、霊視して霊的な処理をし、解決にあたるのです。

霊感のある人はこのような役割をされている方も多く、とても大事な役割であると思います。
何十年何百年も浮かばれない魂を浄化させ、本来の道へ進ませるということも、とても尊いことです。

私など、ブログで神様のお言葉ばかり伝えている訳ですが、こうしたことに比べると安全なふわんふわんした活動で、毒にも薬にもならないなあ…などと思いました。
むしろ、依存者を増やしてしまっているかもしれません。

お風呂に入っているとき私の守護者に、「私が、そうした活動をするのはどうですか?」と尋ねてみると、

「ネガティブではなく、明るい方へ進んでください。そちらの方も楽ではなく、大変ですよ」

…ということを、答えてくださいました。
その人に適した役割というのがあるのだと思います。

未浄霊など低い存在に関わるにしても、やはり高次元の存在の強力なサポートが、絶対的に必要です。

スピリチュアルの世界では、多くの人たちがキラキラした安楽な神様の世界ばかりを求めます。
しかしこの寺尾玲子さんが関わる世界も、大事な見えない世界のひとつなのだと思いました。

ランキングに参加しています。
少しでも多くの方に読んでいただきたく、1日1回の応援クリックをお願いします。


スピリチュアル ブログランキングへ


にほんブログ村

|

« 【募集終了】セージの葉のおすそ分け | トップページ | 高次元の存在は、自分の姿を自由に変えられる »

低級霊について」カテゴリの記事