« 箱根神社の神様からのメッセージ・3 | トップページ | 九頭龍神社・本宮の神様からのメッセージ・2 »

2019年7月23日 (火)

九頭龍神社・本宮の神様からのメッセージ・1

箱根神社シリーズの続きです。

箱根神社の拝殿で長いメッセージをいただいたあと、そこから歩いて30分程度の場所にあるという、九頭龍神社・本宮へ向かいます。

道路をまっすぐ歩いて行けばいいということですが…進めど進めど、それらしきものは出てこず。

201907192
40分間近く歩いたでしょうか?
ようやく写真のような看板が出て安堵しましたが、そこから細い道をさらに15~20分程度歩き続け、やっとどこかの園の入り口に到着。

そこで入園料600円を払います。さらに5分ほど歩くと九頭龍神社がある…ということでした。
トータルで、箱根神社から1時間ほど歩きました。

201907194
唯一撮影した九頭龍神社のお宮ですが、写真がぼけてしまいました。

幸いなことに、誰もいません。手を合わせて挨拶し、大祓詞を唱えます。

龍がいるんだろうか?と思っていると、小さめの龍の姿がうっすらと浮かんだあと…それに男性神が乗っていることが分かりました。
中国っぽい、小さな帽子を頭に乗せています。


龍はふわふわと浮いている感じではなく、ヒュン、ヒュン、と自在に飛んでいるイメージです。

イラストにするとこんな感じです。

201907199
龍の姿は詳細まで見えず、描くのが難しくてネットの画像を参考にしましたが、実際とは違っているかも…大体のイメージということで。

大祓詞を唱え終わったら人が来たため、少し離れた位置に移動して、お言葉を待ちます。

「…もう少し晴れた日にお越しくだされば、もっと良い話ができたのですが、今日は生憎のお天気ですから、何かをして差し上げることが困難になります。

願い事を叶えることが大事であると考えてはいます。
しかしながら、素晴らしく立派な思いばかりを頭に掲げ、何ひとつ自分ではなさらないのですから、困っています。

相応しくもない大それた話ばかりを持ちかけ、それに見合った努力を怠っているのですから、叶う訳がありませんね。

タイプとしては、にぎやかにお越しくださった方が、叶えて差し上げやすい。
それでも頑張っていただかないことには、何も起こらないでしょう。

願い事というのは自ら頑張って叶えるものですから、何もしなくても叶うと考えないようにしてください」


─有難うございます。どのような方でしょうか?

「人間の姿をしていますが、そうではなく、神の使いのような存在です。

タツノオトシゴのような動物に乗っておりますが、久しからず立派な役割をなさっている人間にお会いしたところで、有り難くも感謝を申し上げます」

─多くの神様は嫌がっていますが、人間の願い事を聞くことは、それほど嫌ではないということですか?

「何でもかんでも願えばいいと、勘違いしている人間が多すぎる。
まずは大層な話をなさる前に、自分からいくばくかの役割をなさってみなさい。
願い事ばかり押しつけているようでは、有り難みが薄れてしまうのですよ。

晴れた日でしたらいいのですが、このような天候ですから、このくらいにしておきます」


このように個性的なお姿の男性の神様がお話をしてくださいました。
また龍などについて、いくつか質問をしてみます。

そのお話の続きは、次回に記載します。

ランキングに参加しています。
少しでも多くの方に読んでいただきたく、1日1回の応援クリックをお願いします。


スピリチュアル ブログランキングへ


にほんブログ

|

« 箱根神社の神様からのメッセージ・3 | トップページ | 九頭龍神社・本宮の神様からのメッセージ・2 »

箱根神社」カテゴリの記事