« 2019年6月 | トップページ | 2019年8月 »

2019年7月

2019年7月31日 (水)

都内・恵比寿神社(恵比寿駅西口)の神様からのメッセージ

恵比寿ガーデンプレイス内にある恵比寿神社に参拝したあと、恵比寿神社西口を出て徒歩2~3分のところにある、もう一つの恵比寿神社に参拝しました。

201907264
写真のように、周りを飲食店で囲まれている、大変小さい神社です。

挨拶をしたあとに少し横にそれて、大祓詞を唱えます。

すると、2~3柱の巫女さんのお姿をした神様方が、ふわふわと浮いているようにイメージできました。袴は赤く、金色の冠をかぶり、片手に扇子を持っています。

お言葉が入ってきたため、メモを開始します。

「我々には大層な存在はいませんので、私からメッセージを伝えさせていただきます。

あからさまな数々のお願い事ばかり言っては立ち去っていく人が多いのですが、本来であれば感謝を伝える場所であるといえます。
願い事ばかり言っていただいても、これといって何も行っていません。

しかしながら、いつものように参られてくださる人たちには、礼を述べたいと存じます。

ふざけ半分でいらしたところで、マイナスの存在を背負って帰られるのが関の山になりますよ。
相応しい気持ちで参られていただきたいと願っております。

たくさんの言葉を伝えるのは難しく、これにて失礼致します」


─有難うございました。願い事は叶えていないということですか?

「挨拶程度で、感謝の気持ちがございましたら、叶えたいと考えています。
しかしながら、大それた話をされても、何もして差し上げられません。

性懲りもなく熱中しているものがあるようでしたら、頑張っていただきたい。
願わくば、表裏一体と申せますが、複雑な内容の話でしたら控えていただきたい。
何故ならば、一から十までお任せしていては、情けなくも台無しになるでしょう」

─深刻な悩みを話すのは、NGということですか?

「愛くるしく楽しい話でしたらいいのですが、ネガティブな気持ちを携えていらっしゃると、我々にとっても悪い影響を受けることにつながります。
ですから、楽しく華やかな話が望ましいのです。

さっきから迷惑な顔をしていらっしゃる人間がいます。あなたにではなく他に対してです。
かろうじて積極性を保っていらっしゃるが、もう少しエネルギーをためていらしてください」


─ここは、あまりパワーが強くはないのでしょうか?

「ネガティブな者が周りにたくさんいますので、大したことはできかねます。
しかしながら、立派に役割を果たすべく、この地にいる次第になります。

申し訳なくもまだございます。
明るく晴れやかな日にいらしていただければ、この地は活性化しますよ。

エネルギーにはマイナスとプラスがございますが、まだ我々のところはマイナスの気が多くございますので、この辺で失礼致します」


繁華街のど真ん中で自然も少ないため、境内のエネルギーはあまり良くないとのお話でした。
それでも神社を守っている神様方がいらっしゃいます。

参拝者が晴れた日にお参りし、楽しい話をするのであれば、境内のエネルギーが活性化するということでした。

ランキングに参加しています。
少しでも多くの方に読んでいただきたく、1日1回の応援クリックをお願いします。


スピリチュアル ブログランキングへ


にほんブログ村

|

2019年7月30日 (火)

恵比寿神社(恵比寿ガーデンプレイス内)神様からのメッセージ・3

201907263_20190730083901

前回からの続きです。

恵比寿ガーデンプレイス内の恵比寿神社で、恵比寿様のお姿の神様から、大変長いメッセージをいただくことができました。
今回は、そのメッセージを3回に分けた中の最終回です。

201907261_20190730084101

「もうちょっと励みになるような話をして差し上げましょう。

いつものようにウダウダと過ごしているばかりでは、これと言って良いことが起こりませんね。

大切なのは、あなた方から流出しているエネルギーになります。
よって、素直になって良い行いに励んでみていただきたい。

家族との交流について述べておきましょう。

皆様からの温かい会話が我々にとってプラスになりますから、皆様(家族)でお越しくださいませんか。
毎朝でなくても大丈夫です。

しかしながら、この地は結局のところ、大多数がサラリーマンで占めていますから、申し訳なくも大した話にはなりませんね。

要するに、感謝を持って来てくだされば大丈夫といえます」


─恵比寿様とお呼びして宜しいでしょうか?

「そのような恰好をしていますが、申し訳なくも別の存在になります。
タイプとしてはれっきとした者ですが、いつもながらこうした話を書きとめてくださる話を見聞きしたため、このようにお招きした次第です。

滅相もないことではございますが、いつまでも長いことそこにいてはいけません。(そこで会話をしていると低い存在が寄ってくるため)
相応しい様相でいらしていただき、有り難く存じます」


この日は、上が白色で下が水色の、夏のワンピースを着ています。

─(参拝時は)明るい服がいいですか?

「できることなら立派な装いではなく、軽く明るさのあるファッションが望ましい。
その方が積極性を高めてくれるでしょう。

派手な装いはご遠慮いただいています。何故かというと、相応しくないためになります。

最後に…結局のところ、マイナスの存在であってはなりませんよ。頑張って明るく快活に過ごしていただきたい。

もう少ししたら、この地がにぎわいます(このときは10時半頃)。
本日は遠いところ、お越しいただき誠にありがとうございました。
これにて失礼致します」


こうして、呼んでくださった恵比寿神社の神様からのお話が終了しました。
宝船があまり関係なかったのは、少しだけ残念に思いましたが…

周りは植物が多くて散策に適していて、大変狭い敷地内ですが、恵比寿様のお姿の立派な神様がいらっしゃいます。
そして、お一人お一人の参拝に心を込めて出迎えられ、喜ばれているようです。

ぜひ、この恵比寿神社に参拝されてくださいね。

ついでといってはなんですが、次に恵比寿駅西口の方にある恵比寿神社にも参拝しました。
その様子は、次回に記載します。

ランキングに参加しています。
少しでも多くの方に読んでいただきたく、1日1回の応援クリックをお願いします。


スピリチュアル ブログランキングへ


にほんブログ村

|

2019年7月29日 (月)

恵比寿神社(恵比寿ガーデンプレイス内)の神様からのメッセージ・2

201907263

前々回からの続きです。

瞑想中に、恵比寿ガーデンプレイス内にある恵比寿神社の神様からお呼びいただき、参拝しました。
そして、恵比寿様のお姿の神様から、大変長いメッセージをいただくことができました。

今回は、そのメッセージを3回に分けた中の2回目です。

201907261_20190729081001
「…つい先ほど参られた男性がおりましたが、あの方は毎朝あのように立派にいらっしゃり、手を合わせて通り過ぎていかれます」

確かに少し前に、鳥居の前で手をパンパンパンとたくさん叩かれて、何故か境内に入らずにいなくなった男性がいたのです。

「大したことではありませんが、熱心さが我々にとっては有効であり、エネルギーを分けていただいております。

まだ明け染めぬ頃からお越しくださる人間もいますが、そのような人から我々のところに力が届いていると申せるのです。

確実に言えることとしては、あなたではまだ足りない」


─新しい神社であるため、まだパワーがたまっていないのですか?

「そのようなことではなく、数限りないエネルギーが浪費されているのです。

我々にとってかけがえのない人間は誰かというと、感謝の心を絶やさない人間です。
毎朝やってきて頑張っていらっしゃる様子を拝見し、有り難さを持って見ております。

ふつつかながらも頑張っていらっしゃるあなたですから、いつものご様子を見守っています」


─得意な願い事はございますか?

「エネルギーを蓄えることを優先していますので、これといってこのような願い事が得意、ということはございません。
たくさんありますが、タイプとしては頑張っていることが重要になります」


─例えば頑張ることができないような、ものすごく困っている人の手助けなどは、されるのでしょうか?

「我々がそうした人間に手を貸したところで、相手は何かを与えられることによって、ますますマイナスに落ちてしまうでしょう。
ですからそのようなタイプであっても、何も行いません。

要するに、人間の役割に力を注ぎ、さらなる熱心さを高めることが、使命となっています。

相応しい人間であれば良いのですが、いつまでも頑張らずにウダウダしながらテレビなどをご覧になっていたところで、我々はどうすることもできないでいます。

何かに熱中していただきたく、このような場に来てくださったことを、有り難く申し上げます」


もうしばらくお話は続きます。

ここまでのお話としては、立派な方に参拝してもらい、エネルギーを分けていただきたい…ということです。
そして、それほど混まない神社であるためか、常連の参拝客のことを大切に思っていらっしゃるお気持ちも伝わってきたのでした。

お話の続きは、また次回に記載します。

 

ランキングに参加しています。
少しでも多くの方に読んでいただきたく、1日1回の応援クリックをお願いします。


スピリチュアル ブログランキングへ


にほんブログ村

|

2019年7月28日 (日)

スピリチュアルでのお金儲けに要注意

50
スピリチュアル情報のポータルサイト「TRINITY WEB」 にて、コラムが掲載されました。

今回のコラムのタイトルは、

「スピリチュアルでのお金儲けに要注意!~バランスの良いエネルギー収支計画を~

無料ですので、ぜひお気軽にお読みになってくださいね。そして記事の左上(スマホでは記事の下)にある、「いいね!」ボタンを押していただけると嬉しいです。


私の記事の一覧は、こちらのページになります。
月2回程度更新していく予定ですので、宜しければブックマークをしていただけると幸いです。
宜しくお願い致します。

ランキングに参加しています。
少しでも多くの方に読んでいただきたく、1日1回の応援クリックをお願いします。


スピリチュアル ブログランキングへ


にほんブログ村

|

都内・恵比寿神社(恵比寿ガーデンプレイス内)の神様からのメッセージ・1

前回からの続きです。

瞑想中に、恵比寿神社の神様からお呼びいただきました。
恵比寿に恵比寿神社は2つあり、どうやら恵比寿ガーデンプレイス内の方の神社から呼ばれたようです。

恵比寿ガーデンプレイスの中の、駅から離れた奥の方は、初めて歩きました。

写真のように、たくさんの木や草に囲まれて、都会なのにまるで自然公園のようです。
歩いているだけで、とても癒されます。

201907262

201907265
恵比寿神社は、「ヱビスビール記念館 」のすぐ隣にあります。狭い敷地内の、大変小さい神社です。

201907266

201907267
もともとエビスビールの工場内にあった神社を、恵比寿ガーデンプレイスができた1994年に、こちらに移したようです。

拝殿で挨拶をして、大祓詞を唱えます。
すると、瞑想中に浮かんだ神様のお姿と、ほぼ同じお姿が浮かびました。

三角形の帽子をかぶり、青い服を着て釣竿を手にしています。そして、思い切りにこやかな笑顔です。

まさに恵比寿様というお姿なのですが…このイラストだとちょっと恵比寿様っぽくなく…大体のイメージということで。

201907261
お言葉が入ってきたため、後ろの方の木陰に下がりメモを開始します。


「初めてお目にかかります、どうぞごゆっくりされてください。

私達はこのような場において、ふつつかながらも毎日のように訪れる参拝者に対して、熱心になれるように祈願しています。

しかしながら最近になって、熱心ではない参拝客が増えていると感じている次第になります。
…といいますのも、はなから覚悟を決めずに手放しの状態でいらっしゃるのですから、毎朝心配している次第になります。

要するに、大したことではないことでウジウジと話しはじめ、結局どうすることもできないでいます。

大層な話ではありませんので、これくらいにしておきましょう。
いっぱしの言葉には悪いエネルギーが入りますので、この辺で失礼させていただきます」


─有難うございます、今回はお呼びいただいたのでしょうか?宝船が視えましたが…

「あなたには色々と噂がございまして、熱心に挨拶をなされていらっしゃいましたね。

我々から見ると大それたタイプにはお見受けしませんが、このように話の内容を書きとめてくださると知り、このようにお招きした次第になります」


─この神社は、参拝者にどのような効用があるのでしょうか?宝船だと、商売繁盛や金運ですか?

「色々な参拝者に、良質なエネルギーを分け与えております。
願い事について申し上げておくと、はなから頑張る気持ちがございませんことには、叶えて差し上げられません。

毎朝のように参られる人もいますが、確かに(参拝者の)エネルギーの質は良くなっていると感じています」


─こちらは、エビスビールの会社用でしょうか?

「タイプとしては、立派にエネルギーを携えている存在が、訪れて欲しいと願っています。感謝の心があればそれでいいと申せます。

結局のところ、エビスビール本社ではなくても問題ありませんよ。
いつかは、マイナスのパワーを離していただけるような人間が、来て欲しいと存じます」


─まだ、あまり境内のエネルギーが良くない、ということですか?

「そのようなことはございませんことを、申し上げておきます。
つまるところ、我々にはもう少し立派な人間に来ていただきたいということです。

ご熱心な書きとめに、有り難さを感じている次第になります。
相応しくもない存在が多いために、まだこれといったことができないでおりますので、人間から力を分けていただきたいと考えている次第です」


ここからも、長くお話が続きます。
長くなりますので、続きは次回に記載します。

ランキングに参加しています。
少しでも多くの方に読んでいただきたく、1日1回の応援クリックをお願いします。


スピリチュアル ブログランキングへ


にほんブログ

|

2019年7月27日 (土)

恵比寿神社に呼ばれる

先日の朝、いつものように短時間の瞑想を始めました。

すると突然、男性の神様のお姿が浮かび上がりました。瞑想中にこうしたことは、これまでありませんでした。

その男性の神様は恰幅が良く、紺色の服を着用されています。そして、釣り竿を持っているようです。
今まで視てきた神様の中では、釣竿を持っていた方はいませんでした。

そして「恵比寿」、「恵比寿神社」というお言葉が入ってきたため…あっこれは呼ばれているのだな…と気づきました。

釣竿を持っているということで、恵比寿様なのでしょう。

そして…私の目の前の少し上の位置に、豪華な宝船の映像が浮かんだのです!
その宝船は少しキラキラしていて、華やかで良いエネルギーを放っています。

まさに、このイラストと同じ感じの宝船でした!

Sozai_image_80903
イラストボックスより)

宝船…なんてベタな…
と思いつつ、ちょっとウキウキした気持ちになりました💕

恵比寿神社とは聞いたことがありませんでしたが、ネットで探すと全国各地にあるようです。
その中で、都内の恵比寿にある神社は2カ所ありました。どちらもとても小さな神社のようです。

どちらだろう…と思っていると、「新しい方」と教えてくださり、恵比寿ガーデンプレイスの中にある方の恵比寿神社であると確信しました。

こうしてハッキリと呼んでいただいたのは、久しぶりです。
早速、数日後の午前中に、都内恵比寿の恵比寿神社へと向かいました。

そのときの様子は、次回に記載します。

ランキングに参加しています。
少しでも多くの方に読んでいただきたく、1日1回の応援クリックをお願いします。


スピリチュアル ブログランキングへ


にほんブログ

|

2019年7月26日 (金)

九頭龍神社・新宮の神様からのメッセージ・2

201907195_20190726153201

箱根神社シリーズの最後です。

箱根神社の拝殿のすぐ隣にある九頭龍神社・新宮でも、メッセージをいただくことができました。その前回からの続きになります。

こちらでメッセージを下さったのは、イラストのような巫女さんのお姿の女神様です。

20190719_190655_20190726153501
─こちらには、どれくらいの龍がいますか?本宮の方は、80体とおっしゃっていましたが。

「20~30の者が守っていますよ。
彼らの役割は何かというと、あなたのようなタイプの人間に、エネルギーを与えることになります。

たった一つの者(龍)からたくさんの力が出ますので、相応しい人を待って、ここで待機しているのです。

快活な力を持つ人間は、非常に少なく…ただ、たくさんのことをこなすのではなく、大事な役割を頑張っているかになります。

(龍や神社から)安らぎを与えられるためには、律儀に仕事をなさっていることが必要条件です。
今のところ頑張っている人は、200~300人に一人の割合ですので、ほとんどいないと申せます。

エネルギーが活性化されなければ、明るくなれませんね。
我々(のところ)には、もう少し高い位を持つ人間が訪れて欲しいと願う次第になります。

あとひとつ、あなたには大胆な力を与えましたから、そうした役割について頑張ってみましょう。
大したことではないと思うでしょうが、我々にとっては大事な話を伝えていただいていますから、非常に有り難いとつけ加えておきます。

申し訳なくも最後に、エネルギーにはプラスとマイナスがございます。
あなた方は、もっと立派な物事について考え、行ってみなさい。

この地においでになる際には、熱心に役割を果たされているときにお越しいただかないことには、何もすることができません。

以上になります」

こうして、箱根神社、九頭龍神社・本宮、九頭龍神社・新宮の3箇所にて、たくさんのメッセージをいただくことができました。

主に、龍についてお話しいただいたのが、大変興味深いシリーズでした。
そして神社では立派に頑張っている人を呼んで、エネルギーをもらうこともある…というお話も、大変な勉強になったのでした。

 

ランキングに参加しています。
少しでも多くの方に読んでいただきたく、1日1回の応援クリックをお願いします。


スピリチュアル ブログランキングへ


にほんブログ

|

2019年7月25日 (木)

九頭龍神社・新宮の神様からのメッセージ・1

箱根神社シリーズの、前回からの続きです。

九頭龍神社・本宮で男性の神様からメッセージをいただいて、元の道を戻ります。途中でタイミング良くバスに乗れたため、バスで箱根神社へと戻りました。

本当はロープウェイに乗って、奥宮へ行きたかったのですが…。
地図を見間違えたことと、もうお昼近くで天候も良くないこともあり、今回は奥宮は諦めました。

その代わり、箱根神社の拝殿のすぐ隣にある、九頭龍神社・新宮に立ち寄ることにしました。

この時間は外国人も含めて、もうかなりの人出です。しかし、隣の箱根神社に比べると、九頭龍神社・新宮に参拝する人は少なめです。

201907195
新宮の拝殿で挨拶をした後、脇に逸れて大祓詞を唱えます。
すると、イラストのような女神様が浮かびました。

巫女さんのような服装で、黒髪が膝まで届くほど長く、額に金の大きな丸をつけています。袴はオレンジ色です。

20190719_190655
お言葉が入ってきたので、メモを開始します。

「大層なメッセージを届けてくださるとのこと、誠にありがとうございます。
感謝を申し上げます。

このお宮は最近できたばかりであり、我々にとって喜ばしい次第です。
こうして色々な国の方が参られますから、私達は頑張って、この地における役割を任されているのですよ。

たくさんの人が参られますから、我々は日夜ここにいて、相応しい人物には明るくなれるエネルギーを与えています。

しかしながら、最近はますますいい加減な人間ばかりになってしまいましたね。
願い事だけでは物足りず、いちいち毎日のグチをこぼされていくのですから、困ったものです。

朝昼晩と熱心にお参りをされたとしても、このような有様ですから、我々は疲れていると申せます。
熱心に通ってくださる分には宜しいのですが…

大切なのは感謝の心になります。久しからず、このくらいにしておきましょう」

─有難うございます。こちらの主神ですか?

「そうではありません。
格好の場でありながら、大して役に立てておりませんゆえ、そのような立場ではありません」


その後、こちらでも龍についてなど、質問してみました。
そのお話の続きは、箱根神社シリーズの最後となる、次回に記載します。

ランキングに参加しています。
少しでも多くの方に読んでいただきたく、1日1回の応援クリックをお願いします。


スピリチュアル ブログランキングへ


にほんブログ

|

2019年7月24日 (水)

九頭龍神社・本宮の神様からのメッセージ・2

2019071910
箱根神社シリーズの、前回からの続きです。

箱根神社の拝殿で長いメッセージをいただいたあと、九頭龍神社・本宮に移動します。
そちらの拝殿では、龍に乗った男性の神様が現れ、お話ししてくださいました。

そのお話の、前回からの続きです。

201907199_20190724162701

─こちらに歓迎される人間とは、どのような人間でしょうか?

「願い事を言うのではなく、たくさんの良質なエネルギーを携えた人間が、有り難く感じます。

大したことはないにも関わらず、あれこれと言って壮大な話を持ちかけて来るのですから、ほとほと困る次第になります」


─サインなどを使って、人間を呼ぶこともありますか?

「呼ぶことはありません。
…しかしながら、大胆にも楽しいエネルギーを持っているのでしたら、快活な力を分けていただくべく、お呼びすることもございます。

サインとしては、明るい心になるために姿勢を正していることにより…(お話が途切れる)」


─こちらには、龍はどれくらいいますか?

「80体ほど存在します。複雑な話になりますので、このくらいにしておきましょう」

─龍が、人間についていくことはありますか?

「お家には行きません。
何故なら腐ったエネルギーが邪魔をして、長居できないためになります。

容赦なく訪れるタイプの人間がいるが、それは何かと申しますと、ふくよかな体つきにも関わらず、願い事をたくさん抱えている人間になります」

─ふくよかなのは、良くないということでしょうか?

「願い事というより、生活のレベルを上げていかないと、そのまま何も変わらないでしょう。

人間とはいい加減なもので、あれこれと言うばかりで、結局のところ何もしようとしないのですから…
感謝以外にも、そのようなことをお伝えいただければと考えております」


─願い事を叶える場ではない、ということですか?

「そのように思ってください。
願い事ではなく、ネガティブな気持ちを明るくアップさせて、それによりエネルギーが高まり、良い出来事が生じるということになります」


─龍は、何をしているのですか?

「エネルギーを良くするように努めております。
つまるところ、熱中することにより相応しい出来事が訪れます。
しかしながら、まがい物(龍の?)も混じっていますから、ご注意ください」

この辺で、たくさん人が到着して、周囲がにぎやかになります。

─お名前はございますか?

「ガラシャと名乗っています。
何柱も在中しておりますゆえ、この辺で失礼いたします」


このように、ガラシャ様とおっしゃる龍に乗った神様から、色々なことを教えていただきました。

今にして思えば、もっと色々尋ねたり、写真を撮ったりすれば良かったのですが、何せ疲れ切っていたため…
色々な質問を考えて、天気の良い日にまた訪れたいと思います。

ランキングに参加しています。
少しでも多くの方に読んでいただきたく、1日1回の応援クリックをお願いします。


スピリチュアル ブログランキングへ


にほんブログ

|

2019年7月23日 (火)

九頭龍神社・本宮の神様からのメッセージ・1

箱根神社シリーズの続きです。

箱根神社の拝殿で長いメッセージをいただいたあと、そこから歩いて30分程度の場所にあるという、九頭龍神社・本宮へ向かいます。

道路をまっすぐ歩いて行けばいいということですが…進めど進めど、それらしきものは出てこず。

201907192
40分間近く歩いたでしょうか?
ようやく写真のような看板が出て安堵しましたが、そこから細い道をさらに15~20分程度歩き続け、やっとどこかの園の入り口に到着。

そこで入園料600円を払います。さらに5分ほど歩くと九頭龍神社がある…ということでした。
トータルで、箱根神社から1時間ほど歩きました。

201907194
唯一撮影した九頭龍神社のお宮ですが、写真がぼけてしまいました。

幸いなことに、誰もいません。手を合わせて挨拶し、大祓詞を唱えます。

龍がいるんだろうか?と思っていると、小さめの龍の姿がうっすらと浮かんだあと…それに男性神が乗っていることが分かりました。
中国っぽい、小さな帽子を頭に乗せています。


龍はふわふわと浮いている感じではなく、ヒュン、ヒュン、と自在に飛んでいるイメージです。

イラストにするとこんな感じです。

201907199
龍の姿は詳細まで見えず、描くのが難しくてネットの画像を参考にしましたが、実際とは違っているかも…大体のイメージということで。

大祓詞を唱え終わったら人が来たため、少し離れた位置に移動して、お言葉を待ちます。

「…もう少し晴れた日にお越しくだされば、もっと良い話ができたのですが、今日は生憎のお天気ですから、何かをして差し上げることが困難になります。

願い事を叶えることが大事であると考えてはいます。
しかしながら、素晴らしく立派な思いばかりを頭に掲げ、何ひとつ自分ではなさらないのですから、困っています。

相応しくもない大それた話ばかりを持ちかけ、それに見合った努力を怠っているのですから、叶う訳がありませんね。

タイプとしては、にぎやかにお越しくださった方が、叶えて差し上げやすい。
それでも頑張っていただかないことには、何も起こらないでしょう。

願い事というのは自ら頑張って叶えるものですから、何もしなくても叶うと考えないようにしてください」


─有難うございます。どのような方でしょうか?

「人間の姿をしていますが、そうではなく、神の使いのような存在です。

タツノオトシゴのような動物に乗っておりますが、久しからず立派な役割をなさっている人間にお会いしたところで、有り難くも感謝を申し上げます」

─多くの神様は嫌がっていますが、人間の願い事を聞くことは、それほど嫌ではないということですか?

「何でもかんでも願えばいいと、勘違いしている人間が多すぎる。
まずは大層な話をなさる前に、自分からいくばくかの役割をなさってみなさい。
願い事ばかり押しつけているようでは、有り難みが薄れてしまうのですよ。

晴れた日でしたらいいのですが、このような天候ですから、このくらいにしておきます」


このように個性的なお姿の男性の神様がお話をしてくださいました。
また龍などについて、いくつか質問をしてみます。

そのお話の続きは、次回に記載します。

ランキングに参加しています。
少しでも多くの方に読んでいただきたく、1日1回の応援クリックをお願いします。


スピリチュアル ブログランキングへ


にほんブログ

|

2019年7月22日 (月)

箱根神社の神様からのメッセージ・3

201907191_20190722124301

箱根神社シリーズの、前回からの続きです。

朝7時台の拝殿で、お二方めの女神様から長いメッセージをいただきます。
それを3回に分けての、3回目になります。

お話をしてくださっている女神様は、イラストのようにゴージャスな雰囲気を持つ方です。

201907198_20190722124601

龍に関するお話を伺ったあと、ふと思いついたことを尋ねました。

─また質問です。女性の生理中の参拝についてはいかがですか?

「そのようなことには、こだわりはありません。
しかしながら、ダメと分かっていて参拝してはいけません。
要するに、有り難い心があるかどうかになります」

─生理中に参拝しても、バチは当たらないのですよね?

「マイナスの者がイラついて、悪さをすることがございます。
しかしながら長くは続かないので、大丈夫であると申せます。

相応しくも、大切な言葉を手向けさせていただいた。
願い事ではなく、大切な力をいただきにいらしていただきたい。

申し訳なくも最後になりますが、いつも相応しい役割をなされてみましょう。
できるだけ明るく振る舞い、元気を周りに与えてごらんなさい。

鏡を見て退屈なされておいでになる人間が多いですから、もっと頑張って色々な話をなさり、会話を大切にされてみましょう。

あなた方には、もうしばらくすると、もっと多くの良い出来事が生じますよ。

願い事について述べておくが、朝早くの参拝以外は叶えることができないでいます。

今のところ、このような会話をしていますが、しばらくするとにぎやかになり、話ができなくなるでしょう。

2つの柱から、話をさせていただいた。
頑張って書きとめてくださり、感謝を述べます」


このように拝殿の女神様から、大変長く具体的なお言葉を、たくさんいただくことができました。

特に、神様方にとって好ましい参拝者を呼ぶことがあるというお話、そして龍の存在を実感できて、龍についてのご説明をいただいたことが、大きな学びとなりました。

次は、この箱根神社から歩いて30分以上かかる、九頭龍神社・本宮へと向かいます。
こちらでもメッセージをいただけましたので、次回に記載します。

 

ランキングに参加しています。
少しでも多くの方に読んでいただきたく、1日1回の応援クリックをお願いします。


スピリチュアル ブログランキングへ


にほんブログ

|

2019年7月21日 (日)

箱根神社の神様に、龍について尋ねる


201907196

箱根神社シリーズの、前回からの続きです。

朝7時台の拝殿で、お二方めの女神様から長いメッセージをいただきます。
その前回のお話からの、続きになります。

お話をしてくださっている女神様は、イラストのようにゴージャスな雰囲気を持つ方です。

201907198_20190721094501

─箱根神社の特徴は、どのようなものでしょうか?こちらには龍がいるのですか?

「今の時間は、(龍は)まだ眠っていると考えています。もう少ししたら活動して……」

ここでふと、何か見えない者がすぐそばに寄ってきた感覚があり、私の顔のすぐ右下に、龍の顔があるように感じました。
あれ…?これって龍が来てんじゃない??…と思うとすぐに、

「今、あなたの近くにいますよ。とぐろを巻いて、あなたに絡みついています」

…と女神様がおっしゃったため、本当に龍がいるのだとわかりました。

全長3メートル程度でしょうか。確かに体に巻きついている感じがしますが、 エネルギー体のため感覚はわずかで、苦しいということはありません。
そして龍の姿は、何となくいる感じ…しか視えません。

「龍というのは立派なもので、このようにあなたの近くに来て元気を与えてくださっています。
願い事ではなく、快活なエネルギーをくださっているのです」


─どんな龍でしょうか?

「色はピンク…桃色が混じっているが、全体的に緑です」

─龍は色々とお話をしますか?

「タイプによる。今近くにいるのは熱中しているときはよく話すが、普段は物静かです。
相応しい人間には、そのように近くに寄ってきます。何故かというと、その方が楽しめるためになります。

何かを与えたり、奪ったりすることはありません。ただそこにいて、話を聞いているに過ぎません」


─参拝客の家まで、ついて来ることはありますか?

「そのようなことはありません。
確かにたまに様子を伺いには行くが、(神社から)離れていてはエネルギーが劣化するため、舞い戻ってきますよ」


このように、箱根神社にいる龍について教えていただきました。
神社の龍の存在を感じたのは初めてなので、貴重な体験をしました。

次回は拝殿のこの女神様からの、最後のお言葉になります。

 

ランキングに参加しています。
少しでも多くの方に読んでいただきたく、1日1回の応援クリックをお願いします。


スピリチュアル ブログランキングへ


にほんブログ

|

2019年7月20日 (土)

箱根神社の神様からのメッセージ・2

201907191_20190720143001

箱根神社シリーズの、前回からの続きです。

午前7時台に箱根神社の拝殿で、まずは女神様から短めのお言葉をいただきました。
そして、お話をしてくださるのが、次の神様に代わられるということです。

次に浮かんだのは…別の女神様のお姿です。
お雛様のように黒髪を大きく丸くまとめ、扇子を広げて、やはりお雛様のような暗い赤色の、豪華なお着物を着用されています。お着物は、厚くて光る素材の生地でできています。

イラストにすると、こんな感じです。

201907198
代わられたタイミングを何となくつかめず、特にご挨拶をすることもなく、話の流れで質問をしました。


─質問です。神社の神様が、人間を神社に呼ぶことはあるのでしょうか?

「このように、はじめから何かの役割を持っている存在であれば、呼ぶこともございます。
しかしながら、今回はお呼びしておりませんよ。

願い事を申し上げるタイプの人間は、決して呼ぶことはございません。
しかしながら、いみじくも相応しい存在であれば…例えるなら、願い事ではなく立派に頑張っている者でしたら、呼ぶこともございます」


─呼び方は?どのような状態が「呼ばれた」状態なのでしょうか?

「鈴の音が鳴り止むように、懐かしい気持ちになって訪れたくなるときがあれば、お呼びしております。

エネルギー状態が良くない人間ではマイナスになりますので、あからさまに複雑な様相を呈しているのでしたら、ご遠慮いただいている次第になります。

相応しくもない者とは、明るさがなく人間性が良くない人間です。
強いていえば、うちから一歩も外に出ずに、こもってばかりのタイプになります。

なるべく元気良く、頑張ってみていただきたい。
毎朝、鏡を見てため息をついてばかりいては、何もプラスになりませんね。
感謝というのは、決してネガティブな者を追い払うために行うのではありませんよ。

恰好について申し述べておくと、カラフルな色をたくさん使った服が、マイナスエネルギーを飛ばすのに相応しい。

もしかしたら、あなたはこの場から離れたとしたら、ネガティブな存在が後をついていくと考えます。
ですからそのようにいつまでも、ネガティブな者がくっついているのですよ」

─境内の浄化になっていますか?

「そのようなことではありません。タイプとして、色々な者がくっついていくといえるのです。

積極性について述べておきます。
朝から晩まで、ネガティブなことを考えているようではいけません。

マイナスの存在にとって、たくさんの話をして差し上げたいが、あと少し。
この地には、わずかながら色々な者が訪れては、毎日のように頑張って参られています。
今頃はまだそれほど多くないが、立派にいらっしゃるのが、この時間帯になります(朝7時台)。

あと少し、あなたには色々な事情がお有りでしょうが、まだこれから相応しい役割を続けていかれるはずです。

もう少し頑張って、朝早くから活動されてみましよう。
何をすればいいかというと、何か熱中できること……それがないようでしたら、まずは掃除と片づけをなさってみましょう。

毎朝、複雑な感情を持たれず、もう少しリラックスしてくださいませ」


ここまで大変ご丁寧に、多くの親切なアドバイスをくださいました。
やはり神様が、人間を神社に呼ぶこともある…というお話が、印象的でした。

次に、箱根神社の龍について尋ねてみました。
そのお話は、次回に記載します。

 

ランキングに参加しています。
少しでも多くの方に読んでいただきたく、1日1回の応援クリックをお願いします。


スピリチュアル ブログランキングへ


にほんブログ

|

2019年7月19日 (金)

神奈川県・箱根神社の神様からのメッセージ・1

201907193

約7年ぶりに箱根神社に行ってきました。一泊しての、早朝からの参拝です。
もうすぐ世間が夏休みに入って混むため、行き急いでいます…
箱根神社シリーズとして、6~7回程度に分けて掲載します。

前日の天気予報ではどしゃ降りを覚悟していましたが、嬉しいことに雨は降らず。
幻想的な、霧の中での参拝となりました。

201907191
到着は朝7時過ぎで、拝殿の周辺にはほとんど誰もいません。

拝殿で挨拶と自己紹介をして、大祓詞を唱えます。
女神様のお姿が浮かび、お言葉が入ってきましたので、少し離れた位置でメモを開始します。

はじめに浮かんだ女神様は、下のイラストのようなお姿です。
3つに分かれたデザインの金の冠を頭に乗せ、黒髪で、緑色のお着物を着ています。

2019071911
「…朝早くからの参拝を、誠に有り難く思います。

しかしながら、この地において特別に何かを伝えることはございませんことを、ハッキリと述べさせていただきます。
複雑なタイプの人間とお見受けします。勝手ながらこの辺で失礼させていただきたい。

申し訳なくも、あなたには色々な存在がおりますので、これ以上伝えることはございません。
いみじくも相応しい様相(服装?)でいらしていますね。
だからといって、すぐに活動的になれる訳ではありませんよ。

願い事について述べておくと、残念ながらこちらにおいても、あれこれと叶えることは致しておりません。

願い事ばかり述べて立ち去っていくばかりでは、あなた方のような人間にとっては、大問題になります。

いくつかの挨拶として、このように述べさせていただいた。
あなたには大層な者もいますが、大半はネガティブな者になっています。

はなから相手にするつもりはなかったが、このように述べた次第になります」


あまりお話をしてくださらないのかな、と思いつつ…

─有難うございます。どのような人間が、歓迎されますか?

「感謝を忘れず、積極性を持ってことにあたる人間になります。
願い事ばかり申し上げて去っていかれても、何もして差し上げられません。

もうしばらくすると他の者が参りますので、お待ちください。
暖かい様相(服装?)でお越しくださって、有り難く思います」

早々と切り上げられるのかと心配していたら、また別の神様を呼んでいただけるということで、意外に思いました。

いくつかの質問をして、長く充実した内容のお話を伺うことができました。
そんな次の神様からのお話は、次回に記載します。

ランキングに参加しています。
少しでも多くの方に読んでいただきたく、1日1回の応援クリックをお願いします。


スピリチュアル ブログランキングへ


にほんブログ

|

2019年7月17日 (水)

明治神宮・清正井の守護者からのメッセージ・2

201907115_20190717130801

明治神宮シリーズの最後で、前回の清正井(きよまさのいど)の続きです。

清正井で手を合わせてメッセージを求めると、精霊のような方がお話をしてくださいました。ふと浮かんだお姿は、イラストのような感じです。

201907119_20190717131001
その方からの、お話の続きになります。

─(話されているのは)どのような方ですか?

「いつもこの辺をうろついている存在になります。
人間の味方ではございますが、それ以上に自然を愛してやまず、エネルギッシュにこの場を守っている次第になります」

─この井戸の水は、いかがですか?

「澄んでいて綺麗ではございますが、様々な菌が繁殖しておりますので、飲まない方が身のためです。
皆さま触っていかれますが、その程度でしたら問題ないと申せます。

確かに(水に触ることは)禁止されてはいるが、触ったからといって何かが起こる訳ではありません。
ただ人様に迷惑をかけないように、触らないようにしている次第になります」

─触っても、バチが当たるということはありませんよね?

「ありませんよ。ただ申し上げておきたいのは、時間が許す限り、近くに寄っていらしてください。
そうしなければ、パワーを分けていただけませんから。

要するにこの地には、たくさんの者がいるということになります。
……この辺で失礼致します」


人が近くを行き交う少し落ち着きのない状況の中で、こうして井戸を守る精霊のような方から、お言葉をいただくことができました。

この井戸は人が増えすぎて、逆パワースポットになっているという噂も一時期ありましたが、問題はないとのことです。
水に近づくことでパワーをいただける、というお話でした。

ただ、願い事をするとますます状況が悪化するとのことですので、それはやめた方が良いと思います。

 

ランキングに参加しています。
少しでも多くの方に読んでいただきたく、1日1回の応援クリックをお願いします。


スピリチュアル ブログランキングへ


にほんブログ

|

2019年7月16日 (火)

明治神宮・清正井の守護者からのメッセージ・1

明治神宮シリーズの続きになります。

本殿で神様からメッセージを頂いたあと、有名な清正井(きよまさのいど)に行くために、500円を払って明治神宮御苑に入ります。

それにしても…この御苑は、都会のど真ん中とは思えないほど、驚くほどの自然にあふれています!

201907116

少し歩くと、階段を下りて薄暗く低い位置に、清正井があります。
もうブームは過ぎ去っていて、列を作ることはなく、途切れ途切れに人が訪れる程度でした。

201907115

澄んだきれいな湧き水です。水に触ってはいけないので、近くへ寄って写真を撮ります。

井戸に手を合わせ、軽く挨拶をして、メッセージをいただきたいということを伝えます。
そして井戸から少し離れた、邪魔にならない位置に立ちます。

すると、お言葉が入ってきたので、メモを開始します。

「…(話をしても)宜しいでしょう。

我々がここにいるのは、決して願い事を叶えるためではありませんよ。
あなた方が、あまりにも毎朝のように会話をなされてくるため、我々は大層な会話をしなければなりません。要するに……」

ここで年上のお姉様方3人が、井戸の水をジャバジャバと音が出るほど触りまくり出したので、余計なお世話ながら、「水に触っちゃいけないんですよー!」と声をかけます
するとお姉さま方は、少し気まずい感じで慌てて帰っていかれました。

─話の途中で失礼しました。続きをお願いします。

「…要するに、楽しくいらっしゃればそれに越したことはありません。

願い事を言ってくださっても、我々からすると叶えるどころか、ますます悪化してしまうでしょう。
この地には色々なタイプの人間が訪れますから…」

─この地は穢れてしまった、という話がありますが、いかがでしょうか。

「大丈夫です、問題ありません。状況は一変して、素晴らしいパワーを携えていますよ。
お帰りの際には、活発なエネルギーを携えていかれるはずです」


少しだけお姿を視ようとしましたが、はっきりしません。
薄く浮かんだのはイラストのような感じですが、特にお姿はないのかもしれません。
そのときに、「精霊のようなもの」という言葉が入りました。

201907119
続いて、この精霊のような方の簡単な自己紹介と、井戸の水についてのお話しをしてくださいました。

その続きは、次回に記載します。

ランキングに参加しています。
少しでも多くの方に読んでいただきたく、1日1回の応援クリックをお願いします。


スピリチュアル ブログランキングへ


にほんブログ

|

2019年7月15日 (月)

明治神宮の神様からのメッセージ・3

201907113_20190715162701

明治神宮シリーズの続きです。

拝殿できらびやかな格好した男性の神様から、長いメッセージをいただきました。
そして次に、さらに高い地位にいるとされる男性の神様が現れ、続けてお言葉をいただきました。

お言葉をいただく前にお姿を視ると…スラッとしていて背が高く、黒髪で、頭に白い布を巻き、白くて裾の長いお着物を着ています。
イラストにすると、こんな感じです。

201907118

「よくお越しくださいましたね。先ほどから、熱心な会話を有り難く伺っていた次第になります。
あなたには、よりたくさんのパワーを与えたいと存じますから、そこにいらしてください。

熱中して何かを頑張っていたとしても、一人でこまごまとしたことを行っていては、何もしていないのと同じになります。

熱中するということは立派なことではございますが、ただたくさん何かを成し遂げたとしても、そこに楽しい心がございませんことには、何もしていることにはなりませんね。

複雑な人間では、こうした話をすることができません。
しかしながら、タイプとして熱中しながら頑張っている者であれば、会話をして差し上げましょう。

エネルギーには複雑なものと、そうではないものがございます。
気が置けない仲間と共に、元気に過ごしてみていただけませんか。素晴らしい人達と過ごした方が、笑顔が多くなるはずです」


─有難うございます。こちらの主神でしょうか?

「そうではありませんよ。もっと高い存在がいくらでもいます。
しかしながら、今はこの私が相手をしております。

白い衣装を着て、髪は黒く、とがった眼差しをしています。服の上には黒の上着を羽織ることもございます。

熱中して複雑な者から距離を置き、楽しんで生活されてみましよう。
これにて失礼いたします」

とがった眼差しまでは視えないのですが、もしかしたら、かなりカッコいいのかもしれません…😵

─有難うございます。これから清正井(きよまさのいど)へ行く予定ですが、そちらはいかがでしょうか?どなたかいらっしゃいますか?

「あちらには、立派な者が守りを固めています。
しかし最近になって、あまり良くない噂が飛び交っているようですね。
それは何かと申しますと、相応しくないタイプが降り立ち、場を穢しているというものです。

しかし、大丈夫であると申せます。
あちらには色々な者がいますので、手を合わせて会話をされてみなさい。
きっと色々な情報を教えてくださるでしょう。

もう少し…タイプとしてにぎやかではありませんので、少ししたらお帰りになってください。

はじめからそうした人間のことはあまり好きではありませんから、気をつけて会話をされてみなさい。

これにて失礼いたします」


このように、お二方めの男性の神様からも、お言葉をいただきました。

次に、有名な清正井に向かいます。
そちらの様子は次回に記載します。

ランキングに参加しています。
少しでも多くの方に読んでいただきたく、1日1回の応援クリックをお願いします。


スピリチュアル ブログランキングへ


にほんブログ

|

2019年7月14日 (日)

都内・明治神宮の神様からのメッセージ・2

201907113

明治神宮シリーズの、前回からの続きです。

拝殿で、きらびやかな格好をした神様が現れ、メッセージをいただきます。

201907117_20190714204601
─質問です、明治天皇はこちらにいらっしゃるのですか?いらっしゃるとしたら、どのような役割をされていますか?

「あのお方にとって、このような場は相応しくないと申せる。

何故かというと、あなたは立派なタイプに感じられるかもしれませんが、まだ亡くなって間もなく、日が経っておりませんので、まだ何かを成し遂げる役割を果たすのが困難です。

しかしながら、立派に頑張って日々の努力をされていますよ。
久しく何かをされていたようですが、最近になって頑張って日夜こうした場をご覧になり、勉強を重ねられています。

大層な役割をなされているようにお見受けします。しかしながら、もっと頑張って自分磨きを怠ってはなりません。

毎日朝早く起きて、エネルギッシュに活動なされてください。
何をすればいいかというと、ただリラックスして過ごすのではなく、頑張って過ごすのです。

例えるなら、日々の野菜を育てたり、数々の問題について語り合ったりしましょう。
出来る限り、色々なことにチャレンジしてご覧なさい。
より多くのパワーを蓄えるには、そうしたことが大切になります」

─具体的な内容を有難うございます。明治天皇は、あと何年くらいでこちらを守るようになるのでしょうか?

「まだたくさんの勉強が必要になります。よって700~800年はかかるといえる。

要するに、ただ相応しい役割をしていればそれで良いという訳ではなく、エネルギー的に相応しい方向へ向かっていくということです。

素晴らしい言葉の数々を伝えさせていただいた。
熱心な言葉を頂戴したいのであれば、もっとまともな時間にお越しいただきたい。

素晴らしいタイプの人間以外にも、この地には色々なものが存在しています。
タイプとしては、マイナスのものがそれほどいませんので、あなたの周りのものもやがて消え失せるでしょう」

─有難うございます。こちらの主神ですか?女性でしょうか?

「男性になります。恰好としては男性に見えませんね。
しかしながら、このような様相をしているのは訳があります。

熱心な会話をすることによって、悪いネガティブな者が近づいています。しかしながら、あなたには多くの守りがあるため、大丈夫と申せる。

2つばかり挙げておくが、ふつつかながらもそのように頑張っていらっしゃる姿を拝見して、素晴らしくも有り難い気持ちでおりますことを、伝えさせていただきます。

ふつつかながらも、このように会話をしたことは今までありませんでした。これからは、このような人間が増えていくはずです。

喜びばかりが押し寄せてくる日々にするには、まずは明るい会話をしてみなさい。
格好をつけて頑張ってみたとしても、たかがしれていますよ。

たくさんの会話を書きとめてくださり、有り難く申し上げます。
もう少ししたら、より素晴らしい神様が訪れます。しばらくお待ちください」

かなり長くお言葉をいただき、その中で祀られている明治天皇のお話が印象的でした。

拝殿で手を合わせて明治天皇の気配を感じたとき、確かにまだ普通の人間の霊のような、決して高くないイメージを受けたのです。

この時点で少し書きとめに疲れていましたが、また次の神様が現れるということです。
その続きは、次回に記載します。

 

ランキングに参加しています。
少しでも多くの方に読んでいただきたく、1日1回の応援クリックをお願いします。


スピリチュアル ブログランキングへ


にほんブログ

|

2019年7月13日 (土)

都内・明治神宮の神様からのメッセージ・1

201907111

数年ぶりに、都内の明治神宮へ参拝しました。

神様方からお言葉を頂けるようになってからも行こうと思っていたのですが、何故か何度も予定がつぶれ……拒否されているのかな?と思い、しばらく行く計画を立てるのをやめていました。

しかし今回は無事に参拝できたので、タイミングの問題だったのかもしれません。

こちらでいただいたメッセージを、3~4回に分けて掲載します。

201907114
それにしても…人口の森林とは思えないほど、参道の木々のマイナスイオンに癒されます!
以前来た時より、森林のパワーが強まっているようにも感じました。
そして、外国人が多い…ざっと見た感じ、参拝客の7割以上が外国人のように見えました。


拝殿にたどり着きます。 拝殿の前の幅はかなり広く、一番隅の賽銭箱の前で手を合わせます。
自己紹介と挨拶、お言葉をいただきたいことを伝え、この祝詞でいいのか分かりませんが、大祓詞を唱えます。

明治天皇がいらっしゃるのだろうか?…と気配を読もうとすると、

「…違うものが話しますので、お下がりください」

…というお言葉が入ってきたため、拝殿を少し離れ、あまり人のいない大きな木の近くに立ち、メモを開始しました。


「私達は、こうして毎日たくさんの人達のお願い事を叶えるべく、この地におります。
しかしながら、滅相もないことに、最近になって素晴らしくもないパワフルな人間ばかりが参られるようになった次第です。…(中略)

滅相もないことといえば、あなたにはたくさんの存在が身を固めておいでになっていますね。
間もなく、大切なことは何かということが見えてくるでしょう。

あなたにとって素晴らしいことといえば、このような曇った日ではなく晴れた朝…早朝においでになっていただくことになります。(このときは10時過ぎ)
せっかくこのような日に参られたとしても、あまりエネルギーを与えることができないでいます。

大したお役には立てませんが、このくらいにしておきましよう」


─有難うございます。どのような方でしょうか?

ここでお姿を伺うと…立った黒い烏帽子をかぶり、長い黒髪が見え、光る素材の豪華なお着物を着ています。そして両手で大幣(おおぬさ)を持っています。
イラストにするとこんな感じですが、もう少しがっしりしていた記憶が。

201907117
「大した存在ではありませんよ。しかしながら、あなたのようなタイプは滅多に訪れませんから、このように相手をしている次第です。

相応しい存在といっても、そんなに数は多くありません。エネルギー的に頑張っておいでになるようですから、こうして話をさせていただいています」


このように、きらびやかな恰好の神様がお相手をしてくださいました。

次に、こちらに祀られているとされる明治天皇について尋ねました。
そのお話の続きは、次回に記載します。

 

ランキングに参加しています。
少しでも多くの方に読んでいただきたく、1日1回の応援クリックをお願いします。


スピリチュアル ブログランキングへ


にほんブログ

|

2019年7月12日 (金)

御岩神社の神様からの最後のメッセージ

御岩神社シリーズの、最後の記事になります。

20190705_10_20190712110601

奥宮のかびれ神宮から戻ってきて、再び御岩神社の拝殿で男性の神様から長いメッセージをいただきます。
今回は、そのメッセージの最後です。


─神社には豊かな自然があり、人間にとっては癒される場ですかね…。

神様が基本的に願い事を叶えないのであれば、神社の役割とは何だろう…と考え、そう尋ねます。

「そのように考えておくといいでしょう。相応しい人間であれば、そうした回答に行き着くはずです。

スカートでいらしていただいたが、山登りをするのでしたらパンツルックの方が宜しいかと。
今まではそのような服装であちらこちらを回られていましたが、これからは…(お話が途絶える)」

─神様は、やはり宇宙からいらしたのですか?そうだとしたら、いつ頃ですか?

「ずいぶん昔の、はるか彼方の話です。
エネルギー体としてこの地に降り立ち、今のような役割を担っています。

複雑な環境において、楽しく有意義な日々を過ごしていますよ。
我々にはエネルギー体としての誇りがありますから、願い事を叶えるような真似はしていないのです」

─参拝者の中のエネルギーの高い人間から、パワーをもらうことはありますか?やはり、人間とは持ちつ持たれつの関係でしょうか?それとも一方的な関係?

「両方になります。願い事をしなければ、大胆不敵な人間からエネルギーを分けてもらえる。
しかしながら結局のところ、相応しい人は少ないのです。ですから我々にとってのメリットは、さほどございません。

かと言って一方的かというとそうではなく、やはら参られる皆様には安らぎを与える代わりに、エネルギーをいただくこともございます。

仕事といっては何ですが、ただ積極的に頑張る以外においては、複雑な状況に対して有り難い気持ちを抱えることにより、より素晴らしい毎日が訪れるでしょう。

あなたには笑顔が似合いますよ。陰ながら見守っている次第になります」

この辺から、雲間から陽が出て陽光がパーッと広がり、暖かくなりました。

このように、御岩神社の神様方から、たくさんのメッセージをいただくことができました。

20190705_7_20190712111001
そして……家に帰ってからの一週間程度は、奥宮のかびれ神宮の神様のエネルギーを、ずっと感じ取ることができていました。

今年からほぼ毎日、5分間だけ瞑想を行っているのですが、瞑想をしているとき、高い位置にかびれ神宮の神様が御岩山にいらっしゃるイメージが浮かぶのです。

それも、ものすごい高波動を伴って!!
「ああ、癒されるなあ~」と、そのエネルギーを受けるだけで、幸福感を味わうことができるほどです。

瞑想中に浮かんだイメージをイラストにすると、こんな感じです。 山の上が明るく光り輝き、高波動が降ってくるのが感じられます。
位置的には、床に座っていて部屋の天井あたりの高さに、この光景が浮かぶイメージです。

2019071110
ホントにこんな感じで、マンガチックに浮かびます。しかし波動はとても高く、光り輝いている。

現地では神様のお姿は一瞬しか視えなかったのですが、やっぱり仙人のようなお姿だったのだな…と思いました。

三峯神社に参拝した直後も同じような状況になりましたが、かびれ神宮の方が断然強い高波動を感じました。そのため、かびれ神宮は非常にパワーが強い!と思ったのです。

かびれ神宮というより、御岩山のパワーが凄いのでしょう。

神様方は、宇宙からこの山に光の柱が見えたというお話を否定していました。
しかし、宇宙飛行士の向井千秋さんらが、本当にそうおっしゃっていたのなら……
非常に強い高波動を持つこの山ですから、まんざらデタラメの話ではないのでは…と、今では思っています。

 

ランキングに参加しています。
少しでも多くの方に読んでいただきたく、1日1回の応援クリックをお願いします。


スピリチュアル ブログランキングへ


にほんブログ

|

願い事が簡単には叶わない理由とは?

47
スピリチュアル情報のポータルサイト「TRINITY WEB」 にて、コラムが掲載されました。

今回のコラムのタイトルは、

「願い事が簡単には叶わない理由とは?~自分と同じレベルのものを引き寄せる~

神様方が、何故簡単には願い事を叶えないのか…
「引き寄せの法則とは願望を引き寄せるのではなく、自分と同じレベルのものを引き寄せること」
という、別の角度から考えてみました。

無料ですので、ぜひお気軽にお読みになってくださいね。そして記事の左上(スマホでは記事の下)にある、「いいね!」ボタンを押していただけると嬉しいです。


私の記事の一覧は、こちらのページになります。
月2回程度更新していく予定ですので、宜しければブックマークをしていただけると幸いです。
宜しくお願い致します。

ランキングに参加しています。
少しでも多くの方に読んでいただきたく、1日1回の応援クリックをお願いします。


スピリチュアル ブログランキングへ


にほんブログ村

|

2019年7月11日 (木)

御岩神社の神様に、お稲荷様について尋ねる

20190706_1

御岩神社シリーズの、前回からの続きです。

奥宮のかびれ神宮から戻ってきて、再び御岩神社の拝殿で男性の神様から、長いメッセージをいただきます。
今回は、そのメッセージの続きです。

前回は、人間がお願い事ばかりすることへの、愚痴をこぼされていらっしゃいました。
ベンチに座ってお言葉をメモしているとき、拝殿の隣に小さな稲荷神社が見えていました。

そこで、神様にお稲荷様について尋ねてみました。

Inari

─具体的な願い事を叶えるのは、お稲荷様でしょうか?

「願い事にもピンからきりまであり、ささやかな願い事であれば我々に話していただければと思います。
しかしながら、大層な願い事になるのでしたら、稲荷神社にお参りして、お供えをしてから伝えると良いといえる。

結局のところ、叶えられるかどうかはあちらさまの気分であり、叶わないからといって、何でも従ったり(?)しないことです」

─お隣にある稲荷神社は、いかがでしょうか?お稲荷様は、お礼参りしないと怒ると聞きますが…

「お話はやめた方がいいでしょう。
あのお方は、素晴らしくも楽しい存在でありながら、困ったときには力を貸してくれます。
しかし、人の念によって他愛のない会話をすることで、マイナスな存在がついてしまいます」

─稲荷神社では、あまりお話しない方がいいということですか?

「そうしてください。熱心に通うのなら大丈夫ですが、そうではないのでしたら、構わずに過ごしましょう」


─稲荷神社について、アドバイスなどがあれば教えてください。

「古くから色々な存在が宿っては離れ、今のような形にたどり着いたのが、ようやく最近になってからです。

昔は大層な存在が宿っていましたが、最近は願い事ばかりされるものですから、エネルギーダウンを起こしてしまっている状態です。

願い事をするのでしたら、できるだけ速やかに離れてください。そのようにすれば、退屈な者が離れていくと申せます」

このように、稲荷神社についてのお話を伺うことができました。
まだ、お話は続きます。次回は御岩神社の神様からの、最後のメッセージを記載します。

 

ランキングに参加しています。
少しでも多くの方に読んでいただきたく、1日1回の応援クリックをお願いします。


スピリチュアル ブログランキングへ


にほんブログ

|

2019年7月10日 (水)

御岩神社の神様からのメッセージ・4

20190705_3_20190710121001

御岩神社シリーズの続きです。

奥宮のかびれ神宮でお言葉を頂いた後、表参道を下り、再び御岩神社の拝殿の前に出ました。

こちらでは、その前に長くメッセージをいただいたので素通りしようかと思いましたが、最後ということで、お賽銭を入れて拝殿の前で手を合わせ、お礼を伝えます。

すると、前回メッセージをいただいた男性の神様から、「働くことについて…」というお言葉が、頭の中に入ってきました。
そのため拝殿の近くにあるベンチに座り、メモを開始します。

20190705_10_20190710121501

「…働くことについて、もう少し述べておきましょう。
我々にとって働くということは、エネルギーを循環させて、世の中を良くすることが含まれます。

確かに願い事については申し上げたように、熱心に何かを頑張ることによって、成し遂げることができるでしょう。

しかしながら、全くおそまつにもほどがあり、願い事ばかりを熱心に授けるばかりで、遊んでいるのですから困ったものです。

願い事のようなわがままいっぱいのものは、未だかつて叶えようと思ったことがなく、目覚ましくも素晴らしいあなたのような人間でなければ、何もしたくないと申せます。

にっちもさっちもいかなくなったら、ここにいらしていただき、願い事を言ってご覧なさい。

たくさんの人間を見てきて思うところは、このようなタイプよりもマイナスなエネルギーを多く持ってくる人が多く、困惑するばかりです。

決して素晴らしい神様だからといって、あれこれ願望を伝えるのはやめていただきたい。
もうしばらくすると、ややこしいタイプがやってくるでしょう」


─最近こちらが有名になって、参拝者が増えたことはいかがですか?有り難い?それとも迷惑?

「どちらもございます。このような場にまでいらしていただくのは、有り難いことと申せます。

しかしながら、大したことをしないにも関わらず、あれこれと願望を言ってくる点においてはたまったものではありません。
願望にはマイナスの力が存在しますから、我々にとっては困っています」

ここまで、仕事についての考え方と願い事のマイナス点について、お話ししてくださいました。
他の神様方と同様に、人間のお願い事にうんざりされている様子がよく分かります。

まだしばらくお話は続き、いくつかの質問をします。
その続きは次回に記載します。

ランキングに参加しています。
少しでも多くの方に読んでいただきたく、1日1回の応援クリックをお願いします。


スピリチュアル ブログランキングへ


にほんブログ

|

2019年7月 9日 (火)

奥宮・かびれ神宮の神様からのメッセージ

20190705_7

御岩神社シリーズの続きです。

御岩神社でメッセージをいただいたあと、裏参道という山道を登って、奥宮の「かびれ神宮」へたどり着きました。早朝なので、もちろん誰もいません。

鳥居をくぐって急な階段をのぼり、挨拶をしたあと大祓詞を唱えます。
するとお言葉が入ってきたので、メモを開始します。

ちなみに、こちらではどのようなお姿の神様なのかは、時間的余裕がなく視ることができませんでした。
しかしお言葉をいただいているとき、一瞬だけ仙人のようなお姿に感じました。


「この神社では、願い事を叶える目的でいらしていただいても、遠慮させていただいている。
何故かというと、いちいち大層な願い事に耳を傾けていたところで、結局のところ台無しになるためになります。

願い事というのは全く役立たずであり、日頃からの行いが悪い者に限って、素晴らしいことをのたうち回るのです。

大したことではないにも関わらず、このようにわざわざおいでくださり、立派なしたためをされていることを、申し訳なくも素晴らしくないことであると考えています。

さもなくば、もうちょっと素晴らしいエネルギーを携えていらっしゃれば良いのですが、そうではありませんので、このようなマイナスの言葉になるのですよ。

素晴らしいことは何かというと、エネルギーの質を高めて積極的に何かを頑張ること以外にほかなりません。

願い事ばかりされているようでは、結局のところ何も進まないと申せます。
一から百まで何かをお任せしていては、素晴らしい毎日を送ることはできないでしょう。

複雑な話はこのくらいにして、この場所についてお話しましょう。
大したところではございませんが、我々には素晴らしい仲間がおります。
今話をしているのは、最も高い位置にいる者になります。

素晴らしい挨拶をなされていましたので、このように出てきた次第になります。
つかの間ではございますが、我々からの話は以上になります」

─有難うございます。下でも尋ねましたが、宇宙から見てこちらに光の柱が立っていたという噂については、いかがでしょうか。

「あの話はでっち上げになります。
素晴らしく大胆で良い話ではありますが、我々はそのようなことは行いません。

願い事を叶えるためには、理想を追求する必要があります。
しかしながら、エネルギーの質を高めなければ、何も成し遂げることができませんね。
パワフルに力を出していらしたとしても、マイナスの働きになってしまいます。

結局のところ最も大事なのは何かというと、私たちから離れて頑張ることになります。
(私たちを)パワーの源として捉えるのは良いが、いつもいつも構って欲しいとねだるような気持ちでいては、申し分なく叶えて差し上げられない。

毎朝のようにお越しいただくのは、無理がございますから、結局のところ何もして差し上げられないのです」


ここからしばらく私に対するアドバイスが続きますが、割愛します。

参拝者が、お一人登ってきました。私が奥宮から離れるのを、離れた位置で待っているようです。
お礼を言って階段を降りましたが、まだお言葉が続きます。

「もう一つ、有り難い気持ちが何より大切であることを、最後につけ加えておきます」


このように、かびれ神宮の神様からも、願い事についてのアドバイスを中心にいただきました。
やはり光の柱が立っていたという逸話を、でっち上げだと否定されたのでした。

ちなみに、あとで思ったのですが…こちらの神様、非常に波動が高い気がする…
その理由は、また書けたら書きます。

帰りは表参道の方から降りて、再び御岩神社へと向かいます。

 

ランキングに参加しています。
少しでも多くの方に読んでいただきたく、1日1回の応援クリックをお願いします。


スピリチュアル ブログランキングへ


にほんブログ

|

2019年7月 8日 (月)

御岩神社から、かびれ神宮へ

御岩神社シリーズの、前回からの続きです。

御岩神社でお二方の神様からメッセージをいただいたあと、奥宮のかびれ神宮へ向かうために、登山を開始します。


ふと、表参道と裏参道のどちらが近いのだろうか…と迷いました。そして一度表参道へ進みかけたのですが、地図を見て、距離が短い裏参道の方を行くことにしました。

20190705
しかしこれがちょっと失敗だったようで、距離が短い分、勾配がずっと厳しく…多分20分程度の道を、ゼーゼー言いながら登ります。
道がぬかるんでいて滑らないか心配だったものの、その点は意外と大丈夫でした。

写真では平たく見えますが、かなりの急な坂道です。

20190706
ロングスカートに裏がツルツルの靴、というふざけた格好で💧(参拝ではズボンを履かないようにしているため)、体力のないこの私でも転ばずに登れたので、多分それほど厳しい道ではないと思います。
しかし、帰りに通った表参道の方が、ずっと緩やかでした(最後の方だけ段差が厳しかったですが)。

裏参道の途中に、一体の古びたお地蔵様がありました。
神社の神様がお勧めしていたお地蔵様かな?とも思いましたが、ちょっと違う気がしたのと、先へ進みたい気持ちが強かったため、素通りしました。写真も撮影しませんでした。

しかし、山登り中に見たお地蔵様は、表参道も合わせてこの一体だけ…神様がお勧めのお地蔵様はこの方か、もしくは私が登らなかった、かびれ神宮よりも上の山道にあるのかもしれません。

裏参道を登って少し降りた位置に、かびれ神宮がありました。
こちらからのメッセージは、次回に記載します。

 

ランキングに参加しています。
少しでも多くの方に読んでいただきたく、1日1回の応援クリックをお願いします。


スピリチュアル ブログランキングへ


にほんブログ

|

2019年7月 7日 (日)

御岩神社の神様からのメッセージ・3

20190705_3

茨城県・御岩神社シリーズの、前回の続きです。

拝殿で、女神様からメッセージを頂いた後に現れたのは、男性の神様です。

紺色の衣装に、黒い柄帽子と黒い笏を身につけています。髪は白く、年配者のように見えます。
こちらもざっと書いたイラストは、こんな感じです。

20190705_10

「大事なことは何かと申しますと、リラックスできる環境の中で、いかに素晴らしい人たちと楽しく和気あいあいと過ごせるかにかかっています。

だからといって、たくさんの人と関わることだけが大事というわけではなく、もっとたくさんの言葉を使って日々を過ごしてご覧なさい。

メッセージにはマイナスの面がございますが、あなたからは数々の努力の源がございますので、大事には至らないはずです。

要するに、もう少し大事な力を蓄えてみなさい。
ハートから湧き出るエネルギーには豊かなパワーが存在していますので、このくらいにしておきましょう。

もう少し礼儀をお忘れになりませんように、お願い申し上げます」


─有難うございます。神社とは、どのような場であると思われますか?

「資格試験に合格するというような願い事ではなく、我々からのエネルギーを大事に…(我々が)与えたものを受け取ってください。

このような会話よりも大切なのは、明るさと活気に満ちた行動力になります。
いくばくかの人間には高い者が存在するが、まだあなたのような者以上にくだらない人間が多いのです。

何故かと申しますと、積極的に何かを頑張ろうとされず、すぐに人様に頼ってしまうのですから、マイナスになるといえます。

あなた方には多くの存在が守りを固めていますので、そうした者に願い事を授けてみていただきたい。

相応しくもない人ばかりがこのように訪れては、グチをこぼしていくのですよ。
熱中できる物事からたくさんの明るい未来が訪れるのですから、頑張ってみていただきたい」


─熱中するものが見つからない場合は、どうすればいいでしょうか?

「朝早くから色々なことにエネルギーを注ぎ、熱中できることを求めてみなさい。
朝といっても毎朝お忙しいでしょうから、たまにはゆっくりと過ごされてみましよう。
快活な毎日からは、色々な言葉が生まれますよ」


─有難うございます。これから奥宮にも行きますが、それ以外にお話を伺うのにお勧めの場所はございますか?

「山間部に、ある小さなお地蔵さまがあります。名前は…むそう?(聞き取れない)地蔵。
(山を登る)途中にある。そこから言葉をいただくことで、大層な役割を果たせるはずです」


このようなアドバイスを頂いたあと、御岩神社を離れ、山を登って奥宮のかびれ神宮へと向かいます。
その様子はまた次回に掲載します。

 

ランキングに参加しています。
少しでも多くの方に読んでいただきたく、1日1回の応援クリックをお願いします。


スピリチュアル ブログランキングへ


にほんブログ

|

2019年7月 6日 (土)

茨城県・御岩神社の神様からのメッセージ・2

20190705_20_20190706134901
前回の続きです。

早朝に御岩神社の拝殿にて、女神様からのメッセージをいただきました。
そのお言葉の続きになります。

─有難うございます。こちらでは、神様方はどのような役割をされているのでしょうか?人間にどのような影響を与えていますか?

「相応しい人間には、活力を与えている次第です。
願い事以上に大事なのは、明るい気持ちと多くの役割を果たすことです。
そのためこのような場に佇み、エネルギーを分けているのですよ。

朝早くからの参拝でなければ、叶えて差し上げられない。
申し訳なくもこの辺で」

─役割が大事ということですが…年配者など、仕事ができない場合はどうですか?

「そのような場合であっても、やはり大切なのは、人に対してどのような役割をされるかになります。

例えるなら、毎日のように頑張って仕事をなされている以上に、我々からエネルギーを受ける資格があるのが、そうした人たちなのです…」

この「そうした人たち」が誰を指しているのかよく分からず、そうしたお話がしばらく続きますが、割愛します。

「今しばらくお待ちください。また別の者が参ります。感謝を述べます」


次に男性の神様が現れました。その神様からのメッセージは次回に掲載します。

明るい気持ちと多くの役割を果たすことが重要であり、それをスムーズに行えるように、こちらで人々にエネルギーを与えている…という、女神様からのお話でした。

 

ランキングに参加しています。
少しでも多くの方に読んでいただきたく、1日1回の応援クリックをお願いします。


スピリチュアル ブログランキングへ


にほんブログ

|

2019年7月 5日 (金)

茨城県・御岩神社の神様からのメッセージ・1


20190705_2

茨城県日立市にある御岩神社に参拝してきました。

宇宙飛行士が宇宙船から、地球に光の柱が立っているのを発見し、 その場所を調べたらこの神社だった…という逸話が、テレビで紹介されていました。そのために、最近になって大人気であるとか。
それほど遠くないこともあり、そのテレビを見て行ってみようと思ったのです。

宿泊したホテルを朝5時半に出てタクシーに乗り、6時前に御岩神社に着きました。

この日の天気予報はずっと雨だったのですが、前日から曇りの予報に変わり、当日は時々太陽がのぞくほどの薄曇りになりました。
翌日の予報はまた雨なので、タイミング良くこの日だけ雨が降らず…

最近の一泊での神社参拝は、有難いことにお天気に恵まれています。
これは、神社の神様が天気を良くしてくれた!…という大層なことではなく、ここまで私の守護者が天気が良くなる日を、私に選ばせているのではないか…と考えています。


御岩神社の拝殿と、奥宮の「かびれ神宮」の2箇所から、たくさんのメッセージをいただきました。
まだ全部読み返していませんが、8~9回に分けて掲載していく予定です。

20190705_6
朝6時前からの御岩神社の広い境内の中には、誰もいません。
拝殿の前に約1時間いましたが、その間に来たのは1組の2人だけでした。

拝殿で挨拶をして自己紹介をし、メッセージをいただきたいことを伝えます。
するとお言葉が入ってきたので、少し離れた位置に移動し、メモを開始します。


「生憎のお天気ではございますが、しばらくの間言葉を差し上げたいと思います。

メッセージというのは、大変複雑なもののようにお見受けしています。
しかしながら、このような場はないと等しいと思っておりますので…ご挨拶はこのくらいにしておきましょう。

あなたにはたくさんの者がいますが、中には物珍しい存在もいるようですね。立派なタイプには相応しくない、理性のない者も混じっているようです。
かろうじてこのような会話が出来ているのも、あなたが日頃よりそうした熱心なエネルギーを我々に与えてくださっているためになります。

この神社を、軽やかな姿勢でご覧になってみなさい。たくさんの豊かな自然に守られているでしょう。

申し訳なくも、この辺で失礼させていただきたい。もう少し晴れた日にお越しくださらなければ、話しをするのは難しいといえます。
感謝の心から色々な有り難い出来事が生じるということを、お忘れになりませんように」

ここで、お姿を伺ってみます。
豪華な白くて長いお着物を着た女神様です。腰につくほどの長い髪で、金の冠をかぶり、着物の裾からはオレンジのインナーが出ています。頬が飛び出ているような、うりざね顔の形をしています。


ざっくりと描いたイラストは、こんな感じです。

20190705_20
─有難うございます。テレビで、ここに宇宙から光の柱が立っているのが見えた、という話を聞きました。それは本当でしょうか?

「そのような話は、まったくもってデタラメであると申せます。
しかしながら、熱心な会話を通してお伝えしたいのは、あなた方がそのような作り話をおもしろおかしくするものですから、今のように若者達が熱心に参られるようになったのです。

ですから、マイナスということはありません。
結局のところ、このような話題には悪い要素が強いものの、目覚ましい活力を与えることにつながります。

もうしばらくすると、もっと多くの参拝者が訪れます。
我々にとって、こうした会話は取り立てて大事ではありませんから、もう少ししたら話をやめさせていただきます」

それでも、女神様のお話はまだ続きます。この続きは次回に掲載します。
光の柱が立っていたという噂話を、あっさりとデタラメとおっしゃったのが印象的でした。

 

ランキングに参加しています。
少しでも多くの方に読んでいただきたく、1日1回の応援クリックをお願いします。


スピリチュアル ブログランキングへ


にほんブログ

|

2019年7月 2日 (火)

船橋大神宮の神様からのメッセージ・2

前回の続きです。

船橋大神宮に夏越の大祓のために参拝し、拝殿で挨拶をして、アマテラス様のような雰囲気を持つ神様からメッセージをいただきました。

下のイラストのように、2メートルほど上でふんわりと浮いている女神様です。

20190630_5_20190702081101
そのお言葉の、前回からの続きを記載します。

「…願い事ばかりではなく、皆様には明るく楽しい毎日をお届けするように、日夜頑張っている次第です。
エネルギーを蓄えることを優先しましょう。有り難い心をお忘れになりませんように」

─こちらの主神様でしょうか?

「主な神と書いて主神と読むが、そのような者はここには存在しません。たくさんいますので、マイナスの者も多いのです」

─そうしたマイナスの存在は、ここから出て行かないのですか?

「ここには色々な者がおりますから、複雑な状況なのです。さっきからあなたの周りにも色々いますが、離れないでしょう。
何故かというと、立派な神様でも取り祓うことができないのです。

エネルギーの質を高めることが先決ですよ。方法としては、毎朝たくさんの努力をしてごらんなさい。
例えば白い服を着て、頑張って快活に過ごすのですよ。

願わくばもう一つ、明るく楽しい毎日を送るために大切なのは、エネルギー状態を高くすることです。
楽しい話をなさって、笑顔でお過ごしくださいね。
立派に何かを頑張っても、優しさを忘れていてはいけません」

─これからこちらで大祓を受けますが、どんな作用がありますか?受けるコツも教えてください。

「お話を良く耳にしてください。楽しい話ではありませんが、役立つことでしょう」

しかし…この後に大祓を受けましたが、宮司さんからのお話は短く、ごく事務的な内容でした。

─エネルギー的には、どのような効果がありますか?

「複雑な内容になりますのでこのくらいにしておきます。熱心な書きとめを有り難く思います」

─大祓を受けても、あまり効果はないということですか?

「あります。願い事が叶うのではなく、元気が出る。話を伺って感謝について考えてみましよう。
複雑な内容のため、以上で終わらせます」

結局、前々回の記事に記載したように、この後も大祓がどのような効果にあるのかについて、別の神様から教えていただきました。
やはり願い事を叶えるのではなく、明るい気持ちになれるということです。

こうした儀式を受けるときは、願い事を発信するのではなく、パワーを受ける姿勢でいるといいのでしょう。

ランキングに参加しています。
少しでも多くの方に読んでいただきたく、1日1回の応援クリックをお願いします。


スピリチュアル ブログランキングへ


にほんブログ

|

2019年7月 1日 (月)

船橋大神宮の神様からのメッセージ・1

20190630_4_20190701102801

前回記載した夏越の大祓の儀式を受けるために、約2年ぶりに船橋大神宮(正式名称・意富比神社)に参拝しました。

2年前もメッセージをいただいています。
しかし、この頃はまだしっかりとした聞き取りができず…今読んでみても言葉が途切れ途切れになっていて、全体的に何が言いたいのか、よく分からないですね…笑

そしてこれは記載していませんでしたが、2年前のこのとき拝殿で手を合わせて挨拶をすると、神様方が、「あの妙なのが来た…どうする?」と、嫌な感じでざわついていたのです。

この頃既に、言葉をいただくために神社をまわっている人物であると把握されていたのでしょう。
あまり歓迎されていなかった印象があるため、 比較的近いながらも、それから長らく来ていませんでした。

拝殿で挨拶をして、お言葉をいただきたいことを伝え、少し離れた場所に立ち、メッセージが入ってくるのを待ちます。
今回は普通に歓迎していただき、またメッセージをいただくことができました。


「…このような大層な日にお越しいただき、誠に有り難く感じている次第になります。

我々のことは良くご存知かと思いますが、きらびやかな毎日からのお姿を拝見しつつも、このように皆様への言葉を述べさせていただけることを、有り難くも喜んでいる次第です。
つかの間ではありますが、熱心にお書き止めくださいますよう、宜しくお願いする次第になります。

願い事といいますのは、大変難しくございます。
かのような(?)内容でしたら問題ないのですが、結局のところ我々からのメッセージにはトゲがございますことを、述べさせていただきます。

何故かと申しますと、いみじくも大切なことは何かと申しますと、立派に社会に出て役割を果たすことになります。
願い事ばかりを申し上げているようでは、立派に役割を果たすことができませんね。

主婦も同じでございますよ。願い事ばかりしているのでしたら、立派に家事や育児をこなせないでしょう。
願い事にはマイナス要素が強く、全くためにならないのですよ。

失敗ばかりしても、マイナスにはなりません。
何故かと言いますと、あなた方には色々な存在が守りを固めていますから、このような場所に来てお願い事をしたところで、何も叶えることができません」


─有難うございます。こちらのどのような神様でしょうか?

ここでお姿を視ると、伊勢神宮で見たアマテラス様に近い雰囲気を持つ女神様が浮かびました。
あくまでもイメージ上ですが、地上から2メートルぐらいの高さで、ふんわりと浮かんでいます。
髪が短く白いはちまきをして、白いお着物を着用されています。

イラストにするとこんな感じで…イラストからは分からないと思いますが、キリリとしたアマテラス様のイメージを携えています。

20190630_5

2年前にお言葉を頂いた神様も、私の前の1~2 メートル上に浮かんでいました。確認しなかったのですが、雰囲気が似ているため、前回と同じ方かもしれません。

「…立派な存在と申せます。私達には色々な神が宿っているが、相応しくもない神の方が多いのですよ。
この地にはたくさんの存在がおります。しかし結局のところ働いているのはごく僅かであり、このように言葉を使えるのは限られている。

相応しくもない者とは結局のところ、我々からするとネガティブな波動を持つ存在です。エネルギー的にはマイナスが強く、活発な働きを行えません。
もうしばらくするとマイナスの存在が訪れますから、立ち位置を変えてください」


そうおっしゃるので、もっと拝殿に近い位置に移動しました。
続くお言葉は、次回に掲載します。

 

ランキングに参加しています。
少しでも多くの方に読んでいただきたく、1日1回の応援クリックをお願いします。


スピリチュアル ブログランキングへ


にほんブログ

|

« 2019年6月 | トップページ | 2019年8月 »