« 2019年5月 | トップページ | 2019年7月 »

2019年6月

2019年6月30日 (日)

千葉県・ 船橋大神宮・大祓の儀式における神様からのメッセージ

20190630_4
千葉県の船橋大神宮(正式名称・ 意富比神社)では夏越の大祓として、毎年6月30日に希望者を拝殿に集め、神事が行われます。
紙で作った人形(ひとがた)に名前などを書き、300円納めると受けることができます。

数年ぶりに、今回参加してきました。日曜日と重なったためか希望者が非常に多く、中に入れないほどの人で、外にまであふれていました。

配られた紙を見ながら、皆で大祓詞を3回音読します。そして大幣(おおぬさ)で全員が一斉にお祓いを受け、宮司さんからのお言葉をいただき、帰る時に神饌をいただく…という、約30分間の儀式です。

儀式中に、神様がいらっしゃるだろうか…と気配を伺っていると、鏡がある前方の上の方に、男性の神様が浮かんでいるのがイメージできました。

黒髪で黒いヒゲの体のたくましく勇ましい男性神、スサノオみたいなイメージですが、剣ではなく長い槍を持っています。紺色っぽい衣装を着用されていて、ざっくりですが、イラストにするとこんな感じです。

20190630_1

このようなお姿の神様が上方で、全員に向かって覆いかぶさるように手を広げたり槍を振ったりしている感じで、エネルギーを与えてくれているような感じがしました。

あ、いらっしゃるんだな…と思い、「この神事は、どのような効果がありますか?」と、(頭の中で)声をかけて尋ねてみました。

すると「儀式中…(なので話せない)」と聞こえました。その後に、「悪いものを祓う」というお言葉が頭に入り、するとすぐに神職の方が大幣で、頭を下げた全員を祓われました。
その瞬間、それまで自分についていた重いエネルギーがなくなり、軽くなった感じがしました。

無事に儀式が終わり、全員がゾロゾロと帰られます。
そうした中で、何人かが残って座って鏡の方に手を合わせているため、私も座って手を合わせました。
すると、先ほどいた男性の神様の気配は、もうありませんでした。

それでも 「この大祓の儀式は、どのような効果がありますか?」と尋ねてみると…別の神様からお答えが返ってきました。

「…お願い事を叶えるのではなく、嬉しさや楽しさを増幅する働きがあります。
よって、幸せは何かということを理解することにつながります」

どんな神様かはわかりませんが、優しい感じがしました。
嬉しさや楽しさを増幅してくれるなんて、有難いですよね。


この儀式の前に、境内の拝殿の前でも、別の神様からメッセージをいただいています。
順番が前後しますが、次回はそれを掲載します。

 

ランキングに参加しています。
少しでも多くの方に読んでいただきたく、1日1回の応援クリックをお願いします。


スピリチュアル ブログランキングへ


にほんブログ

|

2019年6月28日 (金)

高次元の存在と話すと必ず低次元の存在も寄ってくる

今からちょうど1年前は、霊感を使ったメール鑑定を行なっていた直後でもあり、部屋にたくさんの低級霊が湧いていて、本当に大変な時期でした。
今は良くなりましたが、いつどうなるかわからないという油断できない状態は、ずっと続いています。

その頃、部屋にたくさんあった御札やパワーストーンなどを全てなくしたことで、最悪の状態を脱することができたと記憶しています。
今部屋にあるのは、伊勢神宮の御札1~2枚だけです。

1年前の日記を読むと、ちょっと笑ってしまいました。
低い存在が話しかけてくる言葉を守護者からのアドバイスと勘違いして、振り回されていたのです。

部屋がこのような状態になっているのは、私が霊を浄化させる役割があるからであると…だから霊に話しかけて感謝を伝えなさい、というようなことを言われていました。
苦しい状態でしたから、それを素直に信じて「そうか、だからこうなっていたんだ!」と心から安心し、涙するほどだったのです。

しばらくして、その女性が低い存在であるとわかったのですが…
今は、低級霊に自ら関り感謝を伝えるなどは良くないと知っていますから、こんなことを言われたら、今ならすぐに低い存在であるとわかります。

しかしそれに懲りず、1~2ヶ月ほど前も、騙されそうになりました…

それに懲りて、今は日常で守護者にアドバイスを求めたりすることも、入ったメッセージを鵜呑みにすることもなくなりました。
こうしたことはやりたくてやっている訳ではありませんが…日々学んでいるのだなあ、と実感します。

守護者と会話ができるようになると、大変有益なアドバイスをもらうことができて有意義です。
しかしその言葉に頼っていると、必ず「なりすまし」という低い存在が利用しようと寄ってきます。

するとどれが守護者のアドバイスで、どれがなりすましの騙しの言葉なのか、区別することが難しくなります。

要するに、見えない存在からの言葉に頼りすぎるのは良くないということです。
そして結局のところ、自分自身の内面から湧く直感が最も信頼できるということになり、やはりすべては自分自身なのだと実感することになるのです。

 

ランキングに参加しています。
少しでも多くの方に読んでいただきたく、1日1回の応援クリックをお願いします。


スピリチュアル ブログランキングへ


にほんブログ

|

2019年6月26日 (水)

氏神様に賽銭泥棒について尋ねる

46

スピリチュアル情報のポータルサイト「TRINITY WEB」 にて、コラムが掲載されました。

今回のコラムのタイトルは、

「2019年も後半戦!星座別・やっておくべきことは?~2020年のグレート・コンジャンクションが訪れる前に~

無料ですので、ぜひお気軽にお読みになってくださいね。

💠 💠 💠 💠

さて…先日氏神様に参拝したときのことです。

氏神様は小さい神社で、小さな拝殿のすぐ隣に、これも小さなお稲荷様があります。
このお稲荷様の中に神様やお狐様などはいらっしゃらない感じがありますが、いつも念のため簡単に挨拶をしています。

このお稲荷様のお賽銭箱は、蓋のない木の箱をポン、と置いただけのもので、上からいくらあるかが丸見えになっています。
こちらに参拝する人は少なく、いつも5円や10円が数枚ある程度です。私はいつも10円玉を置いて、手を合わせています。

拝殿でメッセージを受け取って、少し離れた位置でメモをしているとき、老年の男性がそのお稲荷様に近づき、何かゴソゴソやっていました。
そして、すぐにいなくなりました。関係者のようではありません。

ん?もしかしたら…?と思い、お稲荷様のところへ行くと…私が先ほど置いた十円玉がありません…。
その男性はいつもここで、お賽銭を盗んでいるのでしょう。

 

次の参拝のときに、拝殿の神様にその男性について尋ねてみました。何か罰を与えたりされるのでしょうか?と。
すると、

「あのようなタイプは、ネガティブな者がたくさん憑いている。
日頃から苦労が多く、今後も苦労の多い人生を歩む」

…というようなことをおっしゃいました。

何もされずに、罰なども与えていないということのようです。
罰を与えなくても運勢が落ちていく…ということもあるのでしょう。

罰を与えないのは、慈愛もあるかもしれません。
しかし、多くの神様と今までお話をしていて思うことは…神様方は日頃からご自身や境内のエネルギーを高く保つことに腐心されているため、賽銭泥棒のような波動の低い人物とは、関わりたがらないということです。

依存心が強くお願い事ばかりしてくる人や、悲しみや苦しみを強く押しつけてくる人も決して波動は高くありませんので、神様方は関わらないようにされている…すなわち何もされない…というお話を、たくさん伺ってきました。
前向きな人、何かを頑張る人は波動が高いため、積極的に関わりたがるのです。

一般的に神様というと慈愛心の塊のようで、誰にでも優しくてどんどん助けてくれる!というイメージがあるかもしれません。
しかし、決してそういう訳ではなく、神様方はご自身を守ることも考えていらっしゃるのです。
特に神社の神様は気位が高く、情に流されずに合理的です。

もちろん人間よりも遥かに高い波動を持たれてすべてをお見通しであるため、お祀りすることは大事だと思います。
しかし、「ははーっ!」とひれ伏すような感情を持つのは、また違うのだろうと思います。

神様のお話を聞けば聞くほど、結局は何かに頼るのではなく、自分の人生は自分自身で作っていくのだ…というところに落ち着きます。
エネルギー的な協力というのは、その後からついてくるのですから。

 

ランキングに参加しています。
少しでも多くの方に読んでいただきたく、1日1回の応援クリックをお願いします。


スピリチュアル ブログランキングへ


にほんブログ

|

2019年6月23日 (日)

三峯神社・本殿の神様からのメッセージ・5

20190622
三峯神社シリーズの、前々回からの続きです。


宿泊した翌朝に宿坊をチェックアウトして、本殿に再び挨拶をします。
そしてこちらの神様から、再び長いメッセージをいただきました。
それを3回に分けての3回目で、三峯神社からいただいたメッセージの最後になります。


「このような会話にはマイナス面があり、日頃から頑張っている人であれば大丈夫といえるが、そうではなく楽しい毎日をただ安穏とした中で求めているタイプであれば、マイナスになります。

何故なら、そのようなタイプでは楽しさばかりを求めるため、メッセージの内容の、要するにくだらない部分だけを切り取って解釈するのです。
つまるところ、マイナスになるタイプにとっては、ますますだらけた日々を与えることになるでしょう。

しかし、またとない機会ですから、このように話をさせていただいた。
昔はもう少し、タイプとして頑張る者が多かったが、いつの間にやらくだらないタイプの人間ばかりになってしまいました。
…それだけ平和ということなのでしょうね。

だからといって、ただ日々を呆けて過ごされているようでは、毎日が台無しになってしまうでしょう。

はるばるお越しいただき、有り難く存じます。日頃の行いを正していただきたいと願っております。
あなたには相応しい守りがありますから、大丈夫と申せます。日頃からの活躍を見守っている次第になります。

これにて大変長らく言葉を述べさせていただき、有り難く申し上げます」

─昨日と同じ方でしょうか?

「そうです。にぎわいの中に潜み、このようにいざというときに現れて、消えていく存在になります。
有り難く申し上げます」

前日にもお話をしてくださった本殿の中の最もパワーが強いという神様が、再びお話をしてくださったようです。

06141_20190623092201

前日の午後から翌朝にかけての短い時間帯での参拝でしたが、たくさんのお言葉をいただき、そして大自然や美味しい料理を満喫して、大変充実した時間を過ごせました。

また、三峯神社に来たいと思っています。

 

ランキングに参加しています。
少しでも多くの方に読んでいただきたく、1日1回の応援クリックをお願いします。


スピリチュアル ブログランキングへ


にほんブログ村

|

2019年6月22日 (土)

三峯神社・本殿の神様からのメッセージ・4


201906143_20190622084801

三峯神社シリーズの、前回からの続きです。

宿泊した翌朝に宿坊をチェックアウトして、本殿に再び挨拶をします。
そしてこちらの神様から、再び長いメッセージをいただきました。
それを3回に分けての2回目です。

─(お言葉を)ありがとうございます。昨晩、宿泊をした部屋に狼がいたような気がします。守ってくださっていたのでしょうか?

「似たようなタイプの存在が、他にもいました。しかしあまりにも大それた複雑な状況の人でしたので、間もなく別の者が訪れたのです」

つまり、はじめは部屋に他の動物がいましたが、私に合った動物が後からやってきた…ということのようです。その私に合った動物というのが、前に掲載したこのイラストの動物です。

06143_20190622085101


「要するに、気持ちの上で守られていると感じたのであれば、そのようにしていたのでしょう。
たくさんの動物がいますので、どれが行ったかは問題ありません。
つまるところ、あなたにとって相応しい者が参ったということです。

願い事を叶えるために、いるのではありませんよ。あなた方を守る他に、熱心になれるように祈願しています。

ですからあの宿に宿泊すると、立派に活動を起こせるようになります。
ですから相応しい人間だけが泊まれると言っても、過言ではございません。

要するに、たくさんあちこちの神社仏閣に参られても、結局のところこれといって成果が得られないのですから、あちこちに行かれる前に、こちらに宿泊してみましょう。

そうすれば結果的に、楽しく明るい毎日が訪れるはずです」

ここまでは、こちらの宿坊に泊まることのメリットについて教えていただきました。
次回はその続きの、三峯神社からの最後のメッセージになります。

 

ランキングに参加しています。
少しでも多くの方に読んでいただきたく、1日1回の応援クリックをお願いします。


スピリチュアル ブログランキングへ


にほんブログ村

|

2019年6月21日 (金)

三峯神社・本殿の神様からのメッセージ・3

201906132_20190621073001

三峯神社シリーズの続きです。

宿坊に一泊して早朝の参拝を終えたあと、一度宿坊に戻って朝食を摂り、チェックアウトします。
外に出ると、車で到着した参拝客がチラホラと増えていました。先ほどは快晴だったのに、雲が増えていて肌寒いです。

再び本殿で手を合わせ、横の方に逸れて、本殿の神様からのお言葉が入るのを待ちます。
最後に長いメッセージをいただけましたので、2~3回に分けて掲載します。


「大変な役割をご苦労であった。
昨日は大変長い言葉を伝えさせていただいた。しかしながら、まだ申し上げていなかったことがある。
それは何かというと、あなた方にはたくさんの守りがいるため、それぞれ別の者に感謝を捧げてくださった方が、我々としても有り難く思うのですよ。
何故かというと、その方が彼らが喜び、より多くの活躍をなされるからです。

にぎやかなこの地ではございますから、いちいち全員の話を聞いていられません。ですからこのような話ばかりになると申せるのです。

にぎわっているからといって、あれもこれもと言っては素早く帰られて行くのですから、大切なものは何かと考えていただきたいと存じます。

この地は本来は、願い事を叶えるような場所ではありませんでした。
しかし近年になってそのようなタイプの人間が増えてしまい、このような状況に陥ってしまったのです。
大層な願い事であれば申し分なく叶えたいと思うのですが、苦手な内容ばかりが増えてしまい、困っている次第です。

日常的なものよりも、もっと大胆な願い事が宜しいかと。
例えるなら、3時のおやつはどうしてもクッキーがいいのですが、どうすればいいですか?というような易しい願い事より、大胆不敵なカルチャーに関して大成功をおさめたいという立派なものが、この場には相応しいのです。

ネガティブな感情をお持ちであれば、ますます叶う訳がございませんことを、改めて伝えたいと思います。

結局のところ、人間にとって大切なのは何かというと、大事な役割をこなす以外にほかなりません。

我々にはたくさんの参拝者がいますが、結局のところそのようなタイプはほとんど訪れず、頑張る前に何かにすがりついてしまう人が圧倒的に多いのです。
エネルギー漏れを起こしている状態ですから、何をしても上手く進まないのです。

退屈な話ばかりで恐縮ではございますが、このような複雑な会話は全く行ったことがありませんので、話が長くなって大変失礼致しました」

このように、願い事をするなら自分の守護者に対して行なった方が良いということと、こちらで願い事をするなら大規模な内容の方が喜ばれるということ、そして自分の役割を頑張ってこなすことが最も大切である…というお話でした。

次回に続きます。

ランキングに参加しています。
少しでも多くの方に読んでいただきたく、1日1回の応援クリックをお願いします。


スピリチュアル ブログランキングへ


にほんブログ村

|

2019年6月20日 (木)

三峯神社・本殿の神様からの早朝のメッセージ

201906143

三峯神社シリーズの続きです。

早朝に三峯神社の宿坊を出て、前々回と前回に記載した、遥拝殿日本武尊像でのメッセージをいただきます。そして、再び本殿に戻りました。時間は7時前です。

先ほどは閉まっていた拝殿の扉は開いていて、もう普通に参拝できる状態になっています。

本殿の中にご祈祷を受ける方々が5~6人、並んで座っているのが見えました。宿坊に宿泊していて、朝のご祈祷を申し込まれた方々です。
私は外に出たいため、ご祈祷は申し込んでいませんでした。

この瞬間、前日に本殿の神様がおっしゃっていた「朝7時半までの参拝が、願い事を叶えてもらいやすい」というお話を思い出し、その理由を理解しました。
このように宿坊に泊まって朝のご祈祷を受ける方々が、1日の参拝客の中で最も優先される…ということです!
それ以降のご祈祷は、8時半からになってしまうのです。

拝殿でこっそりと手を合わせ、少し脇に逸れて、本殿の神様からのお言葉を待ちます。
すると、少しずつメッセージが入ってきました。

「…前もって言っておくが、朝早くからの参拝といっても色々ある。
このように、中に入って参られた方が宜しいかと。

あなたは別の目的があるので問題ないが、別の者は感謝しながらこうした祈祷を受けた方が、宜しいと申せる。
この時間が最も相応しい。

挨拶を兼ねて申し上げておくが、エネルギーには分けて2つある。まずは愛するエネルギー、そして明るく軽やかなものになります。
あなたは両方足りないと申せますが、頑張っていますから、そのような相応しい役割をなされているのですよ。

願い事以上に大切なのは、あなた方はもっと大切な人間への温かい気持ち(を持つことである)と申せます。
たかだか80年ちょっとの人生なのですから、相応しい生き方を身につけていただきたい。

つまるところ、おせっかいでも構わないから色々な人に挨拶をして、色とりどりの楽しい人生を歩んでいただきたいと願っています。
ここまでにしておきます」

やはり、宿泊しての朝7時からのご祈祷が、最もといって良いほど大事である…ということです。
それ以外に、温かい感情を持つことの大切さをお伝えいただきました。

真剣なお願い事がある人は、宿坊に泊まっての早朝のご祈祷を受けられることをお勧めします。

 

ランキングに参加しています。
少しでも多くの方に読んでいただきたく、1日1回の応援クリックをお願いします。


スピリチュアル ブログランキングへ


にほんブログ村

|

2019年6月19日 (水)

三峯神社・ヤマトタケルノミコト銅像からのメッセージ

三峯神社シリーズの続きです。

朝の6時過ぎに境内の遥拝殿でメッセージをいただいたあと、比較的遥拝殿の近くにある、日本武尊(ヤマトタケルノミコト)銅像へと向かいます。
写真のように、かなり高い位置にぽつんと立っているのが見えます。

201906142
この銅像に話しかけたところ、短めながらもお言葉をいただくことができました。

「申し訳なくも、ここはそれほど高級な者はおりません。
にぎわうことも少なく、皆様すぐにお帰りになるようです。
何故ならいくつかの者(神様)はいますが、それ以上にたくさんの悪い存在がいるためです。

にぎやかではあっても、全くマイナスのものしかやって来ない。
しかしながら、ある程度は頑張っている人が参りますので、それで良い状況を保てています」

─参拝者への、ご要望があればお願いします。

「今となってはもう遅く、(参拝者が)願い事ばかりおっしゃるのですから困っております。
退屈な毎日を送らず、このような場所へ出向いて挨拶を交わしてみましよう。
結局のところ残念ながらここには愛嬌のある人は訪れないようです。
勝手ながら、以上になります」

お姿を視てみると、この像と似た古代の格好をしている男性の神様が浮かびました。
白い服で杖を持ち、微笑んでいて朗らかな方であると感じられます。
イラストにするとこんな感じです。

06145
少し外れた場所にあるためか、この銅像の近くにはあまり人が訪れず、そして訪れても願い事ばかりされていくため、エネルギー状態あまり良くないというお話でした。

ランキングに参加しています。
少しでも多くの方に読んでいただきたく、1日1回の応援クリックをお願いします。


スピリチュアル ブログランキングへ


にほんブログ村

|

2019年6月18日 (火)

三峯神社・遥拝殿の神様からのメッセージ

三峯神社シリーズの続きです。

三峯神社の本殿のすぐ隣にある宿坊に泊まりました。

この宿坊は夜間は外出禁止で、朝5時半になると出られるようになると聞いていました。
そのため4時半に起きて、5時半ぴったりに出ようと、入り口へ行きました。しかし誰もおらず閉まったまま…
結局神職の方が近くにいらっしゃったので声をかけて開けてもらうまでに、20分ほどの時間がかかりました。

お天気が良く、早朝の肌寒くて凛とした爽やかな空気…この広い境内に、参拝客は私一人だけ!他の宿泊客は午前7時に祈祷を申し込んでいるためか、 外に出る人は誰もいないようでした。

早速本殿へ行きましたが、写真のようにまだ閉まっていて近くに寄れません。

201906145
朝7時半までの参拝が良い、ということでせっかく早く来たのに…と少しいぶかしく思いながら、下で大祓詞を唱えます。
しかしまだ活動時間ではないためか、神様からのお言葉は降りてきません。

次に、奥宮遥拝殿へ向かいます。
7年前と変わることなく、素晴らしい景観です!

20190613

こちらにも神様がいらっしゃるだろうかと思いつつ、賽銭箱にお賽銭を入れて、大祓詞を唱えます。
すると、途切れ途切れにお言葉が入ってきましたので、メモを開始しました。


「…名乗るほどの者ではございませんが、数限りない言葉を述べさせていただきます。
我々には数々の友がおりますゆえ、このような大切な場におきまして、ふつつかながらも挨拶を述べさせていただきます。

滅相もございませんが、我々からは以上になりますゆえ、遥か彼方から来られた存在として述べさせていただいた次第になります」

お言葉には、少したどたどしさを感じました。

─有難うございます。ここから祈ると、遠くにある奥宮に届くのでしょうか?

「申し訳なくも、届くことはありません。何故なら遥拝殿は300メートルほど先の遥か彼方の……
素晴らしい眺めでございましょう。確かにここではたくさんの者があなた方を明るく楽しい気分にして差し上げています。

間もなくエネルギー状態が良くなるはずです。快活なパワーを分け与えていますから、そのままの状態でお過ごしくださいませ。

頼りない人間でありながらも、律儀に様々な用事をこなしていらっしゃるご様子ですから、このように話をしている次第です」

─有難うございます。ここでは、過ごすコツなどございますか?

「願い事をされる方が大半ですが、そうではなく、たくさんのエネルギーを受け取っていただきたい。
熱心に頑張っていらっしゃる人間には、明るくみなぎったパワーを差し上げている次第になります。

名前はありませんが、ふくよかな存在であると申せます。
あなた方には様々な守りがありますから、色々なメッセージを受け取ろうとする前に、そうした存在に願い事を伝えてごらんなさい。
れっきとした私どもの存在以上に、元気になれるはずです」

ここで神様のお姿を伺うと、細身の女神様が浮かびました。全体的に白くて髪が長くまるで観音様のようです。 ベールをかぶっているようにも見えました。優しく微笑んでいらっしゃいます。
下のイラストのような感じです。

06144

─観音様のようなお姿ですね。

「にっちもさっちもいかなくなったらここへいらっしゃり、羽ばたくような気持ちで過ごしてみましよう。

大切なお知らせを伝えます。
限りない人生において最も大切なのは、祈る気持ちになります。大切な人のことを思いやり、考えてみてください。
そうすることから我々のエネルギーと波長が合い、願っていることが実現するのです。

素晴らしいパートナーに恵まれたからといって、何もかも忘れて遊んで暮らしているようではいけませんよ」

─祈る気持ちですか…行動することについてはいかがですか?

「また改めて伝えさせていただきます。
熱心な会話に有り難さを感じると同時に、申し訳なくもこの辺で」

遥拝殿では、このように優しそうな女神様がお相手をしてくださいました。
この後、帰る直前にもう一度寄ったのですが、そのときにお別れの挨拶をすると、再び現れて微笑んで手を振ってくださいました。

女神様がおっしゃったように、ここでは願い事をされるのではなく、たくさんのパワーを受け取るようにされてみてくださいね。

 

ランキングに参加しています。
少しでも多くの方に読んでいただきたく、1日1回の応援クリックをお願いします。


スピリチュアル ブログランキングへ


にほんブログ村

|

2019年6月17日 (月)

三峯神社の宿坊での出来事

201906131
三峯神社に午後に到着し、本殿のすぐ隣にある宿坊の興雲閣に宿泊しました。平日のため、宿泊客はそれほど多くありません。
(写真は窓から見える朝の風景です。)

早起きをするため、夜は早めに布団に入ります。
本殿の神様の、「この宿坊では動物に守られる」という話を思い出していました。

色々な動物がいるということで、どんな動物だろう?兎や鹿など可愛いいのがいいな…と思いながら、少し気配を読み取ってみます。
夜は霊の存在が心配なので、こうした場所で気配を読むことはしないのですが…

すると部屋の中を下のイラストのような大きさのある狼?が、ウロウロと歩いている姿が浮かびました。あくまでも感覚としては、体長1メートルくらいでしょうか。

06143

毛がギザギザしていて固そうで、色は黒に近い、濃いこげ茶色です。可愛くなく、むしろこええ…汗
特にコミュニケーションを取ってこようとすることもなく、やはり会話はできなさそうでした。

夜中に目が覚めると、その動物は私のすぐ横に座り込んでいる感覚がありました。イラストのような姿勢です。(一応座っている絵です…)

そのお陰か霊の気配は全く感じず…いつも場所が変わるとあまり眠れないのですが、安眠できました。


しかし、その動物の気配は強く感じた訳ではなく、こんなのがいる感じがするなあ…という程度だったので、確信できるほどではないのですが。
しかしこんな動物を私が想像する訳がないので、多分本当にいて、守ってくれていたのでしょう。

 

ランキングに参加しています。
少しでも多くの方に読んでいただきたく、1日1回の応援クリックをお願いします。


スピリチュアル ブログランキングへ


にほんブログ村

|

2019年6月16日 (日)

埼玉県・三峯神社の本殿の神様からのメッセージ・2

201906144

三峯神社の前回の続きです。

初日の15時頃に、本殿の神様からメッセージをいただきました。そして、お話の担当が次の男性の神様に代わられました。
この神様は、本殿の中で最も強いパワーを持つ神様である…ということです。

そのお姿を視ると、スラッとしていて若者のような雰囲気です。黒の烏帽子をかぶっていて、袴の裾が大岡越前のように長く、足の後ろまで伸びています。クリーム色の長い笏を左に持ち、それを前に突き出しています。
ざっと書いたイラストだと、こんな感じです。

06141


その神様からいただいたお話を記載します。

「ここにはたくさんの、狼のような者がおります」

神様のすぐ隣に、大きく茶色の大変痩せている犬のような動物がいることが分かりました。
下手くそで申し訳ないのですが、絵にするとこんな感じです。

06142
─(狼のような者は)どのような役割をされているのですか?

「一匹ずつがそれぞれ気に入った人間についていき、朝昼晩と熱心に願い事を叶えるために傍らにいて、その人をサポートしております。

毎朝お越しくださらなければ、そのようなことはいたしませんよ。
願い事ばかりを投げつけて、さっさと帰られてしまうようでしたら、無理といえます。

感謝をお持ちであれば考えても良いのですが、片っ端から願い事を叶えていたのでは無理なのですから、頑張ってきていただきたい。3日に一度の(参拝の)ペースでもいいでしょう」


─ほとんどの人が無理だと思います。少ない参拝の回数で狼に気に入られるには、どうすればいいですか?

「ないことはありません。かといって何から何まで叶えてもらおうとするようでは、残念ながら難しいと申せます」

ここで、少し離れたところにいる参拝者が抱いている小型犬が吠えだします。

「犬が鳴いていますでしょう。あれはかたじけなくも、色々な存在が近づいていって悪さをしているためです。
そのうちにいなくなるから、問題ないといえます」


─どのような願い事が叶いやすいですか?

「頑張ることが前提のものになります。積極的にこなす姿勢があれば、間違いなく叶うでしょう。

あと一つ、何事もそうですが、朝早くでなければ難しいと申せます。
特に日が暮れたあとは悪い者がたくさん現れますから、何もしないほうがいいくらいです。

今はまだ日が出ています。やがてこの地に多くのネガティブな存在が舞い降りて、あなた方に困った力を分け与えるはずです。
しかしながら、このような役割をなされていますので、大丈夫ですよ」

─有難うございます。今晩はすぐ隣の宿坊に泊まりますが、大丈夫でしょうか?

「問題なく楽しめますよ。あなたには多くのものがおりますから、困ることはありません。
宿坊には、ネガティブな存在が入らないようなシステムが出来上がっています。
ですから、か弱くも賢い動物が守ってくださるでしょう」

─守ってくれるのは狼ですか?そうした動物とは話せますか?

「色々な種類の動物、すなわち役割を持った者たちです。
話は難しいといえます。何故なら会話が成立しないタイプだからです。
しかしながら、その存在はわかるはずです。

この度は長らく話をさせていただいた。またのお越しをお待ちしております。ご苦労様でした。この辺で失礼いたします」

─お名前はございますか?

「この神社の最も高い位置にいるものになります。
あなたには多くのものがおりますから、そのまま進んでいって下さい。

これにて失礼つかまつります」


初日は本殿で、お二方の神様から、こうしたメッセージをいただきました。
宿坊に何かの動物が現れるかもしれない、と期待して宿泊します。
その夜の様子は、次回に記載します。

ランキングに参加しています。
少しでも多くの方に読んでいただきたく、1日1回の応援クリックをお願いします。


スピリチュアル ブログランキングへ


にほんブログ村

|

2019年6月15日 (土)

埼玉県・三峯神社の本殿の神様からのメッセージ

201906132

埼玉県秩父市の三峯神社の宿坊に泊まり、一泊で参拝してきました。7年ぶり2回目の参拝です。

前回行った2012年は今のようなブームではなく、参拝客もそれほど多くなかったと記憶しています。
この頃は憑依で悩まされている頃で、憑いている狐を取ってくれる神社であると知り、わざわざ出向いてお祓いをしてもらったのでした。お祓いも、一人で受けることができました。

しかし結局、境内ですぐに次の狐が入ってしまい、ガッカリして帰ってきたのです。そのため、あまりここに良い印象を持っていませんでした。

初日に到着したのは15時前です。ほどほどに多くの人が歩いています。
時間も遅いため、この日は軽く手を合わせるだけにしようと思っていました。

しかし、本殿で挨拶をして、少し離れた位置に移動しメッセージが入るか待っていると、男性の神様から長いメッセージをいただくことができました。

初回のメッセージを、2回に分けて掲載しようと思います。

「ようこそ、お越しいただきました。我々の言葉を伝えてくださるとのことで、長らくお待ち申し上げておりました。
日頃からのご活躍について、様々なところから伺っている次第になります。

我々には素晴らしい仲間と共に、エネルギッシュな存在が分け隔てなくおりますゆえ、メッセージについてはお待ちあげていた次第になります。

あなたは会話をしたためてくださるだけで、精一杯かと存じます。我々からはこの辺で失礼させていただきたい。
しかしながらご回答を願っているようでしたら、お答えしたいと思います」

─有難うございます。この時間(15時頃)の参拝や会話でも、問題ないのでしょうか?

「致し方なくこのような話をして差し上げているが、間もなく会話が苦しくなる。…といいますのも、あなたからはネガティブな者が離れないでおりますので、会話が難しくなります。

せっかくですから申し上げておきますが、晴れやかな日にお越しいただき、会話をしてくださった方が、力を分けて差し上げられる。
会話には真心を込めておりますから、今のような曇り空では思うように話ができないでいます」

ちなみに空には雲が多いものの、問題なく陽は差しています。

─参拝の時間は、何時頃までが良い効果を得られるのでしょうか?

「大体朝7時半くらいまでであれば。朝早くからの参拝でなければ、何もすることができません」

─早いですね!それ以降のご祈祷も無意味でしょうか?

「我々からすると早い方が熱心さが表れるため、優先して願い事を叶えている次第です」

─以前、こちらで憑いている狐を取っていただきました。そうしたことも得意でしょうか?

「何事においても、ほとんどのお願い事を叶えようと思えば叶えて差し上げられます。
しかしながら、毎日のように参拝された方が、ますます叶える率が高くなります。

願い事というのは、はじめのうちは大層な内容であっても、やがて小さなものに変化していく。
何故かというと、甲斐甲斐しく面倒を見てしまうと、自分のことをやらなくなるためです。

せっかくこのような会話をされているのですから、あと一つ。
可愛らしい服装をなされていますね。熱心な会話を楽しみながら行っていますよ。

しかしながら、あなたは複雑な感情をお持ちでいらっしゃるご様子ですね。毎朝エネルギーを温め続けていますが、軽やかな力が複雑な存在に邪魔をされているようです。

毎朝積極的に、何かに励んでいただけませんか。何でも構いませんよ。
しかしながらこのような会話を熱心になされていますから、大丈夫と申せます。

勝手ながら、この辺で失礼させていただきます。別の者が参りますのでしばしお待ち下さい。
朝ではありませんが、このようにお越しいただき感謝を申し上げます。

次の者は、最もこの場において素晴らしいパワーを持っています」

─有難うございます。(あなたは)どのような方でしょうか?

「皆様の良き理解者として、日夜頑張っている次第です」

ここでお姿を見ると男性の神様で、まるっとした感じのお着物を着用されています。そして長いクリーム色の笏を持っています。

ここでどうやら次の方に変わったようで、お話が続きます。引き続き男性の神様です。こちらの眷属の狼のお話も伺うことができました。

長くなるので、この続きは次回に記載します。

 

ランキングに参加しています。
少しでも多くの方に読んでいただきたく、1日1回の応援クリックをお願いします。


スピリチュアル ブログランキングへ


にほんブログ村

|

2019年6月11日 (火)

与える姿勢が真の幸福に導く

45

スピリチュアル情報のポータルサイト「TRINITY WEB」 にて、コラムが掲載されました。

今回のコラムのタイトルは、

「与える姿勢が真の幸福に導く~本気で克服しよう!運気をすり減らすクレクレ病~

無料ですので、ぜひお気軽にお読みになってくださいね。そして記事の左上(スマホでは記事の下)にある、「いいね!」ボタンを押していただけると嬉しいです。


私の記事の一覧は、こちらのページになります。
月2回程度更新していく予定ですので、宜しければブックマークをしていただけると幸いです。
宜しくお願い致します。

ランキングに参加しています。
少しでも多くの方に読んでいただきたく、1日1回の応援クリックをお願いします。


スピリチュアル ブログランキングへ


にほんブログ村

|

2019年6月 2日 (日)

鎌倉・銭洗弁財天境内の「下之水神宮」の神様からのメッセージ

20190531_2

前回の続きです。

銭洗弁天の女神様から長いメッセージをいただいた後、境内をウロウロしていました。
いくつかの摂社や末社があり、せっかくだからもう一箇所だけメッセージをいただこう…と思いました。

そこで選んだのが、上の写真の「下之水神宮」というところです。境内の端にあり、近くに滝が、下は池があって、鯉が泳いでいます。しかし、参拝客はほとんどいません。

拝殿で挨拶をすると、少し金属的な嫌な匂い(物理的な)がしたのが気になりました。
メッセージをいただくようにお願いして、次の人がくる可能性があるため細い橋を戻り、近くのベンチに座ります。
すると、お言葉が入ってきました。

「ここには良くない存在がおりますから、あまり長くいらっしゃらない方がいいかと。
もし長くいたとしたら、服が水びたしになる上に、大事なエネルギーが分散されてしまいます。

せっかくのお越しではございますが、このような惨状ですから、参られない方が宜しいでしょう。

ただ申し上げておきたいことは、昔は栄えていて色々な存在がおりました。
しかしながら、このような状態のまま放置に近い状態とされましたから、こうなってしまったのです。

複雑な守りがある方であれば、大丈夫です。しかしながら、ただ何気なく参られると問題が生じますことを、お伝えしたいと思います。
腹八分の願望を抱えてくだされば宜しいでしょう。
私からは以上になります」

─有難うございます。どのような方でしょうか?

「水の精といってもいいでしょう。瞬く間に仕事を奪われてしまいました。
れっきとした存在ですから、心配はご無用です。この地にはまだ多くの存在がいますよ。

今は昔よりも、だいぶネガティブなものが増えてしまいました。困ったものでございます」

この神様のお姿は、視ることができませんでした。

この下の水神宮は、橋の手前までは参拝客が来るのですが、橋を渡って手を合わせようとする人が少ないです。
やはり、何か良からぬものを感じる人が多いのでしょう。それだけ多くの人が、エネルギーを敏感に感じ取っているということです。

このように、何故か人が少ないところは、あまりエネルギー状態が良くないと考えて良さそうです。

 

ランキングに参加しています。
少しでも多くの方に読んでいただきたく、1日1回の応援クリックをお願いします。


スピリチュアル ブログランキングへ


にほんブログ村

|

2019年6月 1日 (土)

鎌倉・銭洗弁財天の女神様からのメッセージ・2

20190531
前回からの続きです。
銭洗弁財天の女神様からのメッセージをいただき、前回は主に、洗ったお金の使い方や金運の上げ方について、教えていただきました。

─他に(読者に)メッセージがありましたら、お願いします。

「あなた方には、もう少し立派な力を高めていただきたい。
当たり散らすように我々のところに参られては泣き言をいい、感謝をすることなく帰られていく。そのような人間だからこそ、今の状態が良くないのです。

明るさがないから皆様から嫌がられてしまい、結果的に誰からもお金をいただけなくなるのですから、気をつけていただきたいものです。

あなたには、もう少し大事なお話をさせていただきます。

熱心さが大事だと言われていますが、それはたくさんの願い事がある場合に限り、そのような話が有効になります。
せっかく素晴らしい人間であっても、願い事が多いために何事もダメになっていくのです。

大層なことを叶えたいのであれば、あなたから動くことが大切ですよ。今までこのような話ばかりだったでしょうが、それはあなたに対しても当てはまるためですよ」

─金運を上げるには、遊んでいてはダメですよね?

「言わずもがな、熱心に働いてくださらなければ社会が回っていかないでしょう。
はなから働く気がないのに願い事をされるのは、困ったものです」

─参拝客に、臨時収入を与えるようなこともございますか?

「いちいち難しい質問はおやめください。私どもはネガティブな存在から守ることを優先していますから、いちいちお金を差し上げることは行っておりません」

─ここには何体の神様がいらっしゃるのですか?

「相応しくない存在もいますよ。そうしたものも合わせて20体くらいが、代わる代わるここを浄化しています」

─人がかなり多いので、場のエネルギーが汚れやすいですか?

「それほどではありません。何故ならたくさんの自然に守られているためです。

もうしばらくするとあなたにも感動の毎日が訪れるはずです。願い事をされないタイプですから、守りがしっかりなされていますよ。
ふつつかな人間ではございますが、立派に頑張っていらっしゃるのですから、大丈夫と申せます」

─有難うございます。こうしたことは続けた方がいいでしょうか?

「今のペースで問題ないといえる。ただ立派にやり遂げていますので、活力を高めることを優先しましょう。

例えるなら、朝早くからエネルギーを使うようになされてみなさい。
大事なのはあなたの周りにいる皆様の他、あなたが何を楽しいと思えるかになります。

結局のところ、毎日のようにエネルギーを循環させて、社会をより良い方向へ進めていくことになります。
そうしたことから、人々にパワーを分けてあげられるのです」


これ以外にも、今の私に対する具体的なアドバイスをいくつかいただきました。
大変長く熱心なお言葉をいただくことができました。

こちらで洗ったお金をあちこちにばらまくことで、幸運を呼び込む…というお話が印象的でした。
たくさんの小銭を洗いましたので、早速実行してみたいと思います。

 

ランキングに参加しています。
少しでも多くの方に読んでいただきたく、1日1回の応援クリックをお願いします。


スピリチュアル ブログランキングへ


にほんブログ村

|

« 2019年5月 | トップページ | 2019年7月 »