« 旅行後の小さな不思議な出来事 | トップページ | 部屋のエネルギー状態を、高波動に変える方法は? »

2019年4月13日 (土)

神社の神様には、やはり名前を告げた方がいい

神社仏閣に参拝するときには、よく「名前と住所を告げた方がいい」といいますよね。
私はそのことにあまりこだわりはないのですが、初めて行く神社仏閣では手を合わせたときに、告げるようにしています。
伝える住所は、〇〇県△△市と、ざっくりです。しかしそのときに、自分の住まいを頭の中でイメージして、伝わりやすくします。

しかし、何度か来たことのある神社仏閣では、ついつい伝えるのを忘れてしまいます。

そんなときに頭の中に、少しドスの効いた強い感じで、

「名を名乗れ」

…と入ってくることが、かなりひんぱんにあります。
これは、まだ神様のお言葉をそれほど聞き取れずにいた数年前から、ずっとです。

その言葉が入ってくる度に、少し慌てて自分の名前(本名と仕事名)、住所、職業などを伝えます。

このお言葉を伝えてくるのは、その神社仏閣の神様仏様なのか、それとも私の守護者なのかは分かりません。
それでもこのお言葉が伝わる度に、ああそうだ、ちゃんと伝えなければ…と思うのです。

氏神様なら問題ないかもしれませんが、数回参拝している神社仏閣であっても、いらっしゃる神様仏様が、前回とは違う方かもしれません。
そうしたこともあり、毎回名前と住所を伝える必要があるのだな…と思います。

ランキングに参加しています。
少しでも多くの方に読んでいただきたく、1日1回の応援クリックをお願いします。


スピリチュアル ブログランキングへ


にほんブログ村

|

« 旅行後の小さな不思議な出来事 | トップページ | 部屋のエネルギー状態を、高波動に変える方法は? »

スピ的思考」カテゴリの記事