« 豊川稲荷東京別院・ダ枳尼眞天様からの新たなメッセージ | トップページ | 豊川稲荷東京別院に呼ばれての参拝 »

2019年3月28日 (木)

神社仏閣の撮影は、基本的に失礼にあたる

前回の記事で記載した、豊川稲荷東京別院へ行ったときの、ちょっとした話です。

境内に入り、ダキニ天様がいる奥の院の前に着きました。そして、小雨が降っていたので片手に傘を持ったまま、奥の院の外観の写真を、先に1枚撮影しておこう…と、スマホのカメラを向けました。

すると、写真モードにしていたのに、何故か動画撮影モードになってしまいました。
慌てて直そうとしても、何故か写真モードに戻すことができません。
大慌てし、いくつも無駄に動画を撮ってしまいました😖

奥の院の正面から離れ、横に移動したら無事に写真モードに戻り…ホッとして1枚撮影させていただきました。

20190328
…が、多分、この境内にたくさんいる眷属の誰かが怒って、撮影をやめさせようとしたのでしょう。
挨拶もなく、いきなり正面の間近からカメラを向けて、失礼な行為であると…

これはもう何年も前から感じていたことですが、神社仏閣の建物や像などの写真を撮るのは、基本的に失礼な行為にあたるようです。

もちろん、写真を撮ったから神様が怒るということはなく、寛大に見てもらえますが、態度としては失礼なことなのだと感じています。
神様仏様が「カメラを向けられてるな…」とほんの少しだけ、気にされるような。
誰だって、いきなり知らない人からカメラを向けられたら嫌ですよね。

遠くから建物や境内全体を撮ったり、境内の外から鳥居を撮ったり…というのは、それほど問題はないのだろうと思います。

また、撮る前にきちんと「写真を撮らせてください」と心の中でお願いをして、1枚だけ撮影するなら良いのではないか…とも感じます。

私自身は、境内での写真撮影は最小限にしています。
撮影するなら、ご挨拶が終わった参拝後に、きちんとお願いしてから撮るべきだったのですが…雨で手が一杯でつい手抜きをしてしまい、こうしたお叱りを受けたのでした。

 

ランキングに参加しています。
少しでも多くの方に読んでいただきたく、1日1回の応援クリックをお願いします。


スピリチュアル ブログランキングへ


にほんブログ村

|

« 豊川稲荷東京別院・ダ枳尼眞天様からの新たなメッセージ | トップページ | 豊川稲荷東京別院に呼ばれての参拝 »