« 2018年10月 | トップページ | 2018年12月 »

2018年11月

2018年11月23日 (金)

除霊をしても無駄な理由

22

スピリチュアル情報のポータルサイト「TRINITY WEB」 にて、6本目のコラムが掲載されました。

今回のコラムのタイトルは、

「除霊をしても無駄な理由~波動を上げて、低級霊に憑依されない自分になる~」

無料ですので、ぜひお気軽にお読みになってくださいね。そして記事の左上(スマホでは記事の下)にある、「いいね!」ボタンを押していただけると嬉しいです。

私の記事の一覧は、こちらのページになります。
月2回程度更新していく予定ですので、宜しければブックマークをしていただけると幸いです。

今後とも、TRINITY WEBのコラムを、宜しくお願い致します。

ランキングに参加しています。
少しでも多くの方に読んでいただきたく、1日1回の応援クリックをお願いします。


スピリチュアル ブログランキングへ


にほんブログ村

|

2018年11月18日 (日)

感謝の感情を持つ練習が必要なこともある

神様方は、いつも「感謝が大事」と仰っていますが、それは感謝の感情の波動が、全ての感情の中で、最も高い波動を持つためです。

気持ちがどんよりしていた数か月前に、感謝の感情が湧いてこないな…と思う時期がありました。
例えば御札に手を合わせても、「守られて有難い」ということは頭の中では分かるのですが、あのふわーんとした感謝の感情が、なかなか心から湧き出てこないのです。

何かとイライラすることが多かったので、まるで心に上に重石が乗っているかのように、感謝の感情が出なくなっていたのでした。

感謝する対象は何でもいいのですが、例えば目の前にあるご飯や、人からの小さな親切に対して、すぐに心からの「有難い」という感情が湧いてくる状態は、かなり良い精神状態であると思います。

しかし、ネガティブな感情が続くと、高波動である感謝の感情が出にくくなることがあります。そうしたときは、感謝の感情を引き出す練習をしてみると良いと感じます。
思考や感情の持ち方は、癖になっている部分が大きいためです。


そこで、一度感謝の感情を引き出す練習をしてみました。
あのふわんとした感謝の感覚を思い出しながら、手を合わせて「ふんぬー!!」と気合を入れて、頑張ってみました。(正しいやり方か分かりませんが…)

何度かやってみると、少し感謝の感覚が戻ってきて…
その直後に、言い方は大袈裟かもしれませんが、至福体験をするというおまけまで得られました。


私は昔から何かの目標を追うことが好きなのですが、50代に入ったこともあり、最近はハッキリとした追う目標がないことに物足りなさを感じ、何かないかと手探りを続けていました。
先もあまり長くないと思うと、未来に希望を持ちにくい状態ですが、「でも、もっと何かできるのでは?」という気持ちも抱え続け、何となくモンモンとし続けていたのです。


…で、話は戻り、感謝の練習をしているとき…
youtubeで80年代の懐かしい音楽特集というのを何となく流していて、たまたま山口百恵さんの「さよならの向こう側」が流れたのです。

その優しく温かい波動に乗り…
突然、感情が一気に引き上げられ、自分自身を高い位置から見る意識状態になりました。
自身を客観的に把握することができたと同時に、強烈な感動が押し寄せました。

「私は全てを持っていた!
もう私は今のままでいいのだった。
これ以上何も手にしようとする必要はなかった!」


強い感動を共に、そのことをハッキリと「知る」ことができたのです。
あまりの感動に涙が流れ、その至福状態は一晩ほど続きました。

よく言われている、「自分自身は、完璧である」という奴でしょうか。
私の場合はそれと若干違いますが、既に色々なものを持っていて、それ以上は必要がないことを、このときに強く把握したのです。
それと同時に、自分の未来はこのように歩んでいく…という理想の姿も、一瞬にして把握することができました。


感謝の感情に意識を向けてみることで、高い意識から自分を見ることができました。
それからは、感謝の感情をスムーズに持つことができています。

余談になりましたが、感謝の感情を持つ練習が必要なときもある…というお話でした。

ランキングに参加しています。
少しでも多くの方に読んでいただきたく、1日1回の応援クリックをお願いします。


スピリチュアル ブログランキングへ


にほんブログ村

|

2018年11月14日 (水)

元旦の参拝について、氏神様に尋ねる

氏神様に参拝し、今回も色々なお話を伺いました。

そして最後に、初詣の参拝について尋ねてみました。
氏神様は小さな神社ではありますが、元旦になる深夜0時前から、かなりの人数が長い列を作るのです。

元旦に参拝する人は非常に多いですが、果たしてお願い事は聞いてくださっているのか?…と気になりますよね。


─初詣にはたくさん人が来ますが、そうした中でも、何かの効果やメリットはございますか?

「願い事を叶える点においては、申し訳なくも叶えるのは難しい。
たくさんの念がきますので、全ての言葉を聞き取ることはできません。

しかしながら、朝早くの参拝によって皆様にパワーを届けるようにしている。
深夜は例え大晦日、元旦であっても、願い事はおろか、何もして差し上げられません。
数多くの参拝者が訪れるのは、有り難く拝見していますよ。

かろうじて、1日の朝早く、…朝日が昇ってから、午前10時頃まででしたら大丈夫です。
朝早くでなければ悪いということではなく、力を与えられるのが、その時間ということになります。
おいでをお待ちしています」


─元旦は特別パワーが強いという訳ではなく、他の日と変わりませんか?


「間違いなく申し上げられることは、毎日お越しいただくことになります。
よって、ただ元旦だけ訪れたとしても、それほどまでには力を与えられません。
月に一度程度なら問題ございませんことを、最後に伝えさせていただきます」


例え元旦の0時ピッタリであっても、やはり暗闇の中の参拝では何もできないということでした。
いつもと同じように、朝日が昇ってからの時間の方が、パワーをくださるとのことです。

そして、初詣だけを行うよりも、定期的に参拝した方が、よりパワーを多くいただける…というお話でした。

ランキングに参加しています。
少しでも多くの方に読んでいただきたく、1日1回の応援クリックをお願いします。


スピリチュアル ブログランキングへ


にほんブログ村

|

2018年11月13日 (火)

平野山・高蔵寺(高倉観音)


20181113

夫とのドライブの帰り、千葉県の木更津市にある高倉観音(平野山・高蔵寺) に初めて寄ってみました。
本堂のご本尊様の観音様は、金色に輝き、とてもきれいでパワーがありました。

あまり時間がなかったので、ご挨拶だけにして、少しだけお言葉をいただけたら…と思ったところ、メモをしなかったため、お言葉を断片的にしか聞き取れず…。

かなり、色々とお話をされたい雰囲気が伝わってきたのですが、今回はお話を聞くことは諦めました。

断片から推測すると、「朝の参拝を望んでいること」、「参拝者にパワーを授けてくださること」を伝えたかったのでは…と思われます。
既に午後だったため、お話をしにくい面もあったかもしれません。

電車では少し行くのが大変ですが、機会がありましたら、ぜひ美しく輝く高倉観音様に、参拝されてくださいね。

境内のあちこちにいくつも像があり、長く過ごしても退屈しないのでは…と思います。


201811134


201811131


201811132

ランキングに参加しています。
少しでも多くの方に読んでいただきたく、1日1回の応援クリックをお願いします。


スピリチュアル ブログランキングへ


にほんブログ村

|

2018年11月 8日 (木)

亡くなった方は愛したペットと一緒にいられることもある

先日、父と妹のお墓参りに行ってきました。

前回のお墓参りのときに、妹が「温かいご飯のようなものが欲しい」と言っていたことを書きました。

私はおにぎり2個を作って温かい状態で持っていき(海苔は少なめ)、温かい物がいいのだろうと、母は近くで朝マック(月見バーガーみたいなものとホットコーヒー)を、夫は近くで牛丼を買って、墓前に持っていきました。
それ以外には、果物やゼリー、サンドイッチ、ポテトチップなど色々。

で、お坊様の読経の間に、お墓の妹にコンタクトを取り、今回も少し会話ができました。

「持ってきた食べ物はどう?」と伝えると、妹はしっかりとした感謝の念を伝えてきました。

そして父や他のご先祖様も含め、どうもすべての食べ物の中で最も喜ばれているのは、どうやらおにぎりであることが分かりました。

やっぱり、白いご飯が一番喜ばれるみたいです。日本人だからでしょうか…
特に湯気が出ている炊き立ての状態が、ベストなのだろうなと思います。

しかしご飯だけではなく、お肉や甘い物も、適度にあった方がいいとのことでした。


…そして、妹が「チビといる」と伝えてきたのです。
記載しませんでしたが、前回の参拝で、妹は「犬と遊んでいる」と言っていたのです。ただ、どの犬かまでは分からず…

「チビ」は、10年以上前に老衰で逝去した、実家で飼っていた犬です。
子犬のときに妹がどこかからもらってきたため、妹がチビの主人のようになっていたのでした。

妹とチビが、仲良く楽しそうに寄り添っている映像が浮かびました。

ああ…強い絆で結ばれていると、死後は亡くなったペットと一緒にいられるのだな。
動物は別世界に行くと思っていたので、とても意外に思いました。


私は、とても愛したセキセイちゃんたちが、5羽以上います。
もし死後に会えるのなら本当に嬉しいけれど、守護者の話だと、鳥は人間とは違う別世界へ行ってしまうとのことでした。

確かに、セキセイの死後一週間程度は近くにいるのが分かるのですが、その後は一切コンタクトが取れなくなります。

猫や犬だと、また違うのでしょう。
自分の死後に愛したペットと会えるなんて、ちょっと嬉しく思えますよね。

ランキングに参加しています。
少しでも多くの方に読んでいただきたく、1日1回の応援クリックをお願いします。


スピリチュアル ブログランキングへ


にほんブログ村

|

2018年11月 7日 (水)

タロット占いが、当たるようになる極意とは?~卜(ぼく)術はすべて、高次元からのメッセージ~

21

スピリチュアル情報のポータルサイト「TRINITY WEB」 にて、5本目のコラムが掲載されました。

今回のコラムのタイトルは、

「タロット占いが、当たるようになる極意とは?~卜(ぼく)術はすべて、高次元からのメッセージ~」

無料ですので、ぜひお気軽にお読みになってくださいね。そして記事の左上(スマホでは記事の下)にある、「いいね!」ボタンを押していただけると嬉しいです。

私の記事の一覧は、こちらのページになります。
月2回程度更新していく予定ですので、宜しければブックマークをしていただけると幸いです。

今後とも、TRINITY WEBのコラムを、宜しくお願い致します。

ランキングに参加しています。
少しでも多くの方に読んでいただきたく、1日1回の応援クリックをお願いします。


スピリチュアル ブログランキングへ


にほんブログ村

|

2018年11月 1日 (木)

鹿島神宮・奥宮の神様からのメッセージ


20181030_1

前回の続きです。
鹿島神宮 の本殿で、タケミカヅチノオオカミ様からたくさんのお言葉をいただいたあと、奥宮に向かいます。

お言葉をくださったのは、女神様でした。
ほっそりとしていて非常に長い黒髪を持ち、三ヶ所ほどとがった金の冠を頭に乗せ、巫女さんのようなお姿です。
上の白いお着物の下は、何枚か重ねて着ているようで、下の裾から何層かのパステルカラーのような色が、何色か見えています。

「あなたの噂は伺っております。
たくさんのメッセージを伝えるのは難しいですが、ひとつだけお伝えしておくと、願い事についてです。

またとない会話を通してお伝えしたいのは、大変ご熱心にいくつかの願い事を伝えていかれるのですが、結局のところ、叶えるのは他でもなく、本人のパワーによるものとなります。

結局は、毎朝参拝されたとしても、ご本人が何もしないのでしたら、願い事は叶わないのですよ。
今まで様々な人間が参られましたが、数多くの願いを叶えることを求められても、本人が動かない訳ですから、叶う訳がないのです。

立派に願いばかりを申し上げてきたとしても、本人にとって、さほど大事ではない願いばかりのように感じられる。

願い事には数々の種類がございますが、いかにしてあなた方が頑張って動くかにより、叶うものと叶わないものに分かれます。
願い事というのは結局のところ、あなた方がどれほどドラマチックな生きざまを記すかの、バロメーターにございます。

しかしながら、結局のところマイナスの心からそうした願いが生じる訳ですから、穴のあいた袋から水が流れるごとく、可能性を封じ込めてしまうだけになるのですよ。

私はこれほど素晴らしくも、大層なメッセージを手向けたことはございませんので、本日はかのような話をお伝えいただけるとのこと、改めて感謝を申し上げる次第です。
憎からず、様々な言葉を手向けたことはございますが、これほどまでに長く伝えたことはありません。

願い事については、申し上げた次第です。ふつつかながら、よく書き留めてくださっていますので、もうひと言付け加えておきましょう。

願い事を叶えるために必要なことは何かと申し上げますと、ただひとつだけ、ご熱心な心となります。
それ以外には、何ひとつ必要はございません。
それによって元気が出て活力が増し、エネルギッシュに活動できるのです。

ネガティブな気持ちを(拝殿などで)長く伝えているようでは、ますますマイナスの気が高まってしまうでしょう。
ですから、我々からはもっと元気に明るい気持ちを持って、参られていただきたいとお願いしておく次第です。

もう少し申し上げると、相応しくない者は、はなから人様に重苦しい感情を突き付けてきます。
しかしながら、それでは更に状況が悪化してしまうでしょう。マイナスエネルギーは、そのような性質を持っているのですよ。

はなから人様に悪い心を向けていては、決して明るい未来は訪れません。
エネルギーの質を考えた上で、頑張っていただきたいと願っております。

申し訳なくも、まだございます。
一生懸命、何かに取り組んで結果が出なかったとしても、大丈夫と申せます。
何故かというと、遥かなる世界において、そのような頑張ったことは、明るさと共にあの世に蓄えられるため、あなたの運勢を高めると申せるのです。

すべての事柄について申せることですが、何ひとつ無駄な努力はございません。
要するに、ただだらけて過ごすよりも、遥かに良いと申せます。

私からは以上になります」

─有難うございます。女神様でしょうか?

「そのように考えていただいて、問題ありません。
大した者ではございませんが、いつしかこちらに住まわり、人様のメッセージを伺い続けています」

このように、鹿島神宮の奥宮には、優しい雰囲気をお持ちの女神様がいらっしゃいました。
お言葉を選ばれるために、時々しばらくお言葉が途切れるのが、印象的でした。

こちらの女神様にも、ぜひご挨拶をされてみてくださいね。

ランキングに参加しています。
少しでも多くの方に読んでいただきたく、1日1回の応援クリックをお願いします。


スピリチュアル ブログランキングへ


にほんブログ村

|

« 2018年10月 | トップページ | 2018年12月 »