« 成田山新勝寺の仁王様からのメッセージ | トップページ | 鹿島神宮の本殿の神様からのメッセージ »

2018年10月30日 (火)

成田山新勝寺・聖徳太子堂からのメッセージ

20181029


前回の続きです。

成田山新勝寺 の本堂で、仁王様からメッセージをいただき、本堂以外でお話をするのに良い場所として、仁王様に「聖徳太子堂」をご紹介いただきました。
「本堂の右側にある三角形の屋根の建物」とおっしゃり、行ってみると、この「聖徳太子堂」があったのです。

聖徳太子堂は、時折参拝者が訪れる程度で、静かです。
手を合わせて挨拶をしたあと、階段を下りるときに、「右へ行って」と頭の中に入ります。
見ると、斜め右に木陰があったので、その木陰に入ってスマホでメモの用意をします。


「感謝を述べる。私たちには複数の者が守りを固めており、熱心な信者のみを応援している次第です。
みすぼらしい者も存在するが、相応しくも立派な者も、数多く存在しています。

決してこのような会話は行わないのですが、貴重な場として使わせていただきたく思います。
数々の人間から、様々な言葉をいただき続けたが、皆様の様子を拝見している次第では、まだまだ相応しくない存在がたくさんいるようです。

相応しい者とは、自らの力を使って頑張る人間になります。
結局のところ、私達ができることとしては、願い事を叶えるよりも、人間として元気に明るく活動できるようにする他にございませんことを、この場を借りて伝えたいと存じます。

相応しい者の方が、立派に頑張っていますので、願い事が次々と叶うのですよ。
遥かなる日々には、多くの相応しくない重苦しい存在が企みを持って存在していますが、大して我々には影響を与えません。

日頃から、いくつもの会話をされているようですね。あなたには数々の守りがありますので、これといって話すことはございませんことを、お伝えしたいと存じます」

─どのような方でしょうか?お名前は…

お言葉をくださる方のお姿は分かりませんが、女性というイメージがあります。

「遥かなる遠い星から参り、現在こうして、この地を見守り続けています。
願わくは、名乗りをあげるのは勘弁していただきたい。
世界にはたくさんの者たちが存在し、限りない人々の人生を見守っております。

せっかくの機会ではございますが、愛と感謝をお忘れになりませんことで、数多くの願い事が叶うと申せます。
願い事というのは、せっかちに叶えるのではなく、大切なエネルギーを上手に回すことによって、手に入れられるものなのです。

久しからず、れっきとした人間との会話を、大変貴重な場として使わせていただきました。またとない時間を有り難く申し上げます。

もう少し話させていただくと、相応しい人物とは、ただにぎやかに日々を送っているのではなく、大切な物事を少なくても大事にする人になります。
まだ相応しい存在が少ないようですので、朝早く起きてエネルギーをためて、頑張っていただきたい。皆様にはこれにて話を終了させていただきます…

まだあります。すべてを投げ打って頑張るのではなく、貴重な自分の人生を振り返りながら生きてみましょう。
相応しくない者は、時間を面白おかしいことに費やしてばかりで、決して大切な物事に力をかけないのです。
まっとうなエネルギーをお持ちでいらっしゃるのですから、元気よく進んでください。

エネルギーとは、たくさんのホコリをかぶっていては、使いものになりません。少しずつでも払いのけてくださるようにお願いしたいと存じます。
複雑な物事に囚われるのではなく、愛と感謝があれば宜しいのですよ」

─人の役に立つために動く、ということについてはいかがですか。

ここで、ふと思いついたことを質問してみます。

「明るく笑顔で取り組む分には、問題ありません。
たくさんの人たちを助けたからといって、自分自身が楽しくないのであれば、それはまったく無意味なのですよ。
感激することが人生の醍醐味なのですから、意味のない毎日になりませんよう、積極性を持ってお過ごしいただけますように。

困ったときにお越しくだされば、願いを叶えて差し上げます。しかしながら、ただ話したいという理由では、お越しくださっても何もしてあげられません。

大層な願いを持たれていても、自分から何もしないのであれば、結局のところ何も起こりません。
いつも熱心にサイトばかりご覧になっていても、まったく影響はないのですよ。
自分の足を使い、色々なところへ出かけてみなさい。そうしなければ、願い事は叶わないでしょう。

常日頃から、マイナスなことばかり目にされることも同様ですよ。熱心に頑張ってくださることが、我々の願いです。

正直なところ、複雑な可能性を秘めた人間にとって、最も優れていることといえば、愛されているということになります。
たくさんの人間にではなく、たった1人の人から愛されるのであれば、それが素晴らしいことであるといえます。

愛情に飢えているのでしたら、自分から色々な人や物事に、温かい心を注いでみなさい。たったそれだけで、状況がはるかに良くなり、変わっていくはずです。
そろそろ終わりにします」

─有難うございます。最後に、こちらは熱心な信者のみを応援しているとのことですが、他の人はいかがですか?

「はるか離れた場所から訪れる分には、問題なく話を聞いて差し上げる。

またとない機会だから申し上げておくが、ただ可愛いからといって人気が出るのではなく、人情にあふれているから好かれるのです。
それをお間違えにならないように。感謝を申し上げる」

切れ目なく次々とお言葉を投げかけてくる、お話好きで頭の回転の速い方でした。
非常に豊かな内容の、たくさんのメッセージをいただくことができました。

成田山新勝寺にお越しの際には、ぜひ聖徳太子堂にも手を合わせてくださいね。

ランキングに参加しています。
少しでも多くの方に読んでいただきたく、1日1回の応援クリックをお願いします。


スピリチュアル ブログランキングへ


にほんブログ村

|

« 成田山新勝寺の仁王様からのメッセージ | トップページ | 鹿島神宮の本殿の神様からのメッセージ »

寺院」カテゴリの記事