« お盆のお墓参りにて | トップページ | 感謝と愛の感情は、低級霊を遠ざける »

2018年8月23日 (木)

霊感が強いと高次の存在の守りは不可欠なものとなる

ネタがあるから書き続けているこのブログですが、書き続けて約2年間、はからずもその間に、ますます霊感が強まってきていたようです。

本来霊感なんてイラネと思っている人間で、今も要らんと思っています。弱めたいので、最近はできるだけ使わないように意識しています。守護者に話しかけることも、ほとんどしないようにしています。

ブログ更新を休んでいる間…以前も少し触れましたが、部屋の状態が凄いことになっていました。
色々な神様が心配してくれ、その少し前から詳しい内容の助言をしてくださっていました。
それから約2カ月経った今、お陰様ですっきりした元の状態に戻っています。


神様方のお話によると…数か月前に気分がどんよりしていた時期があったのですが、そのネガティブな気に、霊感を使った会話に乗って低級なものが部屋に入り、部屋に御札などがあることが逆にそれらを養生することになり、巣窟のようになってしまったようです。

霊感が強まっていることで、「こいつは分かる」ということに気づかれ、低級霊が連鎖的に入ってきていたようです。憑依され続け、体調も重くしんどい状態が続いていました。

氏神様に通ってアドバイス通りに朝と夕方空気の入れ替えをしたり、塩を盛ったり鈴を鳴らしたり祝詞を唱えたりしても、まったく効果がありませんでした。
プロの方が唱える祝詞をyoutubeで流している間はおとなしいのですが、終わるとホッとするかのように、またドヨドヨとしてきます。

そうした中、まずは新しく浅草寺の御札を、次に成田山新勝寺の御札を入手して部屋に飾ったところ、驚くほど部屋の中がスッキリして、何もいなくなったことが分かりました。
2つの御札は「離して置けば大丈夫」というメッセージをいただいたので、50センチくらい離して飾っています。

部屋がすっきりした後も、憑依されている感覚は続いていたのですが、朝夕と各御札に手を合わせて祈ることで、その感覚は日に日に弱まっていきました。

また、こうした原因を作ったのは自分のどんよりとした鬱屈した感情でしたので、できるだけ外に出て、エネルギーを発散するように努めました。それが、最も大事なことだったと思います。

一度新橋に行ったときに、憑依された状態で悪いと思いながらも、烏森神社の神様に「部屋を浄化するには、どうすれば良いか」とお尋ねしたところ、「部屋ではなく、あなた自身に原因がある」と教えていただいたのです。

それを聞いて、そうか!と希望が見えてきました。部屋ではなく、自分の精神状態を変えればいいのですから。

霊感が強くなると、低級霊の存在も強く認識するようになり、油断をしていると強く影響を受けるようになります。憑依などに気がつかなければ、自然と離れていって、それほど深刻なことにはならないと思います。
ですから結果的に、霊感が強まるほど、高次の存在からの強い守りが必要であることを実感しました。

霊感がほとんどなかった30代前半までは、神社すらほとんど行っていませんでしたが、いつも前向きに頑張っていたので、自分で言うのもなんですが、運は良かったと思います。ただ前向きに頑張っているだけで、守られていたのだと思います。

しかし今の状況となっては、朝晩の守護者への丁寧な挨拶とともに、神社仏閣へ足を運ぶことも必要なことになっていると感じます。それと同時に、ネガティブな感情を持つことを極力控え、常に意識を高めることも必要です。

もしかしたら、それらを生涯続けていく必要があるのかもしれません。それも何かのラッキーを求めるためではなく、自分自身の身を守ることを前提として。

ランキングに参加しています。
少しでも多くの方に読んでいただきたく、1日1回の応援クリックをお願いします。


スピリチュアル ブログランキングへ


にほんブログ村

|

« お盆のお墓参りにて | トップページ | 感謝と愛の感情は、低級霊を遠ざける »

スピ的思考」カテゴリの記事