« 2018年2月 | トップページ | 2018年4月 »

2018年3月

2018年3月31日 (土)

伊勢神宮・内宮の神様との会話

 

201803293

前回の記事の続きです。

伊勢神宮の外宮に参拝した後、すぐに内宮へ行きました。バスのタイミングも良く、外宮を出てから15分程度で内宮に到着。
それにしても、凄い人出です!桜が満開の時期で春休みというレジャー日和、それも既にお昼過ぎなので、今まで来た中で一番の混雑のように感じました。外国人もかなり多いです。

内宮に入って人の列に紛れて歩き、もう少しで正宮の前の階段に着く…というとき、こちらの神様とつながった感覚を受けました。

あっ、と思っていると女神様からのお言葉が入ってきましたので、道の端の方に行き、足を止めてメモします。
このときは天照大御神様からだと思っていたのですが、今にして思うと一年前のイメージよりも弱い感じがするため、他の女神様である可能性が高いと思います。

「あろうことか、にぎわいの最中にお越しいただけるとは…」

明らかに、困った…というようなニュアンスでした。

「世界中の者たちが、この地に参られます。仕方なくもにぎわいを見せているが、この地にとって決して喜ばしいことではありません。何故なら、相応しいものが少なく、大それた複数の願い事ばかり伝えてくるためです。

朝早くから(家を出て)お越しくださったことを有り難く思います。しかしこのような有り様ですから、かろうじて言葉を伝えることが難しい。

ありふれたメッセージではつまらないだろうから、複雑な言葉を選びたいところだが、このような状態では何もできません」

まだお言葉が続きそうでしたが、とにかく正宮へ行こうと歩き出し、正宮前の階段を上ります。

正宮では、たくさんの人たちが10列近くにふくらんでいて、賽銭箱の前で次々と手を合わせていきます。

私の番になって手を合わせます。1年前の参拝では、3度の挨拶で3回とも白い帳が全開になったため、今回もちょっと期待していたのですが、少しふわっと浮いた程度でした。

横の方に出て、大祓詞を唱えたあと、ノートとシャーペンを用意して、天照大御神からのお言葉を待ちます。

正宮のそれほど高くはない上の方に、赤い袴をつけた巫女さんに近い恰好をした女神様が、大きくふんわりと浮かんでいる様子がイメージできました。
ただ、くっきりハッキリ視える訳ではないので、私の脳内で作り上げたイメージかもしれません。
また、この方が天照大御神様であるかどうか、はっきりとした確信は持てません。
このときは天照大御神様と思い込んでいたため確認しなかったのですが、今にして思えば、前回よりもお言葉の響きが弱い気がします。


少しして、お言葉が入ってきました。

「まったくもってこの人出は、混雑することがエネルギーよりも力が強く、まことしやかに疲れている次第です。
願わくは、もっと人が少ないときにお越しいただきたい。そうしなければ、不確かな存在によって慌ただしくかき乱され、これといって何もして差し上げられません。

もう少し数々のパワーを持ってお越しくだされば、願いを叶えて差し上げられるでしょう。少なからずこうした場所によるエネルギーの高さを分け与えて差し上げられたが、今日は難しいと言わざるを得ません。

しばらくたくさんの人たちが訪れますので、まだもう少し待っていていただきたい。申し訳なくも、明るい気持ちを携えてお越しくだされば、大きなエネルギーをあげられます」

─参拝者は減らないですよね、境内のパワーは落ちているのですか?

「そのようなことはありませんゆえ、願い事をひとつ叶えて差し上げましょう」

ここでまた、すぐに願い事が浮かびません。こまごましたことをお願いするのも違うかなと思い、「楽しく健康で過ごせますように」という漠然としたことと、「後で買ってきたお札とお守りを持ってくるので、それにパワーを入れてください」ということをお願いします。

神様に「願い事を叶えましょう」と言っていただいたときに心の中でお願い事を伝えると、東京大神宮の天照大御神もそうでしたが、私の方に一瞬ぐっと接近される感じになります。「しっかりと聞きますよ」と集中される感じです。

かといって、複数の神社でそのように伝えた願い事が、すべて叶っているという訳ではありません。

お相手をしてくださったのは有難いことですが、混雑のため1年前のように分かりやすく歓迎してくださっていない点が、ちょっとがっかりしました。(1年前も何故歓迎されたのか、未だに謎ですが)

「また来ます」と言ってお辞儀をして一度離れ、次は荒祭宮(あらまつりのみや)へ向かいます。

次は、荒祭宮でいただいたメッセージを記載します。

ランキングに参加しています。

少しでも多くの方に読んでいただきたく、1日1回の応援クリックをお願いします。


スピリチュアル ブログランキングへ


にほんブログ村

| | コメント (1)

2018年3月30日 (金)

伊勢神宮・外宮の神様からのメッセージ

201803291

日帰りで、約1年ぶりに伊勢神宮へ行ってきました。朝晩手を合わせている自宅のお札の購入から一年経つので、新しいものを購入することが最大の目的です。
片道6時間かかるため、朝6時に出て、どうしても到着がお昼近くになってしまいます。

伊勢神宮で心配なのは、もし神様からお言葉をいただいたとしても、スマホではメモをしにくいということでした。正宮のところには写真を撮影しないように見張っている警備の方がいますから、スマホを出して何かやっていると注意されるのでは…と思ったのです。

そのため、ノートとシャーペンを持っていきました。外宮でも内宮でも、正宮の前ではノートを持ってお言葉を急いで書き留めました。
比較的人が少なめの外宮の方では、警備員が不思議そうに見ていましたが、注意されることはなかったです。
もし何か言われたら、「浮かんだことを書き留めてます!」とか言おうと思っていました。

このように、急いでほとんどを平仮名で書いた、きったない字・笑

20180329

まずは外宮に参拝しました。

ブログに掲載するお言葉をいただきたいということを、挨拶で伝えます。賽銭箱の前の白い帳が開くか少し気にしていましたが、手を合わせている間にバタバタしだして全開になり、嬉しかったです。その後に、端の方で大祓詞を唱えます。

すると、黒くて長い烏帽子をかぶり、お着物を着た、少しふっくらとした男性の神様が浮かびます。お着物は白か色があるかハッキリしませんが、多分全身が白であると見受けられました。

少し後ろへ移動してお言葉を待っていると入ってきたので、ノートに書き留めます。

「もっと早くおいでにならなければ、何もして差し上げることができません。
しかしながら、朝早く出てこのくらいの時間であれば致し方なく、メッセージを手向けたいと存じます。

我々にとってこの国の大層な女神様のために、朝昼晩と食事の支度に追われています。そのことによって、我々にとっての素晴らしい活力を生み出すことにつながり、元気一杯の日々を届けることができています。
まかないには素晴らしいパワーを込めて届けておりますゆえ、きっと満足できる味わいを届けることができるでしょう。

我々のところへ参られる者たちにとって、少しばかり大層なエネルギーを分けてあげるように努めています。せっかくなので、か弱い心を持つそなたにも、力一杯のパワーを差し上げたいと存じます。

有難くもこのようにメッセージを届けていただけることは、そうそうありませんので、これを機に述べさせていただきたいと存じます。
ある晴れた日に多くの者がこのように訪れ参るが、もう少し礼儀正しい素行を心がけていただきたい。かもなくば、決してエネルギーを与えることができませんので、それについて考えておくようにしなさい。

朝早い方がもっと力を込めて伝えられるのだが、今となってはこれが精一杯となります。不思議な力をお持ちですので、たくさんの人たちに力を分け与えてくださることを願っています」

─主神(豊受大御神様)でいらっしゃいますか?

「そのように考えてくださって大丈夫です。願わくは、新しいやり方を身につけて訪れてください」

一般的には女神とされているようですが、お相手をしてくださったのは男性神です。

─ここは願い事を叶える場ではない?

「そのようなことではなく、明るい気持ちを宿すようにしている。ことのほか、活発なパワーを与えています。仕方なく参られるのではなく、楽しい気持ちでいらしていただきたい」

─有難うございました。

次にメインの内宮へ行くので、こちらは早めに切り上げることにします。

「達者でな。またいらしてください。力の限りサポートしますよ」


このように、外宮の主神様に温かく迎え入れていただけました。

一年前のブログを読むと、まだあまり聞き取りができなかったため、外宮ではほんの一言のお言葉しかいただけてなかったのですね。それでも嬉しかったのを覚えています。

その後に内宮へ向かいます。その続きは次回以降、3回くらいに分けて記載します。

ランキングに参加しています。

少しでも多くの方に読んでいただきたく、1日1回の応援クリックをお願いします。


スピリチュアル ブログランキングへ


にほんブログ村

| | コメント (0)

2018年3月26日 (月)

幸福とは状況ではなく心で決まる

高次からのメッセージを、ここで一年半ほど記載し続けていますが、相変わらず「胡散臭いことをやってると思われているだろうな」と思いつつ、続けています。
どうもできるようだから、そして意外とできる人はそれほどいないようだから、取りあえずやっている…という感じで、ここまで来ました。

もともと、こうしたことにそれほど興味はありませんでした。霊感が発達する最中も苦しいばかりで、いつも霊感が消えるようにと願い続けていました。
それが叶うことはありませんでしたが、つながる存在は高次ばかりとなり苦しむことはなくなったので、ここまで来ると、まあ良かったなのかな…と思います。

この能力も、ずっとあるとは限りません。なくなればこうしたブログも書かなくなり、以前と同じ生活に戻るというだけで、特に不便もありません。
神仏や守護者と会話ができなくなるのは寂しいですが、今までずっと行っていたように、タロットカードを使って助言を得ることはできますから。


見えない世界にまったく意識を向けなくなると、どうなるだろう…と想像してみたとき、あることに気づきました。かなりの空虚感が出るということです。

見える世界にだけ意識を向けることで、多くの人間は目に見える物事だけを通して、自分自身を高めたり、高く見せようとしたりするでしょう。

例えば学歴であったり、積み上げられたたくさんのお金であったり、何かの賞であったり、「こんなにたくさんの何かを達成している」という数字であったり、「こんなにすごい会社で仕事をしている」というレッテルだったり、すごい物を持つことだったり、すごい人と知り合いだということだったり、Facebookの友人の数がすごく多いということだったり、外見を必死に磨くことだったり…

自分を高める要素が、主にこうした要素だけになってしまうということです。こうした目に見える部分を立派にすることに必死になり、「自分は立派である」という安心感を得ようとするのです。


上記のものをどれだけ重ねても、
家族や友人を思いやる温かい気持ち、人への誠実さ、感動の心など、心が持つ幸福感や豊かさにはまったくもってかなわない。

いわゆるスピリチュアルという世界に片足を突っ込んでみて、それが心から実感できるようになったのは、私にとっての大きな幸運でした。
まあ、単に年を取ってきたからだけかもしれませんが。


ランキングに参加しています。

少しでも多くの方に読んでいただきたく、1日1回の応援クリックをお願いします。


スピリチュアル ブログランキングへ


にほんブログ村

| | コメント (3)

2018年3月23日 (金)

守護神たちは、友好目的で地球にやってきている

 

現在、絶賛鑑定中です。

以前も記載しましたが、守護霊様メッセージ鑑定のご依頼者が男性の場合、そして守護者様が男性の場合は、女性の場合に比べると厳しいメッセージになることが多いようです。
そのため、ご依頼者も守護者様も男性の場合、かなーり厳しいお言葉になることが多いです。

受け取ったメッセージは、私へのお言葉など不要な部分だけをカットし、ほぼそのままお伝えしています。ですから、読んで重い気分になる方もいらっしゃるかもしれません。

しかし、男性の場合は半数程度の方がかなり厳しいお言葉となっていますので、それを踏まえて安心していただければ幸いです。
社会的にも魂的にも素晴らしい男性になって欲しい…という、守護者様の願望の表れであるといえるのでしょう。

それにしても、守護神様たちは皆口をそろえて、「遠い星からこの地(地球)に降り立った」とおっしゃいます。
そのままの姿では地球人に驚かれるらしいので(醜いらしい?)、好きな神様的な恰好を選んでいるのだそうです。お姿を自在に変えることもできるようです。
そして、好きな人間や気になる人間を選び、守る役割をされているのだとか。

もしかして、地球侵略…?なんていぶかしい気持ちになったとき、私の守護神が教えてくれました。

「そう思われるのもごもっともですが、地球には争いがあるためそうした部分を良くするべく、友好目的で来ています」

…ということでした。

今までは知る由もなかった、面白くも不思議ことが多いのだなあと思っています。



ランキングに参加しています。

少しでも多くの方に読んでいただきたく、1日1回の応援クリックをお願いします。


スピリチュアル ブログランキングへ


にほんブログ村

| | コメント (1)

2018年3月20日 (火)

神仏に頼りすぎるとむしろ運は悪くなる

次回のメール鑑定受け付けは、3月22日(木)に予定しています。←締め切らせていただきました。有難うございました。

ご希望の方はこちらの鑑定ページの青い文字の注意書きが消えましたら、メールを送っていただきますように宜しくお願い致します。

さて、タイトルについてです。

私は数か月前まで、何となく運が良くないな…と感じる小さな出来事が、最近多いなと感じていたんですね。
例えば信号で赤が多いとか、大したことではないのですが。

神社参拝後に入ったカフェで、ホットドッグを頼んだときのことです。
注文したのが届くと、ソーセージの上に乗せる玉ねぎのみじん切りはあるのですが、ケチャップがありません。
あれ、ここはソーセージの味が濃いか何かでケチャップをかけないのかなと思ってちびちび食べていると、別の女性が注文したホットドッグには立派なケチャップとマスタードをセットで持って行ったので、忘れられたと気づいた訳です。

店員さんに伝えると、謝罪されてすぐに持ってきてくれたのですが、頭の中では怒り心頭。そしてケチャップをかけるとすごく美味しかったので、大きな損をした気分で、ますます頭に来ていました。

アホみたいなことなんですが、ケチャップではなく「自分の運の悪さ」に物凄く頭に来ていたんです。

そこで気づいたのは、自分の中に、「これだけ神社仏閣を巡り、こうして無償でお言葉をブログに記載までしているのだから、運が良くなっていて当然」という、甘えの気持ちがあったということでした。

神仏が、自分の運を良くしてくれているはず…という依存心があったのです。
結果的にそれが、自分の運気を下げていたことに気がついたのでした。


たくさんの神社の神様や、読者様の守護神様との会話を通して感じたことは、どちらもそれほど人間に対して、せっせと手出しはしてこないということです。
見守っているだけ、もしくは精神的な波動を少し高め、元気を与えてくれるだけだと感じます。また、大きな危険から回避させるような場面もあるでしょう。
もちろん、具体的な願いを叶えてくださる場合もありますが、懇意にしてくださっている場合など、ある程度特殊な例のように思います。

結局、自分の運気を上げていくのは、そして自分の人生を作っていくのは、自分自身です。

自分の波動が上がれば、気持ちが明るく前向きになり笑顔が増えて、行動力も旺盛になる。そのために、結果的に恋愛や仕事が上手く流れるようになるのです。
神仏は、その波動を少し上げてくれるということが、主な役割なのだと感じます。

守っている人が低級霊に憑かれている場合も、多くの守護神様は少し離れたところから見守っているだけで、祓うことはされないようです。
低級な存在が憑くことや離すことに関しても、結局は自分の波動を自分でコントロールするという、自己責任であるといえるのです。

自分の足で進む覚悟を持つことが、本当に自分の人生を良くしていくことにつながります。その上で、「頑張りますので、そのサポートをしてください」という気持ちで神仏に頼ることが、ベストのように思います。

神様にどっぷりと頼れば運が上がりますよ~!と甘いことを書いた方が人気が出るのは十分承知ですが、嘘は嫌いですので、今の段階で分かったことを書かせていただきました。

  

ランキングに参加しています。
少しでも多くの方に読んでいただきたく、1日1回の応援クリックをお願いします。


スピリチュアル ブログランキングへ


にほんブログ村

| | コメント (3)

2018年3月15日 (木)

今月の千葉神社の女神様からのメッセージ

 

20180315

一か月ちょっとぶりに、千葉神社へ参拝し、2階の拝殿にて、いつもの女神様から大変多くのメッセージをいただきました。

かなり長くなりましたので、私自身についての部分など一部を省略して掲載します。

「苦しゅうない。朝早くからの参拝に感謝を申し上げます。つかぬことをお伺いするが、このような毎日において、もう少し頻繁に参られることは出来ぬものか。

常日頃から我々は、明るく快活な人間が訪れることを願っています。仕方なくも色々な人間が訪れ、容赦なく境内を引っ掻き回して汚していく。我々から見ると、立派で真面目な参拝者がもう少し増えることを願っています。

はるか遠くから舞い降りてこの地を守っていますが、きちんとした存在は申し訳なくも、あまり訪れていません。よって、まだこのように神社の中のエネルギーが満足いく状態になっておりません。

申し訳なくも立派なお着物を着用され、礼儀正しく参られていただきたい。私たちには参拝者からパワーをいただくことが義務となっておりますので、きちんと参られるようにお願いしたいことを伝えたく思います。

私どもには大層なエネルギーがありますので、お越しの際には少し明るさを取り戻されるはずです。さもなくば、れっきとした力を宿してお帰りになることができるでしょう。大層なことは申し訳なくも行えませんが、まだまだ頑張って力を蓄えていく次第です。

前もって伝えていただきたいのは、朝早くからの参拝でなければいけないということはなく、もっと明るくお越しいただければ幸いです。ふつつかながらもきちんとしていらっしゃるのであれば、願い事を叶えて差し上げますよ。

理由は何であれ、不確かな者にはたくさんのパワーを費やさなければなりません。仕方なく行うのではなく、礼儀正しさを忘れず、毎日の役割をこなし続けていく所存です。

忘れてはならないのは、正式な参拝でなければ叶えられる訳ではなく、もっと大層な力を宿して参拝されることの方が大切です。大層な願い事ではなく、少しの願い事なら叶えて差し上げますよ。
皆様には分け隔てなくパワーを与えておりますが、ますますの力を宿してお越しになっていただければと思います。

礼儀正しさが必要ではあるが、もっと大事なのは携えているパワーの量になります。申し訳なくも、日に日にエネルギーが枯渇されるようではいけません。たくさんのパワーを従えて訪れていただければと願っています」

─参拝前のパワーを高めるための、目に見える具体的な方法はございますか?

「我々には、朝早くからの参拝が不要なことは申し上げました。もうひとつは、明るい波動のようなもの、感謝の心が大切であることは毎度お話しております」

─感謝は、何に対する感謝の心でも大丈夫ですか?

「レベルの高さがございます。最も高いのは、私たちに対する感謝になり、その次には毎朝捧げる身近な存在への感謝…」

─家族に対してですか?

「もっと広範囲の者たちです。周りにいるすべての人たちに対して。
最後には、日頃からの行いへの有難い心になります。そうしたことから、道が開けていきます。
もう少し述べておくと、日頃から日常における役割をしっかりと果たすことが、重要になります」

─掃除や料理はいかがですか?

「そのようなことも含めて、ただブラブラと時間を潰すのではなく、もう少し頑張ってみることです。
要するに、人様に役立つ行為をどれだけ行えるかが、鍵になります。たった一人に対してさえ、笑顔と安らぎを与えられるのであれば、それが我々から見ると素晴らしいことなのですよ。
常日頃から頑張っていらっしゃるのでしたら、礼儀正しく振る舞わなくとも、我々は微笑んで力を与えましょう」

─力を与えるということは、精神的に元気になれるということですよね。もっと具体的な願い事を叶えるのは難しいのですか?例えば、縁結びなら良い人に強引に出会わせるとか、病を治す、良い仕事が入るなど…。

「そうした願い事には、深い部分にある欲深さがありますでしょう。ですから、叶えるのは困難なのですよ。申し訳なくも、大層な力を宿していただくことが、我々の役割となっています。
毎日の連絡事項を大切にしなくては、出会いは得られませんね。我々は、そうしたことがちゃんとできるようにお手伝いすることになっています。ただ良い人を連れてくるだけでは、また元に戻ってしまうでしょう。ですから、叶える必要はないといえるのですよ

2つのメッセージをお伝えします。毎日の日課に明け暮れるだけでは、エネルギーが浪費され、立派な役割を果たせません。ですから、毎日ただ用事をこなすだけではなく、たくさんの方法によって雑事を切り上げ、それ以外のことに着手してみてください。

もうひとつは、パワーを高めるために、日頃からの行動を見直し、楽しく人生を歩んでみましょう。決してたくさんのことをこなせば良いというのではなく、確実に嬉しさを感じられる物事から取り組んでみてください。

大層な力を宿すためには、毎日快活に過ごすことが必要です。エネルギーには良質なものを取り入れることが大切です。日頃から付き合う人をある程度選んで、楽しい気持ちになれる人と交際するようにしてください。

最も大切なのは、明るく快活な力、ただそれだけになります。ふつつかながらもこうして会話をしてくださるのは、大変なことであり、我々には貴重なことなのですよ。有り難く申し上げます」

─精神世界に入りすぎることについて、どう思われますか。神様との会話も含め、霊感を高めることを求めるなど…。

「私から申し上げておきたいのは、立派な役割を果たしているのであれば、あえて神社に行かなくても幸せになれるということです。
毎朝手を合わせる行為も大切だが、そればかり行っていては、申し訳なくも立派な日々を過ごせません。もっとたくさんの人たちと会い、毎日をにぎやかにすることで、日々が明るくなるでしょう。

このようなことは申し上げたくないが、活力には限界があり、にぎやかな場所では疲労感が募る。そうなったら我々のところへ参り、パワーチャージをすれば良いといえます」

1時間以上もお話を伺っていましたが、お忙しそうで、ここでお話は切り上げられました。
今回は神社での願い事の叶え方についてなど、大事なお話をいただけたように思います。

ランキングに参加しています。
少しでも多くの方に読んでいただきたく、1日1回の応援クリックをお願いします。


スピリチュアル ブログランキングへ


にほんブログ村

| | コメント (4)

2018年3月14日 (水)

夕方の日枝神社(都内)

 

20180313

赤坂に行く用事があり、その帰りに日枝(ひえ)神社に寄ってみました。こちらは初参拝です。

時間は既に15時半を回り、日が傾いています。都内の神社は特に、午後以降の参拝はあまり良くないと知りつつ、なかなか立ち寄る機会がないので。
そのため、今回はしっかりとしたお言葉はいただけませんでした。

長い階段を上って、拝殿でご挨拶。この時間であっても、拝殿奥からかなり強いパワーが、参拝客の方に向かって吹きつけてくることが分かります。

端で大祓詞を唱えると、烏帽子をかぶり緑色と黄色が混ざったような、きらびやかな衣装を着た男性の神様が浮かびました。

「かのような時間にお越しいただいても、これといって申し上げることはありません。もう少し早い時間にお越しいただきたいと思います。
私たちは立派に日々の役割をこなし続け、大層な働きによってエネルギーを蓄えて、皆さまに分け与えております。

つかぬことを伺うが、朝早くの参拝のほうがパワーが強いことを存じ上げているのに、なぜこのような時間に参られるのか。久しぶりに明るく力強い女性が参られたのに、残念に思う。申し訳なくも早くからのお越しをお待ちしています」


─こちらの主神の方ですか?

「たわけたことを申すでない。もっと立派な存在が祀られていますゆえ、大したことはできません。
早くからの参拝であれば、もう少し格の高い存在が相手をしてあげられます。申し訳なくも、この辺で失礼します」


─主神はどのような方でしょうか?

「立派に役割を果たされ、平和をもたらすためのパワーを皆さまに分け与えています。
このような時間では、申し訳なくもこなし切れない役割がたくさんありますので、これにて失礼いたします。またお越しください」


かなり強いパワーを持つ神社であることは、わかります。今度はもっと早い時間に参拝したいと思います。

 ランキングに参加しています。
少しでも多くの方に読んでいただきたく、1日1回の応援クリックをお願いします。


スピリチュアル ブログランキングへ


にほんブログ村

| | コメント (2)

2018年3月12日 (月)

今月の氏神様からのメッセージ

 

 一か月以上ぶりに、氏神様に参拝しました。そして私のことについて、色々とアドバイスをいただきました。

いつもお世話になっているので、氏神様がどの神社であるかということを、ブログに掲載した方がいいのかな…と考えていました。すると、以下のようなお言葉をいただきました。

「我々のことを伝える必要はありません。たくさんの者が訪れても、何もしてあげられないためです。
魅力のある参拝者にはパワーを与えているが、そうではない者には冷静さを与えるようにしている。ただたくさん通うよりも、人間として立派に役割を果たしているかどうかが問題です」

「申し上げたいのは、積極性が鍵になる。ただ何かが舞い降りてくるのを待っているだけでは、何も始まりません。大層なエネルギーを宿していただき、理想の状況に進むことを願っています」



そして、私が守護霊様メッセージ鑑定を始めたことで、低級な存在も寄ってきやすくなるとのご指摘もいただきました。

「不確かな存在(低級な存在)についてであるが、かのようなものには対処法は存在しない。そのため色々なものがすり寄ってきているようだ」

─浄化する方法は?

「まずは顔を洗い、洗顔に時間をかけることが大切です。何故かというと、礼儀作法として顔を洗うというのは、立派な方法であるためです。
もうひとつは、顔を洗ったあとにつけるものについてですが、まだ何もつけずそのままで、各お札に挨拶をなさってください。その方が明るいエネルギーを持ったまま取り組めます」

「最後は感謝の心です。これを忘れなければ、大抵のトラブルは免れます。平和を愛する心がもっとも有効であり、不確かな存在を離すことができるでしょう。
我々の方法に従えば、じきに力が湧いてくるはずです。感謝の心には大きなパワーがあることを、お忘れになりませんように」


これ以外にも、たくさんの助言をいただきました。
数日前に風邪気味になり、今は治ったのですが、これも氏神様が治してくださったそうです。
氏神様は、やっぱり頼りになるなと思いました。

 

ランキングに参加しています。
少しでも多くの方に読んでいただきたく、1日1回の応援クリックをお願いします。


スピリチュアル ブログランキングへ


にほんブログ村

| | コメント (2)

2018年3月11日 (日)

守護神も宇宙の遠い星から来ている

 

お陰様で、守護霊様メッセージ鑑定は順調に進んでいます。ここまで受けてくださった皆様、本当に有難うございます。

鑑定回数を重ねていくうちに、また新しいことが見えてきました。

私自身は、ご先祖様など元が人間であり、現在守護されている方を、「守護霊」としています。そして人間として肉体を持ったことのない神仏に近い存在で、現在守護されている方を、「守護神」としています。
ただし、元が人間でも修業を積まれて既に神様として祀られている方もいましたので、その場合は「守護神」としています。

肉体を持ったことのない守護神についてですが、お話を伺っていると、大半の方が「遠い星から地球に降りてきた」とおっしゃいます。
神社仏閣の神仏もそうですし、人間の魂自体も元は宇宙にいた可能性があるので、それは特に不思議なことではないでしょう。

以前も記載しましたが、守護神様のお姿は、本当にバリエーションが豊富です。
そして多くの守護神は、そのお
姿に関して、自分の好きなものを選んでいるとおっしゃいます。パワーが欲しいからそのお姿を選んでいる…など、何かしらの理由を持っているようです。

そのため、仏教の有名な仏像様のお姿をしていても、実際にはその守護神様は、仏教に直接的な関係がない場合が多いようです。もちろん、ときには関係のある方もいるとは思います。

意外と守護神のお姿に関しては、それほどまでには重要ではない…ということが見えてきました。

しかし、高次元の存在であることには変わりありません。そのメッセージはやはり高い視点からくださっているものが多く、真に依頼者のためになるものばかりだと感じます。

神社仏閣では、ひんぱんに「感謝」というお言葉をいただきましたが、守護者からのお言葉には、あまり出てきません。その代り、「笑顔」「明るく」というお言葉が、非常に多いです。

すべての守護者が、守っている人が持てる力を積極的に出し、明るくイキイキと笑顔で過ごされることを願っているのだな…と実感しています。

ただ、充実した生き方を応援してくれてはいますが、やはり何かを願えば簡単に叶えてくれるという訳ではありません。
「自分の人生を作るのは、結局は自分自身」なのです。

ランキングに参加しています。
少しでも多くの方に読んでいただきたく、1日1回の応援クリックをお願いします。


スピリチュアル ブログランキングへ


にほんブログ村

| | コメント (3)

2018年3月 8日 (木)

千葉県・玉前神社の神様からのメッセージ

 

20190309

雨で寒く、あいにくのお天気でしたが、比較的うちから近いということで、千葉県の上総国一之宮・玉前(たまさき)神社に行ってきました。初参拝になります。

玉前神社は、出雲大社を含む8つの神社が並んだレイラインの東の端に位置しています。そのため、関東屈指のパワースポットとされているそうです。
主に縁結び、子授けや安産のご利益があるとされています。

拝殿でご挨拶をしたときから、薄っすらと女神様のお姿が浮かんでいました。上が白で下が朱色の袴という巫女さんの格好で、頭には金色に輝くかんざしを、左右につけています。

端で大祓詞を唱え、拝殿前から少し離れた位置で、メモの用意をします。
今回も大変長いメッセージをいただきましたので、ほぼそのまま記載します。

「朝から大層な役割を持たれ、参られたことを有り難く存じます。
我々のことを申し上げますと、はるか昔に舞い降りてきて、この地に降り立ち、祀られるようになりました。すなわち我々のところは、この地よりもはるかかなたにある星となっています。平和な世の中を作るために、ここに存在しています。

今朝はあいにくのお天気ですが、参られたことを誇りに感じておりますゆえ、ゆっくりお過ごしになってくださいね。
常日頃から明るくこうした役割を務め上げていらっしゃるが、私たちから見るともう少しだけ明るく振る舞うようにお願いしたい。願わくは、もう少しか弱い者の面倒を見るようにしていただければと願っております。

ふつつかながらも、こうして言葉を書きとめていらっしゃることは、非常に素晴らしく、なかなかあることではありません。少ししたら、そうした人物も増えるであろうが、まだそこまでの会話が成り立つ者はそういないでしょう。まずはそのことについて、感謝を申し上げます。

この神社には申し訳なくも立派な存在がおりますゆえ、今朝から待ち上げておりましたことをお伝えいたします。早くからの参拝を感謝いたします。

かろうじてお伝えしたいことは、感謝の念が大事であると伝え続けています。何故かというと、平和を愛するためには大変な明るいパワーが求められますゆえ、常日頃からそうした明るさを必要としているのです。
大層な役割をお持ちのあなたには少なからず、そのことを理解していただきたいと願っています。朝から申し訳なくも、我々もてんてこ舞いで忙しくしていますので、この辺で失礼したいと思います」


─子授けのご利益があるとされていますが、お子さんに関する願い事などを叶えているのですか?

「大変ながら、我々の役目はもっと別のところに存在します。しかしながら、大層な願いでなければ叶えて差し上げている。
例えるなら、日頃から毎日参拝されている人のみ、叶えるように心がけております」


─それ以外の人には、どんなご利益があるのでしょうか?

「昔からお伝えしているのは、礼儀作法を知り、明るくパワーのある者には元気を与えています。役割的に、前を向いて進むことを促しておりますゆえ、不確かな者には何も与えていません」

─一回だけの参拝では厳しいのですか?それとも明るいのなら大丈夫?

「そうしたことは、回答は困難です。じきにすべてが理解できるようになりますよ。

我々のことは(どんな存在かということは)、申し上げるのは難しい。何故なら別のところにも同じことを訊かれているようだが、パワフルに活動すれば良いという訳ではありません。願わくはもう少し謙虚さを養い、立派に務め上げていただきたい。

役目を通して、色々なことを学ぶでしょう。はるかかなたにはれっきとした存在がいますので、不確かな者から離れ、立派に頑張っていただきたいとお願い申し上げます。はるかな世界には明るいパワーのある存在がたくさんおりますゆえ、冷静な対応を心がけていただきたい。感謝を申し上げます」


─女神様は、こちらの主神ですか?

「違います。別の者がいます。名は申し上げられないが、立派な存在ですよ。
はなから相手にされないこともございませんが、あなたでは複雑な気持ちを持たれているため、難しいと思います。願わくは感謝を持って参られてください。
会話が成立する存在は他にいないため、こうして出てきてあれこれと教えて差し上げています。

申し訳なくも、愛くるしくつかの間の時間であったが、会話を通して伝えさせていただいた。ものの見事に正確に記載していただいており、有り難く思っております。雨の中の参拝に感謝を申し上げる。また参られていただくことを願っている」


この後、再び拝殿で挨拶をして帰ろうとすると、お言葉が続きます。

「まだありました。世界平和について語っておきましょう。
まだあからさまにはされていませんが、近いうちに戦争が生じる可能性がございます。そのことについて思いを馳せるようにお伝えください。戦争とは、はかなくも平和を破壊し、素晴らしい毎日が台無しにされてしまう。少なからず我々のところには、そうした悪さをするものはいないが、世界にはいくらでもいます。

要するに大切なのは他でもなく、感謝の気持ちと有難い心、平和の数々を大事になさってお過ごしください。毎日のお勤めに礼儀作法を加えて頑張っていただきたい」


雨の中、キリリとした雰囲気をお持ちの女神様に、たくさんのお言葉をいただくことができました。お天気の良い日に、また参拝したいと思います。

ランキングに参加しています。
少しでも多くの方に読んでいただきたく、1日1回の応援クリックをお願いします。


スピリチュアル ブログランキングへ


にほんブログ村

| | コメント (3)

2018年3月 7日 (水)

死後何年で人の守護をするようになるのか

 

ここまでの守護霊様メッセージ鑑定を通して、まだ模索中ではあるものの、色々な発見があります。

ご先祖霊の守護霊様として、ご依頼者の曾祖父様と曾祖母様、すなわちひいおじい様とひいおばあ様が出てくる場合が多いようです。
その代わり、その次の代のおじい様、おばあ様はほとんど出てこないようです。

死後100年くらい経つと守護するようになるのだろうか?と思っていると、私の守護者がいくつか教えてくれました。

掟があり、死後70年以上経つと、人を守護できるようになるそうです。ただし未熟な魂は守護に回らず、またいずれ人間に転生するそうです。

そして神様のお手伝いなどをするようになるには、死後200年から300年経って、どこかの神社に空きがあればそこに入り、働けるようになるとのことでした。

私が「守護すると、人間として生きるよりも楽なんでしょうね」と尋ねると、「苦痛はない。ただしひとつだけ残念なのは、(人間のように)誇りを持てないこと」と言っていました。何か特技があってそれを披露するとか、そういう面での誇りがないということのようです。多分、自己主張みたいなものでしょう。

このように、魂の不思議さを、改めて認識している昨今です。


ランキングに参加しています。
少しでも多くの方に読んでいただきたく、1日1回の応援クリックをお願いします。


スピリチュアル ブログランキングへ


にほんブログ村

| | コメント (4)

2018年3月 6日 (火)

悪い念から身を守る方法

次のメール鑑定受付は、3月9日(金)の夕方以降、もしくは3月10日(土)の午前中に予定しています。←締め切らせていただきました。

申し訳なくも、次回から5000円程度に値上げさせていただく予定です。(私の守護者は、7千円か8千円にしろと言っていますが、私的にはとてもとても…汗)


ご希望の方はこちらの鑑定ページの青い文字の注意書きが消えましたら、メールを送っていただきますよう、何卒宜しくお願い致します。
(しばらくリンクが貼れていませんでした。申し訳ありません)




以前、私の守護神から、妬みなど周りから飛んでくる悪い念の影響を減らすためのポイントを、2つ教えてもらいました。それを記載します。

明るい時間は外に出て、全身に陽光を浴びるようにすること。

輝く陽光には、低波動のものを浄化するパワーがあります。気持ちも清々しく、明るくなりますよね。

早寝早起きを心がけること。

夜は闇の時間ですから、できるだけ眠っていた方がいいようです。その分、明るい時間に多く活動できますよね。
眠っている間は、守護者が守ってくれると言っていました。

以上、簡単にできる悪い念から身を守るための方法でした。

ランキングに参加しています。
少しでも多くの方に読んでいただきたく、1日1回の応援クリックをお願いします。


スピリチュアル ブログランキングへ


にほんブログ村

| | コメント (1)

2018年3月 4日 (日)

ご依頼者の守護者様からいただいたメッセージ

お陰様で、新しく始めた守護霊様メッセージ鑑定を、ここまで滞りなく進めさせていただいています。

ご依頼者の守護神様からのメッセージを無心で書き留めているうちに、時には有難くも、私へのメッセージもいただくことがあります。
多くは、「この鑑定を頑張って欲しい」という応援メッセージです。

その中で、私に対しても長くメッセージをくださった守護者様がいました。その守護者様にご了承いただいた上、私への健忘録も兼ねて、一部を記載したいと思います。


「ふつつかながら、朝早くから担当の役割を果たされていることについて、お願いしたいことがございます。我々にとってこのような感動的な場面はなかなかございませんので、もう少し大切に関わっていただきたいと願っています。
朝早くから、こうして執筆を任されていることを存じ上げています。よって大層な役割でありますことを、ご存じいただければと思っています」

「あなたに申したいのは、なぜ今そのような熱心な役割を果たされているのかということについてです。可能であれば私どもの方から毎日でもお届けしたいと願っているが、そればかりは難しいであろうから、高い場所へ行って少しでも言葉を届けていただきたいと思います」

「少なくとも平和に対する意識を持ち、たくさんのお言葉を届けていただきたい。そうしているうちに、決してマイナス思考から抜け出し、素晴らしい日々が訪れることでしょう。
このようなことはまったくもって他愛のないこととお思いかもしれないが、取り繕うような姿勢ではなく、元気に笑顔で邁進していただくことを願っています」


他の守護者様からも、以下のメッセージをいただきました。


「せっかくのところを申し訳ないが、もう少し働きを担っていただけないだろうか。不確かな部分は仕方がないとしても、事情によって会話ができない者も存在しますから、またとない機会を大事にしていただけないだろうか。もっとより良いやり方を試していただき、担っていただきたいと思います」

「かろうじて申し上げたいのは、朝からせっかくの機会を待ちわびて、こうしてしたためていただいています。あろうことか少しの者だけしか受けられないようであるので、もう少し枠を広げていただきたいと考えています」

「申し訳なくも、我々にとって大切な瞬間なのですから、まだお伝えしたいことがございます。明るく前向きな姿勢でこなされていますので問題ありませんが、もう少し積極的にこの役割に取り組んでいただきたい。願わくは、月に〇件程度の受付をこなしていただければと願っています」

ご応募いただいた方は、守護者様が話したいことがあるからご応募されたのだと思います。もし守護者様が話したくない場合は、応募する気にならなかったり、応募できない状態になったりすると思います。

何気なく始めた鑑定メニューですが、このように見えない存在の方々に応援していただき、非常に有難く思っています。

当初はそれほど多くのお言葉はいただけないだろうと考えていましたが、毎回かなり長いメッセージをいただきます。
また、神経を研ぎ澄ませて休むことなく長文を打ち続けるため、予想以上に疲労感が残ります。

そうしたことから、次回から値上げを検討させていただきたく思っています。申し訳ありませんが、宜しくお願い致します。

 
ランキングに参加しています。
少しでも多くの方に読んでいただきたく、1日1回の応援クリックをお願いします。


スピリチュアル ブログランキングへ


にほんブログ村

|

2018年3月 1日 (木)

守護霊様・守護神様を鑑定して

 
次回のメール鑑定の受け付けは、3月3日(土)の夕方以降か3月4日(日)に開始したいと思っています。
←締め切らせていただきました。


まだ始めたばかりの守護霊様メッセージ鑑定を通して、色々と貴重な体験をさせていただいています。

有難いことに、ご依頼者の守護者の中でも高い位置にいる方が出てきてくださる場合が多く、いつも安心してお話を書き留めることができています。
そして、今のところ予想以上に長いメッセージをいただくことができています。

複数の守護者が出てこられることも多く、その場合はまず亡くなってからまだ数百年も経過していない、ご先祖様が出てこられます。
そしてその次に、守護神とされる高い存在が出てこられる…という順番になっているようです。高い存在ほど出てきにくく、つながりにくいため…ということが、いえると思います。

また、女性の守護霊・守護神のお言葉は優しく、男性の守護霊・守護神は厳しめのメッセージが多い傾向があります。

そして思うのは…どの守護者様も、ご依頼者への深い愛情を持っていらっしゃる!
次々と入るお言葉をパソコンでダーッと書き留めながら、ああご依頼者様は愛されているんだなあ、うらやましいーなんて、毎回思っています。

そして毎回驚くのは、お姿がかなりハッキリ視えるということ。そして、そのお姿のバリエーションが、非常に豊富ということです!

神社だとどうしても出てくる神様のお姿が似たり寄ったりになりますが、皆様の守護者は個性に富んでいます。
アニメに出てくるヒロインのようなお姿・色合いだったり、観音像そのままのお姿だったり…。それも服の生地や、蓮の花の様子など、細かい部分がハッキリ視えることが多いです。もし絵心があったら、しっかりと絵に描き留められるレベルです。

守護神様たちから、私に対してまで「頑張ってたくさんのメッセージを伝えなさい」とお伝えいただいたり、ときには説教していただくことも・笑
高い波動を持たれるのはもちろん、心の温かい方々で、私までほんわかと幸せな気持ちになっています。

どうやら、私の守護霊・守護神が、ご依頼者の守護霊・守護神をこちらに呼んでいるようで…「もういらっしゃってますから、早く鑑定に入ってください」などと言われます。実はチームプレーだったのですね・笑

そしてご依頼者の守護霊・守護神様は、ご依頼された段階から、既に伝えるお言葉を考えていらっしゃるように思われます。

ただし、一件終わるとかなり脳が疲れているので、立て続けにどんどん受けることができません。そのため、1日に数件が限界になっています。

ランキングに参加しています。
少しでも多くの方に読んでいただきたく、1日1回の応援クリックをお願いします。


スピリチュアル ブログランキングへ


にほんブログ村

|

« 2018年2月 | トップページ | 2018年4月 »