« 東京カテドラル教会のマリア様からのメッセージ・2 | トップページ | 魂のサイクルについて守護神に尋ねる »

2018年2月 9日 (金)

コメントにおける神様へのご質問について

コメントでいつくかご質問いただきましたことを、神様に尋ねるべく、氏神様に参拝してきました。(コメントをくださった皆様、有難うございました。)

初対面の神様に無関係なことを質問するのは失礼でも、いつも参拝している氏神様ならきっと答えてくださるだろう、と思い…

しかしやはり、そう甘くはないことを実感しました。ご質問に関する会話のやり取りを、以下に記載します。

まずはご挨拶して「読者からの質問にお答えをお願いします」と伝え、大祓詞を唱えます。

─ブログの読者からの質問について、教えていただきたく思います。まずはお札について…家に祀っている神社のお札を通して、神社につながるのでしょうか。

「各家庭によって事情が異なっている。例えばエネルギー的に優れた家庭であれば、各方面からパワーが舞い降り、平和に満ちた環境になる」

─お札を通して、神社から気が流れてくるのでしょうか?

「そのようなことはあまりない。例えるなら、明るく過ごしているのであれば、そういうこともある」

ここでまた関連した質問をいくつかしますが、いつもご対応頂いている男性の神様からのお言葉が、プッツリと切れて途絶えてしまいます。

─次ですが…神社で思わずゲップやおならをしてしまうと、失礼にあたりますか?

するとここから、女性の神様が会話を続けてくださいました。

「感謝の心をお持ちなら大丈夫です。ただ、人への嫌な感情を持つようなら、失礼にあたる」

ここで、

「大それた質問ではございませんね」

…と、苦言が入ります。

─次…朝早くの時間を有効利用すると良いとのことですが、どのように過ごせば有効利用になりますか?

「朝から平和について考え、毎日の役割について思いを馳せ、エネルギーを蓄える時間にすることが大切です」

─お答えいただきまして、有難うございました。

「朝早くからの到来を、有り難く受け止めます。
我々には費やさなければならない働きがございます。こうした他愛もない内容について質問するのは、申し訳なくもご遠慮いただきたい」

ここで申し訳なく思い、何度も丁重にお詫びをしました。つい甘えてしまったことを、深く反省しました。

このように、神様であっても質問すると負担になることがありますので、今後はご質問があっても、本当に必要な時に必要な質問をすることにします。ここまでご質問をいただきまして、有難うございました。

また、以前から思っていたことですが、次元が違うために、人間に親切にするのと神様に親切にするのとでは、矛盾が生じることが多々あります。
例えば人間のグチをずっと聞くのは、(一時的な)親切になるかもしれませんが、神様は意外とシビアで、自分で努力する姿勢のない人間の長々としたグチには、一切耳を貸さないでしょう。根本的に本人のためにならないためです。

特に神道の神様は、甘えた精神を拒否される傾向があると思います。それをハッキリと実感した今回の出来事でした。

ランキングに参加しています。
少しでも多くの方に読んでいただきたく、1日1回の応援クリックをお願いします。


スピリチュアル ブログランキングへ


にほんブログ村

|

« 東京カテドラル教会のマリア様からのメッセージ・2 | トップページ | 魂のサイクルについて守護神に尋ねる »

氏神様」カテゴリの記事

コメント

MIDORIさん、千葉神社以降の記事に今私が悩んでいることと重なる部分が多く、とても参考になりました。

私は今までMIDORIさんへ質問することは遠慮してきましたし、これからも質問など返事を要することはコメントしません。

MIDORIさんが、あくまでボランティアとして、ご厚意で開設し、情報を共有してくださっているもので、ご負担をお掛けするようなことを決して望まないためです。

さて、神道の神様は甘えた精神を拒否される傾向があるとの、MIDORIさんの見解に賛成します。私も、心に迷いがあるときや、(いろいろな意味で)調子の良くない、何か抱えた状態でお参りすると、歓迎はされていないという“気”を感じます。深いご縁で繋がっている神社様であれば、大目に見て、優しく包み込んでくださることもあるかもしれませんが、基本は神道の神様は、心身共に清々しい参拝者を歓迎し、応援してくださる傾向があると確信しています。

ですので、最近は心身共に健康で清しい時に参拝するようにしています。

しょうもないことで、グズグズ悩んでいたことがありましたが、そんな時は決まって厳しいお言葉を賜るのですが、気持ちが晴れて、改心し、清々しい心でお参りすると、元通り歓迎してくださります。よって神様は人間と違い、決して根には持たれないご存在だと思います。あくまで参拝しに来た時の心持ちが大事なようです。

神様は土地を守ることや、土地のエネルギーを調整するなど、大切な使命をお持ちで、人間の願いを叶えることはあくまでご厚意なのであって、きっと神様は、人間が勝手に神を何でも屋さんやお祓い屋さんの用に思っているのを良くは思っておられないだろうと思います。

自然災害の多き、この島国で、人知れず土地を守ってくださっている大切な神様に、たとえご縁ができた神様であっても申し訳なくて願い事はしたくないというのが個人的な心情です。とはいえ問題多き、この現実世界に生きている人間として、多少のお願い事は申し訳ないことと思いつつしてしまいます。なのでせめて、まず何よりいつも土地を守ってくださっていることへの感謝をお祈りするようにしています。

投稿: lotus | 2018年2月 9日 (金) 19時02分

MIDORIさん、畏れ多くも神様にご質問していただきありがとうございます。
おならやげっぷは悪意がなければ失礼には当たらないのですね。知ることができとても良かったです。(人のように不快でないと分かり安心しました^^)
しかし、神様にとっては大したことない質問をしてしまうことの方が却って失礼になってしまうのですね。
MIDORIさんと神様に貴重なお時間を使わせてしまったことに気付き、ただただ申し訳ない気持ちでいっぱいです。本当にすみません。
そんな私の瑣末な質問でも丁寧にご回答下さり、MIDORI さんにはとても感謝しています。ありがとうございました(^-^)

投稿: ケビン | 2018年2月 9日 (金) 19時32分

みどりさん

いつもありがとうございます。
とるに足らないような質問をさせてしまったようで申し訳ございませんでした。

今後とも神様のメッセージ楽しみにしてます。
ありがとうございました。

投稿: | 2018年2月11日 (日) 17時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 東京カテドラル教会のマリア様からのメッセージ・2 | トップページ | 魂のサイクルについて守護神に尋ねる »