« 2017年12月 | トップページ | 2018年2月 »

2018年1月

2018年1月31日 (水)

都内秋葉原・柳森神社の神様からのメッセージ

201801311
都内の秋葉原駅近くの川沿いにある、柳森神社 に初参拝してきました。狭い敷地内の神社ですが、都心ということを感じさせない静寂さがあります。
ネットをみると、烏森神社、椙森(すぎのもり)神社と合わせて、江戸三森のひとつとして崇拝されたのだそうです。

ちなみに、朝晩自分の龍神様に手を合わせるとき、「○○神社へ行きますので、言伝をお願いします」と伝えています。そのため、その神社の神様は、事前に私が来ることを分かっていることが多いようです。

今回も、多くのメッセージをいただきましたので、いつものようにほぼそのまま記載します。

拝殿で挨拶をして、隅の方で大祓詞を唱えます。すると、巫女さんのような服装の女神様が浮かびました。金色の冠をつけ、スラリとしていて長い黒髪のお姿です。

「よくお越しいただきました。数々の神社を巡り歩き、ここまでお越しいただいたことに感謝を述べます。
私達の神社は、明治の頃(?)から祀られており、様々な人たちが行き交う様子を見てきました。たったひとつの願い事を叶えるために、はるか遠くからお越しいただいた者もいます。
各地方面に参られる方々にとって、この地にお越しいただいたのは訳がある。すべての存在を人柱にしており、平和を司る道筋を伝え続けています。感謝を述べる」


─女神様は、こちらの主神ですか?

「さようです。まだ他にも存在するが、かねてから主神を司っている。
訳としては、主神であればエネルギーをそのまま利用できる。しかしながら脇役といってはなんだが、他の務めにおいては…(以下不明)感謝の意を述べる」


─こちらと烏森神社と椙森神社とは、実際につながりがあるのでしょうか?

「そう言う者もいるが、そういう訳ではない。
烏森神社には目立たぬ存在がいて、容赦なく…(以下不明)烏森神社の方が、願い事は叶えられる。またとない機会だから述べておくが、あちらさまには素晴らしい神様がいらっしゃる。
それに比べて、ここは貧しい者たちを守る役割を持つ。存在としては明るく大層な力を持つ存在がここにいます」


─有難うございます。椙森神社の方はいかがですか?

「まだ参られていないのであれば、少し間隔を開けて参られてください。かのようなペースで参られても、わずかな力しか宿らない」

実はこの後に、地下鉄で3つほど先の駅にある、椙森神社へ行こうと思っていたのです。

─取材という形なら大丈夫ですか?この後に行こうと思っているのですが。

「エネルギーからすると、あまり望ましくない。
例えるなら、日頃から頭を使っているため(?)…平和について述べておくと、日常茶飯事な出来事を大事にすることで、魅惑的な日々が訪れる。
よってふつつかな者なれど、日常的に幸いにも守りを固めているようですね」


─有難うございます。この神社のパワーは、(隣の)川から得ているのですか?

「もう少しだけ伝えておきましょう。はるかかなたから参られる人たちにとって、この川はエネルギー的にも優れています。よって流されることにより、感謝と有難い心が生まれる。
またとない機会であるため、もうひとつ述べて差し上げる。早朝の参拝には限りない安らぎを得る力があります」


─失礼なことを質問しますが…女性の生理中の参拝は、どう思われますか?

「女性には素晴らしい働きを持つ者が多く、大変な力を宿しています。ですから、やむを得ない場合もありますね。そんな時には感謝を持って受け取めて差し上げます」

─女性が喜びます!有難うございます。もうひとつ、多くの人がこのように神様と話したいと思っていると思います。どのようにすれば、会話ができますでしょうか?

「過去からさかのぼっても、このように会話をした記憶はない。不思議なことがあるものだ」

─どうすればいいのでしょう…

「事象に込められているメッセージを探し、受け取るほかはない」

─参拝者やブログの読者へのご要望はありますか?

「ひとつだけ伝えて欲しいのは、あからさまな役割をないがしろにせず、理不尽な思いを噛みしめているのであれば、前から向かっていって欲しいと願っている。
マイナスの心から隙が生じ、たくさんのマイナスの出来事が生まれる。そのことについて思いを馳せることです。

緑さん、あなたは平和と安らかな心をお持ちではあるが、まだ役割について知らぬ間に請け負っているようだ。数限りないメッセージには、多くの素晴らしい力が宿っています。それをお忘れなきように」


狭い敷地内に、いくつかの摂社や末社があります。

─摂社末社は、どれがパワーがありますか?

「金比羅宮、そちらにはパワフルな力が宿っている。前のめりで進むのではなく、真実を追及しながら突き進んでください」

20180131
金比羅宮は、入ってすぐ目の前にある、拝殿の次に大きな社です。

─この神社のご利益は、どのようなことでしょうか?

しかし、それへのご回答はなく、

「ひとつだけ教えておこう。眠る前に各神社仏閣の存在に手を合わせ、マイナスの思いを絶ち切ることにより、感謝が生まれる。
またとない機会によくお越しいただいた。礼を述べる」

ここで通信が切れ、お話が終わったため、お辞儀をして帰ります。
椙森神社にはすぐに行かない方がいいということなので、また別の機会に参拝したいと思います。

ランキングに参加しています。
少しでも多くの方に読んでいただきたく、1日1回の応援クリックをお願いします。


スピリチュアル ブログランキングへ


にほんブログ村

| | コメント (5)

2018年1月29日 (月)

チャネリングを練習するなら、神社の神様より自分の守護霊と

たくさんの素晴らしいコメントをいただきながら、更新間隔が開いてしまいすみません。
何度か記載していますが、仕事や家事を優先しており、間隔が一週間以上開くことが頻繁にありますことを、何卒宜しくお願い致します。

   

コメントを拝読しましても、読者の中には「神様と会話をしたい」という方が多いとお見受けします。

そのためには、脳の霊感を司る位置を開拓する必要があります。霊感を開くということは、未浄化霊の存在や人間の感情なども、知りたくなくても分かってしまうということであり、決して美味しいことだけつまめるという訳ではありません。

私の場合はまったく霊感なんて欲しくないのに、勝手に開いていきました。霊よりも人間の意識とつながってしまうことがしんどく、現在にたどり着くまでの訓練として低級霊に憑依され続けたことも含めて、10年間くらいは軽い生き地獄状態でした。

それを踏まえた上で、見えない存在と会話をしたいのであれば、神社仏閣の神様仏様ではなく、ご自分の守護霊と会話の練習をされることをお勧めします。

神社仏閣の神様仏様が「他人」であれば、自分の守護霊や守護神は「身内」です。1日24時間自分を守ることにエネルギーを注いでくれているのですから、会話をしたいと思えばそれに応えてくれるはずで、はるかに容易にメッセージをいただけると思います。

ちなみに、守護霊にも波動の高低があると思います。私の3年ほど前までは、それほど高い守護霊に守られていなかったと思います。数体はいましたが、修行中ということもあってか、本当によく話しかけてくる方々でした。
ただ、高い存在の守護神は、その頃から離れた位置から静かに見守っていてくれたかもしれません。

このブログを開設したときは、大変優しくて女性らしい守護霊とコミュニケーションを取っていて、私はその方が大好きでした。その方のために開設したブログなのです。でも最近は、その方の存在が分からなくなってしまいました。今は守護霊より守護神の方が強い感じがします。

高い存在ほど、自分からはコンタクトを取ってきません。それでもこちらから質問をしたり、大事なメッセージがあれば伝えてきたりするなど、ほぼ毎日のように何かしらの会話をしています。

ランキングに参加しています。
少しでも多くの方に読んでいただきたく、1日1回の応援クリックをお願いします。


スピリチュアル ブログランキングへ


にほんブログ村

| | コメント (8)

2018年1月25日 (木)

実はほとんどパワーを持たないお守りが多い

前回の記事にもたくさんのコメントをいただきまして、本当に有難うございました。どれも感動しつつ、有難く拝読させていただきました。

さて、今回はあまり夢のない話ですが…神社仏閣で授与されているお守りについてです。
先日何気なくテレビを観ていたところ、たまたま「神社仏閣のお守りが、どのように作られているのか」という内容を放送していました。

街の人に尋ねると、誰もが「神社の巫女さんがひとつひとつ、心を込めて作っているのでは?」というような回答。
しかし、結果は違ったのです。さまざまな種類のお守りを大量生産している会社があり、神職の方がそのカタログを見て、「型番○○ー1を300個お願いね!」みたいな感じで、発注されているとのことでした。

そういえば、複数の神社でまったく同じ形のお守りを売っていて、書かれている神社名だけ違っている…ということが、よくありますよね。そういうお守りは、大量生産されているものだと思います。

長く境内に置いておけば、境内の気が浸透するため、そうしたお守りにまったく神仏のパワーがない…という訳ではないと思います。もしかしたら、大量生産のものにも、祈祷の念を入れているかも?しれませんし…。

時々お守りを買っていますが、よくあるタイプのお守りでは強いパワーを感じられることは少なく、「多分パワーがあるんだろう」という固定観念で身につけていました。
そして今回のことで、謎が解けたのでした。
ただ、大量生産ではない、その神社仏閣にしかないお守りには、強いパワーが入っているように思います。

20180125
上は、あまりパワーを感じられない、よくあるタイプのお守り。(大量生産型)
パワーがもしあったとしても、気が抜けるのは早いと思います。

201801251_2
上は、物凄いパワーを感じた浅草寺のお守り。中に木片があり、観音様のお姿が焼き付けられています。それを見たとき、強力なエネルギーに感動したほどでした。
ただ、やはり小さいので、時間の経過と共に気は抜けていきます。
一般的には、お守りの期限は一年間といわれていますが、強い気を保つためには、数か月間で取り換えた方が良いのではと思います。

ランキングに参加しています。
少しでも多くの方に読んでいただきたく、1日1回の応援クリックをお願いします。


スピリチュアル ブログランキングへ


にほんブログ村

| | コメント (6)

2018年1月23日 (火)

都内・福徳神社の神様からのメッセージ

20180123
仕事の打ち合わせに行くときに途中下車し、東京日本橋の福徳神社(芽吹稲荷)に参拝してきました。都会のど真ん中にある、建物は新しいきれいな神社です。
2度目の参拝ですが、前回は時間がなく、あまりメッセージをいただくことができませんでした。

福徳神社といえば、宝くじ当選の祈願などもある金運の神様だよね!と思い、ここでは金運の上げ方についてお尋ねしようと、ワクワク。

…で、たくさんのメッセージをいただいたのですが、最後は怒らせてしまいました…
ということで、今回もメモした内容に忠実に記載します。

拝殿で挨拶をして端の方で大祓詞を唱えます。
すると薄っすらと、頭に黒い丸い小さな帽子をかぶり、黒っぽい棒(笏)を持つ、平安時代の衣装を着たような男性が浮かびました。衣装の色は薄いグリーンで、白い模様が入っているイメージです。

「ご苦労であった。まずはこの神社の由来を申し上げておこう。この神社は、平成八年?(実際は平成26年に建て替え)に新たに建てられたが、はるか昔の約二万年前(?)にこの地に舞い降り、長いこと参られる者たちを見守り続けてきた。
理由といってこれといったものがないが、感謝の意を述べる」


─有難うございます。金運の願い事を叶えるのがお得意なのですか?

「我々の役目として、確かに人様のお金に関する願い事を叶えるのが得意であるが、一つだけ申し上げておきたいのは、朝早く日の出と共に参られた方が願いが叶いやすい。
何故かというと、この場所には数々の複雑なエネルギーが混ざっていて、早朝であればそれほど問題はないためだ」


─参拝者に、伝えたいことがありましたらお願いします。

「申し上げておきたいことは、はるかなる安らかな心を大切にして欲しいということだ。もう一つ申し上げておくと、ネガティブな感情から参られても願いは叶いにくい。
どうしようもなく困ったときには、有難い気持ちを持つことで叶えて差し上げよう」


─神様のお名前は?

「またとない機会だから伝えておくが、松吉(?)松の根(?)」(よく聞こえない)

─以前は人間だったのですか?

ご返答がなく、そこでしばらくコンタクトが途絶えます。しばらくすると少し強く浮かび、

「愛されたいのであれば、できるだけ自分から愛情を見せるようにしなさい。
メッセージを届けておこう。朝早くの参拝にはエネルギーが込められ、大層な役割を果たすことができる。まもなく日が暮れるが、かのような時間帯ではまったく意味をなさない」


─(この時の時間の)13時半でもダメですか?

「間違っても感謝をお忘れにならないように」

─金運を上げる方法を教えてください。

「3つの方法がある。まず一つは、早寝早起きを心がけること。もう一つは、感動のエネルギーに乗せて生活を送ること。最後は、勝手気ままな毎日ではなく、近隣の人たちと手を取り合って進むこと。
この3つの役割を果たすことで、良質なエネルギー状態になり、すべてが順調に巡っていく。感謝について述べておくが、まことしやかに愛情を持って頑張ることが、平和の礎(いしずえ)になる」


ここで、ふと色々な神様に尋ねてみたいと思った質問を伝えます。

─質問ですが、女性の生理中の参拝はどう思いますか?こちらの神社では…。

「またとない機会だから述べておこう。拒否するほどのことではない、ただし礼儀作法に反しているため、まったくもって願いは叶えて差し上げにくい。エネルギー的には問題ないといえる」

─宝くじ当選について、どう思いますか?

「あんなものにこだわっているようでは、まだまだ未熟者といえる。感謝していれば、すべてが揃えられるのに、わざわざくじに頼るのは問題がある。性質的ににぎやかなタイプといえるが、もう少し大切なものについて考えなさい」

あれっ、宝くじ当選を看板にしてるのに…と思い、

─有難うございます。宝くじの願い事は無視されているのですか?

「たまには叶えることもある。何故かというと、平安が訪れることを願っているため、感謝の意を込めて叶えることがある」

─願い事を叶えるのは、常連さんが優先ですか?

「手をこまねいているのは、有難い気持ちがなく、自分勝手に願い事を言ってはみても、大事な心がないがしろにされていることが多いということだ」

─常連でも意味がないということですか?

「また少しするとすぐに参られるため、できるだけ叶えるのは避けている」

─どのような方の願い事を叶えますか?どのような人を選んでますか。

「できるだけ明るく幸せな心を持つ者を優先している。日が暮れたらその限りではないが、明るさからエネルギーの浄化が進んでいく」

─叶えやすい願い事は?

…と質問を続けると、急にハッキリとした不快感を伝え始めました。
詳しい記載は避けますが、金運のことばかり尋ねたことを、怒られたのです。
金運にこだわるのは、
「幼くもあざといエネルギー状態があるからだ」と仰いました。

─申し訳ありません…ブログ読者へのメッセージがありましたら。

「前を向いて進むことで、道が開けます。ただ前を向いて進んでいきましょう」

質問内容を咎められたので、「基本的には質問が中心ではなく、神様にご自由にお言葉をお伝えいただいています」と伝えましたが、

「もう少したくさんの質問を用意して欲しい。あからさまな内容ではなく、夢のあるものを」

…と、ご立腹でした。

「日が暮れてきたため(14時頃)、ここまでにしておきます。平和を愛することを忘れずに。朝早くの詣でを待ち望んでいる」


 
以上になります。丁重にお詫びをして帰りましたが、神様を怒らせてしまい、すっかりしょげてしまいました。
金運の神様として祀られていても、神様としては金運にこだわるのは嫌がられるのだな…ということが分かった今回の参拝でした。

ランキングに参加しています。
少しでも多くの方に読んでいただきたく、1日1回の応援クリックをお願いします。


スピリチュアル ブログランキングへ


にほんブログ村

| | コメント (6)

2018年1月21日 (日)

千葉県・飯香岡八幡宮の神様からのメッセージ

20180121前回のコメントの中でご要望をいただいた、千葉県市原市の飯香岡(いいがおか)八幡宮に参拝してきました。10年以上前に、一度参拝したことがある程度です。

ご要望にお応えするのはなかなか難しいのですが、市原市は行きやすく馴染みのある土地であることと、タイミングが良かったため、すぐに参拝することができました。(コメントを有難うございました!)

全国的にはあまり知られた神社ではありませんが、木々が多い広い敷地で、清々しい空気が流れています。参拝者を見ていると家族連れが多く、地元の人たちに愛されていることが感じられます。

大きな池もあり、境内にニワトリが放たれているのも確認しました。

201801211
挨拶しようと拝殿に近づくと、それまでは朝からずっと曇りだったのに、突然雲の切れ目から陽光が差しました。
ハッキリと歓迎のサインを出してくれているな、と分かり、少し気が引き締まります。
そんな貴重な瞬間を撮影。それからはずっと陽光が降り注いでいました。

201801212
拝殿で挨拶をしたあと、端の方…というか拝殿の横を入って本殿が見える場所まで行き、大祓詞を唱えます。

すると、可愛らしい雰囲気を持つ、天女様のような女神様が浮かびました。羽衣天女のように、ひらひらした細い布を頭の後ろに回してつけているファッションです。

「この女神様は、ここの主神?」と思っていると、その天女様の後ろに体が大きめの男性神がいて、微笑みながら天女様を手で前に押している様子が浮かびました。
「あなたとの会話は、この女神が応対しますよ」という感じです。多分、この男性神が主神に近い存在なのでしょう。

女神様がたくさんのお言葉をくださいましたので、いつものように、ほぼそのまま掲載します。

「爽やかなお心がけをありがとうございます。
我が飯香岡八幡宮において最も大切にしているのは、他でもなく参拝者のためを思い、平和に世の中を築き上げていくことです」

「今回お越しいただいたのは他でもなく、毎日数多くの参拝者が参られるが、たった一つだけ考えていただきたいのは、限りない数々の感謝について…。

迷惑な存在には容赦なく身を持って、体当たり…バチを与える所存です。
我々から見ると、まだ間違った者たちは参られていないが、まったく訪れない訳ではなく、たまに参られます。
例えるなら、朝早くから詣でられても、まったく感謝の意がなく、平和についても思いを馳せていない者たちも存在します。
日頃から、数々の当たり前の感謝というエネルギーに思いを馳せ、なだらかな日々をお過ごしください。

もう少し細かく伝えておくと、平和が何よりにも関わらず、いまだかつて感謝の役割について考えもしない者の多くが、事故などに巻き込まれて死亡します。
最も顕著なのは(?)、死亡したからといってネガティブな存在という訳ではなく、数少ない者の中には確かに有難い存在も含まれております。
それについてはまた後ほどお伝えしましょう」


─(お話が途切れたところで)有難うございます。

「またとない感謝の意を述べる。
具体的なことについてお伝えしておくと、またとない我々のメッセージを届けていただけるとのこと、感謝を述べます。

まだうつむきがちな人物が願い事を伝える際には、ネガティブな気持ちからでは叶いません。大事なことをお伝えしておくと、最も大事なのはエネルギー的に素晴らしい力を持ち、有難い心から詣でられることです。

不満もおありでしょうが、また一つ平和について述べておきます。
数々のメッセージを伝える際には、ただ運べば良いという訳ではなく、もっと安らいでお伝えください。
感謝からは素晴らしいパワーが生じることを、もうご存知のはず。日に日にエネルギーが高まっておりますゆえ、ふつつかではあるが普通の毎日について考えていってくださいませ。
こうしたことから数多くの幸せが舞い込みますゆえ、幸せについて思いを馳せていきましょう。

あなた様には限りある時間を有効に生かしていただき、またとない会話を楽しみながら、毎日を過ごしてくださいね。一つだけ申し上げたいのは、積極的に毎日の役割を果たされていますが、まだまだ頑張れるはずです。
ゆえに日頃からその役割について考え、エネルギッシュに取り組んでいただきたい」


─有難うございます。今回は私を呼んでいただいたのでしょうか?

「さようです」

─この神社の特徴がありましたら、お願いします。

「エネルギー的には、まっすぐ力強いタイプであり……」

─人々には、どのような影響を与えていますか?

「真面目に申し上げておくと、平和に安らぐことを優先しています。
まずは温かい家族との関係を守り、安らいだエネルギーを与えています。
今日はまたとない機会をお与えいただき、感謝を申し上げます」


─参拝の時間は、やっぱり朝が良いのでしょうか?

「可能であればその方が良いが、別に夕方になっても構いませんよ。
大事を取りたいのであれば、日没よりも朝早く参られた方が、力を与えられます」


─お姿は、天女様のようですが…お名前はございますか?

「わたくしの名は、申し上げることは困難です。何故なら人様には誠に勝手な解釈をさせられ、困ることが多いからです。
後に分かったことですが、私には大層な役割を持たされていて、それが通常だと思われるため、名前を申し上げることはできません。
少しだけお伝えすると、『は』がついた名前です。

メッセージに込めているのは大層なものではなく、明るく快活なエネルギーであり、あからさまな活力を生み出すものではありません。
安らかな気持ちでお越しくださいませ。必ずや幸せが舞い込むはずです」

「ここの主神である天照大神様は、主神であるが連絡しているわけではない。
この神社にはいくつもの存在がいて、それぞれ別の役割を担っています。各々には役目があり、私からはメッセージをお届けする役割があります」


─他の方々がメッセージを受け取るには、どうすればいいですか?

「聞こえていなくても、数々の言葉を述べさせていただいている。願わくば、もう少しはっきりとした会話を行いたいものだ。しかしそのような人間はわずかしかいない。

会話を成立させるために、エネルギー状態を良くすることが大切です。それは何かというと、笑顔を絶やさずに明るいメッセージを伝えるように心がけることです。
言葉からは数々のエネルギーが放出されていますから、明るい会話を心がけ、たくさんのお言葉をちょうだいしてください」

「○○さん(私の本名)には普通のことではありますが、我々にとって大層貴重な時間でした。我々のところにお越しいただき、誠に感謝を述べる」


このように、愛らしいお姿の女神様がご対応くださり、色々と教えてくださいました。
お言葉を伝える役割をされているとのことですので、参拝時にはぜひ意識を女神様に集中され、女神様からのお言葉を受け取っていただければと願います。

ランキングに参加しています。
少しでも多くの方に読んでいただきたく、1日1回の応援クリックをお願いします。


スピリチュアル ブログランキングへ


にほんブログ村

| | コメント (5)

2018年1月19日 (金)

コメントを有難うございます

コメント欄はずっと閉じていましたが、途中から開くようにしてみました。大変有難いことに、ポツポツと温かいコメントをいただいていて、嬉しく思っています。

ブログの性質上、返答できない内容も出てくるでしょうし、もしコメントが増えてしまうと返答が困難になることを考え、大変申し訳ないことに、ご質問以外には返答していません。それでも、いつも感動して読ませていただいています。

私の根本には、「胡散臭いと思われてんだろうなー」という気持ちがずっとあるため、勇気がいったのですが、予想以上に素晴らしいコメントばかり。ここまでコメントをいただいた皆様、本当に有難うございます。

どうしても仕事や生活の方が優先されてしまい、その上にペットの状況から、今は遠出ができません。
それでも、ずっとこの能力を持ち続けられるという保証はないので、極力時間を無駄にせず、自分にできることをやっていこう…と、コメントを読むたびに背中を押される気持ちになっています。

それとブログの性質上、批判的な内容の掲載はすべて見送らせていただきます。
一回だけ「株なんてやってんじゃねえよ(゚Д゚)ゴルァ!」みたいなお叱りをいただきましたが、そのコメントからも、神様を愛していらっしゃる様子が伝わってきて、素直に感動したのです。

超プチギャンブラー気質ではありますが・笑 もともとボランティア好きで強欲さはない人間です。多分もうそういうことは書かないと思いますが、単なるネタとして捉えていただければ…と思います。

ランキングに参加しています。
少しでも多くの方に読んでいただきたく、1日1回の応援クリックをお願いします。


スピリチュアル ブログランキングへ


にほんブログ村

| | コメント (5)

2018年1月16日 (火)

氏神様からの2018年に関するメッセージ

氏神様に元旦以来に参拝し、メッセージをいただきました。
いつものように閑散としていて、既に平常運転です。

「最初から意味のある毎日になりますが、ひとつだけ心得ておきたいのは、ある程度の感動から、変化が生じるということです。
例えるなら、毎
日『有難う』と言っていても、それだけでは足りず、平和な世の中に対して満ち足りた心を持ち、『有難う』の言葉を使うことです。
最初から美しい毎日だった訳ではありませんよ」


─承知しています。今年はどんな年になりますか?

「選ばれた人間だけが生き残ります。社会のひずみにうまく背を向け、しなやかに乗り越えていきたいものです」

─どのように過ごせば良いですか?


「願わくば、たったひとつのエネルギーに思いを馳せ、毎日をお過ごしください。
それは何かというと、愛する気持ちと平和を感じ取る意識について」


─今年、注意したい月は?

「エネルギー的には8月。注意を申し上げたいのは、いまだかつて体験したことのない大事件が生じるでしょう。あなた方にとってはさほど大した影響はないが、世界が打撃を
受ける出来事が生まれるはずです。
感謝していれば、始まったとしても影響は受けません」


その後に、
「8月9日」と仰いました。

もうひとつ書き留めて欲しいのだが、2つ以上のタイプについて申し上げておく。
まずひとつめは、マンネリな日々にうつつを抜かし、テレビなどを見て過ごしていては
鬱屈
した状況が訪れます。
またひとつについては、感謝しないことからつらい毎日が訪れるようになります。またとない1日1日を、有難い心を持ち平和にお過ごしください」

はあ、また「感謝」か…とお言葉をいただく度に思うのですが、何度も繰り返されるということは、それだけ根本的で大事なことだということなのでしょう。

ランキングに参加しています。
少しでも多くの方に読んでいただきたく、1日1回の応援クリックをお願いします。


スピリチュアル ブログランキングへ


にほんブログ村

| | コメント (1)

2018年1月12日 (金)

千葉県・櫻木神社の神様からのメッセージ

201801121
千葉県野田市にある、櫻木神社に参拝しました。こちらは約1年半ぶり3度目の参拝です。

まだ神社でお言葉をほとんどいただくことができなかった2016年7月…この神社の2度目の参拝時に、初めてたくさんのお言葉をいただいて、驚いたのです。

そのときの様子は、当時の占い師ブログ の方に記録していますので、宜しければそちらもご覧ください。神様のメッセージをいただけるようになった経緯なども、簡単に記載しています。

それにしてもこの神社の景観や雰囲気は…本当に素晴らしい。桜モチーフがあちこちに散りばめられていて、ふんわりと優しい雰囲気が漂っている、女性的な神社です。
入った瞬間、うわー、素敵!と感じられます。

20180112
もうソメイヨシノが咲いている!と感激していたら、10月頃に咲いたものが、まだ残っている様子。4月と10月に2回咲くのだとか。

拝殿で挨拶して、メッセージをいただきたいことを伝えた後、かなり隅の方へ移動して大祓詞を唱えます。
はじめから、ふんわりとした優しい感じの神様が何柱かいらっしゃる感じがしますが、なかなかお姿はハッキリしません。

それでも、その後にたくさんのメッセージをいただくことができましたので、今回もほぼそのまま記載します。

「名を馳せるようなことにこだわらず、感謝を忘れてはいけません」

「いくばくかのエネルギーを携えてお越しいただき、誠に感謝の意を述べます。
私たちにとって、感謝のエネルギーが最も大切なエネルギー源となっておりますゆえ、誠に賑わいのあるお姿(?)を持っていらっしゃることを…(以下不明)

あからさまな言葉にも、大層な活気のあるパワーを秘めていることを、改めてお伝えしておきます。
またとないこの大切なお話の機会をいただき、誠に有り難く受け取らせていただきます」


─ブログの読者や参拝に来る方に、伝えたいことがありましたらお願いします。

「可能性を秘めた人たちには、頑張ってエネルギーを注ぎ続けています。
まだ可能性を持っていない人においては、絶え間なく押し寄せる確かなる力を宿し、帰っていただくようにしている」


この神社は素晴らしいですね、と本音で伝えると…

「心にもないお世辞を抜かしてはいけませんよ。我々からはこのくらいにしておきます」

…しかし、その後もお言葉は続き、

「前にもいらしていただいたとのことですが、我々のところには、かのような人物が来たためしはない。いつ頃お越しいただいたのか」

─2年ほど前で、その頃はこのようなことは行っていませんでした。

「かのようなメッセージを届けたことは、いまだかつて行ったことはない。取り急ぎこのくらいにしておきます」

─お名前を教えてください。

「この神社について述べておくと、我々のところにおいては、名前など備わっておりません。
あえて申し上げておくと、かつての罪滅ぼしとして、この神社が祀られるようになります。
わずかな時間ではあるが、こうして過酷な状況の中、最も有難い瞬間を目の当たりにしている。
もう少し有り難みを持ってお参りなさい。もう少しエネルギーを蓄えてください。ステキな未来が待っていますよ」


─エネルギーの蓄え方を教えてください。

「瞬間瞬間の出来事に対して、厚かましく接するのではなく、有難い心で対応してください」

周りをぐるっと見回していると、

「松の木には、よりパワフルなエネルギーが備わっています。
西から日が昇るように、この木にはまたとない力が備わっている。感謝の意を捧げてください」


入口近くに、ちょうど太陽が重なっている松の木があり、そのことだと分かります。その松の木の写真を、ここで何枚か撮影。


201801122
「またとない感動の毎日を大事にお過ごしください」

─私はこれからどんな感じになるのでしょう?また、何をすればいいですか。

「恵まれた環境にいらっしゃるのですから、もう少し有難い気持ちを忘れずにいてください。
賑わいをみせる毎日の中から、有り難くも幸せな出来事について思いを馳せ、爽やかな愛情を持ちつつも、冷静さを失わずにいらしてください。
もう少しすると、温かい未来が訪れますよ」


─お願い事をしてもいいでしょうか?

「いかようにも叶えて差し上げます」

そこで、仕事に関する願い事を、2つ伝えます。

「事前に用意しておくことが、最も有効です。そのようにすることから、未来が訪れます。
申し訳なくも、2つのうちひとつを叶えて差し上げましょう」


─有難うございます。では、2つめの方をお願いします。叶ったら、すぐに参ります。

「幸せについてお知らせしましょう。私たちにとっての幸福には二通りの考えがあり、まずひとつめは、感謝と感動に集約されます。我々から見たところには、またとない平和が広がりを見せ、愛から素晴らしい世界が広がっている。
もうひとつは、活力を生み出すきっかけになるのは、明るく前向きな姿勢により、より平和な世の中を築けるということです。

この2つは相反しているように見えて、同じことを言っている。
複雑な物事には、それほど多くの立派なことははらんでいない。それよりも大事なことは、人からもたらされる有難く尊い感謝のエネルギーです。

複雑な世の中においては、日の目を見ることはできない。明るい姿を見せることから、パワーが生まれます。
もう少し述べておくと、幸せともうひとつの好感(?)で、満たされた毎日を過ごしていただきたい」


ここで、アマテラス様に似た雰囲気を持つ、女神様のイメージが浮かびます。

─女神様ですか?

「さようでございます。またとない申し出に、改めて感謝を申し上げる。
以前にも増して華やいだ雰囲気をお持ちでいらっしゃることから、我々にとって幸福な安らぎが入手できるはずだ。

ひとつだけ教えて差し上げよう。辺り一面に広がる山の景色について、この神社のパワーはこの山から分けてもらっている。
願わくば、もう少し暖かい日にお越しくだされば、素晴らしい山の景色を見せて差し上げられる」


─何月がいいですか?

「4月はじめが、最も美しい時期になります。
かのような時期では、まだ花が咲いていないでしょう」


─この神社の雰囲気、私は素晴らしいと思います。他よりも優しい感じがします。

「二言三言、話をしたことはあるが、かのように前もって事前にお越しいただき、目の前でこのように会話をしたことはいまだかつてなかった。ぜひまたお越しいただきたい。お願い事を叶えよう」

─長いお言葉を、有難うございました。

再び挨拶をして帰る前にトイレへ。ちなみにここのトイレは、何かで賞を取ったことがあるという、大変きれいなトイレです。各個室にお札が飾られています。
そして、お守りなどが授与されている前に行くと、またお言葉が入ってきました。

「生まれ持った容姿には、2つの役割がある。まずひとつは、可愛らしい姿であっても感動の心がなければただの人であるが、可愛らしくないからと思って容姿磨きを怠ると、さらにエネルギーが低下する。
可愛いに越したことはないが、根が明るく前向きな方が、はるかに大切なことである。容姿を磨いて、元気よく前向きに進みなさい」


再び拝殿で、お賽銭を入れて手を合わせます。目の前に、「長く祈る方は端へ行ってください」ということが書かれた紙があることに気づきます。

「もう少し、お言葉を差し上げましょう。
願い事を叶える際には、長く祈ったからといって叶う訳ではありません。
なるべく手短にした方が、我々にとって都合良く、感謝の意を持って叶えて差し上げられる。
まもなく願い事の叶え方という問題を提出することになるでしょう」

このように、大変たくさんのお言葉をくださいました。
桜がモチーフでもあることから、春には桜の花がたくさん咲くようですので、その頃にもぜひ参拝したいと思います。

ランキングに参加しています。
少しでも多くの方に読んでいただきたく、1日1回の応援クリックをお願いします。


スピリチュアル ブログランキングへ


にほんブログ村

| | コメント (0)

2018年1月 9日 (火)

守護神から聞く2018年の世界情勢

20180109

運動がてら海まで歩いていき、守護神様からメッセージをいただいてきました。
晴天で日差しは温かいものの、ものすごい強風。海辺は最も風が強くて、寒くてしんどかったです。

「飼い慣らされた人たちにとっては、またとない大事な試練…憎しみや悲しみの世界を垣間見ることになるでしょう」

─それは、いつの話ですか?

「もうすぐ訪れます」

─今年の日本と世界の情勢を教えてください。

「駆け引きから物語がスタートします。平和に世の中が進みますが、まだ先には数々のトラブルが待ち構えています。
例えるなら、景気回復を見込んでいる状態ですが、ますます低下の一途をたどります。くれぐれも間違った方向へ進まないように気をつけてください」

「景気に関しては、まだ慌てるほど悪化する訳ではありません。
取り急ぎ緊急事態と思われるのは、数々の華やいだ国と地域でモルモットのように扱われている人たちが、またとない解放を求めて、混乱が生まれるでしょう。
数々の平和が損なわれ、勝手に遊び呆けていた者たちは悪い状況に追い込まれ、最果ての道筋をたどることになるでしょう」

「あなたにとっては、もうすぐ感動に打たれる出来事が生じます。
まだたくさんの有難い物事が訪れますから、感謝を忘れないように」


─今年、人々が生活の中で心がけるといいことはなんですか?

「マイナスエネルギーを蓄えていてはいけません。もっと多くの有難い心と感動の心を持ってお過ごしください。
誰もが新しい世界へ入る道筋が展開されていきます。物事には順序がありますので、まずは経験したことのないことにトライしてみなさい。
それがきっかけとなり、数々の画期的な出来事につながっていきます」

相変わらず抽象的な内容ではありますが、このように2018年の様子を、私の守護神に教えていただきました。

ランキングに参加しています。
少しでも多くの方に読んでいただきたく、1日1回の応援クリックをお願いします。


スピリチュアル ブログランキングへ


にほんブログ村

| | コメント (0)

2018年1月 8日 (月)

星野氏の死去について球場の女神様に尋ねる

長年大ファンの星野仙一氏が亡くなり、悲しさが続いています。

球場の女神様はどうお考えかなあと、夜に女神様に何度か声をかけてみました。すると「なーに~?」と仰って出てきてくれました。

「今回のことによって、(チームの)野球の質は低下するでしょう。すぐという訳ではありません。
いいですか、よく聞いてください。メリットを求めるというより、野球を愛してください。
ピッチャーが投げ、打者がホームランを打つ、そのひとつひとつについて感動を味わうのです」

「野球の世界には掟(おきて)があり、迷うことからより悪い状況が訪れます」

「私達の側から感じるのは、状況によってより大胆な者の方が手を回しやすい」

─今年の順位は?

「申し上げたように、3位を目指しています。
まだ確定ではないが、やがて静かに幕が開く」

─星野さんの死を(前から)知っていたのですか?

「存じ上げていました。
まだ若くして世の中のためを思い、大胆不敵に頑張った。
我々にとって勢いの良い青年(?)だった。感謝しています」


ランキングに参加しています。
少しでも多くの方に読んでいただきたく、1日1回の応援クリックをお願いします。


スピリチュアル ブログランキングへ


にほんブログ村

| | コメント (2)

2018年1月 3日 (水)

初詣の参拝だけでは願い事は叶えられにくい

20180103
3日の今日、千葉神社へ行ったら写真のように物凄い人!
お参りする列は鳥居から飛び出ていて、裏にある公園をぐるっと回るほど長~く伸びていて驚きました。
いつも元日に参拝していたのですが、これほど凄い人だったのは見たことがありません。3日だからなのか?


これだけ人が集まっていて、個人的にとっても嬉しい
そしていつもの女神様、長老の神様も喜んでいらっしゃいます!

こんな状況なので、今回はお言葉を一切いただきませんでした。しかしこちらの神様方は特に、たくさんの人が参られるのを望んでいらっしゃるので、喜ばれているのが分かるのです。

しかし、どこの神社仏閣であっても、これだけの人出だと、初詣だけ来てサクッとお願い事をして、その後は一年間現れない…というのでは、物理的にも神様の手が伸びにくいと思います。
目にかけてもらいにくい、願い事を叶えてもらいにくいということです。

やはり、ある程度すいている時も含めて、定期的に何度も通うことが、最も目にかけていただけるポイントではないかと思います。

ただし、人混みの中の初詣が決して無意味な訳ではなく…。ご自分自身に言い聞かせることになるなど、気を引き締めることや、希望を持てることにつながるのではないかと思います。

そしてどこの神様も、たくさんの人が参られる活気ある状況を、大変喜ばれているはずです!

201801031201801032
千葉神社では、お正月だけの縁起物として、上記の写真のものが新たに授与されていました。

その中の「延寿の榊」をいただきました。早速部屋に飾っています。

ランキングに参加しています。
少しでも多くの方に読んでいただきたく、1日1回の応援クリックをお願いします。


スピリチュアル ブログランキングへ


にほんブログ村

| | コメント (0)

2018年1月 1日 (月)

氏神様に初詣

20180101
明けましておめでとうございます。
昨年はこのブログにお越しいただきまして、本当に有難うございました。

年明け直前に家を出て、氏神様に参拝してきました。年明けすぐに氏神様に参拝したのは初めてです。

小さな神社だし、いつもほとんど人がいないから、さくっと参拝してすぐに帰れるだろう…と思ったら、甘かった。既にかなりの列ができていて、20分以上並びました。

たくさんの人がお参りしているので、お言葉をいただくのは無理と判断し、手を合わせて「昨年は有難うございました。今年も宜しくお願いします」とだけご挨拶し、すぐに帰りました。
みかんと甘酒をいただきました。

ということで、氏神様の中で迎えた2018年。今年もこのブログを、宜しくお願い致します。

ランキングに参加しています。
少しでも多くの方に読んでいただきたく、1日1回の応援クリックをお願いします。


スピリチュアル ブログランキングへ


にほんブログ村

| | コメント (1)

« 2017年12月 | トップページ | 2018年2月 »