« 2017年10月 | トップページ | 2017年12月 »

2017年11月

2017年11月30日 (木)

都内浅草・浅草寺の仏様からのメッセージ・2

20171130

都内浅草の、有名な浅草寺へ参拝してきました。前回の参拝で、ソウネン様という仏様からお言葉をいただいてから、ほぼ一か月ぶりの参拝です。

今回の到着は、午前9時半頃でした。今回はまた別の仏様から、多くのお言葉をいただきました。

本堂でご挨拶をしてしばらくすると、今回はすぐにお言葉が入ってきました。賽銭箱の向かって右側へ行くようにと指示されたので、そちらへ移動します。

「浅草寺へ、ようこそお越しくださいました。朝早くの参拝を、大変有難く思います。
申し訳なく思うのは、感謝と感動の気持ちを持ってお過ごしくださると、なお一層励みになります。

(前回は)我々のメッセージにおき、大層なご協力を賜りました。その点において、喜びとともに、有難い心を感じています」


─こちらこそ、掲載させていただいて有難うございました。

「我々が耳にしたのは、早朝から訪れなければ、願い事が叶えられないということです。
例え朝早くなくても、我々の力によって容赦なく叶えられる」


─ソウネン様が早朝が良いと仰っていましたが…間違いですか?

「感謝を述べなければならないが、我々が行っていることは、朝早くからを対象とせず、日々一生懸命になって面倒を見るようにしている。
可能であれば朝早くお越しいただきたいが、やむを得ず難しい場合は、昼からの参拝で問題ありません」


─午後や夕方の参拝でも、願い事が叶えられるのですか?

しかし、この質問はスルーされ、

「ひとつお尋ねしたいのは、我々(のところ)になぜお越しいただいたのか」

─呼んでいただいたと思っています。

「そのような話しは聞いていない。めっぽう強い神々の到来をお待ち申し上げているが、かのような繊細な波動をもつそなたでは、影響を感じられない。
(しかし)お越しいただいたのは申し分なく、願いを叶えて差し上げよう」


ここでパーッと嬉しくなりましたが、すぐに願い事が浮かびません。

─今幸せに生きていますので…後で考えて、浮かんだらお伝えします。

ここで、朗らかに微笑む明るそうなお坊様のお姿が浮かぶびます。黄色もしくは金色の着物を着ているイメージで、前回のソウネン様よりも格が高い方だと感じられました。
ちょっと辛口だなあと思っていましたが、お姿を見て悪気はないのだと分かり、ホッとします。

─お名前を教えてください。

「松の木と書いて、ショウボクと読む」

─ショウボク様、有難うございます。ソウネン様はいらっしゃるのですか?

「ソウネンは朝早くから、仕事に明け暮れている」

ここで、ボーッと観音様が入っているであろう場所を眺めていると、ふとここの素晴らしいパワーを持つ観音様とお近づきになりたい…と思っていたことを思い出しました。

─願い事!こちらの観音様とご縁をいただきたいと思います。お話はできませんか?お会いしたいです。

「それだけは難しく、大変なパワーを持っているため…。ご利益を差し上げることはできる」

─観音様は、どのようなお方ですか?

この質問もスルーされ、

「願い事を叶えるのは良いが、もう少し立派な人物となり、願い事にふさわしい人間になりなさい」

─どのようにすればいいですか?立派は人物とはどのような人物ですか?

「エネルギー的に未熟であるため、もう少し必死になって、全力で物事に当たりなさい。
願い事を叶えてあげるが、朝早くの参拝の方がそのような願いは叶えてもらえる」


─お寺には、あまり縁がないと思っていました…。

「浅草寺では、ひたすら前向きなものだけを応援している。できるだけ好きなことばかりではなく、色々な物事に挑戦してください」

─神道派でも、問題ありませんか?

「できるだけ、我々の方にエネルギーを注ぐようにしてください。
お前らは、あちこちの神社を練り歩いてはお言葉をちょうだいしているが、それを行ってもますます困惑することになるぞ。可能ならできるだけひとつに絞って信仰なさい」


それは難しいだろうなと思いつつ、

─申し分ありません…

「朝早くからの参拝、お疲れであった。可能であれば、もう少し話を伺いたいのだが、まだまだやることがある」

「もうひとつ述べておくと、早朝から参られることは決して容易いことではないが、まだお日さまの顔を出す前から参られることにより、更に健康で楽しい毎日を得られる。
もう一度申しておくが、まだ日の目を見ないうちの参拝は、感謝を持ってお越しください」


─早朝が、何故そんなに大事なのでしょうか?

「エネルギー的に優れているため。早朝の方が感動を味わいやすくなる」

─午後は、気が乱れるのですよね?

「そうです」

「またひとつ、挨拶は丁寧に感謝の意を持って行うように。素晴らしい明日に向かい、エネルギーを蓄えてください」


─有難うございます。

「またのお越しを楽しみに待っております」

その場から離れ、お守り売り場で上に飾ってあるさまざまな種類のお守りを眺めます。

─観音様のお力をいただけるお守りはどれでしょうか?

…と尋ねると、「右から二番め」と聞こえました。見ると「御影守」というお守りで、説明に「観音様のお姿」と書かれています。それを購入しました。

今回は、早朝ではなくても大丈夫というお話から入りましたが、結局はまた早朝参拝の大切さを強調されるかたちとなりました。
辛口の仏様でしたが、不思議と楽しい気持ちになった今回の会話でした。

ランキングに参加しています。
少しでも多くの方に読んでいただきたく、1日1回の応援クリックをお願いします。


スピリチュアル ブログランキングへ


にほんブログ村

| | コメント (2)

2017年11月29日 (水)

都内巣鴨・高岩寺(とげぬき地蔵尊)の仏様からのメッセージ

20171129
巣鴨に行きたいところがあったため、ついでではありますが、とげぬき地蔵尊として有名な高岩寺に、初めて参拝してきました。

本堂の前には、水をかけて洗うことで自分の病が治るという、有名な洗い観音があります。かなりの人が並んでいるため、この観音様にご挨拶をするのはあきらめました。

果たして、突然訪れた寺院で、お言葉をいただけるのだろうか…と、半信半疑です。本堂でご挨拶をしたあと、前に置かれているベンチに座り、お言葉を待ちます。

すると、「ここでは、数々の…」とお言葉が入ったので、スマホを出してメモの用意。

「誠実さを身につけることにより、数多くの痛ましい出来事を回避できる。
願わくば、一斉に恐怖に陥れる人々の群れを一掃して、確かなるこだわりを持ちながら、前を向いて歩いていきたいものだ」


─お言葉を有難うございます。御本尊(とげぬき地蔵尊)様でしょうか?

「違う…違う存在。もう少し格の低いエネルギー体」

─お名前は?

ここで、
「カンゾウ」と入ります。その後にも何度か尋ねて、その度に「カンゾウ」と仰ったので、間違いはないと思います。

「感謝を申し上げる。ここからはまた別のものが相手をする。その者の名は、カクベイ(?)」

ここでもやはり、なかなかお名前がハッキリと聞き取れません。また、その後に話し相手が変わったのかもよく分かりません。

「昔あるところに、誠実な若者が存在していた。その名は…(聞き取れない)。
その者は、毎朝律儀に働き続けていたが、苦しみを味わうことで道が開けると思い、毎朝のように修行をするようになる。
修行僧として全国各地を練り歩くようになり、やがてひとつの証拠をつかむようになる。
それは何かというと、たったひとつの愛情を出し惜しみして、まったくもって意味がないことであると気づくのです。
その後はもう明け暮れていた修行を見切り、平和の礎を大事にするようになります。

…あからさまな言葉をもって伝えるのは難しいが、数多くの言葉から真実を見つけられる。
今日はお越しいただき誠に有難く、平和について感謝を申し上げる」


─有難うございます。このお寺はたくさんの人が訪れますが、健康のお願い事が得意ですか?健康のお願い事を叶えていますか?

「各地から山のようにたくさんの人が参るが、そのほとんどが、病を何とか回復させたいという願いだ。
それについて申し上げると、朝早くの参拝であることが条件であり、そのようにすることで病が回復する。別のところでは難しい難病についても、叶えることができている。
またすぐに次の願い事を持って訪れるが、感謝の意を持つ者であれば、次の病もすぐ回復する」


─外の洗い観音様は、どのような存在ですか?ご利益はありますか?

「あれはひとつのエネルギー体であり、(観音像を)磨くことでパワーを分け与えている。
すべての者の役目を果たすのは難しいが、ひとつひとつ大切に守るように心がけている」


─パワーがあるのですね、有難うございます。(ご本尊の)とげぬき地蔵尊様は、どのようなお方ですか?(私と)お話はできますか?

「無理を申すでない。その方においては、エネルギー的に非常に優れていて、またの名を観音像(?聞き取れない…)と申し、またとない力をお持ちである。
そのため、会話をするには無理がある」


─エネルギー体が入っているのですか?

「そのように申し上げておく」

─有難うございます。ブログの読書にメッセージがありましたら、お願いします。

「またとない会話を通して、いくつかの内容を伝えさせていただいた。
このことから、感謝の意を持って過ごす姿勢を忘れずにいましょう。有難い毎日を大切にお過ごしください。またお目にかかりましょう」


最後の方は、私に対して有難いと感じられている気持ちが伝わってきて、こちらも有難く感じました。

高岩寺の仏様にも歓迎していただき、多くのお話を伺うことができました。
御本尊のとげぬき地蔵尊は、やすやすと会話ができないほど優れたパワーを持たれているようです。
そしてそれは、浅草寺のご本尊の観音様も、多分そうなのだろうと思っていたところでした。

ランキングに参加しています。
少しでも多くの方に読んでいただきたく、1日1回の応援クリックをお願いします。


スピリチュアル ブログランキングへ


にほんブログ村

| | コメント (0)

2017年11月28日 (火)

自分のエネルギー状態を守る

20171128
久しぶりにタロットで自分のことを占った後、「最後に、何かメッセージがありますか」と念じて1枚引いてみました。すると、出たのは「金貨エース」。

いつもだったら、「多くの物事に目を向けるのではなく、本当に大事だと思う物事を大事にすると良い…ということかな?」などと読み取ると思います。

しかし今回は、すぐに守護霊が「自分のエネルギーを、良い状態に守ってください」と、読み解いてくれました…。

長い長い占い人生ですが、こうしたことは今まで占っている時になかったことで、不思議な気分になります。

自分のエネルギーを良い状態に保つためには、ネガティブな感情を極力持たずに明るく安らかな感情を持つことが、最も高い効果のある方法だと思います。しかし、これがなかなか難しい。

それ以外には、雑多なエネルギーにできるだけ触れないようにすること。例えばSNSは見ていて楽しければ良いのですが、見ていると心がザワザワしたり、沈んだりするようなら、控えた方がいいと思います。
接していると心がザワザワする人とは、できるだけ距離を置くと良い…というのも、よく言われることですね。
それと同時に、それを思い浮かべると明るい気分になれる…というものがいくつもあると、良い精神状態(エネルギー状態)を保ちやすくなるのではないかと思います。

ランキングに参加しています。
少しでも多くの方に読んでいただきたく、1日1回の応援クリックをお願いします。


スピリチュアル ブログランキングへ


にほんブログ村

| | コメント (0)

2017年11月26日 (日)

もっと神様の「本音」を伝える人が増えて欲しい

あれからまた、東京大神宮と浅草寺に呼ばれましたが、まだ行っていません。
呼ばれるのはいつも夜布団に入ってからで、夢でではなく起きている時です。東京大神宮からは映像はなくお言葉で、「東京大神宮にまた来てください」とハッキリと伝えられました。そして浅草寺では、浅草寺内の鮮明な映像を2つほど見せていただきました。

その時思ったのは、「えー、この前行ったばっかじゃん…(めんどくさー)」。

前にも書きましたが、一切仕事にしていないですし、行っても自分にハッキリとしたメリットがある訳ではありません。
片道2時間は見ないとですし、行くからには早朝がいいということで、ラッシュが嫌いなため、朝6時台に出ないといけません。

それでも変に律儀ですから、一度行こうと計画しましたが、都合で行けなくなりました。それで、「こんな精神状態だから、もう呼ぶのはやめたのかな?」と思いました。まあ、またいつか行くとは思いますが…

こんな私でも呼ばれるのは、神社仏閣へ出向いて神様の言いたいことを全部メモして、そのまままるっとブログに載せているという奇特な人が、ほとんどいないからだと思います。

神様とお話ができる人は、色々なブログを回ってみると時々お見かけしますが、「人間から見ると、この神様はこんな感じで利用できる」とか、「神様が私にこんなことを言ってくれました!」という内容に終始していることが多く、神様側が何を考えているのか、人間全体に何を言いたいのかを尋ねている人は少ないと思います。

運動神経が十人十色のように、目に見えない世界の感じ方や受け取り方も十人十色で、人によってまったく違います。
しかし、ひと言ふた言のお言葉を受け取れる人であれば、神様に一言ずつ区切って話していただくようにお願いして、メモを用意して書き留めるようにすれば、割と簡単に私のように長々としたお言葉を受け取れるようになると思うんですよね。
あとは、自分を何とかして欲しいという欲を持たず、淡々と取材記者になり切るということですかね。

せっかく立派な神様に呼んでいただいても、ここはそれほど凄いアクセスがある訳ではありませんから、お言葉が勿体ないなあといつも思います。
もっと色々な人が、神様が本当に伝えたいことを広げてくれるようになるといいなと願っています。

ランキングに参加しています。
少しでも多くの方に読んでいただきたく、1日1回の応援クリックをお願いします。


スピリチュアル ブログランキングへ


にほんブログ村

| | コメント (3)

2017年11月23日 (木)

伊勢神宮のお札を通して授かった稲穂

時々書いていますが、毎朝毎晩、複数のお札と龍神様に手を合わせて祈っています。
お札の中に何かが入っている訳ではなく、お札を通してその神社の本殿につながることを強くイメージし、そうするとその神社の気が流れてきて、神様が浮かぶ…という、お札がアンテナの役割を担っている感じです。

伊勢神宮のお札に手を合わせて祈る時は、自分のことはほとんど伝えず、日本全国の平和と平和に治めていただいていることへの感謝、そして最近は、国民全員が幸福感を味わえるように…ということを祈っています。
毎回毎回、日本全国にキラキラした幸福の波動が、パーッと広がっていく様子をイメージしています。

昨晩、伊勢神宮のお札に手を合わせていたら、薄っすらと浮かぶ天照大神様の前に、ずらっと稲穂が並ぶ映像が浮かびました。
あれっ、これは日本の豊かさでも示しているのかな…と思っていたら、天照大神様が手を差し伸べて、その中の1本の稲穂を私にくださったのです。手を合わせている間に、はさんでくれた感じです。手を合わせている間中、その稲穂が手にはさまっていて、嬉しかったです。

そして翌朝にまたお札に手を合わせ、昨晩の稲穂のお礼を伝えると、「一年かけて、それを育ててください」というお言葉が浮かびました。

なんだ、すぐに何かいいことがある訳じゃないのか…と少しガッカリし、そして何を育てるのかもまったく分かりません。
しかし、良いものをいただいたことには変わりなく、嬉しい気持ちは続いています。
この稲穂のことを、忘れないようにしようと思います。

ランキングに参加しています。
少しでも多くの方に読んでいただきたく、1日1回の応援クリックをお願いします。


スピリチュアル ブログランキングへ


にほんブログ村

| | コメント (0)

2017年11月20日 (月)

自分のエネルギーは使えば使うほど増える

気がつけば、更新間隔がすっかりあいてしまい…汗

さて、最近は自分のエネルギー状態について意識するようにしています。
そして思うのは、自分のエネルギーを何かに投資するほど、充実感を得る上に、さらに自分が持っているエネルギーが増える…ということです。
運動をすると一時的には疲れますが、その後に体力がアップすることと同じです。

どこかのお店や通路などに、手で押して開ける重いガラスの扉が数枚並んでいる場合、多くの人が前の人が開けた扉を選んで、少し待ってでも、まだ開いているところへすべり込もうとしますよね。これって、「自分の力を使って開けるのが面倒、少しでも楽したい」という心理から来ている訳です。

見ていると笑っちゃうくらい、多くの人達が開いているところにすべり込もうとします。それに気づくと、「ちょっと押す力くらい、何でケチるのか!」なんて思うようになります・笑
人間って楽して得したいという本能が強いんだなーと実感します。

何かの物を作るのでも、短時間でさっさと作るよりも、じっくりと考えて時間をかけて丁寧に作った方が、出来栄えがてきめんに違ってきます。それだけ多くのエネルギーを作品に注ぎ込んだからなんですね。

ついつい自分のエネルギーを使うことをケチりたくなるのが人間ですが、エネルギーは使えば使うほど増えるものだと思うようにすると、また違ってくると思います。

ランキングに参加しています。
少しでも多くの方に読んでいただきたく、1日1回の応援クリックをお願いします。


スピリチュアル ブログランキングへ


にほんブログ村

| | コメント (1)

2017年11月11日 (土)

亡くなった方は何をしているのか

最近、お墓に行くと故人の存在が分かるため、お墓参りが苦手になっています。
そうした中で、妹の一周忌のお墓参りをしました。

お坊様が20分程度、お墓の前で読経をしてくださいます。
終わった後にお坊様が、妹とお話をした、こんなことを言っていましたよ、とその内容を話してくださいましたが、誰にでも使えるような適当な内容でした。妹はそのようなことは言っていなかった。

読経の途中から、妹が次々と、聞こえる私に言葉を投げかけてきました。
私は、亡くなった方は一体何をして過ごしているのだろうとずっと気になっていたので、「今は何をしているの?」と、尋ねてみました。

すると、「のんびりしている」と返ってきました。

それ以外の言葉は、亡くなる直前に言っていたことと、ほぼ同じ内容が多かったです。

亡くなった方は脳がないので、新しいことが記憶できない…というようなことを、どこかで読みました。
亡くなった後に感じたことは、記憶に残らないのだろうか。

まだ1年なので次々と言葉は届くけれど、時間が経つごとに魂が純化され、人間臭さがなくなり、やがて言葉も届かなくなるのかもしれないと思いました。

生きている人間は、「肉体を維持すること」に、かなりの時間とエネルギーを割いています。
食べること、体や住まいを清潔にすること、収入を得るために働くことも、肉体を維持することが主な目的であるといえます。

しかし、それはごくごく一部の存在が行う奇特なことであり、本来は魂としてのんびりと漂う存在なのでしょう。

ランキングに参加しています。
少しでも多くの方に読んでいただきたく、1日1回の応援クリックをお願いします。


スピリチュアル ブログランキングへ


にほんブログ村

| | コメント (0)

2017年11月 8日 (水)

東京カテドラル教会のマリア様からのメッセージ

20171107_2
都内のカテドラル教会 へ行ってきました。10年以上前に一度行ったことがあり、2回目の訪問です。
大変美しく広い聖堂があり、9時から17時まで開放されていて、誰もが中に入って祈りを捧げることができます。

無宗教ですが、教会の雰囲気がとても好きです。直近の前世はクリスチャンだったと思います。

前回の訪問時はほとんど霊感がありませんでしたが、祭壇の前の椅子に座って祈り、懸命にお言葉をいただこうと目を閉じて集中していたら、ひと言だけ「足るを知る」というお言葉が入ってきました。大変有難くそのお言葉を受け止め、今もよく覚えています。

果たして、教会でもお話をしていただけるだろうか…と、祭壇の前に並んだ椅子に座り、手を組んで集中します。するといつものように、意外とあっさりとお言葉をいただくことができました。
今回も、メモした内容をほぼそのまま掲載します。今回はちょっと長くなります。

「3つの言葉を授けましよう。まず1つは、人々の明るさに思いを馳せ、現実的なことから目を背けてはいけません。
あと1つは、平和で和やかな温かい言葉を選び、大切な人を守るようにしてください。
最後、3つめは、温かい心を通して平和と感動が訪れる。

(私に対して)耳をそばだてて聞くのではなく、愛情を持ちながら気持ちを込めて、耳からではなく腹の中の言葉をうかがってください」


─お言葉を有難うございます。

当然ながら鼓膜を使って耳で聞いている訳ではなく、頭の中に入る言葉をつかむ感じなのですが、それが耳をそばだてるように感じられたのだと思います。

「このカテドラル教会には、さまざまな国境を超えた人たちが安らぎを求めて訪れます。早くからおいでになれば、さらに安らいだ気持ちを得られます」

ちなみに、この時は14時前後です。

─やっぱり早朝がいいのですか?

「エネルギーとしては朝早くの方が、素晴らしく、心からの平和を味わうことができる。また多くのことがにぎわいを見せ、平和からの安らぎ…(以下不明)」

─お名前は?マリア様ですか?

「そういうことにしておきます」

祭壇には十字架が置かれていますが、それを包み込むように、その前にかなり大きく白いマリア像のような女性のイメージが浮かんでいます。
ただし本当に浮かんでいるのか、私が勝手に脳内でイメージしているのか、明確ではありません。

─10年前に、こちらでメッセージをいただきました。有難うございました。もし、今の私にもありましたら…

「1つだけ述べておきます。今朝は数式、数字のようなものを見て、喜ばれていました。そのようなことからは期待しているエネルギーは得られない。幅広い行動力を養っていきましょう」

株のことだなと分かり、メモを続けながら心で「趣味です、趣味」とつぶやきましたが、届いたかどうか。

─心がけます。有難うございます。マリア様は、ずっとここにいらっしゃるのですか?

「エネルギーによって伸び縮みする(?)」

─ブログの読者にメッセージをお願いします。

「代わり映えのしない毎日にうんざりしていないで、安らかな気持ちを味わい、心からの感動を味わいましょう」

─例えば、何をすれば良いのですか?

「マイナスなことを思うよりも、感謝の気持ちを大切にしてください」

ここで突然、パイプオルガンが大音量で流れ出しました。時々演奏が行われているようです。

─ここに来る方に、何かご希望はありますか?

「願わくば、1つ1つのエネルギー体として、もう少し心からの平和、感謝、安らぎを持ってお越しいただきたい。
退屈な日々に倦怠感を味わっていても、どうすることもできない。
エネルギーには三度の(?)放射状のパワーが込められている。自由自在に操れるのは、おひさま…太陽くらいのものだ。
好きなことをまくし立てていても、活力には限度がある。よって、自由な日々から効率良く安らぎを得るための努力を惜しまないことです」

「平和を愛する皆様に申したいのは、安らぎのパワー、感謝と感動に思いを馳せることで、愛情深い人物になれるということだ」

「昔話をしましょう。
…あるところに平和を愛する人物がいました。その人の名は、ヘンゲル(?ヘンゼル?)といいました。そのうちに彼女は周りの人たちから怪しまれるようになります。
何故かというと、まだ幼い乳飲み子を抱えて飲んだくれ、日々明け暮れていたためです。
そうしているうちに、新しい言葉を見聞きするようになります。幸せの数だけ温かい安らぎが得られることに気づき、毎朝のようにかくしゃくと働き出すのです。
そのため周りからは一目置かれるようになり、改めて心からの安らぎについて理解するようになります。
覚悟を決めたからには、一歩もあとを引けません。やがて彼女から人気が出て、界隈のスターへと成長しました。
こうしたことから、まったくもってエネルギーには摩訶不思議な役割が任されているのだ。平和のいしずえのことを、理解しなければいけません。
愛情から華やかなパワーが生まれます。感謝を持って、努めてください」

「あと1つ、明日からは(皆に)少しずつ安らぎが増えていくはずです。朝早くの到来、お越しをお願いしたい。
朝日の当たる時間がもっとも高いエネルギー状態になっている。早くからのお越しを待っています」


─有難うございました。

「短くも楽しいひと時に、礼を述べます」

この後に話しかけてもお答えはなく、通信が切れたのかなと思いましたが、しばらくして、

「愛情について述べると、少しだけ倫理から外れた恋について話しておきます。
人と人との結びつきは、まったくもって難しいものだ。身を案ずるよりも先に、有難い心を持ち平和を願ってください。
そうすることで、幸いにも同じ波長を持った素晴らしい人物に巡りあえるだろう」


正直なところ、仰っている内容は神道の神様とあまり変わらないなと思い…

─キリスト教っぽいお言葉をお願いします。

「真面目に礼拝に通うことが、最も自由と平和を呼ぶいしずえになります」

「ここまでの到来、お越しに感謝を申し上げます」


─(ふと尋ねたくなり)私のパワーはどうだと思いますか?

「立派な方々に守られている。エネルギー的にも申し分ありません」

─私は何をすればいいと思いますか?

「来た道を引き返すのではなく、また別の道へ進んでください。たおやかな草の生い茂った道ですが、きっと問題なく前進できるでしょう。もう少ししたら、そのことが理解できるようになります。
またのお越しをお待ちしています。今日は有難うございました。この辺で失礼します」


このように、大変たくさんのお言葉をいただきました。
今回は特に、昔話をされたところが新鮮でした。時間をかけてメモしている途中で、「この話にオチはあるんだろうか?」と、不安になりましたが。私の聞き取りの能力もあるので、かなりざっくりとお話をしてくださったのかもしれません。

構内には、キリスト教関係のグッズを販売しているお店があります。
守護霊が「買うことが、マリア様へのお礼になる」と言うこともあり、写真のポストカードとシールを買いました。そういえばお賽銭ってないですものね。どこかに募金箱は設置してあるかもしれませんが。


20171108_2

ランキングに参加しています。
少しでも多くの方に読んでいただきたく、1日1回の応援クリックをお願いします。


スピリチュアル ブログランキングへ


にほんブログ村

| | コメント (0)

2017年11月 4日 (土)

海での守護神からのメッセージ

20171103

晴れた日に海を眺めていると、守護霊・守護神とよくつながれます。
先日、海辺で守護神からメッセージをいただいたので、ほぼそのまま記載します。

「実りのある話をしましょう。
あと20年ほどで、世界に危機が訪れる。サウジアラビアなどの石油輸出国からのエネルギー調達が阻まれ、資源不足に陥る。
そのために今からできることは、もっと資源活用に力を入れ、石油依存から抜け出すことです」


─再生可能エネルギーですか?

「再生可能エネルギーを増やすよりももっと、多くの開発国との連携を取ることで、より豊かな資源に恵まれる。
まったくのところ、人々はそうしたことに無関心だ。だから、我々のところから与えてもらおうとするばかりだ。もっと利用することへの有り難さを追求してください」

「真面目に生きることは、決して有意義な訳ではない。もう少し安らいだ心で過ごさなければ、生き急いでも意味がない。
我々は、良いエネルギー…感謝が動くエネルギーとなっている。もっと安らかな気持ちを大切にしてください」


─エネルギー的なことしか言わないですね…

「それ以外のことに、何の意味もない。
エネルギーを問題にするのは、安らぎによるメリットがはるかに大きい(ためだ)。
具体的な方法について述べると、朝早く1日の安らぎについて思いを馳せることにより、スケジュールが立てられ、より快適な時間を過ごせる。
エネルギー的にも高くなり、安らかな心構えができるようになる」


「もっと早くから世界情勢について考え、世の中を明るくする役割を果たさなければなりません。
何度も申し上げているが、最良のエネルギーというのは安らかな心です。もう少し(安らかな心への?)苦手意識を捨て、朝早くの時間を大切にお過ごしください」

ランキングに参加しています。
少しでも多くの方に読んでいただきたく、1日1回の応援クリックをお願いします。


スピリチュアル ブログランキングへ


にほんブログ村

| | コメント (0)

2017年11月 3日 (金)

今月の氏神様からのメッセージ

一か月ぶりに氏神様に参拝し、今回もお言葉をいただきました。

「明るさと粘りを大事に、苦しみながらも進まなければなりません」

 朝早くのエネルギーを有効に使ってください」

─朝、何をすればいいのですか?

「例えば、窓を開けて部屋の空気を爽やかにする。さまざまな経験を積む…。要するに、感謝と感動を損なわないように」

最近「朝早く」というメッセージを多くいただくので、もう少し早起きをするように心がけようかなと思います。

 

ランキングに参加しています。
少しでも多くの方に読んでいただきたく、1日1回の応援クリックをお願いします。


スピリチュアル ブログランキングへ


にほんブログ村

| | コメント (0)

2017年11月 1日 (水)

都内浅草・浅草寺の仏様からのメッセージ

201710313
前回の記事の今戸神社のあとは、有名な浅草寺に参拝しました。時間は15時前後です。

こちらでは祀られている観音様からお言葉がいただけるといいなあ、と漠然と思いながらも、非常に人が多く、慣れない寺院でもあるため、あまり期待はしていませんでした。

そうした中で、本堂で仏様からお言葉をいただけましたので、それをほぼそのまま記載します。

まず、本堂でお賽銭を入れて手を合わせたものの、神社のように祝詞を唱える訳にもいかず、どうしようかと賽銭箱の周辺でうろつきながら、中の様子を覗いていました。

金色に輝く大きな棚のような前で、お坊様が読経を行われています。あの棚の中にメインの観音様がいらっしゃるのかなあ、と思いつつ…。
しかし周りはたくさんの人で、観音様と意識を合わせることも難しく、しばらくいても何もありません。あきらめて出ようかと思うと、守護霊が「もうすぐつながるので、まだいてください」と言います。

すると、少しずつお言葉が入ってくるようになりました。

「…曲がった行いには、……競争することは、曲がった行いに発展する。
社会のために役立つということは、実のある行いによって成し遂げられる。活気のある社会にしなければいけません。
私たちにはそうした役割があります…担っています」


─(お話しているのは)観音様でしょうか?

「もっと下の者。格下の者ではあるが、全てを見通している」

ここで、にこやかに微笑んでいらっしゃるお坊様の姿が浮かびました。朗らかで優しそうな方です。

「社会の役割について、よくお調べ(?)ください」

次々とお言葉が入る訳ではなく、途切れ途切れで時間がかかるため、そろそろ出ようかと賽銭箱の近くを離れます。

すると、
「またとない機会だから、色々と述べておこう」という感じのことを仰りました。

─外国人が多いですね。どう思われますか?

「問題はあるまい。ただ、あきらかに冒涜的な態度を取る者に、困り果てている」

─願い事は、叶えていらっしゃいますか?

「そういうことより、朝早く訪れる者に、エネルギーを与えている」

─午後は、いかがですか?

「…エネルギーが乱れ、乱雑な状態になっている」

─お坊様は、ここの眷属ですか?

「主要な役割を果たしている」

「またとない機会に感謝する。またの機会を楽しみにしている。
マイナスエネルギーからは何も生まれない。朝早くのお越しをお待ちしている。今日はもうこの辺で」


─お名前を教えていただけますか?

「ソウネン、ソウネンと申す。ここから先のことはまたの機会に告げたいと思う」

もうお話は終了なのだな、と思い、お礼を言って本堂を出ました。

浅草寺では、このようにお坊様がお相手をしてくださいました。きっとここには、色々な存在がいるのだろうなと思います。

ランキングに参加しています。
少しでも多くの方に読んでいただきたく、1日1回の応援クリックをお願いします。


スピリチュアル ブログランキングへ


にほんブログ村

| | コメント (1)

« 2017年10月 | トップページ | 2017年12月 »