« 2016年11月 | トップページ | 2017年1月 »

2016年12月

2016年12月31日 (土)

2017年の目標

夏にこのブログを立ち上げ、投げ出すことなく無事に年末を迎えることができました。ご縁がありお読みいただきました方々には、感謝を申し上げます。

私の2017年の目標は、「自分の神性さを高めること」。神様に、少しでも意識を近づけていくということです。それにプラスして、家族が皆健康であることを望みます。それだけが叶えば幸せに過ごせるということが、心から理解できるようになりました。

自分の心の持ち方が変わることで、本当の幸せが見えてくるようになります。具体的には、慈愛と感謝の感情を持つ機会を増やすということです。それによって、人と争う意識や、自分だけ注目されたい、得をしたいという我欲が消えていきます。

そして私自身が、そうした心の持ち方ができるように意識していきたいと思います。

ランキングに参加しています。
少しでも多くの方に読んでいただきたく、1日1回の応援クリックをお願いします。


にほんブログ村


占い・鑑定(その他・全般) ブログランキングへ

|

ネットの中に、本当に大事なものは存在しない

最近はインターネットが普及して自宅にいてもさまざまな情報を入手できたり、適度なコミュニケーションが取れたりするので、ひきこもりになってもそれなりに楽しく過ごせます。それも、ひきこもりの人達を増やす原因になっていると思います。

ただし、インターネットは「便利」ですが、人間にとって本当に大事なものは、インターネットの中には落ちていません。

人は実際に会わなければ、相手がどんな人なのかは分かりません。そして数回くらい会っても、なかなか分からないものです。

グルグルとインターネットを見回っては、何か大事なものが落ちているのではないかと探し回っていた時期もありました。しかし結局は、心の中の虚しさが増していくばかりでした。

友人や家族と一緒に過ごす時間、青い空や爽やかに駆け抜けていく風、鳥の鳴き声や沈む夕陽、昇る朝陽の美しさ、本当の感動は、いつでもネットから離れた場にありました。

そうしたことを意識して、過ごしていきたいと思います。

ランキングに参加しています。
少しでも多くの方に読んでいただきたく、1日1回の応援クリックをお願いします。


にほんブログ村


スピリチュアル ブログランキングへ

|

2016年12月29日 (木)

感謝はされる方より、する方が豊かである

最近、「感謝している」と言われることが多い気がするのですが、その度に恐縮してしまいます。特に大したことはしていないからです。

最近、ひんぱんに電話をかけてくる友人がいて、毎回長話になります。電話はあまり得意ではないので、相手の話を「うん、うん、うん…」と聞きながら、
「どうしよう…まだ話が終わりそうにないなあ」、「どのタイミングで切ろうかなあ」などと、次第に頭の中で、まったく別のことを考えてしまいます。

そこで、何とか切る方向へ持っていったとき、
「こうして話を聞いてくれるMIDORIさんには、本当に感謝だわ!」と言ってくれました。

(;・∀・) ヘ?ソ、ソウ?
…それほど真剣に聞いている訳ではないのに、何か申し訳ないなあと思ってしまいました。…というか、こんなことで感謝してくれることに、感謝ですね。

感謝はされても、身に染みるような実感として受け取ることは少ないですが、感謝をするときの心は温かく、幸福感を味わえます。
感謝をされるときよりも、感謝をするときの方が、心が豊かなのですね。

ランキングに参加しています。
少しでも多くの方に読んでいただきたく、1日1回の応援クリックをお願いします。


にほんブログ村


占い・鑑定(その他・全般) ブログランキングへ

|

2016年12月27日 (火)

中居君の愛が、グループをまとめていた

SMAP×SMAPの最終回を、感慨深く観ました。すべて通して観て思ったのは、中居君の深いグループ愛が皆をまとめ、これだけ魅力的なグループにしていたのだろうな…ということでした。でも、それに気づかせない謙虚さがある。真の愛情だったということです。

愛情深さは伝播して、見ている人達にも温かく幸せな感情を与えます。中居君はメンバーを立てていても、その人柄により、結局周りの人達から、一番引き立てられています。

凄いなあ、ほんの少しでも見習いたいなあと、心から思います。

ランキングに参加しています。
少しでも多くの方に読んでいただきたく、1日1回の応援クリックをお願いします。


にほんブログ村


スピリチュアル ブログランキングへ

|

2016年12月24日 (土)

教会のクリスマス礼拝へ

20161224
ミーハーではありますが、少しでもクリスマスらしく…ということで、近くの教会のクリスマス礼拝に参加してきました。様々な讃美歌を歌ったり聴いたりした後、部屋を暗くしてキャンドルを灯し…神聖な時間を過ごすことができました。

牧師様の、有難いお話も伺いました。イエス・キリストは神様でありながら、ナザレというとても小さな村の馬小屋で、人間として誕生された。神様なのに、大変低い状態で生まれて来られたということ。それとは逆に、サタンは低い存在なのに、神様として生まれようとする。だから皆さんも、自分を低くすることを忘れないように…というお教えでした。その他、多くの人達が思いやりを持っていれば、世界に争いは生まれないというお話も伺えました。

イエス・キリストは、現在も本当に存在しているのかな…私にはわかりませんが、キャンドルを灯している間、特にキリスト教徒が多いであろうヨーロッパが平和でありますように、とキリストに祈り続けていました。祈ると自分自身の心も浄化され、幸福感が訪れます。

キリストを信仰することで、幸福を感じられるというお話でした。信仰する対象が違うだけで、神様を信じる気持ちは皆同じだと思います。

天使ってあまり信じていなかったのですが、ふと教会の人々の少し上あたりを、多くの天使がにぎやかに飛び回っているイメージが浮かびましたよ。守護霊も「(何かが)たくさんいる」と言っていました。

数年前に都内に住んでいたとき、もっと大きな近くの教会によく足を運んでいました。その頃は霊的に大変な時期で、そこにいらっしゃるマリア様(の分身?)に、よく助けを求めていました。大変優しく接してくださったマリア様で、いくつもの会話をしました。教会にも神社仏閣と同じように、見えない神聖な方が、存在しているのです。
そのときの教会がとても懐かしくなり…あの頃のお礼にまたいつか伺いたいなと思いました。

ランキングに参加しています。
少しでも多くの方に読んでいただきたく、1日1回の応援クリックをお願いします。


にほんブログ村


占い・鑑定(その他・全般) ブログランキングへ

|

2016年12月23日 (金)

神楽鈴が欲しい

最近、神楽鈴(巫女鈴)を買おうかなあと思っています。巫女さんが場を浄化するときに使う、たくさんの鈴がついた棒です。

憑霊で困っていた時期に神社で祈祷を受けたとき、巫女さんがこの鈴を近くで振ってくださったのですが、その瞬間に霊が取り祓われたのですよね。鈴の音がとても心地良く、ずっと聴いていたいと思いました。強い浄化力があるのだろうと思います。

ネットで見ると、お値段は1000円台から10万円台まで、ピンキリ。神社で購入するといいのでしょうが、今まで通った神社の中では、販売されているのを見たことがありません。使う人次第でもあり、ネットショップで買っても変わらないのだろうなと思います。

しかし、私の守護霊は購入には反対気味。そうした物に頼るより、普段の生活を通して場を浄化することの方が大事的なことを言われました。

取りあえず、もう少し考えてみようと思います

ただしこういう縁起物って、きれいに清掃&整理整頓された部屋じゃなければ、逆効果になりますからね~!何でも深く考えずにパッパと買っちゃう人って、部屋が乱れている場合が多いと思いますので。

ランキングに参加しています。
少しでも多くの方に読んでいただきたく、1日1回の応援クリックをお願いします。


にほんブログ村


占い・鑑定(その他・全般) ブログランキングへ

|

2016年12月20日 (火)

科学は目に見えない世界が「ない」ということを証明できていない

図書館で借りた、初歩的な神道の本を、ざっと読み終わりました。

もう返してしまって手元にないのですが、「神様は何者か」というようなページにて、若い科学者が「神様は本当に存在するのか、存在するとしたらタンパク質で出来ているのか」と問い詰め、他の研究者を論破した…ということが書かれていました。

はあー、そんなことで論破?と思って読み進めたら、その著者自身も「神様はアミノ酸もしくはタンパク質でできていると思う、やがてそれが証明されるかもしれない」等と考えているということでした。

あまりにも馬鹿馬鹿しくて、さーっと読み流してしまったため、ニュアンスや内容が違っていたら申し訳ないですが、とにかく「神様は物質でできている」と、著者は考えているということでした。

著者は男性で、男性は目に見えるものを重視することが多いです。もちろん、神様は物質でできていません。目に見えない世界の大半が物質ではなく、地球上の何の探知機にも引っかからないようなエネルギー体として存在しています。

よく男性は、「科学的じゃないから信じない」というスタンスを取りますが、科学は万能ではなく、科学で分からないことも多いのです。そして科学は、「物質でできていないものは存在しない」ということを、証明できていないのです。

ランキングに参加しています。
少しでも多くの方に読んでいただきたく、1日1回の応援クリックをお願いします。


にほんブログ村


占い・鑑定(その他・全般) ブログランキングへ

|

2016年12月15日 (木)

普段から意識していれば慈愛深くなれる

以前は人々に心を開いて純粋な思いを持っていましたが、その都度嫌な思いをさせられるという経験を繰り返すようになり、今ではとても慎重になっています。

私の守護霊は肩のあたりに存在しますが、私の前方の高い位置には、数年前から守護霊よりも高い、神様的な存在がいることが分かっています。ただし高い存在は繊細で分かりにくく、自分から意識しないとつながれません。

私は、今のこの心を変えられないかと思っていました。すると今回は守護霊ではなく、前方の高い位置にいる守護神が、お言葉をくださいました。

「よくお聞きなさい─ 大事なことは、いつでも慈愛を携えることです」

─慈愛…私はすべての存在に、慈愛を持ちたいと思っています。

「(優しく微笑みながら)やがて、そのようになれますよ」

─どのようにすればいいのですか?

「普段から、(慈愛を持つように)意識していることで、そうなれます」

私の心の奥深くには、そうした慈愛心が強く隠されているとも伝えていただきました。

それから守護霊からは、

「感謝の心を持つことで、ネガティブな感情がなくなる」

と、お伝えいただきました。

普段から慈愛や感謝を持つことを意識することで、自分の心を変えることができるのですね。

ランキングに参加しています。
少しでも多くの方に読んでいただきたく、1日1回の応援クリックをお願いします。


にほんブログ村


占い・鑑定(その他・全般) ブログランキングへ

|

2016年12月12日 (月)

龍のような雲は龍神様?

先日お力のある人に、私に龍神様がついていると言っていただき、喜んでいます
しかし、まったく実感がなく…

守護霊に龍神について尋ねたところ、かなーり高い位置にいるような(頭上10メートルくらい上?)…という感じで教えていただきました。しかし、
「次元が違うので、私達では(その働きなどは)分かりかねます」
と言われてしまいました。

守護霊が分からないなら、私自身に分かる訳がなく…

ところでよくブログなどで、神社仏閣で龍のような形の雲を見かけると、それは龍神様だ…と書かれることが多いのですが、正直それはホントなのかな?と思ってしまいます。
私の住まいでは風が強い上に飛行機雲が多いので、龍みたいなかたちの雲は、ごく普通に見られるからです…まあ、私が分からないだけかもしれませんが。

20161212
201612121
それにしても、私についているという龍神様は、どのように働いてくださっているのか…もしかしたら、降雨量が少なくて困っている土地に足を運んで、そこで龍神様にお願いしたら、雨を降らせてくださるのかも?なんて、ロマンが広がっています・笑

ランキングに参加しています。
少しでも多くの方に読んでいただきたく、1日1回の応援クリックをお願いします。


にほんブログ村


占い・鑑定(その他・全般) ブログランキングへ

|

2016年12月10日 (土)

自己顕示欲が強いのは、精神的に成長できていない証拠

どの業界にいる人でも、自己顕示欲が強い場合が多いと思います。特に同業者や同僚に対して、常にどちらが上かを比べ、自分の優位性をアピールしようとする。それが結果的に、自分以外の人への批判につながります。自分様はこんなに素晴らしいけど、あなたはダメ!みたいな。相手を批判するのは、自分を持ち上げようとする行為です。

仕事でも、口先では社会や人々のためと言いながら、根底では「自分って凄いでしょアピ」をすることが、真の願望だったりします。
神社仏閣で何かをお願いする際、根本にこの願望がある場合は、そのお願い事はスルーされる場合が多いのです。それよりも、まずは自分の魂を磨くことが先ですよ、ということで…。

マザーテレサのお言葉にもありますが、本当に自分の足でしっかりと立ち、自信を持って生きているのであれば、他人の評価には振り回されません。誰かからけなされても大して気になりませんし、褒められても有頂天になることもありません。他人に役立つことには喜びを感じても、他人からの評価、つまり人からどう思われているかということには、無関心になるのです。

自己顕示欲が強い人は、「このままでは愛されない」という意識が強い場合があります。真の自信が欠けているのです。

矛盾しているようですが、周りに振り回されない自立した意識を持つことは、その次の段階であるエゴを薄くすることにつながります。自己顕示欲、すなわちエゴを薄くしていくことは、今の私自身が目指していく部分でもあります。時間をかけて、精神的に成長していきたいと願っています。

ランキングに参加しています。
少しでも多くの方に読んでいただきたく、1日1回の応援クリックをお願いします。


にほんブログ村


占い・鑑定(その他・全般) ブログランキングへ

|

2016年12月 6日 (火)

苦労がなければ生きている意味がない

人間はこの世界に、さまざまな体験を積んで魂を成長させることを目的として生まれてきます。肉体を持たずにあの世でふわふわと浮いている分には、さほど苦労というものはないのです。わざわざ苦労をするために、肉体を持って生まれてくるといえます。それは過酷な山登りに参加して、達成感を得ることを目的とするようなものかもしれません。苦労というと語弊があると思いますが、イコール汗水を流すような大変な思いということです。

若いときは勢いと体力気力で、何をしても上手くいくかのように感じ、未来への希望にもあふれています。そのため若いときは、傲慢になりがちです。しかし年齢を重ねてくると、思い通りにならないことが増えていくのを実感します。苦労を少しでも排除し、穏やかに淡々と生きたいと思っていても、そのようにはなりません。特に自分自身や家族の病気や死は、生きていく上で避けられない困難な出来事です。

すべてが思い通りに順調に進み、苦労がなく毎日がただ穏やかに過ぎるだけの人生では、学ぶことがあまりなく、生きている意味がないといえるのです。

生きていく上で苦労は決して避けられませんが、大変なことから逃げようとするほど人生が苦しくなります。自分から苦労に向かって体当たりしていくことで、真に人生が楽しく充実したものになるのだと思います。

ランキングに参加しています。
少しでも多くの方に読んでいただきたく、1日1回の応援クリックをお願いします。


にほんブログ村


占い・鑑定(その他・全般) ブログランキングへ

|

2016年12月 5日 (月)

千葉県・笠森観音

20161205

喪中は神社参拝はできず、自宅のお札も拝めないため、軽く手を合わせる程度です。ここまで神社に参拝したり、お札に手を合わせたりする度に、強く守られるようになっていることを、実感してきました。ですから、四十九日間も神様の気に触れられないというのは、しんどく…。

喪中でもお寺は大丈夫ということなので、千葉県の笠森寺観音堂へ行ってきました。笠森観音の参拝は3~4回目で、こちらの観音様からもお言葉をいただいたことがあります。美しく輝き、素晴らしいパワーを持つ観音様です。

今回は喪中のためか、特別なお言葉をハッキリとはいただけませんでした。しかし、ご挨拶のときに浄化などをしてくださったのか、守護霊が「このまま帰らず、何か買って帰ってください」と言うので、お守りを購入しました。

201612052ご挨拶を終えて外に出ると、目の前に彩雲が出ていました!一分後には消えてしまいました。
観音様が見せてくださったのだ…と勝手に思い込み、嬉しかったです。

ランキングに参加しています。
少しでも多くの方に読んでいただきたく、1日1回の応援クリックをお願いします。


にほんブログ村


占い・鑑定(その他・全般) ブログランキングへ

|

2016年12月 3日 (土)

逝去した人に執着すると、相手の浄化を妨げる

前回の続きで、先日がんで逝去した妹との会話を記載します。

逝去してからまだ初七日を迎えない6日目あたりに、つい私は強く妹に声をかけてしまいました。チャネリング状態なので、すぐにつながります。

私が「生まれ変わって、楽しく生きて」と声をかけると、姿はなく反応は薄いものの、「将来は一緒に…」と聞こえました。
それに対し、「私は死んだら神様に仕えるから、もう生まれ変わらない」と伝えたのです。神様に仕えるというのは、あくまでも願望なのですが。
そうすると悲しげだったので、申し訳なかったかなと思いました。

その後に、私の守護霊が声をかけてきました。

「…この世界には掟があり、それを守らなければなりません。まだ今の段階では大丈夫ですが、声をかけると浄化を妨げます。今後は声をかけてはいけません」

過去の経験も踏まえて感覚的に、初七日になると気配がなくなり、あちらの世界に向かっていくのだと思います。ですからその前後に強く声をかけてしまうと、引き留める恐れがあるのですね…。

よく、悲しみのあまり遺族の死者への未練が強いと、死者が浄化できないと聞きます。心の中でそっと声をかける分にはもちろん問題ないのですが、あまりにも強く呼び止めてしまうのは、相手のために良くないのだと分かりました。

ランキングに参加しています。
少しでも多くの方に読んでいただきたく、1日1回の応援クリックをお願いします。


にほんブログ村


占い・鑑定(その他・全般) ブログランキングへ

|

2016年12月 1日 (木)

妹の葬儀にて

妹ががんで逝去し、初七日が終わりました。
妹が亡くなった後も、いくつかの会話をしました。

お通夜のときにお坊様の読経を聞いているときに、妹はどうしているだろうかと思っていたら、妹が「何でこんなことしてるのよ」と怒っている様子が一瞬浮かびました。すると私の守護霊が、「まだ、亡くなったことに気づいていません」と教えてくれたのです。
私はとっさに、「あんたは死んだんだよ」と伝えました。
それから読経の間ずっと、妹は死んだことに納得できない様子で、ムッとし続けていました。

翌日の葬儀のとき、あれからどうなっただろうかと思い、読経が始まると、妹がとても悲しんでいる気持ちが伝わってきました。死んだことは理解できたのですが、気持ちがついていかないのでしょう。
そのときに、妹は死を全く考えていなくて、治るという希望を思っていたのだな、そして生きたかったのだなということが分かりました。母も私も、闘病中のときには死を覚悟しているのだろうと、勝手に思っていたのです。
ペットのときもそうですが、このように、死のあとに分かることが、いくつかあります。

葬儀も終わってその翌日…私が塩風呂に入っていたら、左側に妹が浮かびました。その意思は強く、毅然としたムードで、死という現実をしっかりと受け止めていました。
そして、「引き出しの中に手帳があるから、古い付き合いの人達にも連絡して欲しい」と伝えてきました。そして母に伝えて欲しい、という他の内容のメッセージを受け取り、その後に「生きたかったけど、がんに勝てなかった」と付け加えました。
私は「私もそちらに行ったら、色々と話しましょう」と伝えると、ニッと笑ったようでした。そして「そちらの世界は楽でしょう」と伝えると、またニッと笑ったようでした。
母に声をかけても一方通行だと言います。私は「そりゃそうでしょう」と伝えました。
私ははじめて、この能力があると便利だな…と思いました。
ただし、長く霊感で話していると脳がパニックになってくるので、もうこれ以上話しかけないようにとお願いしました。

お通夜のときにまだ死を受け止められなかったのが、2日後にはしっかりと現実を受け止めていた妹は、思っているよりずっと強い性格だったのだな…と思いました。
まだ私が経験したことがない死を、妹は既に経験している。そして死は本当に、確実に訪れるのだな…と、強く実感したのでした。

もう一度会話をしましたが、それはまた記載したいと思います。

ランキングに参加しています。
少しでも多くの方に読んでいただきたく、1日1回の応援クリックをお願いします。


にほんブログ村


占い・鑑定(その他・全般) ブログランキングへ

|

« 2016年11月 | トップページ | 2017年1月 »