« 2016年8月 | トップページ | 2016年10月 »

2016年9月

2016年9月30日 (金)

ある日の球場の女神様

私はプロ野球観戦が趣味で、5年ほど前から野球場を守っている女神様と会話をしている、ということを書きました。そのページはこちら→「野球場の神様」「昨日の野球場の神様」

その女神様との会話で、最も驚いたことがあるのは、昨年の初夏のことです。日記を元に、その時のことを書こうと思います。

お昼に台所に立っていたら、球場の女神様が「15時頃に面白いことがありますよ」と、明るくお声をかけてきました。私が「15時ちょうどですか?」と尋ねると、「数分ずれます」というお答えが。
今日は勝つのかなあと思い、14時からテレビで試合観戦。しかし先制点を2点取られて負けていて、不快な気分に…。15時に何が起こるのかと、15分くらい前からドキドキして観ていました。すると、1人、2人とヒットで塁に出て…15時6分にタイムリーで逆転しました!
本当に仰る通りに操作?してくださったんだなあと、感激しました。
しかし…延長の末に、この試合は負けましたが…。

人間にあまり勝ち負けなどを教えてはいけないようで、最近はこうしたことは教えていただけません。それでもこんなことが何度もあり、もちろん球団の実力も影響しているでしょうが、女神様のような存在に、かなりの割合で勝敗などを操作されているのではないかと思っています。

ランキングに参加しています。
少しでも多くの方に読んでいただきたく、1日1回の応援クリックをお願いします。


にほんブログ村


占い・鑑定(その他・全般) ブログランキングへ

|

2016年9月28日 (水)

心穏やかに過ごすためには自分が出すものに気をつけること

うわー、嬉しい!楽しい!と気分を高揚させることが、一見ベストな感情のように見えますが、一種の心が乱れている状態であり、その反動が訪れやすくなります。それを考えるとベストな状態というのは、ドーパミンではなくセロトニンが脳に分泌されている状態である、「心穏やかな状態」であるといえます。

自分が出したものは自分に返って来るという王道の説があり、心穏やかに過ごすためには、自分から出すものを極力穏やかなものにする必要があります。
人に不満を抱えて怒りをぶつけてしまうと、一時的にはスッキリした気分になりますね。しかしどこかで、その荒い波動が自分に跳ね返ってきたりします。ですから余程のことがな限り、穏やかな感情を出すという意識が必要になります。

しかし…霊的な覗きの話を以前書きましたが、痴漢みたいな人や依存してくる人に穏やかに接すると「受け入れられている」と勘違いされ、余計に付きまとわれるという災難もあります。状況によっては厳しさも必要なのでしょう。

ランキングに参加しています。
少しでも多くの方に読んでいただきたく、1日1回の応援クリックをお願いします。


にほんブログ村


占い・鑑定(その他・全般) ブログランキングへ

|

2016年9月27日 (火)

愛を持って生きるためには

※このブログに初めていらした方は、右下のリンク「バックナンバー」の2016年8月から、初回の方からお読みいただけますと幸いです。

今回も、守護霊からいただいたメッセージを記載します。

─前回、「もっとも幸せなことは、愛を持って生きること」というお言葉をいただきました。では、愛を持って生きるには、つまり愛を感じられるようになるにはどうすれば良いですか?

「苦しむことで、理解が深まる」

─苦しむと、逆に愛を感じることが出来なくなるように思いますが…。

「そうではなく、苦しむことで、心が磨かれるため」

生きることは苦である、という仏教の教えもあるように、人間は皆苦しみながら生きています。それが修行となり、心が磨かれて、愛を持って生きられるようになるということなのですね。

ランキングに参加しています。
少しでも多くの方に読んでいただきたく、1日1回の応援クリックをお願いします。


にほんブログ村


占い・鑑定(その他・全般) ブログランキングへ

|

2016年9月25日 (日)

もっとも幸せなこととは

※このブログに初めていらした方は、右下のリンク「バックナンバー」の2016年8月から、初回の方からお読みいただけますと幸いです。

先日、守護霊からメッセージをいただきました。

「幸せについて、考えなさい」

─幸せには、色々な種類がありますよね?

「もっとも幸せなことは、愛を持って生きること」

─確かに、そうなのでしょうね。

このブログは、主に守護霊のメッセージを掲載するために立ち上げました。しかし最近は「難しい言葉を使うことができない」と気落ちされ、記載するためのメッセージを出すことを、躊躇しているご様子です。
私は割とゴチャゴチャと言葉を使う方ですが、守護霊のメッセージはいつもシンプルに要約され、でも的確で奥が深く、純粋です。

このような私に、このような純粋な方がついていることを、有難く思っています。

ランキングに参加しています。
少しでも多くの方に読んでいただきたく、1日1回の応援クリックをお願いします。


にほんブログ村


占い・鑑定(その他・全般) ブログランキングへ

|

2016年9月23日 (金)

自分の寿命を告げられている話

私は主に書くことが仕事であり、とある本に書いたことがあるのですが、2年ほど前から当時の守護霊団?から、私はあまり長生きしないということを幾度となく告げられています。その頃の私は霊的に混乱気味なときでもあり、守護霊団はペラペラとよく話す方々でした。なので、信憑性は薄いと思うのですが…。

ハッキリとした寿命も告げられており、それは「4●歳の秋」ということです。私は9月末で4●歳になります。ですからその4●歳の秋というのは、今年の9月末~11月と、来年の9月頭から9月末までの2回あります。多分、何かあるのであれば、来年だろうと思っています。

至って健康ですので、すぐに寿命が尽きそうな感じは全くしません。しかし数年前から体を通して自動的に悪いエネルギーを浄化しており、夜横になると、大量の気が体の右から左へとザーッと流れます。毎回かなりの勢いで、地震のように部屋が揺れることも多々あります。もう何年も前から毎日この状態ですので、これは普通だったら長生きしないよなあ…とよく思います。

最近の守護霊は、あなたの寿命はあれから数年伸びました、と言ってきます。どちらにしても、あまり長くはない感じです。

そんな曖昧な状況の中で生きています。もし自分の寿命が残り1年だったとしたら…思うことは、「やりたいことしか、したくない」ということです。スキルアップや資格取得のような保身のための勉強などは、本当にやる気が起こりません。知りたいことしか学びたくない。しかし誰もがそうではあるのですが、長生きする可能性もあるしなあ…と、下手に寿命が短いといわれている分、目標というものを設定しかねて生きているのが現状です。

取りあえず、「残り1年『かもしれない』」という姿勢で生きてみようとは思っています。

ランキングに参加しています。
少しでも多くの方に読んでいただきたく、1日1回の応援クリックをお願いします。


にほんブログ村


占い・鑑定(その他・全般) ブログランキングへ

|

2016年9月22日 (木)

明治神宮・清正井

20160921

久しぶりに明治神宮へ行き、初めて有名な「清正井(きよまさのいど)」を見てきました。

参道の脇道に入り、500円を払って御苑に入り、10分程度歩いた場所にあるので、意外と遠かったです。
前を歩いていた女性3人組の後ろにつくかたちになって清正井にたどり着き、その女性たちが井戸の水に手を触れていました。なので私の番になったら、私も思い切り水の中に手を入れ…。
そして離れたら、井戸から少し離れた位置に、英語で「水に手を触れないで」と書かれた小さな看板が!後から来た男性が私にわざと聞こえるように、「水に触っちゃいけないって、書いてあるよ」と言っている始末。うわーまずいと思って離れました。看板の位置が分かりにくいし、何故英語だけ?

ヒエー、知らなかったんですごめんなさいと思って来た道を戻っていたら、ずっと曇っていたのに一瞬だけサーッと晴れて、陽光が当たりました。それで、…良かったのかな?と思いました。守護霊も何気に悪く思っていない模様。前の女性たちも手を触れていたということは、そういう流れだったのかもしれません…。

参拝した後、明治神宮の森をゆっくり歩きましたが、明治天皇が祀られていることもあり、鹿島神宮のような神気は感じられません。もちろん神聖さはあるのですが、神様の気というより皇居のような、代々伝わる皇族的な感じの気?…説明が難しいのですが、そんな気があるように思いました。

ランキングに参加しています。
少しでも多くの方に読んでいただきたく、1日1回の応援クリックをお願いします。


にほんブログ村


占い・鑑定(その他・全般) ブログランキングへ

|

2016年9月21日 (水)

幸福を感じるには心の余裕が必要

パソコンから見た、ブログのデザインを変えてみました。自分の写真を掲載することで書きにくくなる点も出てくるので、もしかしたらまた変えるかもしれません。

私は毎日、日記を書いています。一年前は何をしていたかな…と気になり、一年前の秋の日記を読んでみました。酷かったですね…毎日大量の仕事をして、その上に複数の勉強をして、家事をして…という日々で、使いにくいパソコンを買ってしまったこともあり、毎日イライラしていました。仕事って脳をぎゅっと締めつける感じがしますから、こんな生活ではイライラするのも仕方なかった…と、今では客観的に見ることができます。

昨年11月に伊勢神宮へ行ったのですが、その頃から変わってきたように思います。
伊勢神宮の近くに一泊した夜に、守護霊との会話も日記に残していました。

私「何故、私は幸せじゃない(幸せを感じない)のですか」
「先へ進もうとしているから」
私「それはいいことですか」
「素晴らしいこと」

それから一年経たないうちに、急速に気持ちが神様に向かうようになりました。一年前に比べると、心にも時間にも余裕がある今の方が、断然幸せを感じられる生活を送っています。

長いこと仕事を通して、ずっと何かを追うかのように、走り続けてきました。成果主義となり、条件付けの幸福を追い求めていた。それに対して後悔はないけれど、自分を苦しめる意識を持ち続けてきたと思います。

年齢的なものもありますが、もうあの頃の意識には戻らないだろうと思います。

ランキングに参加しています。
少しでも多くの方に読んでいただきたく、1日1回の応援クリックをお願いします。


にほんブログ村


占い・鑑定(その他・全般) ブログランキングへ

|

2016年9月19日 (月)

無駄な刺激を減らし心を平穏に保つ

Ise
ここ最近は、小池龍之介さんやアルボムッレ・スマナトーラさんの分かりやすい仏教の教本を読んでいます。どの本も大体同じことを言っていて、心の平穏さを保つことの大事さと難しさを、実感しています。

人の心はいつでも強い刺激を求めていて、自然と強い刺激の方に気持ちが引っ張られてしまうそうです。そして、それが苦しみの元になっているということです。

昨晩、録画していた映画を観ました。たくさんの人が殺される衝撃的な創作映画で、常にハラハラして引き込まれました。しかし映画を観たあとは何時間も、心にどよんとした重苦しい感情が残っていました。

私自身はハラハラするような強い刺激は好まないのですが、ホラー映画、サスペンス映画、ジェットコースターなど、多くの人がスリルを味わうことを好みます。それは日常生活が退屈だと感じている裏返しかもしれません。一瞬は退屈や嫌なことを忘れますが、強い刺激を受けたあとに日常に戻れば、更に退屈や不快さは強まってしまうでしょう。そして、もっともっと…と、強い刺激を求め続けてしまうのです。

強い刺激は心の平穏を奪います。日常生活をキチンとこなすことで心に平穏さを得られ、わざわざ強い刺激を取り入れようとは思わなくなると思います。

ランキングに参加しています。
少しでも多くの方に読んでいただきたく、1日1回の応援クリックをお願いします。


にほんブログ村


占い・鑑定(その他・全般) ブログランキングへ

|

2016年9月18日 (日)

霊感が強いと意識は簡単につながる

Ise

このブログを立ち上げてランキングに登録し、ランキングにあるたくさんのスピリチュアルブログを片っ端から読んでいて気がついたのは、お互いに相手のブログを読み合っていると、仕事関係など他のブログよりもより簡単かつ鮮明に、ブロガー同士の意識がつながるということでした。

人間と意識がつながることは、霊感が発達した当時から悩まされていたことであり、良い結果になったことはありません。ですから残念ですが、意識がつながっている(かも)と思った人のブログは、読むのをやめることにしています。今後はあまり、他のスピブログも読まないようにしようと思います。

相手が女性なら、相手も気を遣ってくれるのでまだいいのですが、問題なのは「オレ様って凄い系」の男性です←大嫌いなタイプ。女性をなめてますから、相手が女性だと思うとまったく遠慮せず、無遠慮に霊視してくる。こっちからは霊視されていることが丸見えで、その男性の意識がモアッと表れ、何をどんな形で読んでいったのかまで分かりますから、本当に恐怖と気持ち悪さに怯えなければなりません。話かけようものなら大喜びされ、ますますずうずうしく覗きに来る。相手の都合なんてまったく関係なく、自分の都合で好きな時に覗きに来ます。ふつうなら覗きの犯罪なんですが、捕まることはないので調子に乗せると本当に大変です!

そんな男性たちに、長いこと苦しめられ続けてきました。嫌で嫌で仕方なく、嫌だと言っているのに、何人かに年単位でしつこくつきまとわれました。
一度気持ち悪い思いをして登録しているランキングを移動したのも、どことはいいませんがそのランキング1位のオッサンに覗かれ続けたのが原因です。

誕生日とか何かに霊視してきてモアッと表れ、こっちは恐怖を感じているのに「おめでとう」などと超手抜きでお祝いの言葉を伝え、迷惑をかけているだけなのに、「俺って優しい♪」と悦に浸る馬鹿男たち。キチンとしたかたちで伝えない言葉は、すべて認められません。というか、男性は女性を霊視するのは物凄く迷惑ですから、遠慮してください。

ランキングに参加しています。
少しでも多くの方に読んでいただきたく、1日1回の応援クリックをお願いします。


にほんブログ村


占い・鑑定(その他・全般) ブログランキングへ

|

2016年9月17日 (土)

怒りより悲しみの方が神様に嫌がられる

Ise
先日、美容院でヘンチクリンな髪形にされてしまい、ここ数日間鏡を見る度に激怒するような状態でしたが、ようやく落ち着いて参りました。イライラすると、毎日読み上げていた大祓詞も読む気分ではなくなります。
不思議なのは、そんな荒れた気分の日々でもお札に手を合わせると、変わらずに神様がお札を通してパワーを送ってくださることでした。

「伊勢神宮のお札」の記事でも書いたように、悲しい気持ちで手を合わせたとき、神様に嫌がられたことがあるのです。ですからこのような精神状態ではさぞかし…と思っていたので、普通に受け入れてくださることが不思議でした。

夜寝るとき、守護霊に「今日は怒ってしまいごめんなさい」と伝えると、温かいお言葉で、

「怒りを外に出すことは大事です」

と言ってくださったのです。…確かに怒りを抑えこむと、物凄いストレスになりますし、そちらの方が長く尾を引いて、健康面でもマイナスになるように思います。

仏教では「不瞋恚(ふしんに)」といって、心の中に怒りを作らないようにと説いています。実際に「このくらい、まあいっか」と全く怒りの出ない精神状態になるのがベストなのですが、怒りを持ってしまった場合は(こっそりと)出した方がいいようです。

私は以前から、泣いていると守護霊や球場の女神様に、「泣くのはやめなさい」と何度か伝えられたことがあります。しかし怒っているときは、不思議と咎められません。

昨晩守護霊に、悲しみと怒りの違いについて尋ねてみました。すると、

「どちらも波動の荒い感情ですが、悲しみの方がネガティブさが強く、パワーがなくなる。苦しみ(怒り)の感情からは、知恵が生まれる」

…というお返事をもらいました。

悲しみの方がきれいな感情かと思っていたのですが、神様から見るとそうではないのですね。大切な人を失ったときなどの悲しみは、大事な感情だと思います。しかし自己憐憫などあまり意味のない悲しみは、心の中に作らない方が良さそうです。

ランキングに参加しています。
少しでも多くの方に読んでいただきたく、1日1回の応援クリックをお願いします。


にほんブログ村


占い・鑑定(その他・全般) ブログランキングへ

|

2016年9月15日 (木)

一年後の自分に話しかける

Ise
今はまだ9月ですが…年末になると、翌年はどんな一年になるのか気になりますよね。私は昨年末とその前の年末、一年後の自分に話しかけてみたことがあります。目を閉じて、一年後の自分が部屋にいるイメージを強く思い浮かべ、その自分に「この一年は、どんな年だった?」と、強く話しかけるのです。

2015年に関しては、かなり当たっていました。2014年の年末に一年後の自分を思い浮かべ、どんな年だったかと尋ねたら、その自分はちょっと不愉快そうな感じで「大変な年だった…悲しいこともあった」と言ってきたのです。そして仕事に関してどうだったかを尋ねて答えてもらったのですが、それは一年後に振り返ると、ぴったり当たっていました。実際に2015年は精神的に大変なあまり良いとはいえない年で、12月には飼い猫が死んだという悲しい出来事もありました。

それに味をしめて、2015年の年末に、2016年年末の私に声をかけてみました。すると、「悪くなかった、色々あって面白い年だった」と聞こえたのです。2回挑戦してみて、2回ともそんな感じでした。

既に今は9月ですが、今のところ2016年が特に面白い年という感じはしません。これから面白くなるのかな?と期待しようと思います。

一人静かに過ごしているときに瞑想状態となって、一年後や三年後の自分に声をかけ、何かアドバイスなどがないか、尋ねてみるといいですね。

ランキングに参加しています。
少しでも多くの方に読んでいただきたく、1日1回の応援クリックをお願いします。


にほんブログ村


占い・鑑定(その他・全般) ブログランキングへ

|

2016年9月14日 (水)

鹿島神宮の祖霊社

201609144

鹿島神宮の本殿から少し離れた場所に、数年前から少し気に入っている場所がありました。いつも誰もいなくて陽が燦々と降り注いでいて、とても静寂な落ち着ける場所。以前ここの写真を撮ったら、不思議なものも写ったのです。

201609143それが氏子中の戦没者・祖霊を祀る「祖霊社」であると、今回初めて知りました…以前までこの看板を見落としていて、何だかよく分からずに手を合わせていたのですね…。道理でほとんど人がいなかった訳です。しかし、悪い感じはまったくしないのですよ。

もう5年以上前にここで撮れた、ちょっと不思議な写真です。守護霊が載せて大丈夫ということで、掲載します。

20160914
建物の中央に、柱のような縦の光が立っています。そして建物の中央に木の2本の柱がありますが、その左の柱のすぐ左に、小さな人のかたちが写っています。この人のかたちは、同時に写した別の写真には写っていませんでした。

201609142_2

拡大してみたところです。この頃は、神様かその関係者が写ったのかなと喜んでいましたが、今見るとそこまで高くはない存在のように感じます。しかし悪い感じも受けず、きれいに浄化されている方だと思います。

鹿島神宮へ行かれたら、祖霊社もぜひ気に留めてみてくださいね。

ランキングに参加しています。
少しでも多くの方に読んでいただきたく、1日1回の応援クリックをお願いします。


にほんブログ村


占い・鑑定(その他・全般) ブログランキングへ

|

ブログ村のカテゴリを移動しました

ランキングサイト・ブログ村の方も、カテゴリを移動しました。
参加者の多い「スピリチュアル・精神世界」の方に移動いたしました。

お手数ですが、少しでも上位に行きたく、下のバナーの1日1回のクリックを、宜しくお願い致します。

ランキングに参加しています。
少しでも多くの方に読んでいただきたく、1日1回の応援クリックをお願いします。


にほんブログ村


占い・鑑定(その他・全般) ブログランキングへ

|

2016年9月11日 (日)

鹿島神宮へ

息栖(いきす)神社で参拝した後、車で鹿島神宮へ移動しました。
鹿島神宮は、以前利用駅からの直通電車が出ていたこともあり、既に10回近く参拝している親しみのある神社です。

先ほどの息栖神社との違いがハッキリ分かるほど、鹿島神宮内は本当に清浄で、素晴らしい気です!夫との参拝でしたが、人といてもその澄んだ心地良い気に満たされているのが明確に分かります。

2011年の震災で大鳥居が倒れ、大鳥居がない時に一度参拝したことがあります。そのときは、いつも感じられる心地良さがほとんど感じられず、がっかりしたことを覚えています。鳥居には気を守る力もあるのかもしれません…。久しぶりの参拝でしたが、すっかり気が戻って満ちていることを、嬉しく思いました。
しかし、震災前は水色で非常に澄んでいた御手洗池は、まだ濁ったままなのが残念です。

201609099

今回、特に強いパワーを感じたのは、要石でした。以前からかなり強いパワーがあると見聞きしていましたが、いつもただ眺めるだけだったため、それを実感することがなかったのです。

今回は脇の方に立ち、目を閉じて手を合わせ、石に意識を合わせてみました。
すると、強烈なパワーが胸に迫ってきて、胸に強い圧迫を感じることができました。わあ、こんなに強いパワーがあったんだ!と驚きました。今回はそれが実感できただけでも良かったです。

奥宮には常にあまり人がいなかったため、奥宮で脇の方に立ち、手を合わせて大祓詞を小声で暗唱しました。

ここの本殿の神様(タケミカヅチ神)は厳しい神様で…いつかこのことを書くかもしれませんが、5年以上も前、理由があって少しイライラしながら参拝したら、怒られたことがあります。それから苦手というか少し恐れも感じ、あまりこの神様に好かれていないんだろうなあと思い、少しだけ足が遠のいていました。

今回も失礼がないように気をつけながら、境内に入った直後と帰る直前に本殿にご挨拶。帰る直前のご挨拶で手を合わせた時、過去に参拝した中で初めて、温かく受け入れてくださるようなパワフルな気が流れてくるのを感じ取ることができました。ようやく受け入れていただけたような…そんな安堵感を覚えました。
ここは人が多いため、複数の人が同時に参拝することが多いのですが、隣に立った人にも同時に気を送っていることも感じられました。

本当に豊かで素晴らしいエネルギーを持つ神社です。今は直通電車がなくなってしまったので通いにくくなりましたが、神聖な気に触れたい時には、また参拝したいと思います。

ランキングに参加しています。
少しでも多くの方に読んでいただきたく、1日1回の応援クリックをお願いします。


にほんブログ村


占い・鑑定(その他・全般) ブログランキングへ

|

2016年9月 9日 (金)

息栖神社にて

201609092

茨城県の息栖(いきす)神社に参拝しました。息栖神社は鹿島神宮、香取神宮を合わせた東国三社の一社ですが、息栖神社に来たのは初めてです。

鹿島神宮と香取神宮と比べると、目立たない印象の神社です。まだお昼前で、ほとんど人がいない中参拝し、拝殿の隅で小声で大祓詞を唱えました。その後に手を合わせていると、拝殿の中に優しそうな女性?の神様の気配が薄っすらと感じられました。

しかし…境内に入った瞬間から気になったのは、蚊の多さ!スカートだったので、気がつかないうちに膝の周辺を次々と食われていきます。

ウロウロと拝殿の前あたりを歩いているときにふっと膝を見ると、蚊が止まって血を吸っている最中!瞬時にパシッと蚊をはたいたら、つぶれた蚊から血が出て私の白いスカートを、さっと赤く汚しました。
その瞬間思ったのは、神様の前で殺生をしてしまったということ。神社で避けなければならないという黒不浄(死)と赤不浄(血)を同時に起こしてしまった…?(月経の血ではありませんが)それから何だか落ち着かない気持ちになりましたが、気にしないようにしようと思い、その後もウロウロ。

その後、暑いので拝殿の近くの灯篭が作る日陰のところに立っていたら、黒い蜂かアブかが、「そこをどけ!」という感じでブブブと頭の近くを飛び回り、急いで別の場所へ移ったなんてことが。浮かんだ神様は優しそうで避けられている感じはなかったので、もしかしたら眷属が怒っていたのかもしれません…?

どの神社も、初回はあまり通じ合えませんが、通う回数を重ねるごとに受け入れてもらえる感じがします。今回は初回だったこともあり、特にメッセージをいただけることもなく、まあ仕方ないか…と思い、息栖神社を後にしました。

結局、膝あたりを10か所も蚊に食われていました。境内で蚊を殺すのがまずいかどうかは分かりませんが、夏場に息栖神社へ行かれる方は、虫よけやかゆみ止めを持っていかれることをお勧めします。

ランキングに参加しています。
少しでも多くの方に読んでいただきたく、1日1回の応援クリックをお願いします。


にほんブログ村


占い・鑑定(その他・全般) ブログランキングへ

|

2016年9月 8日 (木)

明日から新しい運気の一年間がスタート

西洋占星術では明日の夜、幸運と拡大の星・木星が星座移動し、新しい一年間の運気がスタートします。私の星座にとって、いわゆる12年に一度の幸運期ということになります。

今まではずっと仕事のことを最優先とし、仕事のことばかり考えてきました。何か願い事をするとしたら、仕事がらみのことばかり…という状態が、長いこと続いていたのです。

しかし、2か月ほど前から驚くほど急激に、その意識は変化しました。
何かの成功を求めるより、華やかで刺激的な日々を求めるより……「平穏無事が一番である」ということを、心から理解することができたのです。
これはさまざまな変遷を経て年を取ったから…というのもあるかもしれません。

ですから明日からの幸運期である一年間は、平穏無事で朗らかな日々を過ごせれば良いなと、心から願っています。

ランキングに参加しています。
少しでも多くの方に読んでいただきたく、1日1回の応援クリックをお願いします。


にほんブログ村


占い・鑑定(その他・全般) ブログランキングへ

|

2016年9月 7日 (水)

神様に出会いを頼む前に

以前、夫が録画した、出雲大社へ参拝する女性たちの特集のようなテレビ番組を観ました。
寝台特急か何かに乗って出雲大社に向かう、「まったく恋愛に縁がない」という女性たち数人を追った番組構成です。

その中に、2人組の女性がいました。「全然出会いがないので、いい加減にそろそろお願いしたいです~」などと言って笑っています。お仕事は今まで頑張ってこられたのだなという感じはしましたが…。2人ともほとんどノーメークで髪は短めの束ねたひっつめ髪、服装はTシャツのような、いたって地味な服装。1人はかなり太っています。30代だったと思いますが、既に「オバチャン」という呼び方がピッタリ…という風情でした。

私はその2人を見て、「神様に出会いをお願いする前に、自分でできることがたくさんあるのでは?」と思いました。

神様は見た目によって選り好みすることはもちろんありませんが、出会いを作ってもらったとしても、その女性を恋愛・結婚の対象として選ぶのは神様ではなく、人間の男性です。
出会いを求めている人は、ますます増えていると思います。神頼みするだけでなく、自分を磨くことも忘れないでいただきたいなと思います。

ランキングに参加しています。
少しでも多くの方に読んでいただきたく、1日1回の応援クリックをお願いします。


にほんブログ村


占い・鑑定(その他・全般) ブログランキングへ

|

2016年9月 6日 (火)

私の守護霊の変遷

今から10年ほど前のまだそれほど霊感が発達していなかった頃、守護霊がいることは分かっていましたが、意識しすぎないよう、どのような人なのかは知りたくないと思っていました。
しかし頼んでもいないのに、2人の分かる人から立て続けに教えてもらったのです。1人からは「ハッキリと前の方に出ているのは、中年のような男性」と言われました。そしてもう1人から、「背広を着たような男性がハッキリ見える、森喜朗前首相みたいな感じの人」と言われました。

その守護霊は、どうも仕事の成功について力を貸してくださっているようで、かなり頑張って守護してくださろうとしていたと思います。しかし、あまりにも具体的に教えられ……私の心の中に、

「森喜朗みたいなオッサンに、四六時中見張られている」

…という、強い恐怖が芽生えてしまったのです。守護してくださっているから怖がるのも申し訳ないし、でもいつも覗かれているということを意識するたびに恐怖が走り(もちろん人間ではないのでそう思う必要はないのですが)、半ばパニック状態になってしまいました。
それを察していただき、やがてその存在感はなくなり、自然と他の方に交代したのではないかと思います。

現在、日々会話をしている守護霊は、優しく繊細な雰囲気の女性の方で、とてもホッとできています。多分2年前くらいから、主に守ってくださっていると思います。特にこのブログを開設してから、たくさんお話をするようになりました。

生活の中で細かいことを、色々と教えてくださいます。例を挙げれば、「今日は雨が降るから洗濯はやめておきなさい」とか、些細なことですが…そしてそれは、間違いがないのです。料理中も、味が薄いとかお肉の中までもう火が通っていますよとか、食べないのになんで分かるの~?といつも思いますが、何気に助かっています…こんなに色々と教えてくださっていいのですか?と思ったり。でも先のことや見えない部分のことすべてをお見通しですから、人間が考えるよりもずっと的確な助言で、間違いがないのです。

それでも意見の食い違いはあり…昨晩珍しく、少し言い争いになりました。守護霊は「あなたはもっとこうすべき」と、いつも同じことを仰るのですが、私は「いや、そうしたくないしそれは意味がないと思っている」と伝えます。私はかなり我が強いので、お困りになることもあるのかもしれません。

ランキングに参加しています。
少しでも多くの方に読んでいただきたく、1日1回の応援クリックをお願いします。


にほんブログ村


占い・鑑定(その他・全般) ブログランキングへ

|

2016年9月 4日 (日)

ランキングカテゴリを移動しました

ちょっと気持ち悪い思いをしたので、「人気ランキング」の方のカテゴリを移動しました。こちらも変わらず、クリックを宜しくお願い致します。ここまでクリックして頂きました方々、有難うございました。

ブログ開設から一か月が経とうとしており、ある程度記事も増えましたので、今後は更新頻度が下がると思います。何卒宜しくお願い致します。

ランキングに参加しています。
少しでも多くの方に読んでいただきたく、1日1回の応援クリックをお願いします。


占い・鑑定(その他・全般) ブログランキングへ


にほんブログ村

|

2016年9月 1日 (木)

生中継中のスポーツ選手は多くの念を受ける

Ise
「オリンピックには魔物がいる」などといわれますが、世界中に生中継されているスポーツ選手が受ける念の量は、凄まじいものだと思います。応援してくれる念だけではなく、中には「失敗しろ!」「転べ!」等と、強く念じられる場合もあるでしょう。念が強い人からそうした怨念的な念を送られると、本当に他愛無いところで失敗してしまう…ということが起こる可能性もあると思います。

私はプロ野球観戦が趣味ですが、数年前に日本×アジア某国の国際試合をテレビ観戦していました。日本に勝って欲しかった私は、アジア某国の先発投手のコントロールが乱れるよう、試しに投球毎に念を送ってみました。投げた球が大きく逸れるイメージを、テレビ画面のその投手に向かって、投球した瞬間にぶつけてみるのです。すると…その投手は、面白いくらいにストライクが入らなくなりました。そしてそのうちに、腕の調子が悪いと言って、マウンドを降りる形になりました。
偶然といえば偶然なのですが…その試合は日本が勝ったと記憶しています。相手には申し訳ないけれど、応援しているチームを活躍させるより、こちらの方が簡単なのだな…と感じたことを覚えています。

半信半疑ながらも、その出来事に強い印象を持っていた私は、プロ野球ペナントレースで応援しているチームを勝たせるべく、また相手チームの先発投手の投球が乱れるようにと、念を送ってみました。するとやはり、また乱れて四球を出すようになったのです。

しかし、今度は…私が応援しているチームの投手もまったく同じように投球が乱れ、四球を出すようになりました。それ以外にも野手のミスが増えるなど、妙なほど試合中のツキがなくなりました。その時点で私は、これは報いを受けているのだと感じ、ハッとしたのです。

心の中で、「相手の方をつぶすのは簡単だけど…」とつぶやくと…守護している神様か守護霊が、

「やってはいけない」

…と、ハッキリと伝えてきました。
私も心の中で、「やってはいけない」とつぶやき、深く納得しました。

それからはもちろん、応援している方に強く意識を向けて、相手に危害を与えようとするようなイメージは一切持ちません。どのチームであろうと関係なく努力を重ね、応援している人達がたくさん存在しているのです。
あれは単なる偶然だったよなあと思いつつも、あの時に妙な念を送ってしまった海外の投手のことを思い出すと、申し訳なかったなと感じます。

ランキングに参加しています。
少しでも多くの方に読んでいただきたく、1日1回の応援クリックをお願いします。


にほんブログ村


占い・鑑定(その他・全般) ブログランキングへ

|

« 2016年8月 | トップページ | 2016年10月 »