« 批判は地球エネルギーを悪化させる | トップページ | 大祓詞の持つパワー »

2016年8月25日 (木)

苦しみから逃れることが生きること

Ise

最近、小池龍之介さんやスマナサーラさんが書かれた、分かりやすい仏教についての思想の本を読んでいます。自我を抑えることを説く仏教の思想はとても好きですし、納得がいきます。

どの本だったか忘れてしまいましたが、「苦しみから逃れることが、生きることである」というような内容を目にしました。例えばお腹が空いたら、空腹という苦しみから逃れたいがために食べ、酸欠で苦しまないために息をする…よって苦しみから逃れようとするから生きていける…という内容です。

人間は、常に苦しみの中にいる気がします。例えばオリンピックでメダルを取るために、4年間という長い期間、つらい練習を続けます。それによってメダルを取れば、達成感を味わえますが、それはほんの一瞬。メダルを取った選手が「4年後の東京オリンピックを目指して頑張る」と言っているのを見て、喜びの期間って、驚くほど短いなあ…と、複雑な思いがしました。もしメダルを取れなければ、4年間のつらい練習時間は無に帰して、報われる瞬間すらもない訳です。

日常生活の中でも…仕事中は、早く今の仕事を終わらせてホッとしたいと思いながら仕事をする、でも終わったらホッとするのもつかの間、すぐに次の仕事が待っています。帰りの電車では、早く家に着いてホッとしたいと思い、家に着いてホッとするのもつかの間、すぐに明日のことを考えて、気が重くなったりする。

仏教の思想では「今だけを見る」ということを説いていますが、それはその瞬間瞬間を味わい、ある意味楽しむため…ということになるのでしょう。「未来に○○が達成できたら、幸せである」という条件付けの幸せは、結局は今を苦しみ続けることにつながるのです。

ランキングに参加しています。
少しでも多くの方に読んでいただきたく、1日1回の応援クリックをお願いします。


占い・鑑定(その他・全般) ブログランキングへ


にほんブログ村

|

« 批判は地球エネルギーを悪化させる | トップページ | 大祓詞の持つパワー »

スピ的思考」カテゴリの記事