2022年11月29日 (火)

「神社仏閣に呼ばれている問題」について

 

よく、「〇〇神社に呼ばれたから、行かなければ」というような話を見聞きします。
実際に神社の神様が、「良いエネルギーをくれる参拝者」を自ら招くことは多いようです。(「お願い事をする人は呼ばない」と、複数の神様から伝えられています。もらおうとする行為だからです。)
 
どんな状態の時に、呼ばれているかが分かるかというと……色々あると思いますが、私の場合は「その神社に、特に理由もないのに妙に行きたくなる場合」、呼ばれていることが多いようです。実際に行って神様に確認すると、やはり呼んでいた、と仰います。
しかし必ずではありません。特に呼んでいた訳ではなかった……という場合も何度かありました。

 
ところで、女性は基本的に受け身にできています。特に女性の「〇〇神社に呼ばれたから行かなくちゃ」という言葉には、以下のようなニュアンスが含まれる場合が多いでしょう。
 
「私はその神社に行きたい訳じゃないけれど、来いって言うから行ってあげる」
 
この場合、もし「呼ばれている」という感覚が間違いだったら? 神社の神様に「私を呼びましたよね」と尋ねて、「いいえ、 呼んでいませんよ」と返ってきたとしたら、「……」という妙な空気が流れるのではないでしょうか。
来いと言うから来てやったのに、実際は違っていたということになれば、来た意味がなくなってしまいます。
 
多くの女性がそうですが、自分から友達を誘うより、誘われた方が楽ですよね。責任が伴いませんし、断られて嫌な思いをするということもありません。
「自分からは誘わないけれど、誘われたら考えてもいい」という感覚を持っている女性が、結構多いと感じています。
 
神社仏閣に関しても、「呼ばれたから来ました」より「私が来たいから来ました!」の方が、断然喜ばれます!

受け身でいるばかりでは、何も進みません。
このように「神社仏閣に呼ばれている問題」は、受け身になりすぎているという問題が含まれているのです。

 

ランキングに参加しています。
少しでも多くの方に読んでいただきたく、1日1回の応援クリックをお願いします。


スピリチュアル ブログランキングへ


にほんブログ村

 

|

2022年11月28日 (月)

千葉県・玉前神社の神様からのメッセージ

202211286


久しぶりに、千葉県の玉前(たまさき)神社に参拝しました。

他の神社仏閣で、「メッセージを掲載しても、神様と話したい人ばかりが来る」と咎められていることもあり、今回は、今後はもうあまりメッセージを掲載しないことと、今までたくさんのお話をいただいたことへのお礼を伝えるために、参拝しました。

しかし結果的に、今回も女神様が、長くお話をしてくださいました。
そのお話の内容を、noteにて無料で公開させていただきます!


タイトルは、

【無料公開】玉前神社の神様からのメッセージ 


どのような参拝者が歓迎されるのか、相応しい人間の役目とは何か……という内容が中心となっています。
3600文字程度で無料公開です。どなた様もお気軽にお読みいただけると幸いです。

久しぶりの更新となりましたが、
noteの方も、何卒宜しくお願い致します。


ランキングに参加しています。
少しでも多くの方に読んでいただきたく、1日1回の応援クリックをお願いします。


スピリチュアル ブログランキングへ


にほんブログ村

 

|

2022年11月22日 (火)

人間とは欲深いもの


少し前に、尼僧様による占い鑑定を受けさせていただいた時、色々なお話をしました。
 
私は、「人間は、欲深いものですよね」と話しました。もちろん全員ではありませんが、大半の人が少しでも多く得をしようとしているように感じるのです。
また、世の中にはわざわざ人を不快にさせることで喜びを感じる低い次元にいる人が、高い割合で存在しているとも感じます。
 
すると尼僧様は、「それは、人間界は修行の場だからですよ。人間全てが天使のように素晴らしかったら、人間関係を通して魂が磨かれないでしょう」と仰ったのです。
私は、素直に納得したのでした。
 
魂を磨いて自身を向上させるために、この世界に生まれて生きています。ですからそうした人がいることにも、意味があるのです
 
例えば、仕事の取引先から「2~3の案をいただけますか」というお願いの連絡が来たとしましょう。
楽して得したい人は、自分のエネルギーを使うことを渋りますので、最低限の2つの提案しかしません。それも大して深く考えない、適当な内容です。
 
こうした「楽して得したい」と強く思う人は、大抵奪う力は強いので、一時的には成功します。ただし長い目で見ると、ジワジワと状況が悪くなっていくのです。
 
相手のことまで考えて動ける人は、時間をかけてよく考え、4つ以上の案を出すでしょう。そうやって余分に出したエネルギーは、結局自分にとってプラスになって返ってきます。

 
肉体を持つ人間は、確かに欲深いもの。
それが人々の間に衝突や不快感を生み、それが魂を磨く機会となっていくのだろうと思います。
 

ランキングに参加しています。
少しでも多くの方に読んでいただきたく、1日1回の応援クリックをお願いします。


スピリチュアル ブログランキングへ


にほんブログ村

 

|

2022年10月24日 (月)

氏神様からの掲載メッセージ終了のお話

20221024


氏神様へ行き、以下のメッセージをいただきました。

 
「…緑さん。
ここまで(掲載するための)メッセージを与えてきましたが、皆さま我も我もと、『神様からメッセージをもらいたい』というくだらないことばかり考える結果となり、あまり効果がありませんでした。
 
願い事(についてのメッセージ)は、伝わったように思えています。
『感謝が大事』と申し上げても、それについてはあまり受け止められず、得るものはありませんでした。
 
そのため、(掲載する)メッセージを伝えることを、やめたいと考えています。
 
(神社では)メッセージを受け取るより、エネルギーを受け取る方が、はるかに大事なのですよ。
あまりにも華やいだことをお求めになりませんように、お伝えください」
 
 
最近になって立て続けに、他の神社仏閣からも伝えられていますが……

こうして高次元の方からいただいたメッセージを掲載しても、その内容の多くは、読んだ人の心の中に入っていないとのこと。そしてただ、「自分も、神様と話したい!」という欲望を掻き立てるだけになっている……ということです。
ですから、せっかくお言葉を掲載しても、「自分もメッセージが欲しい」と思われる人が、その場にたくさん行くだけに終わってしまうようです。
 
結局、あまり役に立っていないということですから、私自身もあちこちの神社仏閣へ行ってお話をいただくことは、今後はあまり行わないつもりです。
個人的に興味のある場所が出てきたり、話を掲載して欲しいというところがあったりすれば、行くつもりではいますが。
氏神様から今後もお話があれば、掲載することもあるかと思います。

 
「チャネリング」というもの……嫌でも自然にできるのなら、それほど問題ないと思うのですが、できないのに受け取ることに必死になり、多くの時間を費やすことは、私はお勧めしません。
 
スピリチュアルは現実逃避の場ではなく、現実を良くしていくためのものですよね。
現実とは、社会との関わりや人付き合い、実際に手足を動かして何かに取り組むこと……という感じでしょうか。

 
私には昔から割と、望まなくても見えない世界の方は勝手に充実する、という特性があります。
それでも、私が常に充実させたいと願っているのは、「現実」の方です。それは今後も、ずっと変わりません。
 
 

ランキングに参加しています。
少しでも多くの方に読んでいただきたく、1日1回の応援クリックをお願いします。


スピリチュアル ブログランキングへ


にほんブログ村

 

 

 

 

 

|

2022年10月19日 (水)

ハロウィンの仮装がヤバい件

 

もうすぐハロウィンですね。ハロウィンのカラーは、オレンジと紫と黒。
かぼちゃをベースにするなど、可愛らしい仮装をする人も多いのではないでしょうか。今年もそんな人達で、街がにぎわうのでしょうね。
 
ところで……ハロウィンの仮装で問題なのは、顔や体に赤い血糊を塗ったり、アザを描いたりするような、ゾンビのようなグロテスクな感じの仮装です。

これは……自分の仲間だと勘違いされて、低級霊など低い存在を引き寄せやすくなります。
 
特に、夜にその格好でウロウロすれば、仲間だと勘違いした低い存在が、ゾロゾロとくっついてくる心配があるのです。
ですから、ずっとそんな格好でいたら、ロクなことにはならないでしょう。
ハロウィンが終わったら、すぐにきれいさっぱり、落とした方がいいですね。

 
ふと、思い出したのは……もう随分前ですが、テレビでゾンビアイドル、でしたでしょうか? 若い女性がまるでゾンビのようなグロテスクな格好で、登場したのです。
奇抜さを狙って、その格好で売り出すようでした。

私はひと目見て、「この子、ヤバイ…」と思いました。こんな格好でずっと動き回っていたら、低い者がどんどんくっついてくるでしょう。
ロクな人生にならないことは、間違いありません。
 
このゾンビアイドルを見たのは、これが最初で最後でした。その後、続かなかったことは確かでしょう。
 
 
これは仮装とは関係ありませんが……昔、自動販売機で「フキゲン」という名前の飲み物を売っているのを見たことがあります。缶には、怒った顔をした女の子が描かれていました。
 
私は、これは売れないだろうな……と思いました。飲んだら不機嫌になりそうじゃないですか!
実際に、しばらくしたら製造中止になったようでした。
 
 
このように、ネガティブなものを想像できるものは、ネガティブなものを引き寄せ、あまり良くないよね……というお話でした。
 

ランキングに参加しています。
少しでも多くの方に読んでいただきたく、1日1回の応援クリックをお願いします。


スピリチュアル ブログランキングへ


にほんブログ村

 

|

2022年10月14日 (金)

千葉神社の神様からのメッセージを無料公開

20221014


区役所に行ったついでに、近くにある千葉神社に寄りました。
お話をする気はなかったものの、前回と同じ男性の神様が、結果的にまた長くお話をしてくださいました。

その神様方のご希望により、そのお話の内容を、noteにて無料で公開させていただきます!


タイトルは、

【無料公開】千葉神社の神様からのメッセージ ~今回も元人間の男性の神様が、長くお話してくださった。メッセージを欲しがる参拝者への苦言、神様が考える「愛」とは?そして「幸せ」とは?~


千葉神社ではほぼ毎回いただく、神様からのメッセージを求める参拝者についてのお話が多くなっています。それ以外にも、「ひと言でいうと、愛とは何か」「人間の幸せとは何か」ということも、質問させていただきました。

2500文字程度で無料公開です。どなた様もお気軽にお読みいただけると幸いです。
そして、神様にメッセージを求めるより、もっと大切なことに目を向ける必要を実感されることを願います。

noteの方も、何卒宜しくお願い致します。


ランキングに参加しています。
少しでも多くの方に読んでいただきたく、1日1回の応援クリックをお願いします。


スピリチュアル ブログランキングへ


にほんブログ村

 

|

2022年10月 8日 (土)

生まれ変わった野球場の女神様

 

今から約1年前の9月4日。色々な流れによって、親しくしていただいていた野球場の女神様が妖精の姿に変身し、私の目の前から消えていった……という出来事がありました。
 
それから私は、女神様との関係は終わったものと考え、つながらないように気をつけていました。目に見えない世界は想念の世界ですから、強く念を飛ばして呼び寄せることは、割と簡単にできるのです。

 
いなくなってからちょうど1年経った夜……寝ている時にふと、「本当に女神様は、ご自分のやりたいことをやって充実して過ごされているのだろうか? もしかしたら、とても困った状態に追い込まれているのではないだろうか?」と考え、物凄く心配になりました。
 
そのためについ、女神様を強く呼び続けてしまったのです。
 
しばらくすると……高さ50センチ程度の妖精の大きさの女神様が、私の枕元にふっと現れました! 最後に見た大きさと同じです。

暗闇の中でお姿はほとんど見えませんが、エネルギー体の大きさや雰囲気、そして枕元に浮かんでいることは分かります。
私は、新しいお姿での久しぶりの再会に戸惑いながらも、嬉しさを感じました。

 
「あれから、色々なことがありました」……と、 おもむろに女神様は話し始めました。
 
前に「人間に愛を与える存在になる」と仰っていましたが、その通りの役割を頑張っていて、人間の世界を飛び回ってると言います。
 
試しに、私の心にふっと、愛情を送ってくださいました。すると一瞬ですが、ほっこりと心が温かくなるのを感じました。
そのお力を使って、人々を癒しているそうです。
 
例えば、ギスギスして困っている家庭に舞い降りて、怒っている人に愛情を与えます。すると、その人は静かになる。そして反省する……と仰っていました。

 
「ひとつ分かったことがあります。顔ではなく心を見なければ、どのような人かが分からない」
「お金について……お金がないと、人の表情が暗くなる」
 
もともと人間観察がお好きな方であり、気づいたことを報告してくださいます。今はますます、人間の観察に余念がないようでした。
 
お姿は違えど、毅然としたお話の仕方は、まさにあの女神様でした。

 
それから女神様は数日間、ほぼ立て続けにいらっしゃり、その日の出来事などを話してくれました。

伊勢神宮から帰った日の夜も、現れました。私は伊勢神宮の清浄なエネルギーに包まれて幸福感に浸っていたのですが、女神様は重くどんよりとした雰囲気でいらっしゃったのです。
 
私は一瞬、同調したら自分のこの素晴らしい状態が下がるな……とためらいましたが、大好きな女神様ですから、もちろんお話をしました。
 
女神様は、「守ることができませんでした」と悲しげに仰います。
お話を聞くと、暴力的な男性を鎮めようと愛情を与えたけれど、効果がなく、結局誰かを殴ってケガをさせてしまった……ということでした。
 
暴力的になっている人の心を変えるのは、そう簡単ではないでしょう。

すると……私の近くにいる別の優しそうな見えない方が 、「あなたは、人を楽しく幸せにする方が向いている」と、女神様に仰ったのです。
 
女神様はきょとんとしてそのお言葉を聞くと、私に、「幽霊みたいな方が、私に何か言った……」と仰り、ちょっとウケました。
伊勢神宮から帰った直後で幸福感に浸っていたし、お声の雰囲気や内容からも、お言葉の主は高い方だと推測できます。
私は女神様に「(高い方だから)大丈夫です!」と伝えました。
 
 

私が「あの野球場に戻りたいですか?」と尋ねると、ハッキリと「 No、いいえ」と仰いました。とても大変だったから……だそうです。

「チームが苦しんでいます……」と伝えると、黙ってふっと少し微笑んだだけでした。

数日間現れた後、またパッタリと出てこなくなり、それから一か月程度が経過しています。

 
過去を振り返ることはない、女神様です。
もう、ダイナミックに野球を動かす女神様ではありません……それは私にとって残念なことですが、女神様は日々人間との関わりを通して、様々なことを学ばれ、新しい道を歩まれています。
 
それは女神様にとって、良かったのだと思いました。



ランキングに参加しています。
少しでも多くの方に読んでいただきたく、1日1回の応援クリックをお願いします。


スピリチュアル ブログランキングへ


にほんブログ村

 

|

2022年10月 5日 (水)

成田山新勝寺の早朝の御護摩

202210051


成田山新勝寺の、早朝の御護摩に参加してきました。
 
9月までは開始が5時半ですが、10月からは6時からと少し遅くなります。気候も良いためか、前回の参加者に比べると今回は少し多かったです。それでも20人程度でしたでしょうか。
 
朝一番の御護摩は30分間程度と長く、たくさ んのお坊さんが参加され、他の時間帯の御護摩に比べても壮大です。
 
 
noteの無料記事にも記載しましたが、成田山新勝寺からは「もうメッセージは伝えない」と言われています。そのため最初から最後まで、見えない存在からのお言葉は、一切入ってきませんでした。
 
 
それでも御護摩中に、あのにこやかなお顔のお不動様がいらっしゃることは、薄っすらと感じていました。


20221005
 
新しいものに替えようと、数か月前にこちらで授与した矢を持っていきました。しかし、この時間帯には授与所は開いていませんし、古い授与品を置く場所すら閉まっています。

そのため持ち帰るべく、この矢にパワーを入れてもらうことを、お不動様にお願いします。

すると……お不動様がにこやかなお顔で、手にされた矢を何度か両手でしごいて、パワーを入れてくださる様子が浮かびました。
直後に、私の守護神がこちらの方が分かりませんが、どなたかが「(矢に)パワーが入っています」と教えてくださいました。

 
御護摩が終了に差しかかり、お坊様が並んで大本堂から出て行かれ、焚かれている炎が消されます。
この段階で、それまではあったお不動様を含めた目に見えない存在の気配は、すべて消えていました。ほわんとした感覚が、ピキッとクリアに戻ったイメージです。

 
パワーを入れていただいたこの矢は、また同じ場所に飾りました。
真冬はしんどいと思いますから、今のうちにこの荘厳な早朝の御護摩を体験されてみてくださいね。

 

ランキングに参加しています。
少しでも多くの方に読んでいただきたく、1日1回の応援クリックをお願いします。


スピリチュアル ブログランキングへ


にほんブログ村

 

|

2022年9月29日 (木)

煙草は簡単に「魔の道具」になる

 

普段はそれほどスピスピしている訳ではないため、なかなかネタが浮かばず……ここの更新が一週間も過ぎると、「そろそろ何か書かなくちゃ」と、だんだん焦ってしまいます。
 
今回は、前から漠然と考えていたネタを。
 
 
あの臭い毒ガスを周囲にばらまく煙草は、「魔」にとって大変使いやすい小道具です。
周りの人達を簡単に不愉快な気持ちにさせ、不幸に陥れることができるためです。
 
最近増えている、集合住宅での煙草の煙の問題。何故か喫煙者って自分が吐き出す煙が部屋にあるのが嫌なので、窓の外に毒ガスを吐き出しますよね。
煙草の煙は、本当に広~く広がっていきます! 私の場合、20 mメートルほど先で吸っている煙草が瞬時にハッキリと分かります。それだけ物凄く広がっているということです。
 
マンションのベランダで吸っていれば、上下左右の他の住まいの窓からドバッと簡単に入っていきます。(喫煙者の部屋の空気だけはきれい!笑)
困ることに、窓を閉め切っていても換気口から、まるでゴキブリのようにスルスルと入り込んでいき、部屋に充満してしまいます。
吸っている人は何の悪影響も受けません。しかし周辺の人たちは何もしていないのに、その毒ガスを吸い込まなければなりません。一度部屋に入ってしまうとなかなか追い出せず、長時間臭くて不愉快な思いを、毎日のようにしなければならないのです。
 
こうした簡単に人を不幸にする道具は、魔にとって大変使いやすいのです。
 
例えば、喫煙者の隣に若い女性が住んでいたとします。趣味がアロマとか香り系ということにしましょう。
過ごしやすい季節に窓を開けていれば、そこからふいに、ドバッと強烈な毒ガスがなだれ込んでくる訳です。
そうなると、次第に恐怖で窓を開けることができなくなります。それでも部屋の換気はしなければならない。そろそろと換気をしよう……と恐る恐る窓を開けると、魔がその瞬間を狙って喫煙者に煙草を吸わせます。
それを繰り返させていくと、その女性はだんだん神経が衰弱していき、不幸な人物が出来上がります。部屋には臭さが染みついていきますから、香り系の趣味も諦めなければなりません。
煙草はこうしていとも簡単に、たくさんの人達を不幸にすることができる便利な道具なのです。
 
私の素敵な知り合いの皆様は、割と早い段階で禁煙を成功されています。
周りの迷惑を顧みず、堂々と外に毒ガスを吐き出している人の多くは、魔に取り憑かれています。
その魔は、「さて、次はどうやって煙で人を不愉快にさせようかな?」と、常にウキウキと考えているのです。

魔に取り憑かれる、ということは、人を不愉快にさせることが面白くてたまらないという性格になっていくということ。
その上に周りから恨まれていますから、その悪い念を吸い取り、魔はますます元気になり、その人の性格は荒くなっていきます。もちろん、運も悪くなっていきます。
 
世の中から少しでも、この魔の道具を減らしていきましょうね。
 

ランキングに参加しています。
少しでも多くの方に読んでいただきたく、1日1回の応援クリックをお願いします。


スピリチュアル ブログランキングへ


にほんブログ村

 

 

|

2022年9月21日 (水)

私の霊感が発達した大きな要因は

 

今現在は仕事に集中して、脳を疲れ切る程使っている状態です。
そこで思い出したのは、私の霊感が発達した大きな要因についてです。(あくまでも要因の中の一つです)
 
何度か書いたと思いますが、私は30代前半頃までほとんど霊感がありませんでした。それが大量の原稿の仕事を抱えて執筆し続けているうちに、次第に発達していったのです。
 
仕事は10年間ほど本当に忙しく、朝から晩まで原稿を書き続ける状態が毎日続き、ほとんど休みがありませんでした。
脳をフルに使っている状態が続き、夜にはもう脳が重くなるほど疲れています。それでも無理に執筆を続ける……という状態でした。
 
その上にコーヒーを結構飲んでいましたから、悪くすると脳の過剰な働きにより、精神的な病に陥ることにつながります。パニック障害などを引き起こす可能性もあったでしょう。
 
そうした時に、望んでいないのにどんどん霊感が開いていったのです。
これは、脳の使用領域が広がっていたため……と考えています。
急に拡大していったためコントロールできずに、何年間もそれはそれは大変な思いをしました。
 
ただしこれは私のパターンで、誰もがこれに当てはまる訳ではないでしょう。
それでもたまに見かけるのは、「のんびりリラックスして過ごしていれば、自然とチャネリングできるようになりますよ~」というような内容です。
 
 あくまでも私の経験を踏まえると、それはないんじゃない?と思います。それでは脳細胞が死んでいく一方です。
何かを感じ取る、という感覚的な面では有効ですが、メッセージを受け取るという点では難しいと思います。
脳を普段からしっかり使っていて、そうした中でリラックスする、というのでしたら効果があると思います。

霊感を生まれ持っている人は、はじめから脳のそのような領域が活動しているのだろうと考えています。
普段から脳をフル回転させて活動している人は、意外と簡単に霊感を使えるようになると思います。
でもそうした人は現実面が充実していて、そうしたことに興味がない人が多いんですよね。
 
ここを読んでいる方で、言葉によるチャネリングをしたいという方が、たくさんいると思います。
あくまでも私の過程のため参考にはなりませんが、とりあえず私の場合は「脳を酷使しているうちに、勝手に霊感が開いた」というパターンだった……と、記載しておきます。
 


ランキングに参加しています。
少しでも多くの方に読んでいただきたく、1日1回の応援クリックをお願いします。


スピリチュアル ブログランキングへ


にほんブログ村

 

 

|

«伊勢・倭姫宮にて